映画LIFE:ライフ(2013)のフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

5 min
映画「LIFE!(2013)」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら、TSUTAYA TVの30日間無料トライアル期間を使えば、1円もかけずにLIFE:ライフを見ることができます。 もちろん字幕と吹替どちらも選ぶことができますし、さらにはその他の洋画や邦画、アニメやドラマまで楽しめるので、ぜひ無料トライアルに登録してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「LIFE!(2013)」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント 字・吹
Hulu 見放題
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 300ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「LIFE!(2013)」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Hulu ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 他のサービスなら、無料期間でLIFE!を視聴可能。 ちなみにこの中で月額料金が高いのはTSUTAYA TV(2417円)です。 ただ、逆に言うと料金が高いぶんサービスも充実しており、見放題作品のラインナップも豊富で、登録時に有料動画視聴ポイントも1100(約2~3本分)もらうことができます。 さらには月8枚までなら無料でDVDレンタル可能で、1ヶ月フルで楽しむには最適! もちろん料金の高さはネックですが、無料トライアル期間内であれば、結局どのサービスも解約してしまうことで0円にできます。それなら、より充実したサービスを楽しむほうがお得ですよね。 過去にTSUTAYA TVに登録していなければ、無条件で無料トライアル適用なので、「良くわからないけどお金がかかった!」なんて事も起きません。TSUTAYA TVでLIFE!を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「LIFE!(2013)(邦題)」「LIFE!(2013)(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「LIFE!(2013)」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「LIFE!(2013)」のあらすじ

ウォルターはパソコンをにらんでいました。 Eハーモニーという出会い系サイトで“シェリル”という女性に、ウィンクが送れないのです。シェリルはウォルターの同僚で、ひそかに思いを寄せています。 ウィンクが送れないのは、ウォルターのプロフィール欄に空欄が多いからだとEハーモニーのトッドは言います。もっと刺激のある人生を送ったらどうかと。 ウォルターの空欄は本人の人生を物語っていました。 ウォルターはLIFE誌で働いています。 写真のネガを管理する部署。地味ですが、雑誌には必要不可欠なものです。 ある日、LIFE誌が買収されてしまいます。雑誌もデジタル化されると。エレベーターで新しいプロジェクトリーダーにばったりはち合わせます。ウォルターの仕事をバカにする役員。 LIFEにずっと写真を提供してきたショーンは、有名な写真家です。彼はLIFEが終わると言う噂を聞きつけ、ウォルターに財布を手紙と一緒にプレゼントします。 「25番のネガは人生の神髄が記されている。君ならこれをどこに持っていくか分かるはず」 手紙にはそう書かれていました。さらに財布を見てみると、LIFEのモットーである一言が添えられていました。 「世界を見よう、危険でも立ち向かおう、壁の裏側を覗こう」 しかし、どこを確認しても25番のネガがありません!! そこでウォルターが呼ばれます。 フロアミーティングで25番のネガが必要だと言うのです。そこで例の役員が話します。「今月をもってLIFEは最後となる。」という内容でした。最後のLIFEの表紙をかざるものを25番にしてくれと、ショーンから電報が届いたのです。 「現像中です。」とはぐらかすウォルター。フロアミーティングの後、シェリルに話しかけるウォルター。彼女に25番のありかのヒントを聞き出します。 傷のついた木目、指輪を付けた親指、水面が写ったもの…。手掛かり捜しを通じてシェリルと話すようになったウォルター。水面に文字が写っているのを発見します。  

「LIFE!(2013)」のネタバレ

その文字は「アーキグスネク号」船の名前のよう。 そしてシェリルの友達が税金の書類をグリーンランドに送ったとの情報を得ます。船の名前をググってみると、なんとグリーンランド!つながりました! ウォルターはグリーンランドに向かう事を誓います。飛行機に乗り、旅に出るのです。北極海に浮かぶグリーンランドまで! グリーンランドの酒場で聞き込みを始めます。その酒場からヘリでアーキグスネク号に郵便を送ったとのこと。その時、酒場で男に喧嘩を売られます。しかしその男の親指にはあの指輪が! ウォルターは男に話を聞くと、ヘリでアーキグスネク号までショーンを届けたと言います。男のヘリコプターへ乗って、アーキグスネク号へ。 乗り込んだウォルターですが、そこにショーンはいませんでした。 船の冷蔵庫にショーのくれたケーキが。その包み紙には、「エルドゴス」「エイヤフィラトラヨークトル」の文字が書かれていました。船員に聞くと、「エイヤフィラトラヨークトル」はアイスランドにある火山だと言います。 ウォルターはアイスランドに上陸。自転車を借りて火山まで向かいます。自転車が壊れてしまったウォルターは、子供が持っているスケボーを自分のおもちゃと交換。スケボーで火山へ向かいます。 ウォルターは宿場に着きます。そこの男にショーンは飛行場に向かったと情報をもらい、ウォルターはさらに急ぎます。 途中で大きな下り坂に差し掛かったウォルターは、両手に石を括り付けます。両手でバランスを保ちながら、物凄いスピードで坂を下るウォルター。空港まで付きますが、人が1人もいません。 その時、大きなサイレンが鳴ります! 宿場の男が慌てて車でウォルターの元へ。「エルドゴス」は“噴火”という意味だったのです。車で逃げる2人。ウォルターはショーンを逃してしまいます。 何とか逃げ切ったウォルター。ショーンを見失ったウォルターのもとに、「クビにされる、今すぐ戻れ」と連絡が。帰国したウォルターはお母さんのもとへ。そこにあるピアノに見覚えのある傷が。ショーンから送られてきたネガにあった「傷のある木目」の正体でした。 ショーンはウォルターのお母さんのもとへ来ていたのでした。お母さんによると、ショーンはユキヒョウの写真を撮りにアフガニスタンへ行ったと。ウォルターはまた旅にでることを決意。 アフガニスタン部族から気に入られたり、ヒマラヤを超えたり、独りぼっちになったり…。雪山でひたすら歩いていると、そこには…。 ユキヒョウを撮るショーンが。 ついに会う事ができました。しかし彼は25番のネガは持っていないと言います。ネガは、プレゼントした財布に入っていると。 ウォルターとショーンは地元の人達と楽しくサッカーをします。ウォルターはこの旅でとても強く、活き活きとしていました。 そして、あのムカつくプロジェクトリーダーにネガを私に行きます。ウォルター自身はそのネガを見てません。 「これが神髄だ。」 強いまなざしのウォルター。その目はとても輝いたものでした。 買収によってウォルターとシェリルはリストラされてしまいます。2人が仲良く歩いていると、LIFE最終号が売り出されています。 その表紙には、まさしくLIFEの神髄がありました。 25番目のネガは、ウォルターがネガに目を通している姿だったのです。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です