映画「マイケル・コリンズ」のあらすじネタバレと感想【無料動画も】

映画マイケル・コリンズのフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


マイケル・コリンズはヨーロッパでは英雄と呼ばれる1人。

遠く離れた日本では名前すら知らない人が多いですが、ヨーロッパ、特にコリンズの祖国であったアイルランドで彼の名前を知らない人間はいないほど。


そんな彼が

アイルランドのイギリスからの独立

を掲げた一生を描いたのが映画「マイケル・コリンズ」


この映画は、ネット上で今すぐ視聴できます。

DVDレンタルするのも手間ですし、違法動画サイトを探すのも時間がかかります。ですが、下記のサイトであれば「今すぐ」マイケル・コリンズの動画を視聴できます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「マイケル・コリンズ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu 見放題 字・吹
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 324ポイント
 

「マイケル・コリンズ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・Hulu


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。


もっとも、多くのサービスでは視聴にポイント(別料金)が必要なため、オススメなのはU-NEXTかHuluの2択。

U-NEXTはマイケル・コリンズの視聴に追加料金などは必要なく、最初の31日間は無料トライアルのため月額費用もナシ。さらには合計15万もの動画を無料期間でも楽しむことができます。

登録も簡単なので、まずはU-NEXTで視聴してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「マイケル・コリンズ」「Michael Collins(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「マイケル・コリンズ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

マイケル・コリンズのあらすじ

1996年にアイルランド・イギリス・アメリカ協同で制作されました。

アイルランドの独立運動家であるマイケル・コリンズの生涯を描いた映画です。実在した人物なのですが、日本ではそれほど知名度がない人物でもありますね。


1916年.

長期にわたりイギリスに支配されてきたアイルランドにて、独立を目指したイースター蜂起(ほうき)が起きます。主人公マイケル・コリンズは独立派の同志のエイモン・デ・ヴァレラとともに、中央郵便局でイギリスと激しい戦いを繰り広げていました。


ですが、反乱は鎮圧。

首謀者は処刑され、コリンズとヴァレラは投獄されてしまいます。


まもなく刑期を終えたマイケルらは親友のハリー・ボランド、ジョー・オライリーらと手を結びます。投獄されていたとはいえ、彼らのアイルランド独立にかける想いは全く変わっていませんでした。

大英帝国議会の庶民院で熱弁をふるい、アイルランド義勇軍を組織化。ゲリラ戦で警察をほんろうし、リーダーとしての頭角をあらわしていくのでした。


抵抗運動を続けるコリンズ。

ある日、彼はその中でケガをしてしまいます。


そんな時、コリンズは同志キティ―・キールナンに出会い、恋に落ちます。何があっても決して止まることなく同士を増やし、アイルランド独立に向かって前進していくのでした。

マイケル・コリンズのネタバレと結末

抵抗運動のリーダーであるコリンズ。

もちろんイギリス政府が彼を見逃すわけがなく、息のかかった市警にマークされます。

ある日、コリンズは市警に尾行されているのに気づきました。尾行していたネット・ブロイはコリンズに捕らえられますが、実は彼はすでにコリンズの演説を聞いて魅了されていました。

なんと敵国イギリスの内情を流してくれます。


ブロイからの情報で勝利が近づいたと抵抗運動を展開するコリンズ。

ですがその時、抵抗運動の報復としてイギリスは、秘密情報局のエリート・ソームズ率いる特殊部隊を送り込んできます「ブラック・アンド・ダンス」と名乗る部隊は弾圧を開始。

なんと一般市民までも殺害するのでした。


コリンズも抵抗して、イギリスの情報スパイ「カイロギャング」と称するMI-5のメンバーを暗殺していきます。その間、捕まっていた同志ヴァレラは脱獄に成功、ボランドをつれてアメリカに飛びます。

アメリカ大統領に独立運動の協力を要請しようとしますが、交渉は失敗に終わり失意の帰国。支援のないままコリンズらはゲリラ戦などで徹底抗戦し、完全装備のイギリス軍と激戦を繰り広げます。

この激戦でさすがのイギリス軍も徐々に引き下がってくのでした。


一方で、コリンズ側の戦力も大きく減少していきました。

アイルランド共和国軍にも多数の犠牲が出ています。

とうとうダブリン市警のブロイまでもがイギリス軍により、殺されてしまいました。


1921年、激しさを増し押し寄せる抵抗運動の波に、イギリス政府は休戦を提案。ヴァレラはコリンズに「イギリスと交渉するように」とアドバイスします。


コリンズは交渉担当としてイギリスに派遣されますが、そこに待っていた交渉条件は、けわしいもので独立と自由を与える代わりに北アイルランドを渡すようにとのことでした。

ヴァレラはこの条件に不服を感じ反対、しかしアイルランド議会は賛成派が上回り、1922年イギリス政府とアイルランド暫定政府との間で「英愛条約」が結ばれるのです。


この条約を見届けたヴァレラは議会を去り、ボランドもコリンズと決別。

今度は、条約の賛成派と反対派とで内戦状態になり、この内戦でボランドは戦死。


コリンズは停戦のために周囲の制止を振り切り、コーク市へ向かいます。しかし、そこには刺客が待ちぶせており、コリンズは銃撃に倒れて物語は幕を下ろします。


マイケル・コリンズの感想


「マイケル・コリンズ」の監督はニール・ジョーダン氏です。


彼は、映画監督のほかに脚本家や小説家でも活躍されており、本作以外では、1992年製作のイギリス映画「クライング・ゲーム」でもおなじみ。

ベネチア国際映画際で金獅子賞も受賞しており、本作本は2005年の本国では第2位。アイルランド製作映画では1位の興行収入となっています。


ちなみにこの作品、史実であると同時に違うところもあります。

コリンズがイギリスからアイルランドを守るために戦ったのは間違いない事実ですが、彼は少々過激な面もあり、ゲリラ作戦、イギリスの特別捜査官の暗殺など現代基準では褒められない行為もしています。


またブラック・アンド・ダンスがアイルランドの民衆を虐殺するシーン。

映画では事前に計画されているように描写されていますが、実際には計画されていたわけではありません。偶発的に発生した悲劇のようでした。

そして、イギリス軍によって殺されてしまった市警のブロイ。彼は実際には生き延びて、十数年後にはアイルランド警察の本部長にまで昇進していたりします。


ただ、ストーリーの大筋は「史実」ですね。

祖国アイルランドをはじめヨーロッパではマイケル・コリンズは「英雄」とされていますし。多少ダーティな部分もあったとはいえ、彼が祖国を救うために行動したのは紛れもない事実です。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です