映画マレフィセントのネタバレとフル動画を無料視聴【吹替/字幕】

1 min
映画「マレフィセント」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 結論から言うと、有料の動画配信サービスU-NEXTの無料トライアル期間を使うのがオススメです。 特にオススメなのはU-NEXTで、無料トライアル期間が31日間ともっとも長く、期間内に解約してしまえば「無料で」「高画質で」「今すぐ」マレフィセントを楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「マレフィセント」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年2月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「マレフィセント」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 新しく1つ登録するなら、オススメはU-NEXT。 USENが運営するサービスなので安心感もありますし、TSUTAYA TVやmusic.jpと比べて見放題の映画やドラマのラインナップも豊富。マレフィセントも字幕と吹替どちらでも配信しています。 さらに無料トライアル期間も31日と最長になっています。お試し期間をフル活用しても見きれないほどの大量の動画を楽しめるので、まずは無料お試しを利用してマレフィセントを 視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「マレフィセント(邦題)」「maleficent(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「マレフィセント」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「マレフィセント」のあらすじ

昔々、隣り合った2つの王国がありました。 ひとつは人間の王国。 もうひとつは妖精の王国。 人間の国を治めているのは強欲な王で、民は美しく豊かな隣国をねたんでいました。 もうひとつの国は不思議な力をもつ生き物が暮らし、王も女王もおらず、お互いの信頼関係で成り立っている美しい国「ムーア」でした。 妖精の少女マレフィセントは、人間の女の子のように見えますが、彼女には大きな翼がありました。その翼で美しい国を飛び回り幸せに暮らしていたのです。 ある日のこと、マレフィセントのところに知らせが届きます。 「宝石を盗みにきたものがいる」 マレフィセントが駆け付けると人間の少年がいました。 彼の名はステファン、両親を亡くし貧しいけれど、いつかお城に住むという夢をもっていました。ステファンは何度もマレフィセントに会いに来て、2人はやがて恋に落ちます。 16歳の誕生日にステファンはマレフィセントに「真実の愛のキス」をプレゼントします。でもそれは「真実の愛」ではなかったのです… ステファンは成長するにつれ、野望に燃え、人間界の様々な欲に毒されていきました。一方、マレフィセントは最強の妖精となり国の守護者となりました。 かつてのようにステファンが会いに来ることも減っていましたが、それでも昔と変わらぬ心のままマレフィセントは待ち続けていたのです。 ある日、妖精の国に、人間のヘンリー国王とその軍隊が攻めてきます。 マレフィセントを倒し、妖精の国を自分のものにするためです。国境で人間の王と妖精の王が対峙しますが、妖精の国は勝利、王はケガをして城へ戻りました。 傷が元で、寝たきりになってしまったヘンリー国王はマレフィセントを倒したものに、我が王冠と娘を託すと宣言。ステファンもまたその言葉に聞き入っていたのです。 マレフィセントに久しぶりに会いに行くステファン。 マレフィセントに眠り薬を飲ませ、刺し殺そうとします。が、殺す決断まではできなかったことで、彼女の大切な翼を切り取り、王への献上品にします。 目が覚めて背中の激痛に気が付いたマレフィセントは嘆き悲しみ、ステファンへの復讐を心に決めました。そして国のはずれの遺跡に隠れ住むようになります。 ある日、人間の罠にかかってしまったカラスを魔法で人にして助けます。そのカラスの名はディアヴァル(サム・ライリー)。彼を僕としたのです。 マレフィセントの翼のかわりに、王位を得たステファン。城まで偵察に行ったディアヴァルに、その様子を聞いたマレフィセントは怒りに燃え、妖精たちを恐怖で従えるようになってしまいました。 一方ステファン王には、お妃との間に可愛らしい王女オーロラが誕生。 王女の誕生祝賀会は盛大に行われました。 そこにはムーア国から親善として3人の妖精も参列。妖精はそれぞれ「美しさ」「幸せ」3人目が「真実の・・・」と言いかけたところに招かれざる客、マレフィセントが現れます。 「16歳の誕生日の日が沈む前に糸車の針が刺さって眠り、2度とその眠りからは覚めない」「永遠の眠りから目覚めさせるには、永遠の愛のキスしか方法はない」 強く、深い呪いを、まだ赤ん坊のオーロラにかけてしまいます。 マレフィセントは「真実の愛」など無いと思っていたのです。  

「マレフィセント」のネタバレ

王は国中の糸車を隠し、オーロラを3人の妖精に託しました。 王自身も城に閉じこもります。王の命令で多くの兵士がマレフィセントを討伐に行きます。しかしマレフィセントも「いばらの壁」を築き人間が入り込めないようにしていました。 妖精たちは森の奥の小さな小屋で、オーロラを育てることに。 しかし妖精たちは人間の赤ちゃんの育て方を知りません。 オーロラが呪いどころではなく、このままでは大きく育つ前に死んでしまうと、見るに見かねたマレフィセントは、カラスのデイアヴァルと共に、オーロラに魔法でミルクを与え見守り育てていきます。 城に閉じこもっているステファン王の心は、日に日に闇に包まれて復讐の念に取り付かれていきます。兵をマレフィセントの元に次々と送り込んでは返り討ちに合いばかり… そして、疲弊しきった王はあることを思い出します。子供の頃、自分がしていた鉄の指輪でマレフィセントが火傷したのをようやく思い出したのです。 ある日、マレフィセントの元に、小さなオーロラが走り寄って来て抱っこをせがみます。つい抱っこしてしまい、無垢な子供の心とぬくもりに触れ、マレフィセントの心は揺れ始めます。 オーロラ(エル・ファニング)は美しく優しい娘に育ち、外の世界に興味をもちはじめます。そしていばらの壁の向こうにも強い興味を示します。いばらの壁を越えようとするのはオーロラだけではありません、度々兵士が襲ってきます。 ある日、マレフィセントはオーロラを自分のいばらの壁の中へ招き、美しい妖精の世界を見せます。オーロラはそこでマレフィセントとはじめて対面します。 実はオーロラは「フェアリー・ゴッドマザー」とマレフィセントに気が付いていて、彼女が自分を守り育ててくれたこともわかっていました。自分の事を全く怖がらないオーロラを、魔法で眠らせ、こっそりと妖精たちの小屋のベッドまで戻します。 しかし、それから何度もオーロラを妖精の国で遊ばせるようになるマレフィセント。 妖精たちと仲良く遊ぶオーロラを愛し気に見つめるようになっていきました。 マレフィセントはオーロラにかけた呪いを取り消したいと願いますが、それはもう不可能。 そしてオーロラも16歳の誕生日を前に妖精たちから離れ、マレフィセントと一緒に暮らしたいと考えるようになります。 その頃、ステファン王はどんどん心を病んでいました。 マレフィセントの翼を眺めひとりごとを言い悪夢を見ます。襲ってくると思い込み、鍛冶職人に大急ぎで鉄の武器を作らせます。自分のお妃が危篤の知らせにも耳を全くかしませんでした。 16歳の誕生日に「家を出て、マレフィセントと暮らしたい」と妖精たちに説明する練習を一人でしているオーロラは、偶然に、ステファン王を見舞いに行く途中の隣国の王子フィリップ(ブレントン・スウェイツ)と出会います。また会いに来ると言うフィリップ。 妖精がうっかりオーロラに「父親が生きている」と口を滑らせたことから、オーロラはマレフィセント自分に呪いをかけたことを知ってしまいます。 大好きな「フェアリー・ゴッドマザー」がマレフィセントだと知ったオーロラは、マレフィセントを拒否し、ひとり馬で城へと向かってしまいました。 心を病み、暴君となり果てたステファン王はオーロラと再会しますが、喜ぶどころか呪いの日を前に何故城に戻ったかと怒り、オーロラを地下の部屋に閉じ込めてしまいます。 そしてオーロラは呪い通りに、地下に隠してあった糸車で手を刺し、永遠の眠りについてしまったのです。 マレフィセントはオーロラに会いに来たフィリップ王子を魔法で眠らせ城まで誘導します。残念ながらオーロラが眠りにつく前には間に合いませんでした。 しかしマレフィセントは王子のキスがオーロラを目覚めさせると考え、3人の妖精も手伝いオーロラにキスをさせます。それでも、何故か呪いは解けずオーロラは目を開けません。 影から見守っていたマレフィセントは「真実の愛」などやはり存在しないと絶望。 オーロラの枕元で自分のしたことを詫びます。 オーロラへの想いを語り、涙ながらに命の限りオーロラを守り続けると近い、オーロラの額にキスをします。すると、オーロラは「こんにちは、ゴッドマザー」と言って目を開けました。 「真実の愛のキス」をオーロラにしたのは、マレフィセントでした。 目覚めたオーロラとマレフィセントは城を出て一緒に暮らそうと笑顔で話をします。 ところが、王の罠にかかり、マレフィセントは鉄の鎖の網に捕まって身動きが取れなくなり、ひどい目に。なんとかディアヴァルを竜に変身させて、鉄の網からは解放されますが、特製の鉄の鎧を着、武器をもった王に苦戦します。 オーロラは、こっそりと王が閉じ込めていたマレフィセントの2枚の翼を開放します。翼はマレフィセントの背中へと戻っていきました。 翼を得たマレフィセントは形勢逆転し、王を塔の上まで追い詰めます。 ステファン王を殺さずに去ろうとするマレフィセントに、王は背後から襲い掛かってきます。もつれて転落していく2人、羽のないステファン王は落ちて死んでしまいました。 マレフィセントは「いばらの壁」を取り除き、人間の王冠を捨て、美しさを取り戻した妖精の国と人間の王国は統一され、オーロラがその両方を治める女王となりました。 マレフィセント、デイアヴァル、フィリップが彼女を見守っていきます。 この物語を話しているのは、全てを知り、「眠りの森の美女」であるオーロラでした。 2つの王国を統一したのは、伝説とは違い、偉大な英雄でもなく、恐ろしい悪者でもなく、両方の心を兼ね備え、真実の愛を知る女性、マレフィセントだったのです。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です