「トランスフォーマー4 ロストエイジ」ネタバレとフル動画を無料視聴

5 min
映画「トランスフォーマー4/ロストエイジ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「トランスフォーマー」シリーズを見る場合は月額動画配信サービスTSUTAYA TVの30日間無料トライアルを使うのがオススメ。 トランスフォーマー1~トランスフォーマー5/最後の騎士王だけではなく、スピンオフ映画の「バンブルビー」も合わせて視聴が可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「トランスフォーマー4 ロストエイジ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題 字・吹
Hulu 見放題
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年3月31日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)トランスフォーマー4 ロストエイジ」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・hulu ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、dTV、Amazonの3つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 dTV&Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

それ以外のサービスなら、無料期間内にトランスフォーマー4/ロストエイジを視聴可能。 ちなみに、オススメなのはTSUTAYA TVです。 どちらもトランスフォーマー1~トランスフォーマー5/最後の騎士王まで視聴可能ですし、またトランスフォーマーの前日譚にあたる映画「バンブルビー」も楽しむことができます。 U-NEXTもトランスフォーマー1~5まですべて視聴可能なのですが、TSUTAYA TVより登録時にもらえるポイントが少なく、「最後の騎士王」「バンブルビー」はどちらかしか視聴できない欠点があります。 なので、トランスフォーマーシリーズを満喫するならTSUTAYA TVがオススメ。 登録後にすぐ高画質で視聴が可能ですし、30日間の無料トライアルがあるので、期間内に視聴&解約してしまえば費用ゼロ。ぜひ今すぐ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「トランスフォーマー4 ロストエイジ(邦題)」「transformer4 lostage(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「トランスフォーマー4 ロストエイジ」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「トランスフォーマー4 ロストエイジ」のあらすじ

5年前にシカゴで起きた、オートボットとディセプティコンの戦い。 オートボットの指揮官、オプティマスプライムの協力のもとディセプティコンの人類侵略の野望を阻止したものの、この時多くの人間の命が失われてしまいました。 それまで人類とオートボットは協力関係を結んでいましたが、この被害を受けて契約を破棄。アメリカから金属生命体たちを追い出すべく容赦ない攻撃を浴びせるようになっていたのです。 CIAの特殊部隊「墓場の風」は追われるオートボットを保護。 逃亡したディセプティコンを捕まえていると元CIAのハロルドは政府に報告していました。しかし実際彼はロックダウンという金属生命体の協力の元、隠れている金属生命体を探しています。 その頃、アメリカのはるか郊外にポツンとある家。 自称発明家のケイドは、廃品から色んなロボットを作っていました。ですが、それは到底発明と呼べるようなものではなく、娘からは半ば呆れられているような中年オヤジでした。 ある日、ケイドはトラックを買い取り分解し始めようとします。 すると、突然車がロボットに変形! その正体は、オートボットの指揮官であるオプティマスプライム。 CIAの罠にはまってしまったオプティマスは、なんとか逃げ出し隠れていました。それをケイドが見つけたのです。ケイドは傷ついたオプティマスを修理することに。 すると、そこへ「墓場の風」が乱入! オプティマスを差し出す代わりにロックダウンから”あるもの”をもらうためでした。追われる身となったケイドたちはなんとか闘争し、そこへオートボット4体が合流。 そこからは協力して黒幕を探すことにします。 CIAと繋がっていたのはIT企業のKSI。 彼らはCIAから渡された金属生命体で、今までとは違う新たなロボットを作っていました。CIAは新たな兵器として、KSIの作ったロボットを利用しようと考えていたのです。 元はといえば、その素となったのはメガトロンの脳から取り出したデータ。このカルヴァトロンは従来のロボット生命体たちを遥かにしのぐ能力を持っています。 ですが、実はこれはメガトロンの罠。 最初から自分が強靭な体を得て復活するため、そして今度こそオートボットたちを殲滅するために、人間たちを手のひらで操っていたのです。とうとうメガトロンは復活を遂げてしまいました。 その頃、KSIに侵入しケイドたちもその陰謀を知ります。 その後、CIAとガルヴァトロンに追いかけられることに。 オプティマス達オートボットと共に逃げ出しますが、オプティマスとテッサは捕まってしまいロックダウンの宇宙船に連れ去られてしまいました。 ロックダウンは賞金稼ぎとして創造主が探している騎士を追いかけています。創造主にオプティマスを渡すためにロックダウンは地球でオプティマスを探していました。 CIAはロックダウンにオプティマスを引き渡す代わり、「シード」という爆弾を手に入れます。 CIAはそのシードを使ってロボットを大量に作ろとしていましたが、ガルヴァトロンはシードを奪おうとしていました。シードには有機生命体を金属生命体に変えてしまう力があります。 ガルヴァトロンはシードを使って。今度こそ人類を滅ぼそうと考えていました。  

「トランスフォーマー4 ロストエイジ」のネタバレ

ロックダウンの宇宙船から脱出したオプティマス達は、ジョシュアが向かった香港に向かいます。ケイドはジョシュアに電話し真実を伝え、すでにガルヴァトロンに操られていることを教えました。 ハロルドからシードをもらったジョシュアは、ケイドの話を聞きシードを持って逃亡。その時ガルヴァトロンは自我に目覚め、他のロボットと共に、シードを手にするために追いかけてきました。 ガルヴァトロンの前に追い詰められていくオートボット達でしたが、オプティマスはロックダウンの宇宙船に乗っていた「伝説の騎士」ダイナボットを解き放ちます。そして伝説の騎士を操り次々とロボットを倒しました。 オプティマスが逃げ出したことを知ったロックダウン。 彼もまたオプティマスを追いかけてきます。 オプティマスとロックダウン1対1の戦いになりますが、ケイドやテッサ達は逃げずにオプティマスを助けようとします。彼らの協力もありオプティマスはロックダウンを倒すことができました。 ロックダウンが倒されるのを見ていたガルヴァトロンは、「また会おう。プライム」と言って戦いの場から去って行きます。 シードを受け取ったオプティマス。 創造主の正体は分かりませんが人類を守るためにオートボットを地球に残し1人宇宙に飛び立って行きます。彼は「地球に手を出すな」とまだ見ぬ創造主に向かって叫んでいました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です