仮面ライダーフォーゼ「みんなで宇宙キターッ!」フル動画を無料視聴

8 min
映画仮面ライダーフォーゼ「みんなで宇宙キターッ!」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「みんなで宇宙キターッ!」に限らずですが、仮面ライダーシリーズはTSUTAYA TVで大半が配信されているので、視聴するならU-NEXTがおすすめです。 登録自体も3分あれば完了してすぐに視聴できるようになりますし、30日間の無料トライアル期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「みんなで宇宙キターッ!」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「みんなで宇宙キターッ!」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 オススメは、TSUTAYA TV。 過去にTSUTAYA TVに登録したことがなければ無条件で30日間の無料トライアルが適用され、すぐに「高画質で」「安全に」映画やドラマを楽しめるようになります。 30日を過ぎたところで自動課金になってしまう点だけ注意ですが、無料期間だけ楽しむ前提なら、解約してしまえば1円も費用をかけずに仮面ライダーの映画を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「みんなで宇宙キターッ!(邦題)」「minnade ucyuu kita(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「みんなで宇宙キターッ!」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「みんなで宇宙キターッ!」のあらすじ

天ノ川学園高校の理事長であり、学園を利用して怪人騒動を引き起こしているホロスコープスのリーダーの我望光明。その配下である速水と立神は取引の場にいました。 取引相手は「財団X」 渡そうとしていたのは十二星座の力を宿した12個のホロスコープスイッチ。しかし、突然現れた謎の美女インガと宇宙鉄人ブラックナイトの強襲によりスイッチが奪われてしまいます。 何か良くないことが起こると焦る速水と立神でしたが、我望は仮面ライダー部に任せておけばいいと不敵な笑みを浮かべるのでした。 一方、天ノ川学園での怪人騒動を解決すべく結成された仮面ライダー部、その部室であるラビットハッチに見知らぬ女性の姿があり困惑する部員たち。 彼女は宇宙での問題を調査・解決する機関である「オスト・レガシー」の本部長秘書であり仮面ライダー部にある依頼をするために来たのだと言います。 その依頼とは、宇宙にある意志を持つ衛星兵器「XV2」を止めること。 なんと、このまま放置すればXV2は地球を滅ぼしてしまうのです! 「宇宙にかかわる問題は俺たち仮面ライダー部が解決してみせる!」 果たして、仮面ライダー部はこの試練を乗り越え地球の危機を止めることが出来るのでしょうか・・・。  

「みんなで宇宙キターッ!」のネタバレ

ホロスコープスのリーダーの我望光明と、「財団X」は十二星座の力を宿した12個のホロスコープスイッチを取引していました。 しかし、突如現れたライダースーツの美女インガと、相棒の鉄人ブラックナイトによりスイッチは奪われてしまいます。 「あれは、宇宙鉄人か!」 速水はリブラ、立神はレオ、それぞれゾディアーツに変身し配下であるダスタードを複数出現させました。インガは凄まじい銃の腕前と格闘術で現れるそばからダスタードを蹴散らしていきます。 レオ、リブラはブラックナイトと戦いを繰り広げますが、2対1と言う状況にもかかわらずブラックナイトが持ち前の頑丈さを武器に一歩も引きません。ある程度戦ったところで、ブラックナイトはインガを抱えて空に消えていきました。 急いで後を追おうとするレオ、リブラを止める我望。 「宇宙のことは仮面ライダー部に任せておけばいい」 我望はそう言うと不敵な笑みを浮かべるのでした。 翌日、天ノ川学園に登校した弦太郎、ユウキ、流星、賢吾の4人は仮面ライダー部の顧問である大杉先生に部室であるラビットハッチに連れていかれます。 そこには美羽、隼、ジェイク、友子がおり、すらりと立っていた見知らぬ女性を何故ここにいるのかと問い詰めているところでした。 女性の名は白山。 宇宙の問題を調査・解決する機関「オスト・レガシー」の本部長秘書です。 大杉先生にコンタクトを取りやってきたという彼女の目的は、仮面ライダー部にある依頼をすること。詳しい話を聞くためにライダー部は目隠しをされ極秘である「オスト・レガシー」の本部に向かいます。 その道中、インガとブラックナイトの襲撃にあう仮面ライダー部一行。 弦太郎は仮面ライダーフォーゼに変身しブラックナイトに応戦します。スイッチを総動員してブラックナイトを追い込み機能を停止させたフォーゼ。 その時、インガが持ち前のバイクの操縦テクニックであっという間にライダー部の乗る移動車に乗り込んできました。流星が得意の格闘術でインガに挑みますが逆に技を決められて倒されてしまいます。 フォーゼが合流したためか、インガは再起動したブラックナイトを呼び出しその場から去っていきました。 戦いを終え、無事に「オスト・レガシー」本部に到着した仮面ライダー部。 ローラースケートを器用に操り彼らを出迎えたのは、「オスト・レガシー」の本部長である冴葉という男性でした。 冴葉は意志を持った衛星兵器「XV2」が地球を狙っていること、そして強力なレーザー兵器が完成する前に「XV2」をライダー部に破壊してほしいと依頼します。 「宇宙にかかわる問題は俺たち仮面ライダー部が解決してみせる!」 そして衛星兵器に意志があるなら、友達になってみせると言い切る弦太郎。 「XV2」を使って地球を狙っているのはアリシア連邦で開発された2体の宇宙鉄人であり、先程の襲撃もその一味の仕業であることを冴葉は伝えます。 そしてグランダインとスカイダインの2体の宇宙鉄人は非常に凶悪であり、人間と友達になることなどあり得ないと弦太郎に言い切ります。 それでも、納得できない様子の弦太朗。 仮面ライダー部としては依頼を引き受けることになり、一同は宇宙へ上がるために宇宙飛行士としての訓練を受けていきます。そして宇宙船「エクソダスⅡ」へ乗り込むのです。 しかし、そこにホロスコープススイッチから生み出された、コピーのゾディアーツ12体が姿を現します。 弦太郎はフォーゼに、流星は仮面ライダーメテオに変身して迎え撃ちます。 かつて苦戦したホロスコープスといえど、いくつもの苦境を乗り越えて強くなったフォーゼとメテオはフォームチェンジを駆使しながら退けていきます。 「弦ちゃん!急いで!」 ユウキの声で、宇宙船の発進準備が進み間もなく飛び立とうとしていることに気付くフォーゼ。しかし、目の前にはまだ4体のホロスコープスが残っており離れられません。 困っていたフォーゼとメテオの前に、どこからともなく魔法使いを名乗る戦士が現れてホロスコープスに銃弾を浴びせます。 「俺はおせっかいな魔法使いさ」と名乗る戦士にフォーゼは仮面ライダーじゃないのかと質問。仮面ライダーとは人知れず悪と戦う正義のヒーロー、そう聞いた魔法使いはこう答えました。 「いいね。だったら俺は今日から仮面ライダーウィザードだ!」 ウィザードに足止めを依頼した弦太郎と流星はどうにか宇宙船の発進に間に合いました。 地球を飛び立つ「エクリプスⅡ」を見上げるウィザード。 指輪をつけかえ巨大化させた腕で敵を吹き飛ばすと、別の指輪の力で4人に分身。4人のウィザードそれぞれがライダーキックを繰り出し、4体のホロスコープスは同時に消滅するのでした。 その頃、「エクリプスⅡ」は「XV2」からのレーザー攻撃を受けながら特攻しそのまま「XV2」へと乗り込みます。 そこで待ち受けていたのは、あのインガとブラックナイトでした。流星はインガとブラックナイト相手に戦いを挑み他の部員たちを先に行かせます。 しかしブラックナイトが流星のマークを外れすぐに追いついてきました。 フォーゼに変身した弦太郎はブラックナイトと戦いを始めます。その隙に「XV2」を破壊する爆弾をセットするために散り散りになる仮面ライダー部。 「オスト・レガシー」の白山がインガの銃弾を腕に受けはしましたが、他に問題は無く爆弾をセットしていくライダー部。 インガと戦っていた流星は地球で自分を倒した技に心当たりがあり、インガに確認をすると同じ流派の武術を習っていたことが分かりました。 セットされた爆弾は無事に爆発し、作戦は成功。 本気で殺そうと思えば爆破を止められたのに何故そうしなかったのかとインガに尋ねる友子。 「人間の女の子を撃つことは出来ない」 そのインガの様子に違和感を見つけた流星は、なぜ自分たちの妨害をするのかと確認します。驚いた様子でお前達こそなぜ機械生命体の手助けをするのだと言うインガ。 一方、マザーコンピュータの書き換えをしたいと言う白山についていく仮面ライダー部はコンピュータルームに冴葉の姿を見つけます。 そこに流星とインガも合流しライダー部全員に自分たちは騙されたのだと伝えます。「XV2」には2体の宇宙鉄人が封印されておりライダー部が破壊したのは実はその封印でした。 どういうことだ? にやりと不気味に笑う冴葉と白山。 白山は赤い細身のスカイダインに、冴葉は青くゴツゴツとしたグランダインにそれぞれ変身して見せます。 インガの父親により宇宙鉄人の姿と力を封印されておりその封印を解く「XV2」には鉄人が近づけないバリアが張られていたため、ライダー部を利用することを考えたと笑う鉄人たち。 飛び掛かったブラックナイトはいとも容易く破壊されてしまいました。 動揺するインガにお前は一人じゃない、俺たちは仲間だ、と伝える弦太郎と流星。 フォーゼとメテオに変身して宇宙鉄人に挑む2人でしたが、圧倒的すぎる力の差を前に倒され下の階に落とされてしまいます。 仲間だという言葉に覚悟を決めたインガはライダー部の部員たちを連れて宇宙船へと戻り地球に帰還するのでした。 その頃、宇宙鉄人たちは地球の一部に重力砲を放つと、30分後に地球の全てを破壊すると世界中に発信をします。 目を覚ました弦太郎と流星は小さな球体になった「XV2」が自分たちを助けてくれたことを知ります。 「XV2」は自爆して宇宙鉄人を吹き飛ばすつもりだと言いますが友達を爆発なんかさせないと反対する弦太郎。 フォーゼのコスミックステイツに変身し、空間移動の力で宇宙空間の「XV2」ごと移動させようと全力を解放するフォーゼ。 超巨大な「XV2」を見事に月面へと移動させ地球への砲撃を阻止したフォーゼでしたが、その代償として40個のスイッチは全てのコズミックエナジーを使いきってしまいます。 「・・・これで自爆は無しだよな?」 弦太郎の捨て身の行動に「XV2」は自爆を止めますがそこに宇宙鉄人が現れます。 怒りの猛攻に流星がメテオで立ち向かいますが、スイッチはラビットハッチに転送されており弦太郎はフォーゼに変身出来ません。 生身で挑む弦太郎でしたが到底かなうはずもありません。「XV2」から配信されていた2人の様子を見守り悔しがるライダー部とインガ。絶望していた賢吾のもとに「XV2」から新しいスイッチの設計図が送られてきました。 スイッチの発現にはとてつもない量のコズミックエナジーが必要であり、それには弦太郎のことを思う人間たちが40個のスイッチを同時に起動する必要があります。 ライダー部員たちは天ノ川学園中を駆け回り、かつて弦太郎に助けられた生徒や先生たちにスイッチを配って回ります。 弦太郎のためだと伝えると快諾してくれる面々でしたが、スイッチを押してくれる人間があと1人足りません。 「私に出来ることは何かあるかな?」 理事長の我望の協力もあり40個のスイッチ全てが行き渡りました。 ユウキの校内放送に合わせてカウントダウンをする40人。 「スイッチ、オン!」 40人全員が同時にスイッチを押した瞬間、新たなスイッチであるフュージョンスイッチが誕生しました。 メテオも倒され窮地に陥っていた弦太郎のもとへ駆けつけるインガと賢吾。賢吾からフュージョンスイッチを受け取った弦太郎はフォーゼに変身しスイッチを入れます。 スイッチの力でフォーゼはメテオフュージョンステイツとなり、メテオの力を使えるようになりました。一切の攻撃を受けつけず、フュージョンステイツは2体の宇宙鉄人を見事撃破するのでした。 弦太郎と拳をぶつけ合い友情の証を交わした「XV2」は宇宙の果てへと飛んで行きました。何かあったらいつでも駆けつけると話す流星の頬にキスをし、インガもアリシア連邦へと帰っていきます。 全てが終わり、とうとう機械とまで友達になった弦太郎に賢吾は尋ねます。 「次は誰と友達になるんだ?」 弦太朗は笑顔で画面の向こうに答えます。 「お前ら全員と友達になる!!」  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です