映画「魔女の宅急便」のフル動画を無料視聴【openload/dailymotion】

映画「魔女の宅急便」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ジブリ作品は全動画配信サービスで配信されていません。なので違法動画サイトを探すか、DVDレンタルするしかないのですが…

唯一、TSUTAYA DISCASというオンラインDVDレンタルサービスの30日間無料トライアルを使えば、「コクリコ坂」はじめ他のジブリ作品も一挙に楽しむことができます。


TSUTAYA DISCASに登録してジブリ作品を視聴してみてください

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「魔女の宅急便」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年3月10日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「魔女の宅急便」を無料で視聴可能なのはTSUTAYA DISCASのみ。

U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。


TSUTAYA DISCASはオンラインでDVDを注文し、自宅に届けてくれる月額制サービス。版権にうるさいジブリ作品などもすべてレンタル可能です。

今すぐ視聴できるわけではないですが、30日間の無料トライアル期間が設けられているので、DVDを最大8本まで借りても期間内に解約すれば費用ゼロ。

もちろん「魔女の宅急便」以外のジブリ作品を楽しむこともできます。


現状だと、コレ以外でジブリ作品を楽しむ方法はありません。ぜひTSUTAYA DISCASの無料お試し期間を利用して視聴してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「魔女の宅急便(邦題)」「majyo no takkyuubin(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「魔女の宅急便」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
 

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。
 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 
 

「魔女の宅急便」のあらすじ


そよ風の吹くある田舎町の草原。

小さなラジオから夜の天気予報が流れます。「よく晴れた満月の夜になる。」その情報を聞くと少女キキは勢いよく立ち上がります。


キキは魔女。

古くからのしきたりで、13歳になる夜に自分の家を離れて、魔女が誰1人いない街で修行をしなくてはならないのです。

天気予報を聞いて絶好の出発日よりだと思ったキキは、今夜いよいよ魔女の修行の旅へ出ることを母親に伝えます。


その夜、キキの見送りに家族だけでなく、友人たちも集まってくれました。

しゃべる黒猫のジジを連れてホウキにまたがり、友人たちが大きな声で繰り返し声援を送る中、キキは飛び立っていきました。


ラジオをつけて、夜の遊覧飛行を楽しむキキ。

すると、街で占いをしている先輩魔女に出会います。

ラジオを鳴らしたままだったキキに最初は冷たい態度を取りますが、別れ際にはキキにエールを送って街へ降りていきました。


そこに突然激しい雷雨が!

天気予報では晴れだったにも関わらず、雨に濡れてしまったキキはラジオの天気予報に文句を言いつつ、止まっていた貨物列車の車両に入り込んで休むことにします。


翌朝目覚めると、貨物車両は海沿いの大都会の近くを走っていました。すぐに身支度を済ませ、車両の屋根から飛んでいきます。

大きな時計塔のある美しい街並みの大都会。すると、キキは時計塔の老人に声をかけられます。キキは「この街に魔女はいるか」と聞いたところ、老人はしばらく見ていないと答えます。

キキはウキウキしながら街へ降りていきました。

 

「魔女の宅急便」のネタバレ


ホウキに乗ったまま街へと降りると、小さなトンネルで二階建てバスにぶつかりそうになったのをきっかけに、ホウキのコントロールを失ってしまいます。

道路は交通事故になりかけてしまい大混乱。そこに警官が現れキキは怒られてしまい、名前と住所を聞かれそうになってしまいます。


「泥棒!」

突然、少年の叫び声が響き、それを聞いた警察官はキキにここで待つように、と言い残して声のする方向へ走っていきました。

とりあえず助かったものの、すっかりキキは不機嫌です。


歩いて別の場所へ移動していると、自転車に乗った少年がベルを鳴らして近づいてきます。少年の名前はトンボ。「泥棒!」と叫んで警官の注意を引いた少年でした。

トンボは上手く警官の気を引いたことを上機嫌で話しますが、せっかく助けてもらったのに似、機嫌の悪いキキは冷たく接してしまうのです。


キキが丘の上で、夕暮れの街を眺めて落ち込んでいると、パン屋さんからオソノが手に赤ちゃんのおしゃぶりを持って出てきました。

お客さんの忘れ物のようです。オソノは大声で丘の下にいるお客さんに向かって呼びかけますが、届くはずもありません。

その様子を見ていたキキは、おしゃぶりを届けると申し出て、ホウキにまたがって丘の上から飛び降ります。驚いて下を見たオソノでしたが、何事もなかったようにスーッと空を飛んでいくキキを見て、また驚きました。


忘れ物を届け終わり、オソノのもとに戻るとキキは修行のことを話します。

それを聞いたオソノは、パン屋の手伝いをする代わりに、2階で空いている部屋に泊まって良いことを提案。この時、空を飛ぶことしか能力がないことに引け目を感じていたキキは宅配サービスを思いつくのです。


街で日用品を買い、パン屋に戻るとキキの評判を聞きつけた初めてのお客さんが待っていました。届け物は、鳥籠に入ったジジにそっくりな黒猫のぬいぐるみでした。

すぐにホウキに乗って配達に向かうも、突風に吹かれてしまい森の中に落ちてしまいます。落ちたところはカラスの巣があり、カラスにも襲われるというまさに踏んだり蹴ったりです。

しばらくして、ジジがぬいぐるみがないことに気付きます。探している余裕なんてありません。キキはジジにお願いして、ぬいぐるみを見つけるまでのあいだの身代わりになってもらいます。


森に戻ったキキはポツンとたたずむ小屋の窓辺にぬいぐるみを見つけます

。声をかけると屋根から女性の声がします。登っていくと、カラスのデッサンを描く画家のウルスラがいました。

ぬいぐるみの話をして、無事に返してもらうものの、首がほつれて破けてしまっていました。それを見てウルスラは、小屋の掃除と引き換えにぬいぐるみを直してあげたのです。

すっかり日が暮れてしまったところで、配達先に向かったキキは、家の外までジジを助けてくれた犬に、ぬいぐるみを渡してことなきを得ました。


キキがパン屋の店番をしていると、トンボが現れます。

トンボは夜に開かれるパーティにキキを招待しようと招待状を持ってきていました。するとそこに配達の電話がかかってきてしまいます。トンボは18時に迎えに来る、とだけ伝えてお店を出て行ってしまいました。


配達の依頼主のところに向かうと、老婦人がお困りの様子。

オーブンが壊れてしまい、孫の誕生日に合わせて作った料理が焼けないとのことでした。するとキキはキッチンにある薪のオーブンに気付き、母を手伝っていた時のことを思い出しながら、オーブンで料理を焼いていきます。

焼き上がりを待っていたところ、キッチンの時計が10分遅れていることを老婦人から知らされます。配達時間ギリギリで家を飛び出すキキ。その気持ちを表すかのように空はどんより曇っていきます。

配達中に雨に降られながらも、何とか料理を冷まさずに届けることに成功しますが、孫は「あんまり好きじゃないのよね」とドアを勢いよく閉めてしまいました。


キキはお店に戻ると、店先で待っていたトンボを見かけます。時計塔が約束の18時を知らせると、トンボは傘をさして行ってしまいました。

服の替えがなく、見た目が地味な自分が嫌になり、オソノの心配を他所に部屋へ戻ります。その翌朝、キキは風邪をひいてしまうのです。


キキは風邪が治ると、オソノからパン屋の近くのところまで配達を頼まれ、歩いて配達に向かいます。配達先に向かうと、そこはトンボの家でした。

トンボは絶賛制作中の人力飛行機に使う、ハンドルの前にプロペラのついた自転車をキキに見せます。2人はその自転車に乗って、海岸に不時着している飛行船を見にいきました。

海岸に着くと2人はお互いのことを話し、距離が縮まりますが、トンボの友人が声をかけると、急に冷たい態度をとってパン屋に戻ってしまうのです。


キキはトンボにまた冷たい態度を撮ってしまったと落ち込んでいると、ジジがやってきます。どんなに話しかけても、返事は「ニャー」と返ってくるだけ。

毎日のようにジジと話していたのに、キキはジジの言葉が何1つ分からなくなってしまったのです。魔力が落ちてしまっているのかもしれません。


さらに、ホウキで飛ぶこともできなくなってしまいました。

ひたすら練習を繰り返すものの、それどころか落下の衝撃でホウキは折れてしまいました。唯一の取り柄だった空を飛ぶこともできなくなり、さらに落ち込んでしまいます。


ある日、画家のウルスラがパン屋に尋ねてきます。

魔力が弱まり落ち込むキキに小屋に泊まりに来ないかと誘います。ウルスラはキキをモデルに絵を描きますが、自分も絵が描けなくなる時があることを話し、キキを元気づけるのでした。

またある時、例の老婦人に再び配達を頼まれて家に向かうと、「キキという女の子にこの前のお礼をしたい」と手作りのケーキの配達を頼まれます。キキはこのサプライズにすっかり元気になりました。


が、その時。

テレビに映っていた飛行船が強風に煽られて逆立ち状態に。飛んでいかないように何人もロープに捕まりますが、その甲斐なく飛行船は空へと飛ばされて行ってしまいます。

よく見るとロープにはまだトンボがしがみついています。その様子を知ったキキは一目散に街へ走り出しました。


街へ向かうとたくさんの市民が心配そうに飛行船の様子を見ています。すると、飛行船が時計塔に衝突。今にも落ちてしまいそうなトンボを助けるため、キキは掃除夫のデッキブラシを借り、再び空へと舞い上がります。

なかなか言うことを聞かないデッキブラシを操り、トンボのもとにたどり着きます。手を差し伸べ合う2人ですが、つかめません。

あとちょっと、その時トンボの手がロープから滑り落ちてしまいますが、キキがトンボの手をしっかり掴んで、大歓声が湧き起こりました。


キキは母に、手紙を書きます。街の人と仲良くなれたこと、この街で頑張っていること、そして、この街が好きになったことを。キキの修行は、まだ始まったばかりです。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です