映画「今夜、ロマンス劇場で」ネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「今夜、ロマンス劇場で」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 オススメは動画配信サービスのU-NEXTを利用することで、31日間の無料トライアル期間内に視聴&解約すれば1円も費用は発生しません。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「今夜、ロマンス劇場で」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD 400ポイント
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「今夜、ロマンス劇場で」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・FOD ・TUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、FOD、dTV、Amazonの3つは有料です。

FOD:登録で100ポイント&「8のつく日にログイン」で300ポイントもらえる。ロマンス劇場の視聴に400ポイント必要なので、登録後すぐ視聴できない可能性が高い。 dTV&Amazonビデオ:無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

なのでU-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpのいずれかがオススメ。 特にU-NEXTであればポイント消費もなく「今夜、ロマンス劇場で」を視聴可能ですし、さらには無料トライアル期間も他のVODサービスと比較しても最長の31日間となっています。 もちろん他の映画やドラマ、アニメ、さらにはバラエティなども楽しむことができますし、どれだけ楽しんでも無料期間内に解約してしまえば1円も費用は発生しません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「今夜、ロマンス劇場で(邦題)」「konya romance gekijyou de(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「今夜、ロマンス劇場で」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「今夜、ロマンス劇場で」のあらすじ

それは古いモノクロームの映画の世界。 とあるお城に美雪というお転婆なお姫様が暮らしていました。窮屈な暮らしに退屈している美雪は、ある日お城を抜け出すことを思いつきます。 森を走っていたところ、狸吉、虎右衛門、鳩三郎の三獣士に呼び止められました。お転婆姫は三獣士を連れて、冒険の旅に出ることになったのです! ・・・ この映画のタイトルは「お転婆姫と三獣士」。 かつては街の映画館、ロマンス劇場で上映されると、観客は目を輝かせてスクリーンに釘付けになったものです。でも、時の流れとともに古い映画はすっかり忘れさられてしまいます。 映写室の倉庫の隅に追いやられ、ホコリを被るだけになっていたのです。 ここはある病院の一室。 看護師の吉川天音が入院患者の老紳士の様子を見に来ました。彼女は老紳士のベッドの傍らに置かれた原稿用紙に気付きます。 かつて助監督だったらしい老紳士は、その原稿が昔書いた脚本であることを説明。天音はどんな内容か聞かせてほしいと老紳士にお願いしました。老紳士は語り始めます。 「これはある不思議な体験をした青年の物語だ」と。 ・・・ 映画の黄金期だった昭和35年。映画監督を志す青年、牧野健司は助監督として撮影所を走りまわる日々を送っていました。仕事が終わった健司が立ち寄るのが馴染みの映画館、ロマンス劇場。館主の本多正とも仲が良く、映画についてよく二人で語りあったりします。 健司はある時、映写室に眠っていた古い映画「お転婆姫と三獣士」のフィルムを見つけ、すっかり虜に。特にお転婆姫美雪の絶世の美しさに惚れ込んでいます。 ですが、フィルムが譲渡されることになったと本多から知らされます。 この映画とも今夜でお別れ。名残惜しい気持ちでスクリーンを見つめる健司。恋をしても叶わぬ相手だとは分かりつつ、銀幕の中の美雪に向かって、手を伸ばしていきます。 その時、落雷により、停電が起きました。再び灯が付いたとき、健司の目の前には美雪の姿がありました。なんと彼女はスクリーンの中から飛び出してきてしまったのです! 驚きつつも美雪に近づこうとする健司… が、ラムネの瓶で頭を殴られてしまいました。 「気安く触ろうとしないで」と。 とりあえず誰かに知られたらマズいので、健司は美雪を連れて街へ飛び出します。しかし、美雪は不審者扱いしてきた警官を容赦なく殴ってしまいました。 この世界の常識は美雪には通じないようです。 それに、映画通りのオテンバ娘でした。 困り果てた健司はひとまず美雪を自分のアパートへ連れて帰ることにしました。すると美雪は唐突に健司に思いもがけない言葉をかけます。 「お前は私のしもべだ」 こうして”しもべ”となり、奇妙な共同生活を送ることになった二人。健司と美雪は次第に魅かれあっていきますが、美雪はある秘密を抱えていて…。  

「今夜、ロマンス劇場で」のネタバレ

スクリーンから飛び出してきたお姫さま、美雪と暮らすことになった健司。映画の撮影現場を見てみたいという美雪の願いを叶えるため、彼女を連れて撮影所へ向かうことに。 お転婆姫の衣装のままではさすがに目立つので、美雪はメイク室で服を着替えます。モダンなドレスを身に纏った美雪は一層美しく変身しました。しかしお転婆な性格が変わることはありません。 映画看板に落書きしたり、口説いてきた看板スターの俊藤龍之介をハリセンで殴ったりとやりたい放題。さらにスモークにダイナマイトを仕込むといういたずらをして、撮影中の俊藤が怪我を負う事態に。 健司は美雪の代わりに頭を下げるばかり。 しかし肝心の美雪はまったく罪の意識を感じていないようです。 撮影所へ来る途中に大事にお守りを失くしてしまったようだと言い出す美雪。ですが、探して欲しいと頼まれた健司は断ります。これ以上僕につきまとわないで下さいと。 突き放してはみたものの、やはり美雪のことが頭から離れない健司。彼女を追いかけて、辺りを探し回ると、美雪は雨が降りしきるなかで落とし物を探し続けていたのです。 健司は草むらの中からお守りを見つけ出し、美雪に謝ります。すると雨が止んで、空に虹がかかりました。虹を知らない美雪に、健司は教えてやります。 「虹は幸福の象徴で、空に二本掛かったら、願い事が叶うと言われているんです」 そしていつか一緒にこの場所で、二本の虹を見ようと二人は約束しました。 撮影所では健司ら助監督達に大きなチャンスが与えられることに。それは一番優れた脚本を書いた者には監督デビューを約束するというものでした。 これは映画会社の社長令嬢、成瀬塔子の発案によるものでした。塔子は密かに健司に思いを寄せていて、彼にチャンスを与えたいと考えていたのです。 そんなことなど知る由もない健司は脚本作りへ意欲を燃やします。しかしなかなかいいストーリーが浮かびません。本多は悩む健司にチャップリンのある言葉を贈ります。 「もしも本当のロマンスに巡り合えたら、きっとこの世界も映画みたいに輝いて見えるんだろうな」 健司は自分が何を書くべきなのかに気づかされます。 そして脚本の執筆に取り掛かり始めました。平凡な青年がお姫様に恋をするラブストーリー。健司は脚本作りを手伝ってほしいと美雪にお願いし、二人は様々な場所に下見へ出かけます。 モノクロの世界しか知らなかった美雪に、健司はこの世界が様々な色で溢れていることを教えていきます。時には連想ゲームをして遊びながら、街を散策したり、縁日に出かけたり。 二人は強く魅かれ合っていきます。 そんなある日のこと。 美雪が健司のアパートで留守番をしていると、塔子が訪ねてきます。街で健司と美雪の姿を見かけていた塔子は、気に掛かっていたことを質問。二人が付き合っているのではないかと。 「そんなわけあるはずないだろ」 美雪はきっぱりと否定します。そして嘘をつきました。健司とは遠い親類で、たまたま世話になっているだけだと。 一方、脚本が認められ、健司の監督デビューがいよいよ現実味を増していきます。美雪への恋心も日に日に募っていきました。 覚悟を決めた健司は、蛍が光る川辺へ美雪を連れて行きます。そしてずっと僕の隣にいて欲しいと愛の告白をしました。ポケットの中にはプレゼントする指輪も用意してあります。 しかし美雪は健司の気持ちに応えることができません。彼女はこの世界へ来るために大きな代償を払っていました。人のぬくもりに触れれば、美雪の存在は消えてしまうのです。 美雪の秘密を知った健司は尋ねます。そこまでの危険を侵して、どうしてこちらの世界に来ようと思ったのかと。美雪は答えました。 「一目会いたくなってしまったんだ。会って最後に言いたかった。見つけてくれてありがとうって」 美雪もスクリーンの中から健司に恋をしていて、ずっと会うことを夢見ていたのです。しかし皮肉な運命が二人を引き裂こうとしていました。 美雪は気づいていたのです。モノクロの世界から飛び出してきた自分には色がないということを。健司は指輪を渡すことができませんでした。 美雪に振られた健司は、脚本の結末も書けなくなり、助監督室でやけ酒をあおります。そんな健司を励まそうとする塔子。自分の気持ちを抑えきれなくなり、つい 「牧野さんのことが好きです」と告白しました。 一方健司が渡しそびれた指輪を見つけた美雪。やはり健司への恋心を断ち切れず、撮影所へやってきます。しかし健司は同僚の山中伸太郎に相談を持ち掛けているところでした。 「好きな人にさ、触れずに生きて行けるか」 それを聞いてしまった美雪は健司のもとを去る決意をします。 夜、健司がアパートへ帰ってくると、荷物をまとめた美雪が出て行くところでした。引き留めようとする健司に、美雪はつい「お前と暮らしていると息がつまるんだ」と思ってもいない言葉を吐き捨ててしまうのでした。 行くあてもない美雪が辿り着いたのがロマンス劇場。 しばらくここにいればいいと美雪を受け入れた本多。 彼には健司と同じくスクリーンの中の女性に恋をした過去がありました。 撮影を終えた俊藤が健司のもとへやってきて、美雪にこう尋ねられたと明かします。どうしたらもとの世界に戻れるのかと。俊藤は落ち込んだ様子の健司を励まします。 「下を向いていたら今しか見えないぜ」 健司は美雪を探して、街の中をさまよい続けます。そしてロマンス劇場にいることを突き止めます。ですが、本多から彼女は会いたくないようだと告げられてしまいます。 一方、美雪は塔子に会いにいくことに。 美雪は塔子にならば健司を任せられると思っていました。そして最後にはこうお願いしました。「ずっとあいつの隣に居てやってくれ」 しかし健司の脚本を読んだ塔子は、彼がどれだけ美雪を愛しているかを思い知ります。二人の間に私が入り込む余地はない、と悟った塔子。美雪に会ったことを健司に話し、自分の気持ちに素直になるよう諭します。 健司は美雪に会うため、ロマンス劇場へ走ります。 「あなたじゃなきゃだめなんです」 「どんな映画より誰よりもあなたのことが大好きなんです」 美雪に再び愛の告白をします。ですが、美雪はその言葉だけでもう十分だと思いました。 愛する健司と触れ合うことができたらもう他には何も望まない。美雪は健司にお願いしました。最後に抱きしめて欲しいと。健司は震える手で美雪に触れようとします。 物語はここで終わりだと、老紳士は天音に伝えました。結局脚本は完成せず、映画の話もなくなったのだと老紳士は寂しそうに呟きます。その時、美しい女性が病室に入ってきました。 天音は孫娘と勘違いしているようですが、彼女は美雪でした。そしてこの老紳士こそ牧野健司なのでした。 あの日、健司は美雪に触ることはできませんでした。たとえ触れることができなくても、ずっと美雪と一緒にいたい。これが健司の出した答えでした。 そして二人はその後の人生をずっと一緒に歩み続けます。映画会社が倒産し、健司がロマンス劇場の館主を引き継いでからも、いつもそばには美雪がいました。 健司は次第に年を取っていきましたが、年を取らない美雪のほうはいつまでも若く美しいまま。気が付けば祖父と孫ほどの年の差に。ですが、二人が互いを思いやる気持ちが変わることはありません。二人は一緒にいるだけで幸せでした。 雪の降る寒い夜、健司の命は尽きようとしていました。 意識が混濁する中でも、健司は美雪を心配させまいといつもの遊びに誘います。連想ゲームのお題は「きれいなもの」美雪は健司と一緒に見た美しい景色を思い出します。 はじめて見た虹や、街の風景、川辺の蛍。健司と一緒にいるとこの世界のすべてが、美しく輝いて見えました。 「ずっと隣にいてくれてありがとう」 美雪は精一杯の感謝を伝えると、健司にこうお願いしました。最後の我儘を聞いて欲しいと。 そして健司の手にそっと触れ、抱きしめました。健司のぬくもりをはじめて知った美雪は大粒の涙を流しました。健司もしっかりと美雪を抱きしめます。最後の願いを叶えた美雪の存在は消え、健司も静かに息を引き取りました。 翌朝、病室へやってきた天音が原稿の最後を開くと、結末が書きあがっていました。物語はこう結ばれています。 お城で開かれている舞踏会にやってきた健司。 大勢の招待客をかき分けながら、中央に座る美雪のもとへやってきます。そしてひざまずいて、一輪の薔薇を差し出しました。 美雪が薔薇を受け取ると、モノクロの世界が鮮やかなカラーへと染まっていきます。二人は招待客に祝福されながら、キスを交わすのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です