映画「モンスターズ・インク」のフル動画を無料視聴【吹替/字幕】

7 min
映画「モンスターズ・インク」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら、有料の動画配信サービスmusic.jpの30日間無料トライアルを期間を利用しましょう。期間内に解約すれば1円もかけずに楽しめます。 ちなみに「モンスターズ・インク」を視聴するだけならU-NEXT等でもOKなのですが、その続編も含めて無料で見れるのはmusic.jpのみとなります。まずはお試し登録して、今すぐ視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「モンスターズ・インク」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年3月10日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「モンスターズ・インク」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので無料トライアル中に視聴可能なのはU-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpの3つ。 ただ冒頭でもお話したように、モンスターズインクの他シリーズ(続編)も楽しみたいと思った場合、無料期間中に視聴可能なのはmusic.jpのみとなります。 30日間の無料トライアル期間内に、モンスターズインクシリーズを楽しんで解約してしまえば1円も費用はかかりません。今すぐ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「モンスターズ・インク(邦題)」「monsters inc(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「モンスターズ・インク」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。 もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「モンスターズ・インク」のあらすじ

モンスターワールド。そこには様々なモンスターが暮らしています。 その暮らしに必要なエネルギーは「子供の悲鳴」。 大企業「モンスターズインク」では人間の子供の部屋に通じるドアを無数に保有し、モンスターたちが扉の向こうの子供を驚かして悲鳴をあげさせ、それをタンクに集め、エネルギーへと変換していました。 その中の「スターモンスター」のひとり「ナンバーワンの怖がらせ屋」として皆の尊敬を集めているのがジェームズ・P・サリバン、通称サリーでした。 ドアを用意したり書類を提出するといった仕事のパートナーはマイク・ワゾウスキです。 サリーは創設者の社長ウォーターヌースにも可愛がられています。 そのサリーを敵対視しているのが業績で2番手に甘んじているランドール。彼は卑怯者で、意地悪なモンスターで、仲間からもそれほど好かれていませんでした。 ちなみに、最近のモンスターワールドはエネルギー不足気味… 子供がモンスターや暗闇を怖がらなくなってしまったからです。 モンスターワールドでは人間の子供は「病原体をもっているため危険なもの」とされていて、モンスターの安全のために「子供検疫局」(CDA)が監視をしています。 特にモンスターズインクでは、子供と距離が近く、接触事故が多発するたびCAD隊員が介入、悲鳴採取の効率も悪くなってしまっていました。 ある日、マイクは恋人の受付嬢セリアの誕生日に一流レストランを予約。 サリーはマイクが忘れていた報告書を代わりに提出しようと、子供と通じるドアがある「絶叫フロア」まで戻ります。そこではまだランドールが仕事を続けていました。就業時間はとっくに過ぎているのに。 ドアのそばに行ってもランドールの姿は見えないし、ドアの中にも子供の姿はありません。 サリーは尻尾に違和感を感じて振り返ります。するとそこには人間の子供が!大慌てて子供をドアの中に戻そうとしますが、子供はくっついて離れません。さらにはドアも片付けられてしまいました。 サリーは仕方なく、尻尾にくっついてきた人間の女の子をカバンに入れて、レストランにいるマイクのところに相談に向かいます。 いつの間にかカバンから抜け出した女の子は、店のモンスターに見つかってしまい大騒ぎに。CDA隊員までが駆け付けるパニックの中、サリーとマイクは女の子を抱え、急いで家に連れて帰りました。 人間の子供の侵入騒ぎはニュースでも大々的に報道しており、サリーとマイクは部屋の中を機嫌よく走り回り、あちこち触ってみる女の子を遠巻きに観察します。 イライラして「触るな!あっちいけ!」と怒鳴るマイク。 女の子は悲しくなって泣き出します。すると電気が点滅、女の子を探しているCDAのヘリに見つかりそうになります。慌てふためいたマイクがバケツにはまると、女の子は大笑いをしました。 すると今度は電圧が急上昇、近所中の電気がつき、強い電力のために電球が割れてしまいます。とにかく女の子を静かにさせないとまずいと思った2人、色々策を考えますが、そうこうするうちに、女の子は眠くなります。 サリーが自分のベッドまで誘導すると、彼女はクローゼットを怖がります。そしてランドールの絵を描いてサリーに見せました。ランドールを怖がって寝ようとしなかったようです。 サリーが優しく寝かしつけると女の子はストンと眠りに落ちました。  

「モンスターズ・インク」のネタバレ

人間の子供には噂されているような害はないのだ、と気が付いた2人は、ドアの向こう側に戻そうと思い会社に連れて行きます。 サリー用のソファーでモンスターそっくりの着ぐるみを作り、女の子を中に入れて連れて行きますが、会社には既に多くのCDA隊員が子供を探しまわっています。 途中、女の子はオシッコに行きたくなったり、寄り道したり、思うように進みません。途中で出会ったランドールも自分が連れて来てしまった人間の子供を探しているようでした。 なるべく早く、女の子の部屋のドアを探して彼女を返さないとと慌てる2人。マイクは適当にドアの中に返そうとしますが、サリーはちゃんと彼女を元来た場所に返そうとしていました。 マイクの言動からランドールが女の子の存在に気が付きます。 そしてマイクを脅し、昼休みに社員が居なくなった隙に「絶叫フロア」で彼女を元のドアに戻すから、連れてこいと命令します。 一方、女の子はチョロチョロと動き回り、目を離すとすぐに居なくなってしまい、サリーは必死で探しなんとか発見できました。いつの間にかサリーは彼女を「ブー」と名付け、ブーもすっかりサリーに懐いていました。 昼休みにマイクがサリーとブーを連れて、絶叫フロアに行きます。 そこには「花柄」でブーのドアに似たドアがセットしてありました。 しかしサリーはランドールを信用していません。試しにマイクがドアの中に入ってみると、やはりランドールの罠。箱に閉じ込めて攫おうとしていました。 マイクをブーと勘違いしたランドールはマイクの入った箱を、秘密の地下に運びます。そこには社内で秘密裏に作られたマシーン「悲鳴吸引器」があり、ランドールはブーをその実験台にしようとしていたのです。 間違って連れてこられてしまったマイクは、吸引機の餌食になりそうになりましたが、マシーンが急に止まります。物陰から様子を伺っていたサリーとブーがコンセントを抜いたのです。 怪しい気配を感じたランドールが周囲を見回っているうちに、マイクはランドールの助手と入れ替わり逃げ出しました。 サリー、マイク、ブーの3人は無事に落ち合い、新人研修中の社長ウォーターヌースに全てを打ち明けようと研修用の部屋に乱入しました。 そこで社長から「新人たちに見本を見せろ」と言われたサリーはつい、いつも通りに大きな声で吠えてしまい、それを見たブーはサリーを怖がるようになってしまいます。 研修終了後、ようやくウォーターヌースに話をすると、彼は「ブーを人間世界に返すのが1番大切なことだ」と言いながら、ひとつのドアを用意します。 そのドアは雪国へと通じるドア。 ブーは社長につかまり、サリーとマイクだけが吹雪の中に突き落とされてしまいます。 その雪国とはヒマラヤでした。雪男と遭遇しますが、2人は寂しがり屋の雪男に大歓迎されます。でもサリーはブーの怯えた、自分を見る目が忘れられません。 上機嫌な雪男は色々教えてくれます。村の話が出て来て、村には子供がいると判明しました。何かひらめいたサリー。 しかし、モンスターズインクから追放された事について、サリーとマイクは喧嘩になります。吹雪の中、村に行こうとするサリー、反対するマイク。 ひどい言い争いになったあげく、サリーは橇を飛ばし、ひとり村へと急ぎます。 橇が大きくバウンドし、転倒、気を失いかけるサリーの耳には、どこからともなく子供の悲鳴が聞こえてきました。気を取り直したサリーは村へと走りだします。 サリーが村で見つけたドアは、ネパールの子供のドア、そしてそこもモンスターズインク社の「絶叫フロア」に通じていたのです。サリーはモンスターズインクに無事戻ることに成功しました。 地下の「絶叫吸引機」には、ブーが座らされ、その傍には社長のウォーターヌース、ランドールがいます。2人はグルだったのです。ブーにどんどん近づいてくる吸引機、サリーはギリギリ間に合いブーを助けます。 ランドールがサリーとブーを追いかけ、身体を透明にする技を使って、サリーたちを追い詰めますが、マイクも雪国からサリー追いかけて来ていました。 そのマイクが、ランドールの手からサリーとブーを助け、さらにマイクの恋人のセリアの助けもあり「絶叫フロア」まで、ようやく3人はたどり着いたのです。 フロアには無数のドアがあります。 しつこく追いかけてくるランドールを、うまくアリゾナのキャンピングカーのドアへと投げ入れ、そのドアを破壊して、出てこられないようにしました。 ブーは無事に奪還できましたが、ようやく見つけたブーのドアは停電でうまくつながりません。 ブーを笑わせると、高い電圧の電気が発生することを知っているサリーとマイクは、ブーを笑わせようとしますが、社長は既にCDAの隊員を伴い3人を捕らえようと待ち構えていました。 サリーはなんとかブーの扉の前までたどり着いたものの、社長は何が何でもブーを捕まえるつもりです。 彼はサリーにこういいます。 「業績悪化で傾きかけた会社を救うため、人間の子供を誘拐した。悲鳴吸引機を使ってもっと多くのエネルギーを得るのだ、そのためなら何千人でも誘拐してみせる」と。 しかし、そこで研修室の照明がつきます。 ブーの部屋と思われていた場所は研修用の部屋で、そこであった社長とサリーとのやりとりは全て録画されていたのです。マイクが呼んだCDA局員により、社長の陰謀は全て白日の下にさらされ逮捕となりました。 いよいよ、ブーが元の人間の世界、自分の部屋へ戻る時がきました。 サリーはブーが戻った部屋のドアを2度と繋がらないようにバラバラに壊しますが、思い出に欠片をひとつだけ拾います。 サリーは社長のウォーターヌースが居なくなった後、新社長へと就任、子供の悲鳴よりも笑い声の方が、効率よくエネルギーを生み出す事実をこれらの方針をとし、業務に取り入れます。 おかげで会社は立ち直り「怖がらせ屋」はいなくなり「笑わせ屋」としてマイクがトップを取りました。 ある日、サリーはマイクに呼び出されます。 そこにはバラバラにしたはずのブーの部屋に繋がるドアがありました。 実は、マイクが全てのピースを集め、ブーのドアを元通りにしてくれていたのです。 サリーが持っていた、ドアの最後の1ピースをはめると、ブーの部屋と繋がります。 ドアを開けるとそこにはブーがいます。 サリーはブーと再会することができたのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です