「メン・イン・ブラック」シリーズ全作(1~4)フル動画を無料視聴

6 min
メン・イン・ブラックシリーズの全4作品を視聴するにはTSUTAYA TVがオススメです。
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
30日間無料
付与ポイント1100
1本440
ポイント
字・吹

↓30日以内に解約すれば無料↓

「メン・イン・ブラック」シリーズ動画配信状況

1作目:メン・イン・ブラック 2作目:メン・イン・ブラック2 2作目:メン・イン・ブラック3 2作目:メン・イン・ブラック インターナショナル

※FODとHuluは1~3作目すべて未配信
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
1、2作目:見放題
3作目:配信なし
4作目:440ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイント1100
1、2作目:440ポイント
3作目:476ポイント
4作目:500ポイント
1~2作目:字
3作目:吹
4作目:字・吹
31日間無料
付与ポイントなし
1、2作目:配信なし
3作目:見放題
4作目:300ポイント
字・吹
無料期間なし
付与ポイントなし
2、4作目:配信なし
1、3作目:見放題
字・吹
30日間無料
付与ポイントなし
1、2作目:299ポイント
3作目:324ポイント
4作目:399ポイント
字・吹
30日間無料
与ポイント1600
1、2、4作目:330ポイント
3作目:220ポイント
字・吹
※2020年5月8日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) さてメン・イン・ブラックシリーズ4作品の配信状況ですが、シリーズ全作通して配信しているサービスは少なく、一部のみ有料という感じでややこしいです。

Netflix:無料トライアルなし&2、4作目が配信なし Amazon:シリーズ前作ポイント制(有料) dTV:1&2作目配信なし&4作目ポイント(有料) U-NEXT:3作目配信なし

なのでメン・イン・ブラックシリーズ4作品を無料で視聴できるのはTSUTAYA TVとmusic.jpのみ。この2つであれば無料トライアル期間にシリーズ全作視聴可能です。 メン・イン・ブラックシリーズだけを視聴するならどちらでも問題ないのですが、この機会に他の映画やアニメも楽しみたいなら、見放題動画の数が圧倒的に多いTSUTAYA TVがオススメ。 30日間の無料トライアル期間内に視聴&解約すれば1円も費用は発生しないので、今すぐTSUTAYA TVでメン・イン・ブラックシリーズを楽しんでください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
Pandoraやdailymotionなど動画サイトはウイルス感染のリスクがあります。 例えば動画共有サイト「openload」では、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されており、気づかぬうちに被害に遭う可能性が高いので絶対にアクセスしないでください。

「メン・イン・ブラック」視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
メリット

・登録時にもらえるポイントが多い ・オンライン視聴&DVDレンタルをW利用可能 ・DVDも合わせると作品数が圧倒的に多い

デメリット

・月額料金がVODの中でも高め ・DVDレンタル利用に住所登録が必要

TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASはもともと別サービスです。

TSUTAYA TV:スマホやパソコンから映画やアニメを見れる TSUTAYA DISCAS:月8枚まで郵送でDVDレンタル可能

ただ、TSUTAYAの無料トライアルに登録する際にはこの2つへの登録が基本なので、2つ合わせて2417円のサービスとなります。2つのサービスが合わさっているので、VODの中でも月額料金が高めです。 反面、値段が高いぶんサービスも充実しています。 まずは登録時に1100ポイントをもらえるので、有料作品も視聴可能。ファンタスティック・ビーストシリーズは本来有料ですが、ポイントを使えばタダで見ることができます。 また、もう1つの特徴はDVDレンタルも利用できること。 30日間の無料トライアル期間に最大8枚まで旧作&準新作をレンタル可能。最大のメリットは、VODでは配信されていない映画を一挙に楽しめることです。 例えばジャニーズ出演作品、コナン、ジブリといった著作権に厳しくどこも配信してない作品から、古いorマイナーで配信がない作品もDVDレンタルなら95%見つかります。 そして月額料金が高めと言っても、TSUTAYA TV/DISCASともに「30日間の無料トライアル」があるので、期間内に解約してしまえば費用ゼロ。 実際に利用してみて気に入ればそのまま有料会員になればいいですし、ぜひTSUTAYA TV/DISCASでメン・イン・ブラックシリーズを視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

「メン・イン・ブラック」のあらすじ

主人公のジェームズ・エドワーズ(ウィル・スミス)はニューヨークで警察官をしています。ある日、逃亡中の犯人を追いかけている最中に、不思議な光景を目にします。 それは、人間では到底できない動きをする犯人の姿でした。 あと一歩というところで、犯人は飛び降り自殺。 真相はわからずじまいに・・・・。 ジェームズが今回の事件に関しての報告書をまとめていると、「K(トミー・リー・ジョーンズ)」と呼ばれる黒いスーツの男性が現れました。 Kの説明によると、ジェームズが追いかけていたのはエイリアンであり、Kは地球へとやってきたエイリアンを監視する組織(MIB)に属しているエージェントであるということをジェームズは知ります。 Kはジェームズに、MIBのエージェントの試験を受けてみないかと勧誘。 次の日、ジェームズはKに言われたとおり、エージェントになるための試験を受けに来ます。様々なエリートとともに、試験を受け、無事合格。彼は「J」という名のエージェントとして活躍し始めます。

「メン・イン・ブラック」のネタバレ

ある日、ベテランの捜査官であるKとともに、円盤が落ちたという現場へ調査に向かうJ。 調査の結果、バグ(ヴィンセント・ドノフリオ)と呼ばれる宇宙で最も危険なエイリアンであることが分かります。このバグを追っていると、ニューヨークのパイ屋で殺人事件が起きたと情報が入ります。 殺されたのは、宝石商のローゼンバーグ(マイク・ナスバウム)と彼に会いに来た友人(カレル・ストルイケン)でした。検視官のローレル・ウィーバー(リンダ・フィオレンティーノ)は検死の結果、この2人の遺体が地球外生命体のものであると判断し、より詳しい調査を行おうとしていました。 それを聞きつけたKとJは遺体安置所へ。Jとローレルがローゼンバーグの遺体を調べていると、突然頭が開き、中から小さなエイリアンが出てきました。このエイリアンはアルキリアン帝国の王族で、「戦争を阻止せよ・・・・銀河はオリオンのベルト」と言い残し、亡くなってします。 バグの行方とこの事件の謎を解くため、急いで本部に戻るKとJ。本部では、エイリアンが地球を離れる現象が起きていました。また、アルキリアン帝国からは「銀河系を返せ」とのメッセージが警告とともに届いていました。 Kは情報を集めるため、犬の姿をしたエージェントのフランク(声:ティム・ブラニー)の元へJとともに向かいます。そこで、銀河系というのは文字通りの意味ではなく、エネルギーの源であるということを知ります。 その後、ローゼンバーグの店へと銀河系を探しにきたKとJは、店に飾ってあった写真からオリオンとは彼が飼っていた猫の名前であり、その猫がつけていた首輪こそが銀河系であるということに気づきます。急いで、猫がいる遺体安置所へと向かいます。 その頃、バグは銀河系のありかにいち早く気づき、遺体安置所にいました。そこへKとJが現れます。バグは、銀河系を手に入れると、その場にいた検視官のローレルを人質にとり、逃亡します。 あと一歩というところで、バグを取り逃がしたKとJは、一旦本部へ。宇宙船がないバグが向かう場所を考えていると、本部の壁に描かれた円盤がついたツインタワーが目に入ります。 一か八かでその場所へと向かうKとJ。 彼らの予想通り、そこにバグはいました。バグはローレルとともに円盤型の宇宙船に乗り込もうとしている最中でした。KとJはエイリアン用の銃を取り出すと宇宙船めがけて撃ち放ちました。宇宙船が壊れ、それに怒ったバグが2人の目の前に現れます。 バグとの直接対決の中で、銃が奪われ、ピンチに陥るもののKとJの息のあったコンビネーションでそれを乗り越え、バグを倒し、銀河を取り戻すことに成功します。 その後、Kは引退し、普通の生活に戻り、Jは新たなパートナーであるローレンス(コードネーム”L”)とともにMIBで仕事をし続けるのでした。

「メン・イン・ブラック2」のあらすじ

地球上にいるエイリアンの監視をしている組織(MIB)。 今日も主人公のJ(ウィル・スミス)はバリバリと働いています。 しかし、伝説のエージェントであるK(トミー・リー・ジョーンズ)の引退後、他のパートナーと組むも反りが合わず、ニューラライザーと呼ばれる記憶を消す装置を使い、パートナーたちの記憶を消して、一人行動を繰り返していました。 それを気に留めているMIBのボスのZ(リップ・トーン)は、新たな相棒として犬の姿をしたエイリアンのフランク(声:ティム・ブラニー)を新たな相棒として組ませるのでした。 そんなある日、ピザ屋で殺人事件が起こります。 早速、事件現場へと向かうJとフランク。そこで、唯一生き残っていたピザ屋の従業員であるローラ・ヴァスケス(ロザリオ・ドーソン)に出会い、話を聞きます。彼女の話の及び周辺の捜査をした結果、ザルタの光とそれを狙うサーリーナ(ララ・フリン・ボイル)が関与していることが分かります。 また、この事件は25年前にエージェントKが解決したはずのもので、当時の真相を知っているのはK以外いないのであった。 Jは真相について尋ねるため、KをMIBに連れ戻すことを決心します。

「メン・イン・ブラック2」のネタバレ

早速、JはKが働いている郵便局へ。 ちなみに、KはMIBで働いていた頃の記憶をなくし、ケビンという一般人として日々を過ごしていました。そのため、Jが会いに来ても、まったく相手にせず、淡々と仕事をこなしていました。 JはKになかなか話を聞いてもらえないものの、諦めずに話しかけ続けます。そしてついにKを説得し、MIBの本部へと連れて行きます。 本部にはKの記憶を戻すための装置であるデニューラライザーがありました。装置を動かして、記憶を取戻そうとするJとK。しかし、そこへサーリーナが現れ、MIBを乗っ取ってしまいます。 仕方なく、デニューラライザーを個人所有している旧友のジーブス(トニー・シャルーブ)のもとを訪ね、記憶を取り戻します。 しかし、ザルタの光やサーリーナとの戦いなどの記憶が曖昧であったため、Kは自身が持っている所持品を手がかりに、記憶を呼び起こそうとします。 記憶を呼び起こしていく中で、Kは予約だけをして見ていないビデオがあることを知り、Jとともにそのビデオを見ることにします。 ビデオの内容は、25年前のザルタの光に関するものでした。 当時、サーリーナに追われて地球へとやってきたロラ-ナ王女はザルタの光が奪われないように、MIBに協力要請を頼むものの、中立的な立場を取らないと地球に害をなす恐れがあると判断したMIBは、ザルタの光を他の場所へ隠せるようにロラーナ王女を逃したというものでした。 ビデオにより、25年前の記憶をすべて取り戻したKは、ザルタの光が地球にあること、そしてその鍵を握るのはローラがつけているブレスレッドであることをJに伝えます。急いで、ローラのもとへ向かうKとJ。しかし一足遅く、彼女はサーリーナに攫われてしまいます。 彼女を取り戻すため、KとJはMIB本部に乗り込み、サーリーナたちと戦います。苦戦しつつもローラを取り戻し、MIBから脱出します。その後、Kは彼女にザルタの光というのは、ローラ自身のことであると伝えます。さらに、ローラがつけているブレスレッドはザルタ星に戻るための道標であることも伝えます。 突然の告白にローラは戸惑うものの、自らの運命を受け入れ、KとJとともにブレスレッドが示す場所へと向かいます。そこにはザルタ星へ行くための宇宙船があり、彼女はそれに乗り込みます。 物語が終わったかのように見えたものの、しつこく生き延びていたサーリーナが現れ、ザルタの光を奪おうとします。 KとJは宇宙人用の銃を使い、それを阻止します。 こうして地球の平和は守られ、KとJは新たな任務へと向かうのでした。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です