映画「おおかみこどもの雨と雪」のフル動画を無料視聴【dailymotion】

映画「おおかみこどもの雨と雪」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

細田守監督の映画で、たった一人で「狼と人間の子供」を育てていく母親の姿を描いており、子育て経験があれば胸を打たれるのは間違いナシ!もちろん、お子さんや旦那さんと一緒に見ても楽しめる作品ですよ!


今すぐ無料で視聴するなら、TSUTAYA TVがオススメ。

名前の通りツタヤが運営する安心の動画配信サービスで、本来は月額2000円以上のなかなか値が張るサービスですが、初めての登録であれば無条件で30日間の無料トライアルがあるので、1円もかけずに「おおかみこどもの雨と雪」を視聴可能です。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「おおかみこどもの雨と雪」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 440ポイント ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV 440ポイント ×
hulu × × ×
dTV 330ポイント ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 407ポイント ×
music.jp 330ポイント ×
 

「おおかみこどもの雨と雪」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・dTV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next


いずれのサービスも約30日ほどの無料トライアルがあります。

ただし、視聴にポイント(別料金)が必要な点に注意してください。具体的には、AmazonプライムビデオとdTVは、「おおかみこどもの雨と雪」の視聴にお金がかかるということですね。

TSUTAYA TV、music.jp、U-NEXTの3サービスは無料登録時にタダで有料動画視聴に使えるポイントを貰えるのですが、AmazonプライムビデオとdTVはいずれもタダポイントがなく、有料になるためです。


なので無料視聴のオススメは、TSUTAYA TVです。

30日間の無料トライアルがあり、登録時にタダで1100ポイントもらえるので、「おおかみこどもの雨と雪」の視聴に必要な440円はゼロでOK。

また、無料トライアル期間中でもアニメやドラマ、映画で見放題な作品も多く、さらには余ったポイントを使えば人気の有料作品も楽しめます。登録も簡単なのでぜひ試してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「おおかみこどもの雨と雪(邦題)」「Wolf-Children(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「おおかみこどもの雨と雪」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「おおかみこどもの雨と雪」のあらすじ


「母が好きになった人は狼男でした」

おおかみ子供である娘、雪が物語を語り始めます。


…当時、大学生の花はある日の講義中、教科書も持たずに、ひたすらノートを取る学生に気づきました。ほかの学生とはまるで違っていると花は感じます。

皆が出席票を提出する中、その男は1人裏の出口から出ていってしまいました。花はその男の子が気になり、追いかけて話しかけます。


「出席票を出さないと!」

「俺。ここの学生じゃないから」


次の講義の日、あの不思議な男子生徒はいませんでした。

ところが、窓の外を見ると男が走ってくる姿が見えます。男子学生は花のとなりに座り講義を受けました。他にも図書館に行ったりするうちに、2人は少しだけ仲良くなれたようです。


その帰り、並んで歩く2人。花は男に質問攻め。男子生徒も「どうして花っていうの?」と名前の由来を聞きます。

「私が生まれたときに裏庭にコスモスが咲いていたの。花のように笑顔を絶やさないような子になってほしい。苦しいときに、とりあえずでも、無理やりにでも笑ってろって。そしたら大抵乗り越えられるから。」

と名前の由来を話します。また、父親のお葬式のときにもその教えがあったから笑っていられた、とも。こうして2人は、仲を深めていくことになります。

 

それから時は過ぎ・・・クリスマスになりました。いつもの待ち合わせ場所に向かいますが、あの男子生徒はいません。

待ち合わせ場所のカフェも閉まってしまい、町のネオンも消えてしまいますが、彼はまだ来ません。それでも花はずっと待ち続けていました。「ごめん花。」とようやく表れた男に笑顔で微笑む花。


すると真剣な表情で、

「君に見せるべきだ。少しの間目を閉じて。」

と言い、目を開けるとそこには、どんどん狼に変身していく男の姿がありました。あまりの出来事に花はおおいに驚き、その狼は改めて花に声をかけてきます。

「俺が何に見える?」

「怖くはない。あなただから。」

狼男と花は、ますます強く結ばれるようになりました。


それからは、一緒にスーパーに買い物に行ったり共同生活がスタート。

ところが花はある日、気持ち悪そうに口を手で抑えます。どうやら「つわり」のようです。花は、狼男の子供を妊娠していたのです。そして雪の日、誰の手も借りず花と男の2人だけで人間の赤ちゃんを出産しました。


月日は流れ、土手の上を歩く3人。

花と、狼男と、そして2人が産んだ子供。娘の雪は男の肩車ではしゃぎ、それを微笑ましく眺める花のお腹はまた大きくなっていました。


次の年の春、雨の日に雪の弟「雨」が誕生。

2人目の子供が生まれたのです。


しかし、とつぜん父親の狼男は姿を消してしまいます。花は、娘の「雪」をおんぶ、生まれたばかりの息子「雨」を抱っこして、雨のなか男を探しにでかけます。

すると、人が集まっている場所が目に入ります。そこでは狼が鳥の羽まみれになって倒れており、死体と思われたのか今まさにごみ収集業者が回収しようとしているところでした。

業者に理由を伝えても聞き入れてもらえず、そのまま狼はゴミ袋へ。夫を失ってしまった花は、その場で泣き崩れるしかありませんでした。


・・・花は、夢を見ていました。

一匹の狼が、立ち去っていく夢。

目覚めたあと、いなくなってしまった夫の財布を見ると、そこには免許証が入っていました。もはや消えてしまった彼の、唯一の思い出とも言える写真です。花はその写真に「大丈夫、ちゃんと育てるよ」と微笑みました。

 

子育てのため、大学を休学、アルバイトも辞めた花。父の残したわずかな貯金で暮らしていくことになります。子供たちは、ときには狼へと変化して机をかんだり、部屋を荒らしまわることもありました。

ある日は夜に2人で遠吠えをしてしまいます。「ペットは禁止だ」と大家さんに言われてしまうし、予防接種にも行っていないため、虐待を疑われ児童相談所も来て花は子育てに疲れ果ててしまいます。


「人間か、狼かどちらでも選べるように、引っ越そうと思う。」

と2人に伝え、花は男が持っていた写真を頼りに、男の故郷に引っ越します。

 
役所からは古民家の空き家を紹介されます。隣近所もなく、山里まで下りないとお隣はいないという場所に花は住むことを決心します。

雪はうれしそうに走り回りますが、雨は「もう帰ろう」と不安そう…地元の人も「旦那は?収入は?」とシングルマザーで田舎に現れた新参者の花たちを警戒します。

 
古民家の手入れをしながら、畑づくりを始めます。しかし、なかなか最初はうまくいきません。そこへ地元の頑固じーさん「宮崎のおじいちゃん」が登場します。

最初はへらへらと笑っているようにとられたのか、「笑っていては何もできないぞ」と去っていきます。


ある日、宮崎のおじいちゃんがタネイモをくれました。

おじいちゃんは花に口でアドバイスするだけで、手伝ってはくれません。自分達の食べる分で十分…と考えていた花ですが、「ここも耕せ」と宮崎のおじいちゃんの厳しい口調に、ヘトヘトになるまで耕し続けます。


ですが、収穫の時期になると大量のジャガイモの収穫が!

近所の畑はイノシシに荒らされてしまいましたが、雪と雨のおかげでしょうか、花の畑だけ無事だったのです。ジャガイモをおすそ分けする代わりに、卵やダイコンをもらいました。

花はそこで初めて、自分たちの分だけではなく、近所で助け合うために、広く畑を作必要があると気づいたのです。それを気づかせてくれたのは「宮崎のおじいちゃん」で、次第に花は近所の人たちと打ち解けていきます。


「おかみこどもの雨と雪」のネタバレ


ある朝。

目覚めるとあたり一面が雪模様になっていて、雨と雪は大はしゃぎ。ところが、その日オオカミとなった雨は間違って川に落ちてしまいます。冷たい冬の川に落ちて体は真っ青だったものの、看病によってなんとか雨は元気を取り戻します。

ですが、その日から「雨は別人のようになってしまった」と雪は感じるようになります。


ところで、雪は幼稚園に行ったことがありません。

ですがやっと花から小学校に行くことを許されるようになりました。「お土産3つ、タコ3つ。」小学校で狼にならないおまじないを花から教えてもらいます。

雪はバスに乗り、初めて小学校へ。最初は不安に感じた雪ですが、すぐに友達もできて周囲と打ち解けていきました。

 

ですが活発な雪とは違い、おとなしい雨は学校でもいじめられてしまいます。

だんだんと学年が上がり、雨が3年生のときには学校を休むようになり、雨は母と一緒に仕事場へ通います。

 
一方、雪の学校生活には、藤井草平君という、転校生がやってきます。

彼に、「獣臭い」と言われてしまい、雪は草平を避けて過ごします。草平は「なんで避けてるんだ。」と雪を追いかけます。雪はおみやげ3つたこ3つを唱えます。しかし、しつこく迫る草平。


ついに、雪は狼になり、爪を出してひっかいてしまい校長室に呼び出されます。「やったのは狼だ。」と言う草平。

しばらく雪は学校を休んでしまいますが、学校に行こうとすると草平が迎えに来ています。怪我した耳を見せ「かっこいいだろ?」と声をかけ、雪を安心させます。

 

一方雨は、「先生のとこ。」と言いながらどこかに行っているようです。

問い詰めてみると「先生は人間と会わない。でも、母さんならいいかな」と花を森に連れて行きます。森の中には狐がいました。自然の中では雨も狼になり、生き生きとしています。

「雪も先生のところで教えてもらおう」と誘う雨。「あんたこそなんで学校に来ないの」という雪。「明日学校に来ないと許さない」という雪に雨は狼の姿になりケンカを始めてしまいました。


ですが雨は男の子。それに最近は森のなかで生きていたこともあり姉の雪を任してしまいます。

雪は風呂場に逃げ込んで泣いてしまいますが、雨はその入口をにらみつけて目を光らせていました..まるで獲物を狙うオオカミのように。

 

それから、雨はさらに森へ出かける事が増えていきました。

「先生は足が悪くてもうすぐ死ぬ。先生の代わりが必要だ。」と言って今日も森へ行こうとする雨。まるで野生へと戻りつつある雨を見て花は「もう山へと行かないで」と言いいったんは納得させました。


次の日の朝。

洪水警報が出るほどの大雨。

雪が通う学校も、午後の授業は中止になりました。
 

学校では、それぞれの親御さんが迎えに来ます。なかなか迎えに来ない、雪と草平の親。草平は自分の母親のことを語ります。結婚しておなかに赤ちゃんがいる。」と笑顔でいる草平。

「私もそうちゃんみたいに本当のことを言っても笑っていたい。あの時傷つけた狼は私なの。」と正体を明かす雪。「本当は知ってた。雪の秘密誰にも言ってない。」と草平は話します。

 

花は雨と一緒に雪を学校に迎えにいこうとしますが、雨が山に入っていくのを見つけます。

暴風雨の森の中、花はびしょぬれになりながら雨を探します。しかし、花は山道で足をすべらせてしまいまい、落ちた衝撃で意識を失いまいました。その時、花は夢の中で狼男に会います。「雨なら大丈夫、もう大人だよ。」という狼男。

落ちた花を雨が駐車場まで運び、立ち去って行きます。狼になり、山を駆け上っていく雨。花は後姿を見送り泣き崩れます。遠吠えする雨。その声を聴いた花は「しっかり生きて」と見送ります。

 

時は流れ、雪は中学校の寮に入りました。花は依然あの家に住んでいます。

風が吹くと、狼の遠吠えが聞こえたような気がします。遺影代わりの免許書に花は笑いかけます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です