映画「西の魔女が死んだ」フル動画配信VOD【無料視聴】

1 min
映画「西の魔女が死んだ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 梨木香歩による同名小説を丁寧に映像化した作品。 小道具やセットが繊細に作られ、作品の世界を支えています。主演のサチ・パーカーはシャーリー・マクレーンの娘で、本名はステファニー・サチコ・パーカー。両親が大の親日家のためセカンドネームに日本語の名前がつけられました。 今すぐ視聴するなら、U-NEXTを使うのがベスト。 月額1990円の動画配信サービスですが、登録から31日間は無料トライアルが適用されるので、期間内に「西の魔女が死んだ」を視聴&解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「西の魔女が死んだ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月16日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「西の魔女が死んだ」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、Amazonの2つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

無料期間で視聴可能なのは、U-NEXTとmusic.jpのみ。 「西の魔女が死んだ」を視聴するだけならどちらでも良いのですが、もしそれ以外の映画も視聴したいと思うなら、見放題作品の多いU-NEXTがオススメ。 そもそもmusic.jpは見放題作品がないので、3~5作ほど視聴すると、無料トライアルの残り期間に関係なく映画を一切視聴できなくなってしまいます。 なので「西の魔女が死んだ」以外の映画やアニメも楽しみたいと思ったら、U-NEXTの31日間無料トライアルで今すぐ視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「西の魔女が死んだ(邦題)」「nishi no majyo ga shinda(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「西の魔女が死んだ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「西の魔女が死んだ」のあらすじ

おばあちゃんが倒れた。ママからその知らせを聞いたまいは動揺します。 あの時、言えなかった言葉をまだ伝えていないのに――。 2年前の夏、中学1年生だったまいは学校に行かなくなりました。「学校は私に苦痛を与える場でしかないの」まいはきっぱりと言い切ります。 仕事もあって忙しいママは家でまいの面倒を見ることができません。ぜんそくの療養も兼ねて、まいは自然豊かなおばあちゃんの家でしばらく暮らすことになりました。 おばあちゃんはママのおかあさんでイギリス人。 ずっと昔日本に来て、おじいちゃんと結婚しました。おじいちゃんが亡くなってからは一人暮らし。森に囲まれたおばあちゃんの家には、ノイチゴやハーブ、野菜畑もあります。 おばあちゃんは素敵なひと。まいが「おばあちゃん大好き!」というといつもにやりと笑って「I know」と答えます。 ノイチゴジャムを作ったり、ベッドメイキングの方法を教えてもらったり、ハーブティを作って菜園の虫よけにしたり。おばあちゃんと暮らしていると知らないことだらけです。まいは幸せでした。 唯一嫌なことは近所に住んでいるゲンジさんだけ。初めて会った時「学校にも行かず、ええ身分じゃな」と言われて以来、もっといえばママの車をじろじろのぞき込んでいるのを見た瞬間から大嫌いだったのです。 ある晩のおしゃべりで、まいはおばあちゃんのおばあちゃんが魔女だったことを知ります。高祖母は夜の海で遭難しかけた高祖父を白日夢で見、正しい方向を伝え命を救ったのでした。 その血をひくおばあちゃんも魔女。「わたしも超能力が使えるようになる?」まいは尋ねます。おばあちゃんは、きちんと魔女の修業をすれば、と答えます。 魔女の修業とは「早寝早起き、食事をしっかりとってよく運動し、規則正しい生活をする」こと。 それを聞いたまいはがっかりします。 そんな簡単なことで超能力が使えたら苦労しないよ!しかしおばあちゃんは譲りません。精神力を鍛える最初の一歩としてとても大事なことだというのです。 魔女になるために一番大切なのは、意思の力。自分で決める力、自分で決めたことをやりとげる力。 朝起きて、朝食をしっかり食べ、掃除と洗濯をして午後は勉強。普通の日常が魔女の修業になりました。そんな平和な毎日にある日亀裂が入ります。 いつものように朝、卵を取りに行くと鶏小屋が荒らされていました。 散らばった鶏の羽毛、血、冷たくなった肉の塊。まいは大きなショックを受け、おばあちゃんがいる台所へ逃げ返ります。いたちか野犬に襲われたのだろうとおばあちゃんはいいますが…… その夜、おばあちゃんと布団を並べて一緒に寝たまいは「死ぬとどうなるの?」と問いかけます。もっと小さな頃に同じことをパパに訊いてみたことがありました。パパの答えは「死んでしまえばそれっきりだよ」。 泣き出しそうになったまいをおばあちゃんは同じ布団に招きます。「それでは、まいはずっとつらかったね」抱きしめられて、まいは声をあげて泣きました。 おばあちゃんの考えでは「死」とはそういうものではありません。魂と体が合体して命。魂は何度も生まれて死んで、長い旅をする。 体に終わりが来ると魂は離れ、また別の旅に出る。魂は体を通してしか経験を積み重ねることは出来ず、経験を重ねないと魂の成長はない。 私が死んだら、どうなったかまいに知らせてあげますよ。どんな方法でかはわからないけれど。そう約束してもらったまいは安心して眠りにつくのでした。 おばあちゃんの家に単身赴任中のパパがやってきて提案。 パパの住んでいる町で親子3人で暮らさないか。ママも仕事を辞めるそうです。まいはパパが帰る翌日までに答えを出さなければなりません。 その日、買い物がてらのドライブの間、パパといっぱい話をしました。 亡くなったおじいちゃんにまるで息子のように可愛がってもらったこと。今回のまいのことがきっかけで、親子3人で住むという話が出来てパパはまいに感謝していること。 昔、人は死んだらそれっきりだよと言われたことも話しました。パパはすっかり忘れていて、まいは拍子抜けしてしまいます。 よく考えた末に、まいはパパとママと一緒に住むことを選びました。そうと決まればのんびりは出来ません。数日中にママの家に戻らなければならないのです。 まいは林の中のお気に入りの場所へ名残を惜しみに行きました。 ――そして見てしまったのです。ゲンジさんが崖を掘り崩しているのを。 段差のある土地の、高い方はおばあちゃんの、低い方はゲンジさんの土地。ゲンジさんは高い方を低くしようとしていたのです。 まいの凝視に気づいて、ゲンジさんは「たけのこを掘っていたんじゃ」といいます。そんなことは信じられません。嫌い。この人は嫌い。 今までだって、この人はおばあちゃんを「外人」と言った。鶏小屋の網にひっかかっていた毛はこの人の犬と同じ色だった。最初に会った時、「ええ身分じゃの」と馬鹿にした。 まいはおばあちゃんのもとへ走り、ゲンジさんのことを訴えます。 しかしおばあちゃんは「上等の魔女は外からの刺激に決して動揺してはなりません」といさめます。ゲンジさんの肩を持つおばあちゃんに、まいは悔しくて悲しくて「あんな人、死んでしまえばいい!」と叫びます。 まいの頬が鳴りました。平手打ちをされたまいは部屋に駆け込み、泣いて――泣きつかれて眠ってしまいました。 おばあちゃんの家を離れる日が来ます。仲直りはしたものの、まいとおばあちゃんの間には距離が生まれていました。 迎えに来たママの車に乗り込む時も、今までのように「おばあちゃん、大好き」って言えない。そのことが自分でも悲しくて、おばあちゃんの顔を見られません。車はまいを乗せておばあちゃんの家を離れました。  

「西の魔女が死んだ」のネタバレ

引越し後遠くなったおばあちゃんの家には行っていません。おばあちゃんが倒れたという知らせを受けて車で4時間かけてたどり着くと、そこにいたのはゲンジさんでした。 倒れているおばあちゃんを見つけ知らせてくれたのはゲンジさんだったのです。「何かすることがあったら何でもいうてくれ」。ゲンジさんは泣いていました。 おばあちゃんはもう帰らぬ人となっていました。 今度会ったら、あの後どんなことを考えたか、いっぱい話したいことがあったのに。 どうしてあのままにしてしまったのだろう。もう一度大好きって言えなかった。おばあちゃんが言って欲しかったのはわかっていたのに。 まいは泣いて泣いて、人がいない場所を求めて温室へと行きました。ガラスは雨風で汚れていて、そこには文字が読み取れました。 ニシノマジョ カラ ヒガシノマジョ へ オバアチャン ノ タマシイ、ダッシュツ、ダイセイコウ おばあちゃん。あの約束。覚えていてくれたんだ。 ふりそそぐ光のように、今、まいの周りにはおばあちゃんの愛があります。心が温かくなり、それと同時におばあちゃんが亡くなったということも ――今、心が受け入れました。 まいは呟きます。「おばあちゃん、大好き」。聞こえてきたのは「I know」。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です