遠い空の向こうにのあらすじとネタバレ|映画の感想と無料動画の視聴方法

5 min
映画「遠い空の向こうに」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 「遠い空の向こうに」は1人の少年のロケット開発の情熱を描いた映画です。 ロケット開発競争の時期なので、舞台はもちろん冷戦時代。公開も1999年と、今になっては「古くさい」感じも否めない作品ではありますが、どれだけ時代が変わろうと名作であることは変わりません。 当時の市民にとって宇宙がどういう存在だったのか。また、そこに夢を描いた若者がどれほど居たのか。ストーリーが素晴らしいのはもちろんですが、当時の時代背景も見えてくる素晴らしい作品です。 ただ、少々古い映画なのでレンタルビデオ屋でもなかなか見かけません。 なので視聴には動画配信サービスを利用するのがベストです。TSUTAYA TVを使えば、今すぐ無料で合法的に「遠い空の向こうに」を視聴することができます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「遠い空の向こうに」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × × ×
dTV 300ポイント
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp × × ×
  「遠い空の向こうに」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・dTV いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。 もしどれにも登録していなければ、TSUTAYA TVがオススメです。 dtv、Amazonプライムビデオ、TSUTAYA TVいずれも視聴にポイント(別料金)が必要なのですが、唯一TSUTAYA TVだけは無料登録時に合計1000ポイントをタダでもらえます。 そのポイントを使えばTSUTAYA TVは追加料金なしで「遠い空の向こうに」を楽しめますし、30日以内に解約すれば月額料金もかからず、完全ゼロ円で映画を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 試しに「遠い空の向こうに」「October Sky(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「遠い空の向こうに」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

遠い空の向こうにのあらすじ

1957年。 当時はアメリカとソ連が対立する冷戦時代に入っていました さまざまな分野で競い合っていた2国ですが、中でも特に競争が激しかったのが宇宙開発です。これは単なるロマンではなく、宇宙開発を制することが軍事的優位につながるためですね。 最初にリードしたのはソ連でした。 1957年、ソ連は人類初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功。人類初の快挙に世界中が注目しますが、アメリカ国民は浮かない気持ちでした。 「ソ連は宇宙のかなたから、我々アメリカ市民を監視している」 と。 ソ連は技術大国であるドイツからロケット専門の博士を呼び、ソ連宇宙開発の指揮者・コロリョフの下でロケット開発の計画を進め、今回の人工衛星打ち上げに成功しました。 アメリカも負けじとロケット開発のためにドイツから専門家・ブラウン博士を招待します。ただアメリカのロケット開発はうまく進まず、ソ連の足元にも及ばないほどの差が開いていました。 場所は変わり、アメリカ・ウェストバージニア州。 炭鉱の一家に育った少年ホーマー・ヒッカム(ジェイク・ギレンホール)も、ロケットに興味をもつ一人でした。 ゴールドウッドは炭鉱の小さな街。 石炭の街として栄えてきた彼は、父親から「将来は炭鉱夫になれ」といつも言われていました。彼自身も炭鉱夫として生きると決めていましたが、同時に大好きな手製の小型実験ロケット作りにも熱を入れていました。 そして、自分もいつかスプートニク1号のようにロケットを飛ばしたい… そんな夢を叶えるべく、父親に隠れながらの小型ロケット開発を学友3人と進めていましたが、思うようにロケットは飛んでくれません。 野原で手のひらから少しはみ出すくらいの小さな手製ロケットは実験的に飛ばしても途中で急降下したり、左右にガタガタと揺れながら落下したり。開発はダメダメでした。 そんなある日。 ホーマーは父にロケット開発の道に進むことを願い出るも、猛反対を受け挫折しそうになります。ただ彼は心はロケットに夢中になっており、どうしても諦められません。 次第に父と子の間には溝ができていきます。 ただ、そこからホーマーは吹っ切れたようにロケット開発に全力を注ぎ、彼の目に止まったのは「全米科学コンテスト」でロケット打ち上げをすることでした。

遠い空の向こうにのネタバレと結末

全米科学コンテストで優勝すれば、ヴァージニア州立大学の奨学金が出る。 またとない、チャンス到来にホーマーは心を動かされました。それにこの頃には、彼のロケットに対する周年を見た町民が味方となってくれるようになってもいました。 ところが、そんなホーマーに思わぬ知らせが飛び込んできました。 「落下したロケットが原因で山火事が起きた」 という一大事です。 ホーマーは山火事の疑いで警察に連行、逮捕されてしまいます。さらに父ジョンが炭鉱で重症を負い倒れたとの情報までホーマーのところへ入ってきます。 その後、ホーマーは高等学校を中退、家族の生計を立てるためにゴールドウッドの街に戻り、炭鉱で働くことを決意します。 しかし、ホーマーの良き理解者であったライリー教授が不治の病に倒れます。 お見舞いに駆けつけた彼はそこで、忘れかけていたロケット開発の情熱を取り戻します。そして学生時代の仲間ともう1度「ロケットボーイズ」を結成しました。 さらに彼は 「山火事の原因は自分が飛ばしたロケットではない」 と証明して見せたのです。 とうとう、彼はロケット開発に成功。その後宇宙開発に加わることになり、戦後ドイツからアメリカにやってきた宇宙ロケット技術開発の第一人者ブラウン博士とも出会うのでした。 そしてホーマーはNASAで宇宙開発をする人生を歩みます。

遠い空の向こうにの感想

映画「遠い空の向こうに」の監督はジョー・ジョンストン氏。 テキサス州の出身であり、同州にはヒューストン宇宙センターもあるためか、「遠い空の向こうに」は監督としても特に力が入っていると感じられる作品になっています。 また制作のチャックドーゴンは、 「この物語はアメリカの歴史の中でも人々が希望を胸にいだいていた時代を舞台にしている」 と語っています。 また 「ソ連の人工衛星が飛んだ時は、みんなが集まって一緒にそれをながめたものさ。そこには友情の精神があった。今ではそんなことは起こらない。今みんなが集まってながめるのは警察のヘリが飛ぶ時ぐらいだからね」 とも。 この映画はホーマー・ヒッカムが、ウェストヴァ―ジニア州ゴールドウッドという炭鉱だらけの「陸の孤島」と言われた街で、ロケット少年としてスミソニアン・マガジン誌に掲載された記事がもとになっています。 当時は冷戦時代の真っただ中だったため、宇宙に向けての時代でソ連に先をこされたことに対して、追いつこうとしていたアメリカは相当焦っていたことでしょう。 今では想像もつきませんが、当時はまだ人工衛星がどんなものか民衆は知らなかった時代です。この映画のあらすじの冒頭でもあったように 「世界中がソ連に監視されている」 と言い様のない不安を世界が感じていたはずです。 そして、この映画はそんな不気味さにも近い不安を感じた市民の様子をとても上手く描いていました。だからこそ、ホーマー少年が純粋にロケットに目を輝かせている様子がまぶしいわけですが。 決してハデな映画ではないですが、1人の少年が夢を追い続ける物語として非常に素晴らしい作品でした。この映画を見ていたら子供の頃の自分の夢を自然と思い出してしまいましたね。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です