映画「永い言い訳」ネタバレとフル動画を無料視聴【配信一覧】

7 min
映画「永い言い訳」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 Amazonプライムビデオ等でも配信されているのですが、残念ながらポイント性のため有料となります。完全無料で視聴可能なVODはmusic.jpのみです。 名前から勘違いされがちですがmusic.jpは音楽だけではなく映画やアニメも配信しており、30日間の無料トライアルを使えば「長い言い訳」を今すぐ視聴可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「永い言い訳」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD 400ポイント
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 407ポイント
music.jp 440ポイント
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「永い言い訳」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・FOD ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しくFOD、Amazonの2つは有料です。

FOD:視聴に400ポイント必要。登録時に100ポイント&「8のつく日にログイン」で300ポイントもらえるが、登録直後に視聴できない可能性が高い。 Amazonビデオ:無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

なので、選択肢はmusic.jp一択。 music.jpも視聴に440ポイント必要ですが、登録時に1600ポイントをタダでもらえますし、月額料金も30日間の無料トライアルが適用されるので、完全ノーリスクで「永い言い訳」を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「永い言い訳(邦題)」「nagai iiwake(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました。

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「永い言い訳」を視聴する2つの方法

「永い言い訳」をmusic.jpで視聴するのがベスト

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。   もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「永い言い訳」をDVDで視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  music.jpで視聴すれば、今すぐ無料で視聴できるので手っ取り早いのですが、中にはmusic.jpを過去に登録済みの方もいると思います。その場合無料トライアルが適用されません。 別のアドレス、別のクレジットカードを使えば改めて無料トライアルを適用してもらえるのですが、そうでない場合は「永い言い訳」を無料で見る方法が無くなってしまいます… そこでオススメしたいのが、TSUTAYA DISCAS。 TSUTAYA TV/DISCASはツタヤの動画サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TV/DISCASに登録すると、この2つのサービスが利用できます。 DVDレンタルと行っても店舗に足を運ぶ必要はなく、スマホやパソコンで見たいDVDを注文すれば、自宅の郵便ポストに届けてくれます。返却も近くのポストに入れるだけでOK。 また、TSUTAYA DISCASはDVDレンタルな代わりに、他の配信サービスでは一切配信されていない作品も、9割は取り扱っているため、ラインナップが桁違い! 実際、「永い言い訳」もTSUTAYA DISCASだけ取り扱いがありますし、「そういえばあの作品見たかったな」という作品をまとめて視聴することも可能。 ツタヤの提供するサービスなので使い方や登録もシンプルでわかりやすいですし、ぜひTSUTAYA DISCASで「永い言い訳」を楽しんでみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

「永い言い訳」のあらすじ

作家でタレントとしても活躍する津村啓の本名は衣笠幸夫。 国民栄誉賞を受賞した伝説のプロ野球選手と同じ名前です。 妻の夏子はこの名を気に入っていましたが、幸夫にとってはコンプレックスでしかありません。幸夫と夏子は大学の同級生で、小説家としてまだ芽が出ない頃から美容師の夏子が幸夫を支えてきました。 しかし実際のところ、夫婦の関係はあまりうまくいっていません。 ある夜、夏子は幸夫の髪を切り終わると、親友の大宮ゆきとともにスキーツアー旅行へ出かけることに。留守を預かることになった幸夫は早速愛人の福永を自宅に招き、情事に耽ります。 その翌朝夏子が山形のバス転落事故に巻き込まれ、親友とともに死亡したという知らせが…幸夫は妻を突然失ったものの、すでに冷え切っていた関係で、涙1つ出ませんでした。 その後の夏子の葬儀では感動的な弔辞を読みます。 幸夫は事故で妻を奪われた「悲劇の小説家」を演じきりました。 その姿はマスコミにも大々的に報じられることになります。 ですが、彼にとって妻を失ったことは大して重要ではありませんでした。妻を不慮の事故で失った小説家が世間に好意的に受け入れられるかどうか? これだけが気がかりだったのです。 そんなある日、幸夫は同じく亡くなったゆきの夫、陽一とその子供達と出会います。 妻に先立たれ、二人の子供との生活に孤軍奮闘する陽一の姿を見ているうち、幸夫は陽一の子供達の面倒を買ってでるように。 家族を持つという幸福を疑似体験する幸夫でしたが、同時に夏子との間に生じていた夫婦間の溝を再認識することになり…。  

「永い言い訳」のネタバレ

旅行先のバス事故で妻の夏子を失った幸夫。 しかし妻との突然の別れに対峙しても涙が出ません。 事件のあった日も愛人との情事に夢中だった幸夫は、夏子がどんな服装で出掛けたかも覚えておらず、誰と旅行に出かけたのかすら知りませんでした。 そんなある日事故報告調査会に参加した津村は、バス会社の説明に怒りを爆発させる男の姿を目の当たりにします。夏子とともに亡くなった親友ゆきの夫、大宮陽一です。 幸夫とは対照的に妻の死を嘆き悲しみ、ひどく憔悴していました。 説明会後、報道陣からの取材に答えていた幸夫は陽一から手を握られ、ずっと会いたかったと告げられます。陽一は同じ境遇の幸夫にシンパシーを感じていましたが、幸夫は戸惑いを隠せません。 その後、自宅にはやつれた浮気相手の福永が訪ねてきますが、幸夫は慰めるどころか彼女を抱こうとし、愛想をつかされます。 春になり、編集者の桑名から今回の事故を題材にした本を出さないかと勧められますが、幸夫は身内の不幸を売り物にする気はないと一蹴。しかし小説家としての幸夫は、ここ数年思うような作品を出せず、スランプに喘いでいました。 ある日幸夫の携帯に陽一から会って話がしたいという連絡が入ります。 こうして連絡を取り合うようになった二人。 ある晩幸夫は陽一とその子供の晋平、灯と一緒に食事をすることになりました。しかし灯が食事中にアナフィラキシーショックを起こし、陽一に連れられて病院へ行くことに。 幸夫は一人取り残された真平を自宅まで送り届けることになりました。 トラックの運転手をしている陽一は家を空けることが多く、その間真平がまだ幼い灯の面倒を一人で見ていました。真平が目指していた中学受験を諦めようとしていると知った幸夫は、真平の力になりたいと思うように。 そして子供達の世話をしたいと陽一に願い出ます。 子供いない幸夫にとっては不慣れなことだらけでしたが、二人の食事の世話から送り迎えまで一生懸命にこなしていきます。真平と灯も幸夫に懐いていき、幸夫はますます子供達の世話に没頭するように。 しかしマネージャーの岸本から現実逃避をしているだけなのではないかと言われ、ハッとします。幸夫はいまだに夏子の死と向き合えないでいました。 夏が来て、幸夫と陽一、真平と灯は海水浴へ出かけます。 「なんでここになっちゃんがいないんだろう」 陽一は寂しそうにそう漏らしました。 幸夫は海で真平や灯とはしゃぐ夏子の姿を想像します。 幸夫はバス事故を追ったドキュメンタリーの企画を受けることに。そのロケに出かける準備をしている最中に、クローゼットで夏子の携帯電話を見つけます。 幸夫宛ての未送信メールには「もう愛していない、ひとかけらも」という衝撃的な言葉が残されていました。 ロケは夏子が事故に遭遇した場所で行われますが、細かい演出を押し付けられ、幸夫は苛立ちを募らせていきます。 妻へのメッセージを求められた幸夫が夏子への強烈な恨み言を吐き、スタッフらを狼狽させるというトラブルも発生するなど、立場が一気に変わっていきます。 夏のある日、灯が科学教室に参加することになり、幸夫と陽一、真平も同行。 教室が終わった後、カフェで寛いでいると、科学教室の講師の鏑木がやってきて、幸夫のファンだと声をかけてきました。鏑木は幸夫のドキュメンタリーを見て感動したことを伝えますが、癪にさわった幸夫は冷たくあしらいます。 秋、灯の誕生日パーティーが開かれることに。 そこには陽一と真平、幸夫のほかに鏑木も参加しています。 陽一は一時預かりの施設を経営しているという鏑木の両親に、子供達を預けようと思っていると幸夫に話し始めます。陽一は幸夫の負担を減らそうと考えているようでしたが、役割を奪われたようで幸夫は面白くありません。 「なんで幸夫君には子供がいないの?」 灯の無邪気な質問が幸夫をさらに追い詰めます。 幸夫はリスクを背負い込みたくなくて子供を持たなかったこと、夏子も同じ考えであったと話し始めます。しかし陽一は幸夫の考えに疑問を呈し、こう言いました。 「なっちゃんは子どもを欲しがっていたと思う」 感情的になった幸夫が部屋を飛び出していき、陽一が後を追いかけます。 話し合おうとする陽一にむかって、幸夫は夏子が亡くなった日別の女性と不倫していたことを告白してしまいました。その後、バーで酔いつぶれた幸夫は真平からの電話にも出ませんでした。 大宮家へ通うことを辞めた幸夫の日常は再び荒れていきます。 一方、真平は再び灯の面倒を見なければならなくなり、塾に通うのも辞めてしまいました。 ある晩、陽一はいつまでも寝ようとしない真平を叱りつけ、二人は喧嘩をしてしまいます。 真平の我慢は限界に達してしました。 「お父さんみたいになりたくないの」 言ってはいけない言葉を口にしてしまいます。 新しい年が明けました。 幸夫のもとに病院から、陽一が国道で事故を起こしたという電話が入ります。 真平に電話すると涙声でこう呟きました。 「お父さんに最低なことを言ってしまった」 幸夫は灯を鏑木家に預け、真平とともに陽一のいる病院へと向かいます。「事故に遭ったのがお母さんじゃなくてお父さんだったらマシだったのに」真平はゆきの事故後、そう思っていたことを正直に告白します。 幸夫は「自分を大事に思っている人を手放してはいけない、そうしないと僕みたいになる」と優しく諭します。 幸いにも陽一の怪我は大事には至らず、事情聴取を終えて真平とトラックで帰宅することになりました。二人を見送り、一人電車に乗った幸夫は涙を堪えながら、持っていた手帳にペンを走らせます。 事故から一年後の春、幸夫は新刊小説を出版。 妻との20年を描いた作品「永い言い訳」は文学賞を受賞し、今日はその受賞パーティーが開かれています。陽一に代わって、真平と灯がお祝いのスピーチを幸夫に贈りました。 幸夫は灯から大宮家の家族と夏子が一緒に収まった写真をプレゼントされます。 幸夫はその写真を自宅のダイニングに飾っています。遺品を整理していた幸夫は夏子が愛用していたハサミをそっと段ボールにしまいました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です