映画「猫の恩返し」のフル動画を無料視聴【dailymotion/B9good】

5 min
映画「猫の恩返し」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ジブリ作品は全動画配信サービスで配信されていません。なので違法動画サイトを探すか、DVDレンタルするしかないのですが… 唯一、TSUTAYA DISCASというオンラインDVDレンタルサービスの30日間無料トライアルを使えば、「猫の恩返し」はじめ他のジブリ作品も一挙に楽しむことができます。 TSUTAYA DISCASに登録してジブリ作品を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「猫の恩返し」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年3月24日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「猫の恩返し」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASはオンラインでDVDを注文し、自宅に届けてくれる月額制サービス。版権にうるさいジブリ作品などもすべてレンタル可能です。 今すぐ視聴できるわけではないですが、30日間の無料トライアル期間が設けられているので、DVDを最大8本まで借りても期間内に解約すれば費用ゼロ。 もちろん「猫の恩返し」以外のジブリ作品を楽しむこともできます。 現状だと、コレ以外でジブリ作品を楽しむ方法はありません。ぜひTSUTAYA DISCASの無料お試し期間を利用して視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「猫の恩返し(邦題)」「neko no ongaishi(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「猫の恩返し」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「猫の恩返し」のあらすじ

主人公の女子高生、ハルはラクロス部の練習を終えた友人との帰り道。その途中にリボンの付いた小さな箱をくわえた猫が、道路を横切ろうとしています。 猫が道路を渡り出したその時、ハルは大きなトラックが向かってくるのが見えました。ハルはとっさに走り出し、友人のラクロス用のラケットで猫をすくいあげ、間一髪のところで猫を助け出します。 ハルは助けた猫の方を見ると、なんと、猫は2足で立ち上がり、自らの毛を人間が服の汚れを払うようにして整え、「ありがとう」とお礼と共に、4足でその場を立ち去っていきました。 この不思議な体験をきっかけに、猫の恩返しが始まるのです。 「助けた猫が話した」と母親に話すハル。 「幼いハルが小学校からの帰り道に、ハルの後をついてきた白い子猫に、魚型のクッキーをあげたらとても喜んでくれた」というハルと猫の関係について、微笑ましいエピソードを話してくれました。 その夜、寝ていたハルは外の騒がしさで目を覚まします。 窓の外を見てみると、大河ドラマさながらの猫の大名行列ができており、しかもハルの家の前で止まるではありませんか。 ハルは慌てて玄関先に出ると、猫の国の王様の家来だというナトルが流暢な日本語で話します。 日中ハルが助けた猫は、猫の国の王様の息子ルーンであり、王様は息子を助けてくれたお礼に、国を挙げて恩返しプロジェクトを行っていく、ということを伝え、猫たちはゾロゾロと帰っていきました。 朝目が覚めたハルは、昨晩のことを思い出します。 もしかして夢だったのかもしれない。学校に行こうと家を出た瞬間、庭の異変に気付きます。一面猫じゃらしの庭へと変貌し、恩返しプロジェクトは夢ではなかったことを知ります。 それからは奇妙なことの連続。登校中に猫に追いかけ回され、下駄箱にはネズミのプレゼント、どれも人間のハルには嬉しくないものばかりです。 そんなハルの前に昨晩の家来ナトルが現れ、ハルはプレゼントに文句を言います。すると、ナトルは話を聞いているのかいないのか、猫の国に招待すると一方的に約束をして話が飛躍してしまいます。 猫の王様は、ハルを息子ルーンの妃にしようと考えており、ナトルは「今夜迎えにあがります」と言い残してその場からいなくなってしまいました。このままでは猫の国で玉の輿。困っているところに、どこからか声が聞こえてきます。 「猫の事務所を探して。」 ハルは猫の事務所を探しにいきます。 学校からの帰り道、ハルは白い大きな猫ムタに出会います。「ついてきな」と、ぶっきらぼうに声をかけるムタの後をハルはついていきます。 辿り着いたのは不思議な街。ハルはその中の小さな家に迎え入れられます。迎えてくれたのは真っ白なタキシードにシルクハットを被った紳士な猫、バロンとカラスのトトでした。 バロンたちはハルから事情を聞くと、ムタは「猫の国は自分の時間が生きられない奴が行く場所」と1度行ったことがある風に話し、バロンも自分をしっかり持つように、と忠告します。 すると突然、ナトルたちお迎え隊が事務所に押しかけ、ハルを連れ去ってしまいます。ハルのお守りを命じられていたムタは何とかハルに追いつくものの、バロンやトトとは離れ離れになってしまいました。  

「猫の恩返し」のネタバレ

慌ただしくも猫の国にたどり着いたハル。王様の息子ルーンの妃として丁重な扱いで迎え入れられました。 城に迎え入れらたハルは宴会のための綺麗なドレスとメイク、豪華な食事でもてなされ、ハルはいつしかこのまま猫になっても良いかもと考えだしてしまいます。 ですが次第にハルの容姿は猫の姿へと変わっていってしまい、それに気づいたところで「このままではいけない!」と我にかえりました。 しかし、宴会は始まってしまいます。 猫たちのお祝いムードとはうって変わって、ハルは浮かない様子です。そこで王様はハルの機嫌を取ろうと様々な芸を披露させますが、ハルは興味なし。 そんな中、身なりをきれいに整えた仮面の猫がハルとの社交ダンスを申し出て、ハルは宴会場の真ん中で仮面の猫と踊ります。この猫の正体はハルが連れ去られた時に離れ離れになったバロンでした。 バロンはハルに小さな声で話しかけますが、ボソボソと話ながら踊る様子を不審に思った王様は、バロンの正体を明かすためにダンスを中断させます。 バロンは仮面を取り払い、自らの名を名乗ります。 すると、バロンを捕らえるべく城の衛兵が宴会場になだれ込んできます。騒然とする城内をムタが囮になり、バロンとハルは城内を抜け出すことに成功します。 この時、宴会場にいたメイドのユキから、猫の国から脱出するための方法を教えてもらいます。実は、このユキがハルを猫の事務所へ導いた声の主だったのです。 ユキが言うところには、城の前の迷路を抜けると人間界に戻れる塔があり、その頂上に登ると人間に戻れるとのこと。 ハルたちは迷路を抜けて、塔を登っていくも、猫王が手下に命じて塔を爆破してしまいます。塔は短くなってしまい、衛兵にも囲まれてしまい絶体絶命のピンチ。 そこに猫王の息子ルーンが現れ、猫王をいさめたところで、メイドのユキにプロポーズ。その時ルーンがユキにプレゼントしたのは、ハルが白い子猫にあげたあの魚型クッキーでした。 そう、あの時の子猫がユキで、ハルがラクロスのラケットで助けた猫がルーンだったのです。ルーンは何かお礼がしたいと申し出ますが、感動的な再会を果たしたハルは、この状況に満足し、その申し出を断ります。 その状況に水を差すように、猫王から自分の妃にならないかと迫られ、再び人間界へ戻るための逃走劇が始まります。 道中に猫王とバロンの一騎打ちでバロンが勝利するも、塔の上からハルの悲鳴が聞こえます。塔が爆破で短くなっていたこともあり、本来繋がっていたはずの人間界への出口とは違う場所につながっていたのです。 意を決して飛び降りるハル。スカイダイビング状態で空から落ちていく中、カラスのトトがたくさんの仲間を連れて現れます。カラスたちは自らの体を階段にしてハルを地上に導いていきました。 学校の屋上に舞い戻ったハルは、これまで自分のために一生懸命になってくれたバロンに思いを打ち明けます。紳士なバロンはその言葉を華麗にかわし、「困ったことがあれば猫の事務所の扉は開かれる」と言い残して姿をくらまします。 ハルはまたいつもと変わらない日常に戻っていくのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です