映画パッチ・アダムスのストーリーネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「パッチ・アダムス」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「これは事実に基づいた物語である」。 ひとりの医師、ハンター・アダムス(ロビン・ウイリアムス)のお話。人や病気はユーモア=笑いで癒せることや、本当の優しさとはなにかを教えてくれるヒューマンドラマです。 今すぐ視聴するなら、U-NEXTを活用してください。 登録が必要なのがネックですが、本来月額1990円のサービスながら、31日間の無料トライアル期間があるので、期間内にパッチ・アダムスを視聴&解約すれば1円もかかりません

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「パッチ・アダムス」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「パッチ・アダムス」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 新しく1つ登録するなら、U-NEXTがオススメ。 パッチ・アダムスのような洋画はもちろん、邦画、アニメ、ドラマ、さらにはバラエティとジャンルが非常に豊富で、31日間の無料トライアルでも全然足りないほどの動画が配信されています。 また、登録も解約も簡単なのも良いところ。登録は住所なども不要なので入力項目が少なく、解約もメールや電話は必要ないどころか、TOPページから6クリックくらいすればすぐに解約完了。 パッチ・アダムスを視聴&無料お試し期間内に解約すれば1円も費用はかからず楽しめます。もちろん、U-NEXTでまだまだ見たい動画があれば、そのまま有料会員に移行すればOKです。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「パッチ・アダムス(邦題)」「patti adams(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「パッチ・アダムス」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「パッチ・アダムス」のあらすじ

「人生とは帰郷。疲れた心を癒すために、みな帰る場所を探している…」 ハンター・アダムスはまさにこの時、自分の帰る家がどこなのかわからず、まるで吹雪の中をさまよい歩くような気持ちでいました。 時は1969年。 雪の残る山道をバスに揺られながら、ハンターはひとり「フェアファックス病院」の神経科にむかっていました。彼には自殺癖があり、自身の意志で入院を決めていたからです。 到着したハンターは院内を案内され、さまざまな症状を抱えた患者に出逢います。緊張症を患い、車椅子の上で右手を挙げたままの人や、指を4本立てながら人に近づき「これは何本に見える?」と迫る老人男性の姿も。 ハンターはこの老人の質問に答えようと、見た目通り「4本見える」と答え…“洗礼”を受けることに。それでも天才病と診断されているこの老人こそのちに気づきを与えてくれるキーマンの1人なのでした。 入院は相部屋で、幻覚による恐れからベッドを絶対に降りようとしない男・ルディと同室に。 着いて早々に「リスが襲ってくる」と暴れ出すルディ。ショックを受けたハンターは個室を懇願するも叶いません。戸惑いながらもここでの生活が始まるのでした。 ある日、ハンターは院内を歩いているうちに、初日に4本の指について訊ねてきた老人の部屋にたどり着きます。机に向かうその姿が気になり、そっと近づいてコミュニケーションをはかったところ、老人から例の質問が飛び出しました。 「この指は何本に見える?」 デスクライトだけが頼りの薄暗い病室で、あの時と同じ4本の指を示されたハンターはじっと時間をかけ指を見つめると、何かに気づき始めます。 「…8本?」――この答えに歓喜の表情を浮かべた老人からの反応はこうでした。「問題を見るのではなく、私を見ろ。人に見えないものを見るんだ。規制概念を捨てれば毎日が発見なのだ」 会話をしながらハンターは、ふと老人の机に置かれた紙コップの隙間からコーヒーが漏れていることに気づき、机の横に無造作にくっついていたテープでカップの底をそっと補強しました。 老人は出逢いの時よりも穏やかな表情でその様子を見つめると「パッチ(手当て)だ」とつぶやきます。この瞬間から、主人公ハンターは自身のことをパッチ・アダムスと名乗るようになりました。  

「パッチ・アダムス」のネタバレ

4本の指について質問する老人の正体は、著名な実業家アンダー・メンデルソン。彼との出会いによって、自分の存在価値や本当にやりたい事は何なのか、ハンター=パッチは開眼します。 その後、同室のルディが幻覚によりトイレにも行けず、夜通し我慢することで聞こえるベッドのきしみや騒音に困惑したパッチは何とかトイレに行かせようと思考をこらし、あえてルディの“見えているもの”に同調することにしました。 「リスだ! あっちにもこっちにもリスがいるぞ!!」 ルディはリスの居場所を教えようと部屋のあちこちを示しながら叫び、パッチは人差し指と親指で作った拳銃をかまえると、そのリスを次々と撃っていきました。 二人は大興奮。1匹残らず撃退し、ついにルディは念願のトイレへと駆け込んでいったのでした。その翌日、担当医の前でパッチが語った思いは「人を助けたい」ということでした。 そして退院を決意します。 2年後。 パッチはヴァージニア医科大学にいました。周りには年齢の離れた現役の仲間たちがあふれています。 ボストンバッグを下げ、意気揚々と学生寮の部屋を開けるとルームメイトのミッチ・ローマンがいました。彼は良い服に身をまとい、いかにもお坊ちゃまといった風貌。いよいよ、ここでパッチの医学生としての生活が始まりました。 そしてある日の講義中、後ろを振り向けば美しい女性が。 それが、後に恋人となるカリン・フィッシャーとの出逢いでした。 パッチは間もなく、大学が教える医療の定義に疑問を抱きはじめました。 人は弱ると医者を頼るものであり、人に希望と励ましを与えられる存在になりたいのだという熱い思いがあったからです。 そのことを仲良くなったトルーマンに日々語りますが、トルーマンは反論しないまでもそれが大学というものだという意見をあわせ持っている学生でした。 大学にはルールがあり、実際に患者と接触できるのは3年生から。 しかしパッチは1日でも早く患者と触れ合いたいという希望があります。そこでルールを破っては病棟に白衣を着て忍び込み、患者の様子を観察します。 末期のすい臓がんである305号室のデイビス。病棟の看護師たちは、イラ立ちから物を投げたりと暴力的な彼に手を焼いていました。パッチも、ある時この病室へ。しかし結果は同じです。大慌てで逃げ込んだところは申告な病状を抱える小児病棟でした。 ここでパッチはのちにピエロ療法と呼ばれる方法を試します。 浣腸用の丸いゴムに切り込みを入れて鼻につけ、まるでピエロのようにダンスをしたりおどけたり、大喜びする患者や見て見ぬふりをしてくれる看護師。 パッチのテンションはどんどん上がっていくのでした。 反面、当然それを快く思わないウォルコット学部長。 病院の中でパッチの行動を目にすると厳しい指導をする学部長はパッチの行いを秩序を乱す行動ととらえ、やがて目の敵にするようになります。 一方、講義で見かけてから思いを寄せる美しい同期、カリンにも全く相手にされず。すぐにおどけたり笑わせようとふざけるパッチに嫌悪感を抱かれるのは覚悟で、来る日も来る日も同じように振る舞います。 ある日、テストの成績が貼り出された廊下で成績を確認するカリン。自身の点数はギリギリです。上を見れば、なんとパッチの成績はトップクラスの98点でした! また、冷たい態度をとっている自分に優しくユーモアたっぷりのバースデーパーティーを開いてくれたパッチに、いつしかあたたかい想いが生まれます。プライドが高くて男性を寄せ付けないところのあったカリンとも、少しずつその距離が近くなっていきました。 当のパッチは病棟に忍び込むことをやめません。強い薬を大量に投与するよりも、笑うことが本当の治癒への近道だという持論を強く持っていたからです。 そこで出会った患者の老女から、大好物がヌードルであるエピソードを聞き「ヌードルのプールで泳ぐことが、幼い頃からの夢なの」と告げられます。 患者ひとりひとりの思いに寄り添いたい、しかしまだ医学部の3年生ではないパッチは 本来病棟に入ることを許されません。が、いつも通り患者の部屋で爆笑を巻き起こしていたパッチは意地悪なウォルコット学部長にその様子を見られてしまいます。 「何をしているのか」冷たい顔で問いかけられるパッチ。 恐縮しながら笑いがもたらす治癒力に理由を説明しますが、いぶかし気な目つきの学部長は「病院(医療)にピエロは必要ない。医者がいればいいのだ」と答えます。 パッチは寂しい気持ちのまま、黙ってその病室を出ていきました。 またある日には、いわゆる変わり者のパッチがこんなに高成績なはずがないとカンニングの疑いをかけられます。もちろん、パッチは大学に対して懸命に誤解を説明しますが、解けぬまま。その“デマ”の出どころは、なんとルームメイトのインテリ男、ミッチでした。 パッチは彼に「人の足を引っ張ることは古くさい」と言い残し、その場を去ります。部屋に残されたミッチの表情はこわばりました。これまで完璧にやってきたであろう自分が、 まるで初めて否定的で恥ずかしい事を人から言われたかのように固まっていました。 このような事件があっても、パッチのポリシーは変わりませんでした。 患者との接触は、なぜ3年生まで待たなければならないのか、人は死を待つだけではないはず。医師も患者に喜びを与え人生の質を高める事が必要だといつも主張し続けたのです。 ある時、成績優秀者であるパッチは、学内で産婦人科の医師を来賓として招く『特別講演会』の代表者として選ばれます。 ユーモアで頭の中がいっぱいのパッチは、早速独自のアイデアを凝らしました。会場の設営には産婦人科医を歓迎するため、女性が脚を広げたモチーフのオーナメントという装飾を施し、入口を作り上げます。 そこへ来賓一行を誘い、会場に現れたウォルコット学部長は愕然。 これが火に大量の油を注ぐ結果となりました。学部長に恥をかかせ、秩序を逸脱した行為であることを理由にパッチは退学処分を命ぜられます。 「君は医者と患者の立場を、同等のものにしようとしている」 怒りをあらわにしたウォルコット学部長からの罵声を浴びながらパッチは目の前が歪んで見えるのでした。 しかしそんなパッチにも、救いの手がありました。学長であるアンダーソン博士です。「君はどうしたい?」全てを把握したうえで学長はパッチに訊ねます。 学長は、今回の特別講演の騒動についてウォルコット学部長はあんなに怒ったとしても、実際には来賓は“独創的なもてなし”だと喜んでいたことも承知でした。また彼の行ったピエロ療法によって患者も楽しみ癒された結果、薬の量も減っていると理解していました。 パッチはそこで「卒業したいのです」と、迷わず答えます。二度とトラブルを起こさぬことを誓約し、学長のはからいによって退学を免れたパッチ。人を癒すことで自身も救われる。そのことを学んで自分は精神科から出られたのだと憧れの美女、カリンにも告げます。 相変わらず305号室で苦しむ末期がんのデイビスを見つめたり、子供が事故に会い、面会を申し出る母親を見かけた際には事務的な対応しかできない病院にも疑問を抱き始めました。 「笑いで人を癒す病院を建てよう」 パッチは奮い立ちます。 そして時は過ぎ、医科3年目。正々堂々と患者と触れ合える立場になりました。 教授について病棟を回るうち、ただただ病棟を回っていればいいという教授の言葉を聞いてあることを回想。それはあの精神病棟で出会った「4本の指」について訊ねる老人、実業家アンダー・メンデルソンのことでした。 ある日、パッチは憧れのカリンを連れてドライブへ。今では特別な存在となったカリンに自然を見渡せる絶景ポイントであたためてきた計画を告白します。 「ここに、お元気でクリニック(ゲズント・ハイト)を建てる」 小川が7つも流れる大自然での壮大な話にカリンは驚きます。そして山小屋風の古い小屋の前へ。中からいつも一緒の仲間、トルーマンが現れました。 後方からはあの「4本の指」について訊ねてきた実業家の老人、アンダー・メンデルソンの姿が。この土地と小屋は、彼の持ち物であり無料で提供してくれたのでした。 仲間総出でリフォームし、パッチは大好きなカリンとトルーマンとともに、ついにここで『お元気でクリニック』をオープンさせます。 するとどんな人でも無料で診察を受けられることを知り、老若男女さまざまな患者が訪れるようになります。問い合わせや相談の電話も鳴りやみません。パッチは、初めて自分が行いたかった人を癒し助けるための医療に没頭できる日々が始まるのでした。 忙しい毎日を過ごす中、夢を実現させたパッチに影響されたカリン。 彼女は過去にその美しさゆえに何度も傷ついてきたこと、そしてこれまで男性を信頼できずにいたことをパッチに告白します。男性を汚らわしく思い、ずっと避けてきたのだと。 しかしパッチと出逢い、初めて心を開くことがきたという正直な思いや愛を打ち明けたことで二人の関係は本物のパートナーへと変わります。 が…幸福な日々はそう長くは続きませんでした。 以前、患者としてやってきたラリーという男がいました。 精神を病んでいるかのように見える彼について、カリンは警戒心を持ちます。しかし正義で燃えているパッチは、他の患者と何らかわりなく受け入れラリーを診察しました。 ある夜、買い物から戻ったカリンが偶然聞いたクリニックの留守番電話には患者・ラリーの声で「誰かと話したい。家に来てほしい」というメッセージがありました。 パッチと出逢い、男性への恐怖心や不信感がぬぐえたと感じていたカリンは無謀にも一人でラリーの自宅へと向かいます。ラリーの家はまるでお城のような豪邸でした。ドアを開けると、中にはピアノを奏でるラリーの姿が。 短い会話の後、信じがたい出来事が起きてしまいます。 翌日、退学の窮地から救ってくれた学長からの呼び出しを受けたパッチは、おそらく『お元気でクリニック』のことでお叱りを受けるのだと思いながら学長室を訪れます。 しかし知らされたのは、恋人のカリンが患者ラリーによって殺されたという事実でした。言葉を失うパッチ。「ラリーは危険だ」と言っていたカリンを無視するかのように人を信じろと突き進んだ結果、最愛のカリンが犠牲になったことで大きなショックを受けます。 患者の本質を見抜けなかったことから、何もかも嫌になったパッチ。 彼は仲間のトルーマンが引き留めるのも聞かずに、ひとりお元気でクリニックから撤退しようと荷物をまとめます。 失望の中、すべてを捨てるつもりで大学に訪れたパッチに「大学をやめるな、患者のミセス・ケネディが食事をしてくれない。助けてくれ」と、カンニングをしたとデマを流したミッチ・ローマンが意外にも相談を持ち掛けてきました。 ミッチは、こんなに勉強をしたのに自分に自信がないのだと吐露します。しかし、パッチは相談を受けずにその場を立ち去りました。 いつか愛するカリンと訪れた、あの大自然を見ながらパッチは神に問いかけます。「次はいったい何が来るのですか? なぜ僕にばかりこんな苦しみを?」もはや、神さえ信じられなくなっていました。 すると、カバンにとまる美しい蝶の姿が。蝶はふわりと飛んで、パッチの胸元や指にとまりました。パッチは何かに気づき、突き動かされたかのように大学病院へと戻ります。 食事を摂れなくなったという、患者のミスケネディは、いつか「幼い頃からヌードルのプールで泳ぐのが夢」と語っていました。パッチは子供用の丸いプールにいっぱいのヌードルを用意しその中でケネディを迎えます。 車椅子に乗って現れた彼女は、目の前の光景に感激。抱きかかえられながら、ヌードルの中へどんどん入っていきました。 念願だったこのヌードルの中ではしゃぎ、頭にかけたり、背泳ぎするまねをしたり。ギャラリーのスタッフたちも手を叩いて喜びを分かち合う、素晴らしい時間となりました。 ヌードルまみれのまま、歩くパッチの元へある手紙が手渡されます。差出人はウォルコット学部長です。内容は退学処分について書かれていました。 パッチは納得がいかないと学部長へ直談判。そして、制止を無視して持ち出した成績表を見せながら、自身に非はないと親友のトルーマンにも相談します。 もちろん、成績トップであるパッチにはその要素が見当たらず。やはり学部長による嫌がらせのうちであることを確信するのでした。 ヌードル法を実施したことで、再び会話をもつようになった同室のミッチにも抗議の方法について相談。そこでは医師会に訴えること、つまり裁判を起こすこととスーツを買うことをアドバイスされます。 また、あのミッチから「君はもう医者なのだから」というまさかの言葉が飛び出しました。こうして、医師会に訴えをおこしたパッチと学部長との間に、争いの火蓋が切られました。 無免許でクリニックを行っていたことが論争となったこの裁判。 医療の定義を求めるパッチに、議長からの答えは「患者が健康になるよう導くために医学的処置を行うこと」。 パッチは、クリニックではなく家(うち)です、と主張します。「それは不適切な環境設備での治療行為だ」となりに座る敵、ウォルコット学部長は語気を強めました。 パッチはこの裁判で、人におだてられながらいい気分になり、皆からまつりあげられるのが医師なのではないことと、身の回りの世話や話を真剣に聞くことで、現場にいた皆がそれぞれを助け合った。つまり、皆が医者だったのだと主張。 続けて医者とは、もの知りで頼れる友達というだけで充分だとも語りました。 来る人をあたたかく迎え入れて、熱が下がるまで冷たいタオルをおく。そのことが有罪であるならば納得すると続けました。パッチの演説は止まりません。 さらには後ろを向き、多くの医学生が見守る中、満席の傍聴人に向かって「患者に無関心になるな」と訴えかけます。自分を含め、学生を決めるのは成績だけではない。患者こそが医者にしてくれるのだと。 傍聴席には、かつて病棟に忍び込んだ時も見て見ぬふりをしてくれた看護師やこれまで出逢った尊敬できる人たちも見守っていました。 「毎日のように血と排泄物をとるナースに学べ!正しい教授の教えに学べ!」と叫ぶパッチの大演説に場の空気はかわり人々の目と耳がどんどん惹き込まれていきます。 「自分は心から医者になりたい。全てを失ったが、欲しいものは手に入れた。これが自身のしたいことであり、神は見ている。許されるなら、絶対に最高の医者になる。 学びたい気持ちや情熱は誰も奪うことはできない!」 議長の命令で、発言を止めたパッチ。 判決の前に、休廷へと入ろうとした直前、後ろの扉が開きました。親友のトルーマンを先頭に、次々と入ってきたのはかつての小児病棟の子供たち。 そこにはパッチに助けられた患者ひとりひとりがピエロの鼻をつけてニコニコ笑う姿があり、無言の「証人」のようにたたずむ光景を見て、パッチの目は涙でいっぱいになりました。 判決のとき。 パッチの方法論は説得力に欠け、大学と医療の伝統を批難したことも良くないとして指摘されます。ただ、患者の生の質を高めようとするその努力は評価され過ちではないとも認められました。 向上心や患者への愛情は尊敬に値することや成績は常にトップ。卒業を妨げる理由がどこにもないことが告げられます。 また同時に、議長からウォルコット学部長には、この問題は学部長の立場から解決できたであろうことや、もっと言葉を学ぶよう苦言が呈されました。 パッチの成績表にまるで悪いことでもあるかのように記された「過度の幸福感」を持っていること、つまり変わり者であるかように表現された事は、滑稽でも何でもないのだと証明されたのです。歓喜に沸く傍聴席。勝利の瞬間でした。 卒業証書を手にし、以降12年間を町医者として過ごしながら、無料で15,000人もの患者を救ったDr.パッチ・アダムスは彼の熱意と共鳴する医師たちによって「お元気でクリニック」を再建。 この映画は、笑いが「良薬」であることを発見した、優しい医師の物語です。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です