映画マイフェアレディのフル動画を無料視聴【dailymotion/openload】

6 min

映画「マイフェアレディ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

オードリー・ヘップバーン主演の本作ですが、残念ながらかなり古い映画な事もあり、U-NEXT等の動画配信サービスでも一切配信されていません。


そこでオススメしたいのがTSUTAYA DISCASを使うこと。

TSUTAYA DISCASはオンラインの配信サービスではなく、月額制のDVDレンタルサービスなのですが、ネットで注文すれば自宅までDVDを届けてくれるし、何より30日間の無料トライアルがあります。

つまり、期間内にマイ・フェア・レディを視聴した上で解約しても費用はゼロ。もちろんオードリー・ヘップバーンの他の出演作品も揃っているので、ぜひTSUTAYA DISCASを利用してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「マイフェアレディ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
 

「マイフェアレディ」が無料で視聴できるのはTSUTAYA DISCASのみ。

U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。


TSUTAYA DISCASは月額制のDVDレンタルサービス。

なのでDVDを再生できる環境がないと楽しめないのと、今すぐに視聴できない(自宅にDVDが届くまでタイムラグがあるため)ものの、現状では無料でマイ・フェア・レディを楽しむ唯一の手段と言ってもいいです。

それに、30日間の無料トライアルの間に最大8枚までDVDレンタル可能なので、マイ・フェア・レディだけではなく、その他の映画も楽しめます。特に、動画配信サービスでは配信ゼロの作品でも9割型取り扱いがあるのは大きいですね。


ぜひ、マイ・フェア・レディだけではなく、今まで見ようと思っていたけど見る機会がなかった作品を、TSUTAYA DISCASで一挙に楽しんでみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「マイフェアレディ(邦題)」「my fair lady(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「マイフェアレディ」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「マイフェアレディ」のあらすじ


1911年。女性にあらゆる制約があり、社会進出が夢のまた夢の時代。

今日もコヴェントガーデンでは労働者達が威勢の良い掛け声をかけながら働いています。ここは食料・雑貨を中心とした市場で、ロンドンっ子達の胃袋をささえているのです。


セントポール教会の前で商売をする花売り娘イライザ・ドゥーリトル(オードリー・ヘップバーン)は気はいいが飲んだくれの父親と二人暮らし。売れ残った花を売りさばこうと、オペラハウスから出てきた上流社会の人々に必死に呼びかけています。

そんな彼女を偶然見かけ、興味を抱いたのは言語学を専門とするヘンリー・ヒギンス教授(レックス・ハリスン)。イライザのひどい訛りを指摘し、「言葉遣いを直せば貴婦人にもなれる。私なら可能だ」と豪語するのです。


うだつの上がらない暮らしにうんざりし、より良い生活を夢見ていたイライザ。

そんなヒギンスの気まぐれともつかない言葉を信じ、精いっぱいのおめかしをして彼の家に押しかけ、自分に教育をほどこしてくれるように懇願します。

彼女の運命が変わった瞬間でした。


イライザの粗野でがさつな言動に、教授の友人であるピカリング大佐(ウィルフレッド・ハイド・ホワイト)も、屋敷の家政を取り仕切る家政婦のピアス夫人(モナ・ウィッシュボーン)も閉口。

花売り娘に淑女教育などとうてい無理と言い切る大佐に、勝負魂を刺激されたヒギンスは、彼女を貴婦人に仕立てられるか賭けを申し出るのでした。


こうしてイライザは、住み込みをしながらの地獄のレッスンが幕をあけます。

怠け者のドゥーリトル親父(スタンリー・ホロウェイ)は娘が誘拐されたと勘違いをして乗り込んできた上に金をせびりますが、誤解が解けて金を手に入れた途端にご機嫌で帰ります。

その現金さには、流石のヒギンスも脱帽してしまいました。


レッスンはますます苛烈を極め、口が悪く容赦のないヒギンスと気の強いイライザは度々衝突。彼女はくやしさをバネに懸命に食らい付いていきます。その姿に、最初は困惑していたピアス夫人はじめ使用人達も徐々に好意を抱いていくのでした。

そしてついに、美しい標準語をマスターしたイライザ!ヒギンスと大佐も交え、三人は喜び浮かれます。そしてヒギンスは彼女の最終試験のために、早速社交界デビューを目論むのでした。

 

「マイフェアレディ」のネタバレ


試験の場となったのは社交シーズンのアスコット競馬場。

煌びやかに着飾った紳士淑女達がそぞろ歩くこの場所に、ヒギンスの見立てた流行のドレスに身を包んだイライザが緊張した面持ちでやってきます。

そこでイライザ一行はヒギンスの母(グラディス・クーパー)と出会います。ヒギンス夫人は学問一筋で結婚の気配がない息子が美しい女性を連れているのを見て喜びますが、息子から話を聞いてびっくり。それでも、息子に協力してくれるのでした。

特訓の成果もあり、なんとかその場に馴染んだイライザですが、試合が始まると血が騒いでしまい、「ケツをひっぱたけぇ!」と大絶叫!反して蒼白になるヒギンスと大佐。

しかし、同席していた上流社会の子息フレディー(ジェレミー・ブレット)は、周囲にはいない破天荒な姿に一目ぼれしてしまうのでした。


すっかり落ち込むイライザでしたが、それでもヒギンスは諦めていません。

目指すはトランシルバニア女王陛下が出席するトランシルバニア大使館の舞踏会でのデビュー!そして大佐との賭けなのです。更なる特訓を彼女に施します。


そして舞踏会当日、デビュタントの証である純白のドレスとティアラを身に着けたイライザは息をのむように美しく、教養に裏打ちされた自信と気品に満ち溢れていました。

イライザを心配していた大佐は思わず見とれ、ヒギンスは自分の「最高傑作」にご満悦。舞踏会へと参戦します。


舞踏会会場で人々はイライザの美しさ、淑やかさに魅了され、「どちらのご令嬢?」と噂します。かつてヒギンスの教え子で、現在は言語学者のカーパシー(セオドア・ビケル)は彼女に興味を抱き、自慢の耳で彼女のアクセントから素性を割り出そうとつきまとい、ヒギンスと大佐は肝を冷やしました。

お出ましになった女王陛下はイライザの美しさを誉め、王子も彼女にダンスの申し込みをします。その姿にカーパシーは「王女だ!ハンガリーの王女にちがいない!」

ヒギンスが勝利した瞬間でした。


帰宅し、賭けの成功を祝うヒギンスと大佐ですが、浮かれる二人をよそにイライザは表情を曇らせます。ヒギンスに想いを寄せ始めていたイライザは、自分が賭けの対象だったことに傷つき、大ゲンカの末に家を飛び出してしまったのです。

彼女を慕うあまり家の前に佇んでいたフレディーも巻き込み、向かった先はかつて生まれ育ち、慣れ親しんだ故郷コヴェントガーデンの青物市場。


しかし、昔の花売り仲間達はレディになったイライザに全く気付かず、話しかけるイライザに対し戸惑った表情をします。更に、父は酒場でどんちゃん騒ぎをしており、ヒギンスのお膳立てではからずも投資家の遺産相続人になり、明日結婚して不自由な身の上になるとこぼします。

自分のちょっとした向上心で父の運命を変えてしまったことに呆然とするイライザ。そんな父は「ここはもうお前の帰る場所じゃない。お前なら一人でやっていける」と、適当ながらもエールを送るのでした。


一方、自分のスケジュール管理をほぼイライザに頼り切っていたヒギンスは朝から大パニック。イライザに対する賭けを知ったピアス夫人にも冷たくあしらわれる始末です。

絶対に自分の非を認めないヒギンスが、イライザの逃亡先として目星をつけたのは母の屋敷。はたして、イライザはそこにいました。


二人はまるで敵同士のように対峙します。尚も高圧的に振る舞うヒギンスに対しイライザは「フレディーと結婚する。あなたに教わったことを元に、今度は人に教えてお金をかせぐ。」と凛と言い放ちます。

かつてギリシャ神話のピグマリオンが大理石から理想の女性ガラテアを作り出したように、ヒギンスも下品な花売り娘を貴婦人に仕立てました。そう、あくまで彼にとってイライザは被造物であり格下の存在だった筈でした。


しかし、目の前にいるのは自立した女性であり、対等な存在となったイライザだったのです。

敗北感と虚しさ、そしてずっと認めていなかったイライザへの愛情を噛みしめながら、ヒギンスは研究用に録音したイライザの音声をじっと聞いています。

まだ無教養で、良い暮らしだけを望んでいたイライザ。自分のしごきにも必死に耐え、喰らいついてきたイライザ。初めて美しい発音で話せたと喜んでいたイライザ。

いつの間にか、録音は途切れていました。


「あたいが汚いって?ここへ来る時は顔も手もちゃんと洗ってきたよ」

聞き慣れた愛しい声がします。それでも照れ臭いのかヒギンスは「私のスリッパはどこだ?」とぶっきらぼうな調子で言います。後ろではイライザが「しょうのない人」とでも言うように苦笑していました。


↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です