映画ポケモン「ミュウと波導の勇者ルカリオ」のフル動画を無料視聴【openload】

7 min
映画「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 まずポケモン映画は違法動画サイトで時間をかけて探すよりも、ポケモン映画を独占配信しているTSUTAYA TVで一挙視聴するのがオススメです。 TSUTAYA TVには30日間の無料トライアルがあるので、ミュウツーの逆襲~からポケモン映画を1円もかけずに高画質で楽しむことが可能です。登録もカンタンなのでぜひ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
  「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。ポケモン映画そのものがTSUTAYA TVの独占配信です。 月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、無料トライアル期間が30日あります。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかかりません。 ミュウツーの逆襲~ポケモン映画最新作まですべて視聴できるようになっているので、ぜひTSUTAYA TVを試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ(邦題)」「pocket monster mew to hadouno yuusya rucario(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ」のあらすじ

モンスターボールが発明される以前の、遠い昔。 世界は、憎しみと怒りで満ち、オルトラン城の城下で、ポケモンと人間を巻き込んだ、大きな戦争が起きていました。 太陽の光は届かず、重たい霧と暗闇に満ちた大地。遠くに、まるで大きな山のような、たった1本の巨大な木が見えます。「世界のはじまりの木」です。 はじまりの木から、一羽のホウオウが飛び立ちました。煙にみちた大地、ホウオウが飛ぶ下を、ルカリオが猛スピードで走っていました。 「波導は我にあり!」 視界ゼロに近い地面を、クジラのエコロケーションのように、波導を出して地形を探りながら走るルカリオ。右にも左にも、おびただしい数の兵士が見えます。押し寄せる、赤と緑の軍勢。 ルカリオは、近くの水晶に手をあて、師である波導使いアーロンに、もう戦争は止められないと、報告しました。 オルトラン城では、女王リーンとアーロンが、バルコニーから外を眺めていました。黒煙の向こうに、はじまりの木が見えます。「もう、闘いは止められないのですね」。女王は死を覚悟します。 意を決したアーロンは、ピジョットに乗り、闘いの最前線、ルカリオのもとに向かいました。ルカリオに城を捨てる事を告げるアーロン。 犬の形に似た、水晶のついた杖を取り出すと、状況を理解できずに、うろたえるルカリオを、モンスターボールに吸い込むように、水晶に吸い込んで封印してしまいます。 「なぜ…ですか…」ルカリオの無念の声が響きます。 カラリ、と倒れる杖。立ち去るアーロン。 その足下には、時間を越えて状況を記録できる、時間の花が咲いていました。 一方、ホウオウははじまりの木に戻ってきました。そしてみるみる姿を変えていき、ミュウへと変化します。このホウオウはミュウが変身した姿だったのです。 城のバルコニー。リーン姫がはじまりの木を見つめています。眼下には、押し寄せる緑と赤の軍勢。ビジョンが舞い戻り、杖をリーン姫に渡しました。戦場から拾ってきたのです。 その時。 城の周りを美しい緑の光がつらぬきました。 はじまりの木から、緑のオーラが流れ出てきます。地面からはえている水晶からも緑のビームがはなたれます。軍勢も、城も、全てが緑の光に包まれて…。 ・・・ 時代はくだり、現在。 波導の勇者アーロンを讃える祭りの日。 子どもとお母さんが、勇者アーロンの伝説の絵本を読んでいます。 「波導使いのアーロンは、世界のはじまりの木の力を使いました。地上から憎しみはさり、平和がおとずれたのです。」 修行の旅を続けているサトシたちが、町にやってきました。祭りの目玉であるバトルに参加するためです。昔の衣装を着て闘い、勝者は波導の勇者として讃えられるのです。 サトシ一行も、ロケット団も、仮装とバトルにご機嫌。 次々に姿をかえるポケモン(ミュウ)がいることにも気づきません。バトルでは、サトシとピカチュウが優勝。準優勝は、はじまりの木の謎を解くために潜入した、美人冒険家のキッドでした。 その夜。晩餐会で、サトシは勇者の証、アーロンの杖を渡されます。 盛り上がるパーティの中、サトシの頭に響く、ルカリオの声。「なぜ…ですか…」。サトシとアーロンの波導は同じだったのです。封印がとけ、ルカリオが姿を現します。 ルカリオは、城の様子や女王の話から、伝説が事実と違っていることを知り、戸惑います。アーロンは自分を裏切って封印したのではないのか?アーロンは逃げたのではないのか? 一方、ピカチュウたちポケモンは、変身したミュウと一緒に屋根裏で大はしゃぎ。 キッドがミュウをつかまえようとしたため、ピカチュウ、ニャースはミュウに連れ去られてしまいます。 サトシはピカチュウを取り返すため。 キッドは謎を解くため。 ルカリオは女王への忠誠のため。 目的は違っても目指す先は、はじまりの木。全員協力して、はじまりの木を目指すことになりました。ルカリオをつかまえたいロケット団も、後を追います。 はじまりの木に向かい、荒野をひた走る、ルカリオとサトシ達のジープ。旅を続けながら、ルカリオはアーロンとの幸せな日々を思い出します。 ・・・ 温泉で。足湯を楽しむアーロンとルカリオ。 目隠しをした修行。技をみがくルカリオと、見守るアーロンが優しく声をかける。「信じてるぞ、ルカリオ!」思い出すほどに、胸が苦しくなるルカリオ。 「何が信じているだ!人は信用できない!!」 心にキズをおったルカリオは、サトシに八つ当たりをします。サトシとピカチュウのきずなだって、もろいのだ、と。サトシとルカリオはケンカをしますが、雨降って地固まる、で友情をふかめます。 マサトは、ルカリオにチョコをあげます。はじめて食べるチョコに、心いやされるルカリオ。 はじまりの木では、ピカチュウとニャースが快適に楽しく遊んでいました。 ミュウは遊び相手が欲しかっただけなのです。はじまりの木の中は、まるで生き物のように体液やエネルギーが流れています。 サトシたちは、ルカリオが封印された場所に到着。 時間の花が咲き、ルカリオを封印し、立ち去るアーロンがホログラムのように映されます。伝説は、本当に間違っているのでしょうか? はじまりの木にたどり着いたサトシたち。キッドがドローンのような調査モジュールを大量に飛ばし、解析係の執事長バンクスにデータを送ります。科学的に解析しながら、なぞを解こうというのです。 一行が木の内部に進んでいくと、レジロック、レジアイス、レジスチルが現れ、進路を妨害。それどころか、オレンジ色の、溶岩とスライムの間のような、なぞの生き物が現れ、攻撃をしかけてきます。 バンクスから報告がきました。はじまりの木は大きな生命体のようなものだと。オレンジのなぞの生き物は、白血球のような働きをしていて、人間は異物として、退治するのだと。 探査モジュールは次々とオレンジの生き物に取り込まれ、ついに、ロケット団も飲み込まれます。ムサシもコジロウも、飲み込まれる直前に、自分たちのポケモンを「お前達は逃げるんだ!」とモンスターボールから放ちます。 ルカリオとサトシは、きずなを深めます。 「ピカチュウに会えるまで、私はお前と一緒にいる!」とルカリオ。「ありがとう」とサトシ。ルカリオは、人間とポケモンの友情を信じたい気持ちを、サトシにたくしたのです。 必死に闘いながら、前にすすむ一行。マサトも、ハルカも、タケシも、白血球に飲み込まれてしまいます。それぞれ、自分のポケモンを逃がしながら。 「ピカチュー!」洞窟の中、サトシの声が響きます。「ピカピー!」ピカチュウが答えます。ピカチュウとニャースも、異変に気づき、サトシ達をさがして、走り回っていたのでした。 サトシも、ピカチュウも、走って、走って。ついに、お互いの姿が見えます。二人の間には深い深い、崖。崖には石橋がかけられていますが、ものすごい強風です。風にあおられながら、必死で近づく、サトシとピカチュウ。そんな二人を、ミュウが見守ります。 「あーっ!!!」 ピカチュウが風に吹き飛ばされました。サトシが必死で抱きとめ、二人で飛ばされます。間一髪、ターザンロープをつけたキッドが、二人を救いました。 バンクスからの情報をもと、ついにはじまりの木の深奥部についた、サトシたち。そこは、腐海の底のように、清浄で石化した世界でした。 …が、次の瞬間。 オレンジ色の生命体がサトシとキッドをとらえ、二人は飲み込まれていきます。 「ピカチュウ、ごめんな。せっかく会えたのに。この木にとって俺たちは邪魔者らしい…」 サトシの手をつかみ、必死で引き戻そうとするピカチュウとポケモン達。つな引きのように、力いっぱい引っ張りますが、サトシの手は離れ、地面に飲み込まれていきました。 首をふり、泣き続けるピカチュウ。ミュウがサトシの帽子を差し出しても、泣きやみません。  

「ポケットモンスター ミュウと波動の勇者ルカリオ」のネタバレ

ミュウが光り出し、地面の水晶に触れました。 水晶は緑に代わり、木全体が緑色に発光し、飲み込まれたサトシ達が、緑の粘液につつまれて、地面から出て来ました。助かったのです。抱き合うピカチュウとサトシ。 ルカリオはその様子を、潤んだ目でじっと見つめていました。 ニャースが、ミュウがサトシ達はバイ菌ではないことを木に教えた、と説明します。ミュウとはじまりの木は互いの力を分かち合う、共生関係にあるのでした。 突然、水晶がオレンジ色に燃えさかり、黒いススとなってくだけ始めました。 ミュウは高熱で倒れます。急激な免疫活動の変化で、木がダメージを受けてしまったのです。このままでは、はじまりの木は崩壊してしまうでしょう。 ロケット団も、ポケモンも、みな逃げ出します。 サトシたちとミュウは、木の心臓部に逃げてきます。木の心臓。それは巨大な水晶の塊でした。水晶の上には、アーロンの手袋が落ちています。水晶の中にいたのは…アーロンでした。 サトシが時間の花に触れます。浮かび上がるホログラム。 そこに映し出されたのは、本当の歴史。 アーロンが、ホウオウから変化したミュウに、命がけで波導を送っています。波導は、はじまりの木のエネルギーとなり、過去の闘いをとめたのでした。 ミュウがルカリオを見つめます。「自分の力を、今度はこの木のために使えというのか?」うなづく、ミュウ。 アーロンと同じ運命をたどると分かりつつ、命がけでミュウに波導を送るルカリオ。エネルギーが足りません。「俺の波導が同じなら!」とアーロンの手袋をはめたサトシも、ミュウに波導を送ります。 「今とめなけりゃ、地下のポケモンも死んじゃう!」 必死のサトシ。見守るしかない、ピカチュウ。そして…。 ミュウが発光をはじめました。「あとは、私にまかせてくれ!」ルカリオは、サトシを体当たりで突き飛ばします。サトシを救うためです。 「波導は我にあり!!!」 緑のエネルギーボールに包まれたミュウ、木の中心部に漂っていき…弾けました! 光が木の内部をつらぬき、つつみ、まるでレーザーショーのようです。緑の光は、城まで届き、緑に光る木の葉が、町にふりそそぎました。 力つきたルカリオは、水晶の中のアーロンのよこに寄りかかります。時間の花が開きます。 アーロンのホログラムとルカリオが、会話をします。二人で生きた幸せな日々のことを。 ルカリオは、「私は死なない。アーロン様のところへ帰るのだ」と、消えていきます。 二つの波導のボールが現れ、一緒に天にのぼり、弾けて、美しい模様を描きました。 はじまりの木の外側。サトシたちが空を見上げています。 「波導はわれにあり!」 空を見上げて叫ぶサトシたち。 風がみんなの髪を揺らしました。 遠くにオルトラン城が見える場所。幻影のような、アーロンとルカリオが、一緒にチョコをかじります。幸せにほほえみ合う、アーロンとルカリオ。ふたつの波導は、また、一緒になれたのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です