映画「何者」のストーリーネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「何者」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「何者」を配信しているサービスは非常に多く、8つのサービスを調査した所、なんと7つのサービスで配信されていました。すでに登録しているVODサービスがあれば今すぐ視聴できるかもしれません。 ただし! 映画「何者」を無料で視聴したいと思った場合話は別です。無料で視聴可能だったサービスはかなり少なかったですし、とりあえず今すぐ見たい場合は、U-NEXTの31日間無料トライアルを活用してください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「何者」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD 400ポイント
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 500ポイント
music.jp 440ポイント
  「何者」を配信しているのはHuluを除く以下の7サービス。 ・U-NEXT ・FOD ・TSUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、見ていただくと分かる通り大半のサービスでポイント(別料金)が必要です。 これは月額料金とは別(つまり無料トライアルだろうと関係ない)で、例えばAmazonプライムビデオであれば「何者」の視聴に500ポイント(500円)が必用なことになります。 Netflixは視聴にポイントが不要ですが、この中で唯一無料トライアルがないため、登録直後から月額料金(最低800円)が発生します。 なので、オススメというか唯一の選択肢がU-NEXT。 U-NEXTであれば「何者」の視聴にポイントは不要。また、無料トライアル期間も31日間あるので、この間に「何者」やそれ以外の映画やドラマを楽しんで解約しすれば、1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「何者(邦題)」「nanimono(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「何者」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「何者」のあらすじ

二宮拓人(にのみやたくと)と田名部瑞月(たなべみずき)と神谷光太郎(かみやこうたろう)の3人は、大学1年生の時からの友達。 拓人は演劇サークルに所属していて、友人の烏丸ギンジと一緒に劇を作り、脚本も書いていました。ギンジとはケンカしていつの間にか疎遠になってしまったのですが… そして3人は就活する時期になりました。 拓人と光太郎がルームシェアをしている部屋のちょうど上の階に、瑞月の友達である小早川理香(こばやかわりか)が住んでいることを知ります。 理香も就活生であったため、4人で就活を乗り越えようと団結。 そこへ理香と同棲している宮本隆良(みやもとたかよし)が帰ってきました。隆良は就活を毛嫌いしており、コラムなどを書きながら人脈を広げているとのこと。 拓人は隆良の姿を見て、ケンカ別れした友人ギンジを思い出します。かつてギンジも同じように「頑張っているアピール」をしていて、それを批判した事がありました。結局、ギンジは「就職はせず大学も辞めて舞台の上で生きていく」とケンカ別れになってしまいましたが… 拓人は、隆良に同じ匂いを感じたのです。 ある日、隆良と大学の喫煙所で遭遇した拓人は、隆良とギンジが個展の共作をする予定だということを知ります。拓人は仲違いをした今でも、ギンジの動向が気になっているようでした。 そして、就活も着実に進んでいました。 まずは瑞月がいち早く内定を獲得。理香の部屋で瑞月の就職祝いをみんなで行っていると、ギンジと隆良が2人で進めていた個展の話になります。 ところが隆良は、その話は無くなったと一蹴。 そればかりかギンジの劇団が演劇ファンから酷評を受けていることも話し、いつの間にか2人での共同計画は破綻してしまったようです。 そして、次に内定を決めたのは光太郎。 拓人と2人でお祝いをした後の帰りのタクシーで、光太郎はおもむろに語り始めます。それはまるで、未だに内定の決まらないフォローのようなものにすら感じました。 「内定って言葉、不思議だよなぁ。丸ごと自分が肯定された感じするじゃん。」 「結局俺って、足が速いとか料理が出来るとかと同じで、就活が得意なだけだったんだよな。」 「就活終わったけど、何にもなれた気がしねえよ。」 「俺さ、なんで拓人に内定が出ないのか、本当わかんないだよ」  

「何者」のネタバレ

そんなある日…理香と拓人はケンカを始めます。 なんと、2人は友人である光太郎と瑞月の内定先の企業の批判レビューを検索していたのです。まるで友人2人が選んだ道は間違いだったと言わんばかりに。 お互いに、知られたない秘密がバレてしまったのです。 「拓人くん、本当は誰のことも応援していないんじゃない?」 「だって、あんたみんなのこと笑ってるでしょ。」 理香は、拓人がツイッターの別のアカウントを持っていて、そこで常に周りをバカにしていることを知っていると話始めます。 「わたし、あんたがそれにロックかけたりツイート消去しない理由わかるよ。」 「自分のツイート大好きだもんね。自分の分析は最高に鋭いって思ってるもんね。どうせたまに読み返したりしてるんでしょ。」 「誰かがリツイートしてくれたり、お気に入りに登録してくれたり、フォロー数よりフォロワー数の方が多くなったり、そういうことが気持ち良くて仕方ないんでしょ。」 「いい加減気付こうよ。そんな観察者ぶったって何にもならないんだよ。」 「それをみんな分かってるから、痛くてもカッコ悪い自分を理想に近づけようとして頑張るんだよ。」 「それが出来ないあんたの姿は、誰にでも伝わってるよ。そんな人どこの会社も欲しいと思うわけないじゃん。」 ひとしきり毒を吐いたあと、「でも、内定をもらっていない自分も結局は同じようなもの」と泣き崩れてしまいます。どうすればいいか分からなくなった拓人はその場を後にします。 そして、気づけば瑞月に会いにきていました。 瑞月は、少し前に拓人と一緒に受けていた会社の筆記試験で、実は自分が斜め後ろにいたと話し始めます。 「問題に悩んでる姿がね、なんかちょっと懐かしいなって思っちゃって。授業中、いっうも脚本書いてたでしょ。」 「拓人くんって、何か考え事してる時、寝てんの?って思うくらい、首、前に落とすんだよ。」 瑞月は続けて「拓人くんが考える話、好きだったよ。拓人くんが作る舞台、いつもすごい面白かった」と言いました。 今までの自分をかえりみて、泣き崩れる拓人。 その後の会社の面接で、ギンジや演劇に対して感じていた正直な気持ちを話す拓人。 「すみません、1分間では語り切れません。」 ありのままの自分をさらけ出して就活に臨む拓人の姿を映しながら幕を閉じました。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です