映画「万引き家族」のフル動画を無料視聴【dailymotion】

映画「万引き家族」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。


貧しくも幸せに暮らしていたある一家。

しかし、その家庭には決して知られてはいけないある秘密が隠されていました。

アカデミー賞にノミネートされるほどの話題作となった本作品は、変化し続ける家族の形や、現代社会の問題に鋭く切り込んだ問題作でもあります。


「万引き家族」を視聴するなら、動画配信サービスがオススメ。

特に動画配信サービスU-NEXTを使えば、登録して今すぐ高画質な動画を視聴できる上に、登録から31日間は無料トライアル期間なので、1円もかけずに映画を楽しむことができます。


 

↓31日以内に解約すれば無料↓

「万引き家族」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 550ポイント ×
FOD 500ポイント ×
TSUTAYA TV 500ポイント ×
Hulu × × ×
dTV 400ポイント ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 見放題 ×
music.jp 440ポイント ×
「万引き家族」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・FOD
・dTV


ただ、表を見て頂くと分かる通り大半のサービスでは視聴にポイント(別料金)が必要。

でもU-NEXTの場合無料トライアル開始時に合計600ポイントもらえるので、本来なら視聴に550ポイント必要な「万引き家族」も完全無料で楽しむことができます。


また、31日間の無料トライアル期間に他の映画やアニメを楽しむことも可能。

それでサービスを気に入ればそのまま続けて月額会員になれば良いですし、お試しで十分だと思えばその場で解約してしまえばOKです。登録も簡単なので、まずは気軽にU-nextを利用してみてください。


↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「万引き家族」「mannbiki kazoku」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「万引き家族」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。


↓31日以内に解約すれば無料↓

「万引き家族」のあらすじ


都会のなかに、埋もれるように存在する古いアパート。

そこで祖母の柴田初枝に治と信代の夫婦とその子供の祥太、信代の妹の亜紀の5人はひっそりと暮らしていました。

治は日雇いの工事現場で、信代はクリーニング工場で働いていたもののそれでは生活は苦しく、初枝の年金を頼りながら万引きで日用品や食費を補っていました。


冬の寒いある夜、万引きの帰り道の治と祥太。

アパートの外で薄着でいる少女を見つけ、治はその少女を連れて帰ることにしました。


家で、みんなで夕飯を食べていると、初枝が少女の体中に傷があるのを見つけます。

少女は「転んだ」と言っていますが、本当のところは分かりません。

夕飯を食べ終えた後、信代と治は少女を家に返そうとアパートに戻りましたが、そこで少女の両親が言い争っていて少女のことを「産まなきゃよかった」と言っているのを聞いてしまい、虐待を確信した信代は、そのまま少女を連れて家に引き返しました。


そうして、短くも幸せな、6人での生活が始まったのです。

 

「万引き家族」のネタバレ


治と祥太は、連れて帰った少女・りんを連れて万引きをしに行っていました。

祥太は、りんがいると邪魔だからりんは連れて行きたくないと言いますが、治は「りんにもそのうちやらせてやる。そのほうが居心地が悪くないだろう」と祥太に話します。


りんが柴田家にすっかり馴染んできたある日、ニュースでりんの誘拐報道がされます。治は焦ってりんを両親の元へ返そうとしましたが、りんは柴田家に残ることを選択しました。そのことを一番喜んでいるようなのは信代でした。

学校に通っていなかった祥太はりんと共に日中を過ごし、いつしか本当の兄弟のようになり近くの駄菓子屋やスーパーなどで万引きを繰り返していました。

そんなある日、祥太とりんが駄菓子屋に行きそこでりんが万引きをしましたが、店を出る際に祥太が店主に呼び止められます。恐る恐る祥太が振り返ると、お菓子をもらい「これをやるから妹にはもうやらせるなよ」と言われ、翔太の中に万引きをすることへの疑念が生まれ始めます。


その頃、初枝はある家庭を訪問していました。それは、元・夫と後妻の間に生まれた息子夫婦の家でした。

その日は元・夫の月命日で、毎月行っては息子夫婦から慰謝料という名目でお金を受け取っていたのです。そして、この家の娘・亜紀が海外が楽しくて旅行から戻ってこないと息子夫婦が話すのを、初枝は静かに聞いていました。

そう、信代の妹のように生活していた亜紀は、実はこの家の長女だったのです。

 

さらに、翔太も治がパチンコ屋の駐車場で車上荒らしをしている途中に、置き去りにされた車内から連れ出した他人の子供でした。
 

季節は夏になり、柴田家はみんなで海水浴に出かけます。それぞれに海を満喫し、楽しい1日となりましたが、翌日、初枝が布団の中で亡くなっていました。葬儀を行うお金がなかったため、お風呂場の下を掘り、初枝の遺体を埋めました。

そこで治は穴掘りを手伝わせた翔太に「祖母のことは忘れろ、俺たちはもともと5人家族だ」と言います。
 

その後、年金を不正に受け取りに行った信代と翔太。その帰り道、翔太は万引きは悪いことなのか信代に聞きます。信代は、少し考えた後「お店が潰れなきゃ大丈夫」と答えるだけでした。

しかしその数日後、祥太が万引きを繰り返していた駄菓子屋が潰れてしまいます。

 
その後も祥太は万引きをしますが、りんは店の外で待っているように言います

。しかし、りんは店内に入り自ら万引きをします。それを見ていた祥太は、りんの万引きがバレないようにわざと店員の注目を引き、店員が見ている前で万引きをして逃げました。しかし、逃亡中に足を怪我してしまい、病院に搬送されます。

そこで、動揺した治が祥太の名前と住所を病院にきていた警察に話してしまい、その夜、身元がバレることを恐れた一家が夜逃げしようとしたところ、警察に捕まることとなりました。

 

そこでさらなる事実が発覚するのです。

 

治の本名は榎勝太、信代の本名は田辺由布子でした。それだけではなく、2人は信代に暴力を振るっていた元・夫を殺害し死体を遺棄していたのです。

警察の事情聴取により、初枝が自分の両親からお金を受け取っていたことを知らされた亜紀は、これまでの経緯を全て話すこととなり、全ての事件が発覚します。

 
信代は、りんのことについて「拾った。誰かが捨てたものを拾った」と話していました。

しかし、子供達になんて呼ばれいていたのか聞かれた信代は、「お母さん」と1度も呼ばれたことがなかったことに静かに涙するのでした。

 

そして、治もまた祥太に「万引き以外、他に教えられることがなかった」というのでした。

その後、全ての罪を信代が引き受けて収監されることとなりました。祥太は児童福祉施設に入り、そこから学校に通うようになり、治は一人暮らしを始めました。

亜紀がその後、実家に帰った描写はありませんんでしたが、みんなで暮らした古いアパートを訪ね、誰もいない家を静かに眺めていました。

 

そして、実の両親の元へ帰ったりんは、また虐待が再開。

治がまたきてくれるのを待っているかのように外を眺めるのでした。

 

「万引き家族」の動画を視聴するならU-next


第71回 カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した本作品。犯罪で繋がった一家でしたが、日々の生活はとても幸せそうでした。何より、終盤の取り調べでの安藤サクラさんの演技が圧巻です。本当の家族の元に帰ったはずのりんが、その後一番悲惨な生活を送っています。

たくさんの現代社会の問題を浮き彫りにした本作品は、見る人によってその意味合いが多少変わるのかもしれません。

 

2018年の話題をさらった本作をぜひU-nextでご覧ください。

 

↓31日 以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です