【インド映画】オームシャンティオームのフル動画を無料視聴

5 min
インド映画「オームシャンティオーム」を無料で今すぐ視聴する方法を紹介します。 日本ではそれほど知名度のないインド映画ですが、オームシャンティオームは宝塚でも劇場化されており、インド映画のなかではそれなりの人気がある作品です。 かつて一人の男に殺された男女が、30年後に転生して復讐を果たす…というストーリー。ちなみに、主演女優のディーピカー・パードゥコーンがめちゃくちゃ美人&かわいい作品でもあります(笑) ただ、映画の視聴方法は限られています。 一番カンタンなのは今から紹介する方法。オンラインでのDVDレンタルが月8枚まで無料になる「TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」に登録し、30日間のお試し期間だけ使って完全無料で視聴する方法です。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「オームシャンティオーム」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV DVD無料レンタル
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
オームシャンティオーム」はネット配信はありません。 ただ、TSUTAYA DISCAS(月8枚までネットを通じてDVDレンタルが可能)ではオームシャンティオームのDVDがレンタルされています。 またTSUTAYA DISCASは登録から30日間無料なので、その間にオームシャンティオームを視聴して解約すれば、1円もかけず楽しむことができます。 TSUTAYA DISCASは登録も解約もカンタン。 誰もが知るツタヤが運営しているサービスですし安心度も抜群なので、試しに登録してみてください。DVDは早ければ1日、北海道にも2日あれば届きます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
Youtube、dailymotion、B9、openloadなど動画共有サイトには、違法に映画やアニメがアップロードされている場合もあります。ただ、正直なところオススメはできません。 まず、探しても動画が見つかる確率が低いこと。 フル動画がアップされているのは滅多になく、おまけにインド映画の場合はヒンディー語の動画なら見つかっても、日本語字幕でアップされている事はほぼありません。 実際、dailymotionで「オームシャンティオーム」「Eega(原題)」で検索してみましたが、一部ダンスシーンの動画がアップされているくらいでした。 また、ウイルスやマルウェア感染の危険があります。 映画がアップロードされている事が多いopenloadは、アクセスした瞬間にウイルス対策ソフトが「トロイの木馬」を検出しました。クレカをはじめ個人情報を盗むウイルスですね。

それに仮に動画が見つかっても画質も悪く、読み込みが遅くて何度も中断してしまう…なんて経験もあると思いますし、動画配信サービスで「合法的に」「安全に」視聴したほうが良いです。

オームシャンティオームを視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 ツタヤ取り扱いDVDの大半 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス DVD再生機器
備考 オンラインで映画視聴可能なTSUTAYA TVも同時加入(最初の30日無料)
ツタヤ運営のサービスです。

TSUTAYA DISCAS:DVDレンタルが無料になるサービス TSUTAYA TV:ネット上で映画やアニメを楽しめるサービス

TSUTAYA TVはすぐに映画やアニメを視聴できます。 一方で、TSUTAYA DISCASはオンラインでのDVDレンタルなので時間がかかりますがラインナップが圧倒的に多いです。日本ではマイナーなインド映画も高確率で見つかります。 実際、「オームシャンティオーム」も視聴できるのはTSUTAYA DISCASのみ。 このTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVはセットで月2417円ですが、登録から30日間はお試し期間であり、その間に解約すれば1円もかからずオームシャンティオームを視聴できます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

オームシャンティオームのあらすじ

将来大スターになることを目指して、しがない俳優を続けるオーム・プラカーシュ。 彼は、美しいスター女性シャンティプリヤに恋をしていました。会ったことも喋ったこともなく、まるで女優に恋い焦がれる一般人のように憧れていました。 ある時、オームはシャンティプリヤと共演する機会を得ました。 共演といってもシャンティプリヤは主演女優なのに対し、オームは脇役。その撮影中、燃え盛る炎のシーンの撮影セットが予想以上に燃えすぎて、シャンティプリヤは炎の中に取り残されてしまいます。 本来彼女を救うべき主演俳優は炎に恐れをなして真っ先に逃げ出してしまいますが、オームが見の危険を顧みず炎の中へ。シャンティプリヤを救出して、それ以降シャンティプリヤはオームの元を訪ねてくるようになりました。 彼女への想いを募らせるオーム。 ところが、ある日シャンティプリヤが敏腕プロデューサーのムケーシュと付き合っていることを知ります。そればかりか、シャンティプリヤが妊娠していることすら知っていまいました。 ムケーシュは妊娠を聞いても喜びませんでした。 むしろ、これからスター街道を登っていこうというのに妊娠なんてしたら女優としての仕事ができなくなり、結局は2人の出世にも響くではないかと。ムケーシュは、何よりも映画界でのし上がることしか考えていなかったのです。 シャンティプリヤがジャマになったムケーシュは彼女を建物に閉じ込め、火をつけます。 ドア越しに助けを求めるシャンティプリヤを見つけたオームは、彼女を救おうと何とか扉を破ろうとするものの、近くにいたムケーシュの部下にボコボコにされ、結果的にシャンティプリヤとともに命を落としてしまいました。 その30年後に、物語は再び動き出します。

オームシャンティオームのネタバレ

30年後。 インドではオーム・カプールという俳優が大スターになっていました。 道を歩くだけで黄色い声援を浴び、インドの俳優賞を受賞し。30年前に死んだオーム・プラカーシュと瓜二つなオーム・カプールはスター街道を突き進んでいました。 そこへ、オーム・プラカーシュの母が現れます。 「あなたは、私の息子でしょ!?」 突如姿を消したと思っていたのと瓜二つな俳優がスターとして活躍しているのを見て、オームの母は何度もオーム・カプールに会いに来ていました。ですが、30年後のオームには昔の記憶は何もありません。 “他人”である彼女を突き放します。 そんな時、彼はプロデューサーとして大成したムケーシュに出会います。 かつて自分がオーム・カプールという人間であり、シャンティプリヤという女性を愛しており、目の前にいるムケーシュという男によって2人とも殺されてしまったこと。すべてを思い出したのです。 ムケーシュは勢いにのっていたオームと映画を撮ることを積極的にアプローチしてきたので、オームはこれを利用してムケーシュに復習する方法を探し始めます。 オームは、ムケーシュに提案します。 「かつて、撮影中止になった映画を撮り直そう」 と。 まさにそれは、ムケーシュが主演女優のシャンティプリヤを焼き殺したことでお蔵入りとなったしまった作品であり、オームやムケーシュにとって永遠に忘れることができない映画でもありました。 最初、ムケーシュは提案をしぶります。 でも勢いに乗っているオームとの撮影機会を逃したくはないと思い、結局は撮影に同意。撮影場所はかつて燃えた建物が選ばれ、そこからオームの復讐物語が始まっていきます。 順調に進む映画の撮影。 ただ、問題なのは女優の選定でした。もともと俳優として大成したオームにとって眼鏡にかなう人材は少なく、おまけにシャンティプリヤのことを思い出した今となっては”思い入れのあるこの映画”の主演女優を任せられるほどの人物になかなか巡り会えません。 そんな時、シャンティプリヤとそっくりな女性、サンディが現れます。 オームは即座に彼女を採用し、そこからサンディも計画に引き入れてムケーシュへの復讐を開始します。まずは、ビデオに細工したり心霊現象を見せるようにして、ムケーシュの不安を煽ります。 そもそも、自分が殺した女性とうり二つなサンディが主演女優として現れただけでも気味が悪いのです。 そして、映画の撮影が終わり発表会の日。 映画関係者が集まる中で、ムケーシュは何かこの映画に気持ち悪さのようなものを感じていました。すると建物の端のほうにサンディ扮するシャンティプリヤが立っていることに気づき、ムケーシュは彼女を追い始めます。 ところが、ここで問題が起きます。 実は途中から、ムケーシュに意図がバレていたのです。もちろんオームが30年前自分が殺した人間だとは思っていませんが、少なくとも自分をハメようとしていることは完全に知られてしまった。 逆に、銃で脅されてしまうサンディとオーム。 何者であれ、自分の過去を知っている者たちを生かしておく必要はない。ところが、なぜかサンディはやたら強気で、しかもシャンティプリヤが建物のどこに埋められているのかまで言い当てます。 そして、突如シャンデリアが落ちてきてムケーシュは下敷きになります。サンディが扮していると思っていたシャンティプリヤは、かつてオームが愛した人そのもので、復讐を果たした彼女はスッと消えていきました。

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です