映画「緑の光線」のネタバレとフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

6 min
映画「緑の光線」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 いい作品だとは思うんですが…なにせあんまり知名度がないせいで、動画配信サービスですら配信されておらず、DVDレンタル屋さんにも置いていないことが大半です。 ですが、唯一の手段、かつ無料で見る方法にTSUTAYA DISCASがあります。DVD再生環境が必要なのが難点ですが、30日間の無料トライアルを使えば費用をかけずに「緑の光線」を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「緑の光線」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年3月20日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「緑の光線」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASは、DVDのレンタルサービスです。 スマホやパソコンでオンラインにてDVDを注文。すると自宅までDVDを届けてくれて、返却も近くのポストにDVDを突っ込めば完了する非常にシンプルかつ簡単な月額制サービス。 TSUTAYA DISCASの良いところは、月額配信サービスでは到底扱っていないような作品を楽しめること。例えば今回の「緑の光線」を見れるのは実質TSUTAYA DISCASのみです。 また、30日間の無料トライアル期間があり、最大8枚までDVDレンタル可能。今すぐ視聴できるわけではありませんが無料で楽しむことも可能なので、ぜひ見たかった映画を一挙に視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「緑の光線(邦題)」「midori no kousen(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「緑の光線」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「緑の光線」のあらすじ

バカンスシーズンを迎える夏のパリ。 7月2日、パリで秘書として働いている独身女性デルフィーヌは、一緒にギリシャでバカンスを過ごす予定だった女友達から、一緒に行けないと断られてしまいます。 皆が楽しい予定を詰め込んで過ごすバカンスに、何の予定もないなんて! 友人のマニュエラを誘いますが、彼女もすでに予定が。家族からアイルランドで過ごすのはどうかと提案されますが、どうも気乗りしません。元彼のジャン・ピエールからも、ひとりで山で過ごす予定だからと、断られてしまいます。 「バカンスにひとりなんて嫌!」 孤独を感じながら道を歩いていると、緑の電柱に「人間関係に悩んでいるあなた。こちらに連絡を」という緑の貼り紙が貼られているのを見つけ、気になって立ち止まります。 その後、デルフィーヌとその友人たち、ベアトリス、マニュエラ、フランソワーズはお茶を飲みながら、彼女にバカンスの予定を提案してくれますがどれも気乗りしません。 友人のひとり、フランソワーズが、家族でシェルブールに行くのだが一緒に行かないか、と誘ってくれます。シェルブールは太陽も海もある美しい街ですが、これも断ってしまいます。 「新しい恋人を探したら?星占いで恋人を探してみる?それとも占いなんて信じない?」 それを聞いて、デルフィーヌは言います。 自分は縁起をかつぐタイプなのだと。 「占い師に、緑がこれからの私の色になるだろうと言われたの。それ以来、緑のものが目に入ってしまって…。」 緑の電柱に緑の奇妙な貼り紙が貼られているのを見て、違和感を感じたことを思い出すデルフィーヌでした。 7月18日。結局、バカンスの行き先を見つけられないデルフィーヌは、仕方なくフランソワーズにくっついて、シェルブールにやってきました。 デルフィーヌとフランソワーズは、港でエドゥワールという男と出会います。夜に会えないかと誘うエドゥワールにフランソワーズは乗り気でしたが、デルフィーヌは絶対に嫌だと断り、その場から立ち去ってしまいました。 「あの人は軽い男よ」 と警戒心丸出しのデルフィーヌに、「注文が厳しい」とフランソワーズは呆れてしまいます。 フランソワーズの家族はとても優しい人たちで、デルフィーヌを歓迎してくれます。夕食の席で、肉料理を振る舞ってくれますが、デルフィーヌは私はベジタリアンだから食べたくないと一切手をつけません。 さらに「私はお肉が食べられないの。獣を殺す行為に思いが及んでしまうから」と持論を熱弁し、皆をしらけさせてしまいます。 人見知りで気難しいデルフィーヌに何とかバカンスを楽しんでもらおうと、家族たちはさまざまな遊びに誘います。どの誘いにも気乗りがしないデルフィーヌは、森の中をひとりあてもなく散歩しますが、孤独を感じ思わず涙を流してしまいます。 結局、シェルブールでのバカンスを楽しめなかったデルフィーヌは、予定より早くパリに戻るフランソワーズと一緒に、パリの自宅に帰ってしまいました。 元彼のジャン・ピエールが滞在している山に会いに行きますが、雪渓の残る山道をひとり散歩しているうちに気分が滅入ってしまい、結局、ジャン・ピエールに会わずにパリに戻ることに。 7月27日。デルフィーヌは、偶然、街角で旧友のイレーヌに会います。 「ビアリッツに兄の別荘があるんだけど。ビアリッツはいいところよ。別荘をあなたに貸してあげる。行ってみない?」と提案してくれるイレーヌ。 ビアリッツは、バスク地方にある美しい海辺の街で、バカンスにはうってつけの土地。 「素敵ね!」と喜んだデルフィーヌは、ビアリッツに向かうことにします。 8月2日。ビアリッツでも、ただ海岸を眺めたり散歩したりして過ごしているデルフィーヌ。お年寄りたちが、ジューヌ・ベルヌの小説『緑の光線』のことを話しているところに出くわします。 緑の光線とは、夕暮れ時、沈もうとする太陽が水平線の下に消える時、最後の瞬間に見える緑色の光線のことです。 「緑の光線は、色んな条件が揃って初めて見ることができる、珍しく不思議な現象なの。その光線を見ると、自分と相手の気持ちを知ることができるのよ」 お年寄りたちのひとりが語り、その言葉がデルフィーヌの胸に突き刺さります。 8月3日。ビアリッツの海岸でひとり寂しく過ごしていたデルフィーヌは、スウェーデンからやってきたレナと知り合います。レナは、ひとり旅を楽しむ、開放的で快活な女性です。 ふたりはカフェテラスで恋愛観を語り合います。レナは恋人に縛られるのはうんざり、それよりも色んないい男を探すのが好きだと話し、デルフィーヌはロマンチックな出逢いを求めていると話します。 レナは「素敵な男と付き合いたいなら、自分の手のうちをすぐに見せてはいけない、駆け引きをしなければ駄目よ」とアドバイスします。 デルフィーヌは「だけど私の手のうちには何もないのよ!」と悲しくなり、泣き出してしまいます。レナは「そんなことより、今晩、楽しみましょう!」と言うばかりです。 2人の若者を見つけたレナは、楽しいひとときを過ごせそうな男たちだと感じ、すぐ話しかけます。若者たちとレナは意気投合し、軽薄であまり意味のない会話を続けて楽しみました。 居場所がないと感じたデルフィーヌは逃げるように去っていきました。もうパリに帰ろう。デルフィーヌはそう決心します。  

「緑の光線」のネタバレ

8月4日。ビアリッツの駅で、ドストエフスキーの『白痴』を読みながら電車を待つデルフィーヌ。そこへ真面目そうな青年がやってきて、彼女に話しかけます。 青年の名前はジャック。家具職人です。 ふたりは、本のことやお互いの仕事のことを話します。彼はこれから漁港リュズに行くのだと話しました。「私も連れていって」と頼むデルフィーヌ。「もちろん、いいとも」とジャック。デルフィーヌが男性に自分から声をかけたのは初めてのことです。 海岸沿いを歩きながら、デルフィーヌは、自分が恋に不器用であること、常に孤独を感じていることを切々と語ります。ジャックは辛抱強く話を聞いてくれました。 そのとき。デルフィーヌは「緑の光線」と書かれた看板と、「緑の光線」という名の売店を見つけます。 「なんて不思議な偶然なの!」 「何のこと?」と尋ねるジャック。「あなたにはわからないわ…ねえ、一緒に夕陽を見に行かない?」とジャックを岬へと誘うデルフィーヌ。 岬のベンチに腰かけたふたりは、日没のときを待ちます。緑の光線の本は知らないと言うジャックに、デルフィーヌは、日没の最後の瞬間の光線のことなのだと説明します。 「それは幸運を運ぶものなの?」 「そうではないの。知ることができるから…」 「何を知ることができるの?」 「後で説明するわ」 太陽が沈み始め、徐々に海に沈み込んでいきます。気持ちが高ぶってすすり泣き、顔を伏せてしまうデルフィーヌ。 「泣かないで…あれを見て!」 そこに見えたのは、海に沈んで消えてしまった太陽の跡に描き出された、緑色にきらめく光線でした。「あぁ…!」と声を上げるデルフィーヌ。 ジャックは呆然とした眼差しで、ずっと彼女のことを見つめていました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です