映画「恋空」ストーリーのネタバレとフル動画配信&無料視聴【感動】

8 min
映画「恋空」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 2007年に公開された「恋空」は、ケータイ小説が大きな話題となって映画化された作品です。原作者の実体験をもとにしたフィクション作品を三浦春馬と新垣結衣が演じています。 違法動画サイトを漁ったり、DVDレンタルショップに足を運ぶより、動画配信サービスの無料トライアルを利用して視聴するほうが遥かに速い&高画質で楽しめるので、ぜひ今すぐ試してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「恋空」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント ×
Hulu × × ×
dTV 見放題 ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント ×
music.jp 330ポイント ×
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「恋空」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・U-next ・dTV ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。 無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 それ以外の4サービスなら、「恋空」を無料期間内に視聴可能。 ただし、過去に登録済みのサービスだと無料トライアルが適用されないので、今まで登録したことがないサービスをりようしてください。 特に、4サービスのなかではU-NEXTがもっとも知名度が高く、過去に無料トライアルに登録していないか注意が必要です。 ちなみに、1つオススメを選ぶならTSUTAYA TV。 U-NEXTと違って無料トライアルに登録しているケースが少ないのと、30日間無料トライアル期間で、「恋空」をはじめさまざまな映画が視聴可能です。 何より、誰もが親しみがあるTSUTAYAのサービスなので安心感もありますし、ぜひTSUTAYA TVで今すぐ「恋空」を視聴してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「恋空(邦題)」「koizora(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「恋空」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「恋空」のあらすじ

物語は7年前、主人公の美嘉が高校1年生の時から始まります。 高校生1年生の美嘉。教室でのお弁当の時間は友達と恋バナで盛り上がります。B組のノゾム君が好きだという友達のアヤ。休み時間に隣のクラスまで覗きに行きます。するとノゾムから「携帯番号何番?」と美嘉が声をかけられます。 美嘉がオドオドしていると、ノゾムの友達のヒロとぶつかってしまいました。ヒロは金髪姿でいかにも不良という感じ。美嘉は驚いてその場から逃げてしまいます。   時は流れ、夏休み3日前。 携帯がないと教室の中をアヤと探す美嘉。アヤに携帯を鳴らしてもらいますが、見つかりません。 「図書室かも!」と1人探しに行きます。図書室では携帯が鳴っています。電話で「アヤあったよ!」と報告しますが、電話に出たのは知らない声。 「誰ですか?」と声をかけますが、電話は切られてしまいます。知らない誰かは夏休み中、毎日電話をかけてきてきますが、相手はなかなか名前を教えてくれません。相手が誰なのか気になる美嘉。   夜通し電話して朝になった日。空を見上げると飛行機雲が。 「一緒に写メしとこうぜ。一緒に朝を迎えた記念。」2人は写真を待ち受け画面にします。   夏休み最終日は美嘉の誕生日です。せっかくの誕生日なのに、両親は喧嘩しています。 電話ごしに美嘉の声を聴いた電話の主は「元気ないじゃん。始業式の後、プールにきて。1日遅れだけどお祝いしよ。」と2人は会う約束をします。   翌日、ちょっと怖いと思いながらも美嘉のメイクはばっちり。ドキドキしながらプールへ行くと現れたのはあの金髪頭のヒロです。 「誕生日おめでとう。」と雑草の花束を渡します。無言で立ち去ろうとする美嘉に、「俺の名前はヒロ。これで信じた?」と飛行機雲の写メを見せます。 「電話の人じゃない。この花かわいそうだよ」 と引っこ抜かれた雑草を見る美嘉。 電話の対手がヒロだったことにがっかりしてその場を後にします。登校時ヒロを見かけた美嘉。様子を見ていると、引っこ抜いた雑草を花壇に植えています。 美嘉に気づいたヒロは「誕生日プレゼント!」とホースで虹を作って見せます。見た目は怖いヒロですが、優しい一面もあり、美嘉そんな彼に惹かれていき、2人は付き合うようになりました。   授業中、「今すぐ図書室にこい」とヒロからメールが。授業を抜けだす美嘉。図書室で落ち合い、向かった先はヒロの家。 ヒロの部屋で「写メ撮ろうぜ」と、2ショットを撮り肩を寄せる2人。この時美嘉は初めてヒロとキスをします。美嘉ははじめてのことだらけ。   あるデートの日、待ち合わせの場所に早く着いた美嘉。そこへ突然車が現れ、美嘉はどこかに連れ去られます。美嘉は男たちに空き地で乱暴され、写真を撮られてしまいます。暗い夜道を泣きながら歩いていると、ヒロが美嘉を自転車で探しに来ました。 泣く美嘉を抱きしめ「守ってやれなくてごめん。」と謝り、美嘉を襲った男たちを探しに行きました。男達は「咲って女に頼まれた。」と白状します。 ヒロの家で待つ美嘉。ヒロのおねぇちゃんが、「病院だけは行こう」と破れた服を直してくれました。母親と産婦人科を受診する美嘉。異常なく妊娠もしていないということで一安心ですが、美嘉の心には深い傷が。   制服に手を伸ばすが、なかなか登校できない美嘉でしたが、ヒロが迎えに来てくれます。登校前、ヒロが河原に美嘉を連れてきました。ヒロのお気に入りの場所なのです。 「やっぱりヒロは川みたいだね。どんどん前だけに進んで行くの。」 「川より空になりたい。そしたら、美嘉を傷つけるやつがいたら飛んでいってボコボコにできる。」   美嘉の携帯には誰かから「汚れた女のくせ」にとメールが入り、教室の黒板にも汚れた女と落書きされています。ヒロが教室に乗り込み、「俺の女いじめてるやつは誰だよ!」と一生懸命消してくれます。 図書室に美嘉を連れて行くヒロ。 「ありがとう。私大丈夫だよ。もう怖くない。」と笑顔を見せ、美嘉からキスをします。そんな美嘉を抱きしめ、ヒロは一層大事にしなければと思うのでした。 そして2人は図書室で愛を確かめ合います。 食事中、急に吐き気がする美香。翌日婦人科を受診します。ヒロを喫茶店に呼びだす美香。妊娠を伝えると喫茶店を飛び出していくヒロ。 受け入れてもらえなかったのだと落ち込み、帰ろうとする美嘉の元に、「おめでとう!」とお菓子のプレゼントを買って帰ってきました。 「産んでいいの?」 と言う美嘉に「当たり前だろ」と嬉しそうです。 露店で2人でペアの指輪を購入します。「けじめつけに行くか」とまずはヒロの両親のもとに向かいます。 「学校やめて働く」と言うヒロに、父親は「幸せにする自信あるのか?」は聞きます?「自信じゃない、絶対そうするんだよ」と力強く答えます。   次は美香の母親の元へ。ヒロは髪も色を直して、スーツを着ています。 「このたびは美嘉さんの妊娠・・・」とたどたどしく話すのを遮り、美嘉が「赤ちゃんを産みたいの」とはっきり家族に伝えます。 「お母さんになるって簡単なことじゃないのよ」と母親。 「君に私の気持ちがわかるか?」と父親からも言われてしまいます。 若い2人のことです。すぐに喜べることではありません。それでも、「いいと言われるまで何度でも来ます」とヒロは一途です。 ヒロが学校を辞めると聞き、美嘉の学校に咲がやってきました。「あんたさえいなければ、ヒロは私のものだったのに」と美嘉を押し美嘉は転んでしまいました。   その日の夜「来年は家族3人で見れるんだな。」と街のクリスマスを楽しむ2人。 赤ちゃんの手袋をプレゼントするヒロ。とても小さく、かわいい手袋に美嘉は喜びますが、急に腹痛に襲われます。美嘉が気付くと病院のベットの上です。 「赤ちゃんはお腹の中で亡くなってたって。美香転んだりした?」と尋ねる母に「嘘・・・。」と泣き崩れる美嘉。 以前雑草を植えた花壇に手袋と雪ダルマをお供えし「12月24日毎年、命日には2人で来よう。」と約束しました

「恋空」のネタバレ

2年に進級後、ヒロは学校には来なくなってしまいました。 ヒロの家を尋ねますが「赤ちゃんのことひきずってるみたい。」とお姉さんに対応され、ヒロには会えません。アヤから「親いないから騒ごうって聞いてない?」と連絡が入ります。 ヒロの部屋に行くと、どんちゃん騒ぎ。ヒロの髪は金髪に戻っています。ヒロの部屋で雑魚寝状態で寝落ちしてしまった美嘉や友人達。寝ぼけたノゾムが美嘉にキスをしてきます。 口を洗いに部屋を出る美嘉。部屋に戻るとヒロが他の女とキスしているのを目撃。 次の日、ヒロから「俺らもうわかれよう。お前ノゾムとキスしてただろ?いろんな女と遊びたくなった。」と一方的に別れ話を切り出されます。 その後電話に出てくれないヒロ。美嘉は「これで最後にします。ヒロが1番好きな河原で待ってます。」とメールしました。 河原に来たヒロ。しかし、「俺らもう他人なんだから。もうお前の涙ふいてやれないから。」と美嘉に指輪を投げつけ、自転車で走り去ってしまいました。   秋、文化祭でヒロに廊下で出会っても、無言ですれ違うだけ。 恋の終わりがこんなにも苦しいのなら、恋なんてしないと指輪を外す美嘉。 冬になり、クリスマスの時期です。2人だけでパーティーしようとアヤに誘われ、アヤの部屋に行くと慶大の大学生との合同クリスマス会に参加することに。 「告白されるんならどんな告白がいい?」とそこに来ていた大学生の優から質問されます。 「腕いっぱいのカスミソウを持って好きって告白されたい。」と美嘉は不機嫌な顔で答えます。 この日は赤ちゃんの命日です。時計を見て、帰る美嘉。 花壇に向かうと、雪ダルマが置かれています。ヒロが来たんだとヒロを探しますが、いたのはさきほどの大学生でした。「雪ふってきたから送ろうと思って。」と美嘉を探しにきたのです。   春、新学期。美嘉はアヤに「慶大受けてみようかな。」と話します。美嘉はあのときの大学生、優に図書室で勉強をみてもらうようになります。 ある日の浜辺に来た美嘉と優。 カスミソウの花束をもって現れた優。「いろんな気持ち抱えたままでいいから俺のところこうへん?」と告白され、2人は付き合うことになります。   ある日、美嘉の家では両親の喧嘩が聞こえます「離婚」の言葉も聞こえます。優に相談しに行った美嘉。そのまま寝てしまい優の部屋で朝を迎えます。 優と実家に戻ると実家のリビングではアルバムの写真がびりびりになり散らばっています。青ざめる美嘉ですが、優が「くっつければ、もとにもどる。」とテープでなおしてくれました。 帰ってきた両親に優は「美嘉さんとお付き合いさせていただいている慶大の2年生優です。こんな家族思いの子はいないと思います。」と挨拶します。直った写真を見てしんみりする両親。このことがきっかけで、両親は仲直りすることができました。   その年の12月24日。美嘉は優と花壇に来ました。 「すぐ戻るね」と1人花壇に向かうとそこには手を合わせるヒロが。「なんで私たちこうなっちゃったの。なんで私のこと置いていくの?」答えずに去るヒロ。 ヒロをおいかける美嘉ですが、分かれ道で立ち止まります。写真を直してくれた優と指輪を投げ捨てるヒロが思い出されます。ヒロの足跡を追いかけず、美嘉は優の元に戻りました。   大学生になった美香はもうヒロのことは思い出さないと決心しキャンパスライフを楽しみます。思い出すのは1年に1度だけ。そう、赤ちゃんの命日の日です。再び優と花壇を訪れます。 優の運転する車で指輪を渡されました。「これで美香はおれだけもものや。俺も一緒に行くわ。そいつに会うかもしれんのやろ?」 美嘉は「約束したばっかじゃん。」と手に指輪をはめ、1人で花壇に向かいます。 花壇にに来ていたのはヒロではなく、ノゾムでした。 「ヒロに頼まれてきた。来年もその次も来てくれって。あいつもうすく死んじゃうかもしれないんだって。がんなんだって。美嘉には絶対言うなって口留めされてた。」 病気は高2になったころからだったのです。ヒロが変わってしまった理由が分かりました。帰りが遅く、心配になり見にきた優。花壇の前で座り込む美嘉。「ヒロ。死ぬかもしれないって。私いかなきゃ。」 引き留める優ですが、はずみで美嘉に渡した指輪が外れてしまいます。「拾ったらあかん。俺が泣く前にはよ行け。」と送り出す優。美嘉はヒロの元に走り出します。   病室でノゾムの帰りを待つヒロ。病室の扉が開き、ヒロが振り返ると、そこには美嘉の姿が。 「何で言ってくれなかったの?」 「関係ないからだよ。」と強がるヒロの指には指輪が。 「お前がそういう風に泣くから嫌だったんだよ。あの図書室の彼氏のところに行けよ。お前を遠ざけようとしてひどいことばかりした。ごめんな。幸せになれよ。」 「だめだよ。ヒロじゃなきゃ嫌だ。ヒロが幸せにして。ずっと好きだったよ。」と伝える美嘉。しまっていた指輪を取り出し、病院に毎日通い始めます。   ある日、ヒロには外出許可が出ました。お気に入りの川辺でお弁当を食べる2人。 「美嘉と結婚して」とお願いする美香。シロツメクサで作った冠で結婚式をする2人。 「3人で祝いたかったな。たったそれだけのことなのにな。死にたくない」と泣くヒロ。「美嘉が死なせないから大丈夫。」と強くヒロを抱きしめます。   外出を終え、病院に戻ったヒロ。「死んだらどうなるのかな?空になって美嘉を見守りたい。」と言うヒロに、「じゃぁ、私は空を見るたびにヒロを想うね。」と会話します。   ある日、病室で「印刷しといて。」とデジカメを渡すヒロ。美嘉は笑顔で見送るヒロに何か違和感を感じます。印刷を終えて店から出ると「早く病院にきて」とヒロの姉から電話が。ヒロの容態が急変したのです。 病院に向かい走り出しますが、途中で転んでしまい持っていた写真が散らばります。写真には美嘉ばかり映っています。走りながらテレビ電話する美嘉。ヒロの姉が携帯の画面をヒロに向けます。 美嘉は「あきらめないで!目を開けて!」と呼びかけます。 うっすらと目が開くヒロ。「わらって。」というヒロに精一杯微笑む美嘉。電話が切れると画面には2人で映る待ち受けが。それを見たヒロは静かに目を閉じます。   ヒロの葬儀の後、ヒロが書いていた日記をおねぇさんから受け取りました。 日記を抱え、いつもの河原へ向かう美嘉。 「おいていかないでよ。」と橋から飛び降りようとしますが、白い鳩が飛び出し、思いとどまります。ヒロが止めてくれたように思います。 落ちた日記のページがめくれ、読んでみると、美嘉のことばかりかいてあるのです。「美嘉笑って。」と言うヒロの声が聞こえたようです。   美嘉は今でも空に恋しています。 手編みの手袋を2つ持って今年の冬もいつもの場所に向かうのです。

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です