映画ミッドナイト・ランのネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「ミッドナイト・ラン」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら、音楽配信大手のU-NEXTが運営する動画サービス、U-NEXTの31日間無料トライアルを使うのが簡単です。 登録も3分で終わりますし、解約もメールや電話なども必要なく、トップページから6クリックで完了するほど簡単なので、解約忘れの心配もありません。 U-NEXTでミッドナイト・ランを今すぐ視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ミッドナイト・ラン」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ミッドナイト・ラン」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、dTV、Amazonの3つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 dTV&Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

U-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpのいずれかなら無料で視聴が可能です。 なのでミッドナイト・ランを視聴するだけならどれに登録しても大差ないのですが、他の映画やアニメも楽しみたいなら、ラインナップが豊富なU-NEXTがオススメ。 アニメやドラマ、洋画や邦画、バラエティまで多くの作品が楽しめる上に、さらには登録時にタダで有料動画の視聴ポイントがもらえるので、それを使えば新作の映画も無料で楽しめます。 そのぶん月額1990円(税抜)と決してお安くないのが欠点ですが、無料期間内に解約してしまえば結局はゼロ円なので、ぜひU-NEXTでミッドナイト・ランを視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ミッドナイト・ラン(邦題)」「midnight run(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ミッドナイト・ラン」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「ミッドナイト・ラン」のあらすじ

シカゴ市警の刑事だったジャックは、シカゴのマフィアのボス・セラノの買収を断ったことが原因で警察をクビに。愛する妻は元同僚と結婚、娘とは会えなくなり、失意の日々を送っています。 今では、ロサンゼルスの保釈金ローン会社と契約したバウンティ・ハンター (賞金稼ぎ) として生計を立てているジャック。保釈屋の依頼を受けて、保釈中に、保釈屋からお金を借りたまま、まんまと「借り逃げ」した被告人を裁判までに連れ戻すことが仕事です。 ジャックのもとに、保釈屋のエディから依頼が舞い込んできます。 マフィアのボス・セラノから金を横領して慈善団体に寄付した会計士ジョナサン (通称:デューク。公爵という意味) を5日後の裁判までに連れ戻せという依頼です。 もし会計士を連れ戻せなかったら、保釈屋エディが立て替えた保釈金は、裁判所に没収されってしまうのです。 過去に因縁のあるセラノがらみの仕事とあって、難色を示したジャックでしたが、10万ドルの報酬は魅力的。長年の夢であったコーヒーショップを開く資金として十分です。ジャックは、これを最後に賞金稼ぎを辞めると決めて引き受けることにしました。 FBI捜査官のモーズリがジャックに接触してきました。 デュークを取り押さえ、芋づる式にセラノを逮捕しようと考えているのです。凄腕だがどこか抜けているモーズリは、あろうことか、ジャックにFBIバッジを盗まれてしまいます。 ジャックはロサンゼルスからニューヨークに飛びます。 盗んだFBIバッジを駆使して、デュークがニューヨークの自宅にいることを突き止めました。勝手に自宅に押し入ったジャックは、飼い犬に吠えられ、慌てふためきます。 というのも屈強でクールなジャックでしたが、実は犬が大の苦手。必死の想いで恐怖に耐えながら、何とかデュークを確保して、車で空港へと連行しました。 車中でデュークは、小うるさくジャックに講義します。 「君はFBIなのか?違う?じゃあ、セラノの手先か」 「違う。保釈屋に頼まれて連れ戻すだけだ」 「金なら払うぞ」 「うるさい!おまえみたいな奴は嫌いだね」 「そうか、残念だ。私は好きだよ」 好きだなどと言われて調子が狂ってしまうジャックでした。 空港に無事に到着。 飛行機でロサンゼルスに向かえば、あと3時間で仕事は終わり。なんて簡単なちょろい仕事 (ミッドナイト・ラン)!しかし、デュークがショック状態に陥ってしまいます。飛行機恐怖症だというのです。 仕方なく列車でロサンゼルスに向かうジャックとデューク。しかし実は搭乗前のエディへの連絡がFBI、セラノの双方に漏れており、知らず難を逃れていたのでした。 列車での長旅。愛煙家でダーティなジャックと、嫌煙家でインテリのデュークはソリが合いません。ジャックはデュークをトイレに押し込めますが、待遇への不満を言い続けるデュークに根負けして席に座らせます。 ジャックは今回の報酬10万ドルで足を洗い、コーヒーショップを出したいのだと話しますが、デュークは飲食店は儲からないと水を差します。 ジャックたちがロサンゼルスの空港に現れなかったので「やられた!」と地団駄を踏むFBIとセラノの部下。エディはジャックがしくじったのだと早合点して、ジャックのライバル・マーヴィンにデューク確保を依頼します。 マーヴィンはジャックのクレジットカードを無効にし、列車に乗り込んで、デュークを捕まえようとします。しかし肝心なところで抜けているマーヴィンは、ジャックの返り討ちに合い、FBIに連れて行かれてしまいます。 ジャックとデュークはバスに乗り移動。降りたところでFBIとセラノ側が激しい銃撃戦を始めたので、ふたりはどさくさに紛れて逃亡しました。 もう有り金がないジャック。ジャックの元妻に金を借りに行こうとデュークが提案します。嫌だと言うジャックですが、他に手はなく、しぶしぶ同意しました。デュークはジャックがまだ元妻に未練があることを見抜いて、このように提案したのです。実は元妻にもらった腕時計を今でもつけているジャック…。 ふたりは、ジャックの元妻ゲイルの家へ。金を貸してくれと頼むがけんもほろろに断られます。娘のデニースがジャックを追いかけてきて「パパ。子守して貯めたの」と120ドルを渡します。「そんなお金、使えないよ」ジャックはデニースを抱きしめました。それを見たゲイルがなけなしのお金と車をジャックに与えます。 車中でジャックは、デュークが心やさしく、身寄りのない子供たちのためにセラノのお金を横領したことを知ります。デュークはジャックのすべてを失った心の深手を知ります。 ふたりはマーヴィンと遭遇しますが、セラノ一味のヘリに追われ、ともに逃げることに。ジャックに殴り倒されたマーヴィンはFBIに保護されました。 逃避行の途中で立ち寄った街で、デュークは小型の飛行機を盗んで、ひとり逃げ出そうとします。 「おまえ、よくも騙しやがったな!飛行機恐怖症どころか、操縦もできるとはな!」 怒り心頭でデュークを追いかけるジャック。 何とかデュークを止めることに成功し、。ふたりは食糧を調達し、貨物列車に飛び乗りますが、デュークが先に乗り扉を閉めます。 「来世で会おう、ジャック!」 こんな形でなく知り合っていれば、友達になれたかもしれないふたり…。しかし逆サイドから乗り込んだジャックが、改めてデュークに手錠をかけます。 ここまでの逃亡はすべてうまくいっていました。しかし大量のパトカーに追われ、マーヴィンに襲いかかられ、絶体絶命のピンチに陥ります。デュークはマーヴィンに連れ去られてしまいました。 ラスベガスの空港。ジャックはマーヴィンがセラノと通じていたことを知ります。デュークがセラノの手に渡ってしまったら、何もかもがお終い…そこでジャックはあるアイディアを思いつきます。 ジャックはFBIに、セラノの悪事の証拠となるディスクを持っていると嘘をつき、空ディスクを渡せば、セラノを検挙できるからやってみないか、と提案します。その提案に乗るFBI。 デュークの身柄はすでにセラノの元に渡っています。 ジャックはセラノと対峙し、空ディスクを渡しました。ディスクとデュークを交換するという条件です。用意周到なように見えて、案外無防備で間抜けなセラノは、まんまと「空ディスク」の罠に引っかかり、FBIに逮捕されてしまいます。  

「ミッドナイト・ラン」のネタバレ

ジャックはデュークを連れて、約束通り、5日が過ぎる数時間前にロサンゼルスの空港に到着します。ジャックはエディに電話をかけます。 「デュークをこれから逃がすところだ」 「なんで連れて来ないんだ!?」 と焦るエディを無視するジャック。 ジャックはデュークに「約束の時間までに来られたからいいんだ」と告げ、デュークを逃がそうとします。「じゃあな」 「ちょっと待て」とデューク。胴巻きのようなものを腹からずるずると引き出します。その中には1000ドルの札束がぎっしり。 「持っていけ。私にはもう用がなくなった。30万ドルある」ジャックの夢だったコーヒーショップの開店資金として使えというのです。 「これだけの金をずっと持っていて…最後まで俺を騙しやがったな」 30万ドルを受け取ったジャックは、友情の証として、元妻からもらった腕時計をデュークに贈ります。 「じゃあな」ジャックは言います。「来世で会おう」デュークと別れてすぐ、ジャックはもう一度振り向きますが、デュークはもうそこにはいません。 空港を出たジャックはタクシーに乗ろうとします。 「1000ドルでお釣り払えるか?」 「バカ言ってんじゃねーよ」 と乗車拒否に遭い苦笑いするジャック。 「歩くしかないか」

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です