映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 前作「メリー・ポピンズ」から54年後に作られた続編。色彩鮮やかなミュージカル。 原作の雰囲気に近づいたメリーを演じるエミリー・ブラントのツンとした笑顔が魅力的。日本語吹替版の平原綾香の歌も聴きどころです。 今すぐ無料で視聴するなら、U-NEXTが一番いいです。 他のサービスでも視聴は可能ですが、無料トライアル期間が31日と他のどのサービスよりも長いこと。また唯一視聴にポイント(別料金)が必要ないので、ぜひU-NEXTでメリー・ポピンズ・リターンズを視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「メリー・ポピンズ・リターンズ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント 字・吹
Hulu × ×
dTV 400ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 399ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
  「メリー・ポピンズ・リターンズ」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライム ・music.jp ただし、dTVとAmazonプライムビデオの2つは実質有料なので注意。 どちらも30日間無料トライアルがあるので月額料金は無視できるのですが、「メリー・ポピンズ・リターンズ」の視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントもないので、結局は自腹を切ることになります。 その点、U-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpの3つは完全無料での視聴が可能。 (これら3つのサービスは登録時にタダで有料動画視聴ポイントがもらえます) ただ、U-NEXTはそもそもメリー・ポピンズ・リターンズの視聴にポイントは必要なし。そのポイントを使って他の有料動画(新作や人気作はポインと制のことが多いです)を見ることも可能。 また、無料トライアル期間が31日間と他のどのサービスを比べても最長なので、たっぷり映画やアニメ、ドラマを楽しんで期間内に解約してしまえば、1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「メリー・ポピンズ・リターンズ(邦題)」「mary poppins returns(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「メリー・ポピンズ・リターンズ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「メリー・ポピンズ・リターンズ」のあらすじ

世界恐慌まっただなかのロンドン。 バンクス家もまた恐慌のなかにいました。突然弁護士がやってきて、今週の金曜日、夜中の0時までに借金を返さないと自宅を差し押さえるというのです。 バンクス家は亡くなった父親が大銀行の重役をしていましたが、息子のマイケルは売れない画家。3人の子どもたちを養うために、父が重役をしていた銀行で臨時職員をしています。唯一の資産は父の代から住んでいるこの家でした。 「もしかしたら父さんが銀行の株を持っていたかもしれない!」 マイケルと姉のジェーンは屋根裏部屋で昔の書類を探し始めます。そこにあったぼろぼろの凧を、マイケルはゴミ箱に捨てました。凧は風に乗って空高く舞い上がり…… 凧と一緒に地上に降りて来たのは、なつかしいメリー・ポピンズ! まだマイケルとジェーンが子どもだった25年前、メリー・ポピンズは彼らの乳母でした。 25年前とまったく変わらず、つんとした美しい横顔もそのままです。不思議な力を持つ女性で、彼女のおかげでお金にしか興味がなかった父親は人間らしさを取り戻し、家族は幸せになったのです。 メリーはしばらくマイケルの子どもたちの面倒を見ると勝手に宣言します。あっけにとられながらも、頼りになる味方が出来たことを心強く思うバンクス姉弟。しかしマイケルの3人の子どもたちはとまどいます。 メリーはさっそく子供たちに「お風呂に入りなさい」と命じました。しぶしぶ言われるままにお風呂に入ると、3人は不思議な海へと連れて行かれてしまいます! メリーの魔法で楽しい海に遊ぶ3人。普通の世界に戻ってくると「どうやったの!?」とメリーに訊きますが「何のこと?」とメリーは相手にしません。どうやら魔法のことはそっとしておいた方がいいようです。 子どもたちのお母さんでありマイケルの奥さんだった人は1年前に亡くなっていました。 家族全員、まだ心の傷は癒えていません。こんなに楽しい時間は子どもたちにとって久しぶりのことでした。 一方、探しても探しても銀行の株券は見つかりません。 もしかしたら銀行にあるのでは……。マイケルは自分の職場でもある銀行に行きます。臨時職員としてのマイケルに頭取は雲の上の人ですが、父の息子としてのマイケルにとっては頭取は顔見知りです。 書類を探す、と言ってくれた頭取の言葉に胸をなでおろすマイケル。しかし実は頭取は悪い人物でした。マイケルが帰ったあと、バンクス家の株券をこっそり燃やしてしまったのです! 家では子どもたちが家の借金に心を痛めています。 長男は亡くなった母の形見のツボを売って家を守ろうと考えますが、他の2人は大反対。もみ合ううちに大事なツボにヒビを入れてしまう始末。 どうしよう……。そこへメリーが通りかかり、誰がこんなことをしたのかと問います。 罪をなすりつけあう3人の耳に「犯人はみんなだ」。誰の声かとキョロキョロする3人。実は壺に描かれた馬車の御者が喋っており、もみ合いで馬車の車輪が外れてしまったことに文句をいうのでした。 馬車の車輪を直すため、メリーは子どもたちを壺の中の世界へ連れて行きます。 色鮮やかな絵の中の世界。車輪を直し、冒険を始めます。メリーは舞台でダンスと歌を披露し、みんなは壺の絵の世界を思い切り楽しみます。 3人が目を覚ますとそこは自分たちの寝室でした。部屋に入って来たメリーに、3人は母が亡くなった悲しみを訴えます。今までつらくてもがまんしていたのです。メリーは優しく、お母さんはみんなの心の中にいて、永遠にいなくなったりしない、と歌います。  

「メリー・ポピンズ・リターンズ」のネタバレ

差し押さえの日が来ました。 荷物を運び出した家はガランとして見えます。末っ子があの凧を忘れたことに気づき取りに戻ると、その凧に使われていたのは家族の肖像画。 その裏には――株券の写し!これさえあれば借金を返せるのです。 しかし時刻はもう0時7分前です。今から銀行まで、間に合いっこありません。メリーの友達、ガス灯の点灯夫たちははしごに登ってロンドンのどこからでも見える大きな時計台、ビッグ・ベンの針を遅らせようとします。 ビッグ・ベンが高すぎてなかなか文字盤にたどり着けない点灯夫たち。そこへ傘をさしたメリーが風にのってやってきて……長針を数分、遅らせることに成功しました! マイケルは銀行へとかけつけます。頭取は建物に鍵をかけて期限に間に合わせまいとしますが、マイケルはそれを突破します。 マイケルが持って来た凧のきれっぱしは、株券であることはわかるものの署名部分がありませんでした。そんな書類は認められないと突っぱねる頭取。しかしその時、前の頭取であり現頭取のおじさん――およそ90歳――が現れ、現頭取のあくどい商売を責め、クビにしてしまうのでした。 晴れて家に戻ったバンクス家の人々。翌日、近くの公園に出かけます。そこには風船売りがいて、一人一人「自分にとっての特別な風船」を選ぶように勧めます。風船を手に取るとみんなの体がふわりと浮かびます!すてきな空中舞踏会。 その姿を見つめていたメリーは静かに自分の傘を開きます。そして風に舞い上がるとロンドンの空を飛んで遠くへ――。家に帰ってメリーがいないことに気づいたマイケルは、今回も家族を救ってくれたメリーに感謝するのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です