交渉人/NEGOTIATORのフル動画を無料視聴【吹替&字幕】

ある日突然、身に覚えのない容疑がかかる。

揃いにそろった十分な証拠に、逃げ切れない崖っぷちの真相究明劇。

サミュエル扮する交渉人ダニーは濡れ衣を晴らすべく、もう一人の交渉人ケビン・スペイシー扮するクリスに「交渉人」を依頼する。

 

ド派手なアクションはなし、あるのは交渉人としてのスキル。

 

張り詰めた緊迫状態の中、高度な交渉、駆け引きテクニックを駆使し真犯人を追い詰めて行く。

1998年公開されたアクションサスペンス映画。このタイトルのキャッチコピーは

「IQ180の駆け引き」とされ、納得です。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「交渉人/NEGOTIATOR」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
hulu ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ ×
music.jp 330ポイント ×
 

「交渉人/NEGOTIATOR」を配信しているサービスは以下のとおりです。


・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。

もしどれにも登録していなければ、music.jp(ミュージックドットジェーピー)で視聴してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓



動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「交渉人」「NEGOTIATOR」で検索してみたのですが、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました。

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「交渉人/NEGOTIATOR」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
 

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。


特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。

もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「交渉人/NEGOTIATOR」のあらすじ


サミュエル演じるダニー・ローマンはシカゴ警察東署に勤務する交渉のスペシャリスト。

 
相棒ネイサンから「警察内部の誰かが警察年金を横領している」と聞かされ、後日、詳細を聞くためネイサンと会うはずの待ち合わせ場所で、ダニーが出会ったのはなんと、ネイサンの遺体でした。

すぐさま駆け付けた警察にダニーはネイサン殺人の疑いをかけられてしまう。おまけに、「誰かが警察年金の横領をしている」のその「誰か」にダニーがされてしまうことに。

まったくの濡れ衣にダニーは一貫して無実を訴えますが、一向に聞き入れてもらえず、署長や周りの同僚、またネイサンの妻までもダニーに向け心無い言葉をぶつけてきます。

 

そしてダニーの警察バッジや拳銃まで取り上げられ、敏腕交渉人の立場を無くし、何も無くすものがなくなったダニーは怒り心頭。自分の潔白を証明するため、意外な行動に出ます。

 

真相究明のために、局長のニーバウムら含む警官や取り立てやなど4人を人質にビルの20階に立て籠ります。

 

シカゴ警察に取り囲まれたダニーは「人質を殺されたくなければ20分以内に西警察のクリス・セイビアンを呼べ!」と要求。

 

このクリスという男。彼もまたスペシャリストな交渉人で、過去5年一切武力を行使せず無事に人質を救出してきた切れ者です。

理不尽な疑いをかけられ必ず真犯人を捕まえてやると決心するダニーは「身内が信用できないなら赤の他人しか信用できない」とクリスを選んだのです。

 

管轄外のクリスにとって、会ったこともない刑事から無茶な呼び出しをされ憤慨し、「ダニー、あんたが死のうがどうでもいい。私の仕事は人質を救うことだ。あんたは二の次で、人質の無事救出が一番だ」と言い放ちます。

が、必死に無実を証明しようとたった一人で戦うダニーに次第に耳を傾けるようになっていきます。

 

相棒ネイサンの殺人、年金の横領。ダニーに濡れ衣を着せた犯人は誰なのか?本当に身内に犯人はいるのか?

真犯人を探し出すため、同じ方向を向く交渉のスペシャリストがタッグを組むと、この局面をどう解決するのか。動のダニーと静のクリス。知恵の出しあいや、スマートで高度な交渉術も必見。

 

「交渉人/NEGOTIATOR」のネタバレ


パーティーがあったその夜、内務調査が絡む、年金基金の横領という聞き捨てならない内容の相談を相棒ネイサンからされてしまう凄腕交渉人のダニー。

人質を取り立て籠もる数々の悪党を説得により無事に人質を確保する交渉人のスペシャリスト、ダニー・ローマンは、基金の役員でもあるため、放っておく訳にはいかない。

「お前はなにか知っているか?」とネイサンに聞かれますが、首を傾げます。

 

後日の夜、ネイサンが指定する待ち合わせ場所に行くと、呼び出したはずのネイサンは死んでしまってました。家族ぐるみで仲良しだった相棒の死にただただ驚きます。

驚いている間もなく警察がやって来ます。ダニーは「俺は警察だ、仲間が撃たれている」と説明し、一緒に署に連行されます。

その素早さにまるで犯人が警察を呼んだのでは?と思ってしまうほど。

 

ダニーの頑なな否定にその場の逮捕は免れいちじをしのぎますが、事情を知った人たちはダニーを疑い「お前ならやりかねない、銃とバッジを出せ、お前を停職するしかない」と署長から命じられます。

「俺はやってません!罠です!」と必死に言い返すが、同僚たちからの疑われてる視線を感じ、署長へ返します。

 

相棒で親友だったネイサンの妻リンダからも「地獄に落ちろ、あんたらが殺したのよ、二度と目の前に現れないで!一生あんたを踏み続けてやる!あたしは絶対許さないから」と涙を流しダニーに向け激昂します。

 

検察は、ダニーの家から海外口座入金額と横領された年金額の一致する証拠と、ネイサンを銃撃した付近の湖で発見された手袋に硝煙反応が出なかったことで、ダニーを犯人と決めたような扱いをした。

 

ダニーの弁護士までも「このままでは勝ち目はない、諦めろ」と言い放ちます。

ダニーにとって、もう周りで信用できるのは妻のカレンだけでした。「無茶はしないから安心しろ、直ぐに戻るから…」とカレンに告げると、一世一代の覚悟を決めるのでした。

 

濡れ衣をなんとか晴らしたいダニーは、内務調査内の疑わしく怪しいニーバウムへ会いに行き、問い詰めるも疑惑は消えず、興奮したダニーはそこにいた彼の秘書・助手マギーと、情報屋ルーディ、そして同僚で20年もの付き合いがあるフロスト、計4人を人質に連邦政府ビル20階に立て籠ることになります。

 

すぐさま通報され、ダニーが立て籠るビルはかつての同僚らシカゴ警察により完全に包囲されてしまう。

 

ダニーは、まず通気口、窓を完全封鎖し、監視カメラも破壊、外からは見えない状態にします。

 

ダニーに連絡を取ってきたのは見習い交渉人のファーリー。ダニーは「クリス・セイビアンをよこせ!20分以内に来なければルーディを殺す」と要求。

 

クリスとは、交渉人の名は高く言葉のスペシャリスト。過去に一度たりとも武力での解決はない。

ダニーは犯人が警察内部にいる可能性が拭え切れないため、まったくの部外者であるクリスを指名したのだった。彼なら・・・と一心を託します。

 

その頃、連絡を受け急ぐクリス。実は家族とスキー旅行へ出かけるところでした。

「現場までは20分かかる」と告げるクリス。署長は見習い交渉人のファーリーに「ダニーに電話してもう少し待つよう頼め」と言われ、さっそくダニーへその旨を話し頼んでみますが、ここはそう上手くはいきません。

 

ダニーもまた交渉にかけてはスペシャリスト。おどおどしっぱなしのファーリーに交渉を指南。じれったいタジタジのファーリーを空砲で脅し「クリスを必ず時間以内に連れてこい!」と強い口調で命じます。

 

その頃人質の同僚警察フロストはその他の人質たちに「ダニーは人は殺さない、だから安心しろ」と皆を落ち着かせようとします。

「あんたも俺を疑ってんのか?」と聞くダニーに、「わからない、だがこれだけは言える、お前はお前の首を絞めてる」と答えるフロスト。

 

無線を使いダニーは何故こんな事をしないといけない理由を説明し、濡れ衣を着さされたんだと主張します。狙撃班の心情に訴え狙撃を止めるように。

「ニーバウムがネイサン殺しの犯人をしゃべらさないように殺す気だろう、あんたらの作戦はわかってる、あと4分でクリスが来ないと本気だという証拠を見せてやる」

こう叫ぶとダニーは無線を切りました。

 

この無線を現場に向かいながら聞いていたクリスはメモを取り出します。

人質のニーバウムに「ネイサンをやったのは?」とダニー。ニーバウムは「お前だ」と返します。

やがて指定時刻がきます。そこでダニーは銃を向ける。ニーバウムからルーディに・・・。

 

同時にクリスからの電話が。初めて話すクリスに「お互い無事に帰るには、お互いの仕事に専念しよう」というと五つの要求をし電話を切ります。

クリスはダニーの経歴を読み、防弾チョッキを着用しダニーの元へ。

 

仲間を危険に晒されたとダニーに嫌悪感を抱くSWAT隊長のベッグは、「突入しかない」と計画をクリスに説明しますが、クリスは無視。

 

するとダニーの愛妻カレンがやってきます。「ダニーは無実」と懇願しますが、無事に助け出すことが私の仕事です。とキッパリ。カレンは心理分析官と部屋を出ます。

 

さっそくクリスは「彼のバッジを用意して、暖房を止めてください。人質の交換を条件につけろと言ってくるかもしれない」と言い、ダニーに会いに行きます。

 

クリスと対峙するダニーはルーディを盾に銃を向けます。

「無実かどうか、警官殺しか横領犯かどうかは知らん。しかしあんたが取った人質を一人でも殺せば私は降りる。人質の安全が第一。あんたは二の次だ」と冷静に言うクリスにダニーは「その調子でいこう」と返します。

クリスは疑問だった「なぜ俺を呼んだのか?」と聞くと「身内に裏切られたら信用できるのは赤の他人だけだ」と答えます。

 

すると何かを感じたダニーはクリスを部屋から出しルーディを連れて部屋の戻ります。

 

突然窓が割れ、突入してきたのは二人の警官。

とっさのことに、ダニーはルーディに銃を向け難を逃れますが、ベッグの射殺さよとの指図によりダニーの頭を狙って狙撃準備する狙撃手バラーモ。

狙いを定めるバラーモですが「俺にはできません」と去っていきます。

その他で狙撃準備していた者たちも、突入を止めることに。

 

突入を目の当たりにしたクリスは憤慨し、ベッグ、署長に対し「指揮官はいったい誰だ!」と言い放ちます。

「突入のチャンスだったんだ」と言い訳するベッグに「人質の命を危険に晒したんだぞ」と激怒。「自分が許可した」と署長から聞くも30分じゃ何もわからないと突っ返します。

「私の仕事は人質の無事救出だ!」

今後の指揮官はクリスであると全警官に向け署長は告げます。それを受けクリスも「今後私の許可なく勝手な行動は許さない。」と命じました。

 

その後クリスの指示によりビルの電気が消え、非常灯が灯るだけ。脅える人質たち。

 

ダニーはマギーに知ってる事を話すように頼みます。「ニーバウムのコンピューター内に秘密ファイルがある」と聞き出せました。

ダニーは指令所のクリスへ電話します。が「忙しい」とすぐ切るクリス。「またかかってくる」というと本当にかかってきます。でもまた何も話さず切ってしまうクリス。

ダニーは電気を戻すように頼み、ニーバウムのファイルと人質に毛布、食料も欲しいと要求。

クリスは交換条件を出し、ようやく警官フロストを奪還できます。

 

そしてダニーはニーバウムがネイサンを盗聴していた記録の秘密ファイルを見つけ即刻クリスに盗聴の事実を話ます。

一つの案が浮かんだクリスはダニーに「内偵者を見つけた。全員解放しろ」と要求。

その内偵者と電話で会話をするが、内偵者からの話は具体的なことは聞けずあやふやに終わり。ダニーは仕込まれたニセモノの内偵者だと見抜きます。

 

そんな中、クリスは現場での違和感にここの誰かが嘘をついていてダニーを殺そうとしている者がいることを痛感します。

そうこうしてるとマスクを被った武装らによる発砲が開始されます。ダニーも銃で応戦しますが、何も聞かされてない中での発砲にクリスは驚きます。

止めるように命じますが、止まることはありません。

 

なんとか襲撃は終わり人質無事を確認しますが、ニーバウムが銃撃に合い大事なキーマンは死んでしまいます。

またも勝手な行動にクリスは怒り心頭。署長らと激しく口論に。

トラブルばかりで見てられないと地元警察は撤退、今後はFBIが仕切ることになりました。その結果、FBIは強行突入するという決断をくだします。

もちろん反論するクリスは、指揮権剥奪。指令所から追い出されます。「信じられない!殺すのは何故?何かがあるとしか思えない」

 

クリスはダニーの元へ行くと、見せられたには最初に殺したように思わせた警官スコットの姿でした。ニーバウムがの家に盗聴証拠があるとも伝え、力を貸して欲しいと言います。

部屋を出るクリスはダニーを信用し始めていました。同じく人質のみながダニーを信用し彼の無事を祈るようになります。

 

ダニーは警官の変装をし人質らには酸素マスクを与え、奥の部屋に隠します。

 

間もなく強行突入され、ダニーはバリケード目掛け手榴弾を投げ込み火災を発生させ侵入を防げたため人質は無事脱出できました。

 

そのすきに、ダニーはダクトから脱出。クリスと地下で再会し二人で動きます。

なんとか車に乗り込めた二人。行く先はニーバウムの家です。

 

3人の警官もダニーたちを追ってニーバウムの家へと向かいます。その後、署長にベッグらも追いかけます。

 

家では証拠を必死に探そうとするダニーですが見つからず。すると一台のバンから3人がやって来ます。クリスは協力すると決め、部屋の角に隠れていました。

銃を持った3人は部屋へ入って来て、ダニーに投降しろと迫りますが、盗聴記録2枚にはお前らの声が入ってると反撃にでます。

 

片隅でじっと様子を伺うクリスは、鏡の破片にその様子を映し確認します。

その時ドアが開き「あとは俺が・・・」と言って入ってきたのはフロスト。フロストは他の3人を追い出し、ドアを施錠。

クリスはフロストを確認し、銃をダニーに向け、ダニーが持っていた2枚のフロッピーを取り上げ「俺が殺す」と言います。

 

そして「誰も信用できない」というとダニーの横腹を撃ちます。

 

間髪入れずクリスはフロストに取引きを持ち掛けます。「同じ人殺しでもこっちには証拠がある、こっちが交渉は有利だ」と。

具体的な数字を出し、取引に乗る姿勢のフロスト。クリスから2枚のフロッピーを受け取り、それを握り潰す。証拠隠蔽のため、銃でコンピューターも破壊します。

 

「ダニーが撃たれ、死んだよ」と告げると、平然とそのまま家を後にしようとするが、シカゴ警察の大勢がドアの外に集まっていました。当然フロストへの怒りの目が向けられていた。

 

「ダニー大丈夫か?」と無線機から聞こえる。それはダニーが無線を使って全警官に向け聞かせていたのです。

部屋からクリスに抱えられながらダニーが出てくると、フロストは銃で自殺しようとしますが、ベッグがその手を銃で撃たれ阻止されます。手錠をかけられるフロストに、怒りが収まらないダニーは彼を撃とうとするも思い改め署長に銃を渡します。

安堵したダニーはよろけてしまうところをベッグら仲間が支え、運ばれます。

 

救急車に駆け付けたのは、愛妻のカレン。安心したカレンと抱き合い分かち合います。

そしてクリスには「騙されたよ」というと、「奴に撃たれるよりはいい手だろ?」と返します。

 

「交渉人/NEGOTIATOR」の動画を視聴するならmusic.jp

その日、出会ったばかりの二人はお互い交渉人。

彼らの共通点は自分の信じる正義。そして、巧みな交渉術。

最後まで目が離せない「IQ180」の持ち主同士の巧妙サスペンス。

見終わった後もしばらく二人のハイスペックな駆け引きに魅了されてしまいます。

 

 

配信サイトは多数ありますが、30日間無料で330ポイントもつくmusic.jpがオススメです。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です