映画フィラデルフィアのネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「フィラデルフィア」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら、月額動画配信サービスU-NEXTの無料お試し期間を利用してください。 フィラデルフィアはもちろん、それ以外の映画やアニメ、ドラマなども視聴可能で、さらに31日以内に解約してしまえば、1円も費用は発生しません。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「フィラデルフィア」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV 見放題
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「フィラデルフィア」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 あと、もう1つ大事なのは過去に登録したサービスに再登録しないこと。 有料でよければOKなのですが、2回目は無料トライアルが適用されないので、例えばTSUTAYA TVに過去登録した覚えがあれば、今回はmusic.jpにする。という感じですね。 ちなみにフィラデルフィアの視聴に一番便利なのはU-NEXT。 というより、それ以外の映画を楽しみたいと思った時、U-NEXTは配信作品数が合計14万以上と豊富ですし、さらに無料期間も31日間と最長なので、他の映画を楽しむのにピッタリ。 フィラデルフィアさえ視聴できればOKなら、どのサービスでもOKなのですが、せっかくなら色々な映画を楽しみたいと思ったら、ぜひU-NEXTを試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「フィラデルフィア(邦題)」「phiraderuphia(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「フィラデルフィア」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「フィラデルフィア」のあらすじ

アンドリュー・ベケット(トム・ハンクス)は弁護士。アメリカのフィラデルフィアで一流の事務所『ワイアントウィアー』に所属しています。若き実力者として、その能力を存分に発揮していました。 彼は体調不良から血液検査をし、最近結果が出たところ。心配している故郷の母親に「問題ない」と連絡をしますが、母親は何かあると感づきながらも言葉では喜び、息子と束の間の会話をするのでした。 ある日アンディ(アンドリュー)が次の法廷準備に追われていると、男性スタッフがやってきて社長室へと呼ばれます。要件はハイライン社とサンダーシステム社の訴訟についてでした。サンダーシステムが、ハイラインのシステムを無断コピーしたというもので、反トラスト訴訟と呼ばれる事案です。 社長はアンディに向かって、どちらに勝訴してほしいかと訊ねます。 「ハイライン社である」と即答するアンディ。 理由は、もしもサンダーシステムが勝てば、若くやる気のある会社が潰されて不合理だということと、サンダー社の横暴な行為を防ぐために反トラスト法や著作権法があると言い切りました。 社長はここで、アンディの上級弁護士への昇進とともに、ハイライン社の弁護を任命します。自分を高く評価してくれた社長に、満足し感謝の意を示しました。準備は10日間しかありません。それでも、この大役に自信を持って取り組む意欲を見せます。 その場で舞い上がるアンディに、あることを不審に思った社長の取り巻きの1人、ケントン氏が顔を見ながら「額のアザはどうした?」と訊ねてきます。平静を保ちつつ、「ラケットボールでぶつけた」と答えるにとどめました。  

「フィラデルフィア」のネタバレ

9日後。 指摘されたアンディの額のアザはさらに大きくなっていました。 同僚の女性にファンデーションの塗り方を教わりながら、うまく隠す方法を探っていると突然体調が悪化しトイレへ駆け込みます。大粒の汗で震えながら自身が実はエイズという恐ろしい病にかかっていることを認めざるを得なく、ついに病院へ行くことを決心します。 病院にはアンディの“パートナー”であるミゲールもやってきました。医師が腸の検査をすすめますが、その方法を聞いたミゲールは反対。 そんなやり取りをしている中、仕事が気になったアンディが事務所のスタッフに電話をした際、あろうことか例のハイライン社の訴状が見つからないと知らされます。探してもどこにもないと。事態は深刻で大きな騒ぎに発展します。 そしてこのことが発端となり、アンディ―は無情にも事務所を解雇されました。 後日、彼はかつて法廷で出会った相手方の弁護士、ミラー(デンゼル・ワシントン)の事務所へと向かいます。今回のことで、自分をクビにした事務所を訴えるためでした。 部屋に通されて早々、説明を始めます。自分はエイズを患っていること、訴状を失くしたのは事実だが理由がわからない。そして、結果的にそれは見つかり、提出期限にも間に合った。それなのに不当解雇されたのだと。 そこまで聞いたミラーは「エイズであることは隠していたのか?」と口を開き、それであれば勝ち目はないと断ります。アンディは他に9社に相談をしたがすべて断られたと答えて、その場を去っていきました。 が、断ったミラーはその後アンディのために行動を起こします。 とある医師のところでエイズについて質問すると、血液検査を勧められます。アンディと接触をしている経緯から、HIV感染しているかもしれないという理由からでした。ここでミラーは検査を断わりますが、リアルな差別とエイズの怖さを実感します。 ある日、図書館で資料を読むアンディは、職員から皆と同じスペースではなく奥の個室で資料を閲覧するよう促されます。言葉や振る舞いは丁寧ですが、アンディの病気を知ってか、明らかな差別を感じます。 そこへ先日のミラーがやってきて「弁護士は見つかったか?」と声をかけると、「…自分でやる」。このアンディの言葉を聞いて、一度帰りかけたミラーは再び座り直しました。 「何か有利な証言はないのか」と聞かれたアンディは、読んでいた判例を差し出します。そこには、今回と同じように不当解雇された人物のことが記録されていました。 病気とは障害であるのに、差別で解雇され訴訟を起こした結果、勝訴した内容がつづられた判例を目にしたミラー。 ――「勝ち目はある」。二人三脚の闘いが始まりました。 後日、バスケットの試合会場。観戦用のVIPルームで盛り上がる、かつての上司のもとに、弁護士ミラーは召喚状を届けます。 内容を読んだ社長は解雇したアンディから訴えられることを知り、怒りと動揺の顔で「アンディがエイズであった証拠を集めろ」と“取り巻きたち”に指令を出します。 その中の1人が「表ざたにせず、金銭で示談を」と意見しますが、社長は職場にエイズを持ち込み、それを隠していた事実を法廷で示せるようにしろという指示と、こちらが訴訟を起こしたいくらいだと大声で騒ぎたてました。 「病気でこうなった仲間に同情はないのか」という部下の言葉も社長には全く届かず。アンディはあの時、昇進とともにハイライン社の大きな訴訟案件を引き受けたが、その時もエイズである事実を隠していた。 明日にも仲間を裏切る男は信用できないとし、ましてや社長である自分を法廷に呼び出すとは絶対に許せないと、アンディへの批判は止まりません。 フィラデルフィアの司法関係者たちの前で、自分に恥をかかせようとしていると叫ぶ社長に対し、先の1人が「陪審員は、アンディの味方につくかもしれない」と発します。 「ヤツは無能だからクビにしたのであって、原因はエイズだけではない」 社長からとどめの一言が飛びます。 ある日、アンディは恋人のミゲールと一緒に、実家へ向かいます。両親の結婚40周年のお祝いであるこの日に、大切な話をするつもりでした。 兄弟もすべて揃う中、自分の置かれた状況を告白するアンディ。両親は、温かい言葉を返してくれました。兄弟も支えになってくれるとふたりを励まします。 自分のことを誇りだと言ってくれた愛情深い家族にアンディは泣きながら感謝を伝え、これからの厳しい闘いに大きな勇気をもらいます。 7ヶ月後。 法廷にはアンディと弁護士ミラー、そしてかつての上司たちの姿がありました。ミラーは陪審員に向かって3つの主張を展開します。 ① 雇はされたものの彼は今でも有能な弁護士であること ② 衰弱性の病にかかったが合法的な権利として周囲に黙っていたこと ③ 所属していた事務所はエイズを理由にクビにした つまり、エイズを理由に解雇するのは違法とし、これらはすべて事実であり、テレビドラマのような驚きの展開もないし、すごい証言者が出てくることもないとミラーは主張します。 しかし、相手側の弁護士も負けていません。解雇はアンディが無能であるがゆえの結果であるのに、今回腹を立てて問題をすり替えているだけだと返してきました。 証言台にのぼった男性。彼は以前、アンディに弁護をしてもらったという人物です。勝訴したがそれに対してどう感じたか、というミラー弁護士の尋問に対して「そこそこ満足した」と答えました。 これを受けてミラーは、今の証言を食事に例え「勝訴したのにそこそこ満足?普通の食事でも腹は満たせるがさらに豪華なキャビアが乗っていないと満足とはいえない、ということか?」と皮肉の表情を浮かべ、誰かに意見を変えるよう圧をかけられているのではないか、と返すと裁判長にたしなめられます。 法廷の外では同性愛者たちが集い、差別に異議を唱えるプラカードを掲げながら、アンディを擁護する声をあげていました。 入り口では、もうすぐ出てくるアンディを捉えようとたくさんのマスコミが待ち構えています。扉が開いた途端、案の定、一気に詰めかけて無礼な質問を浴びせかけました。 アンディは自分が同性愛者だと認め、今回の裁判は正当な権利を求めているだけなのだと説明します。そんな中、フィラデルフィアの市長もカメラの前で「もし本当に差別で解雇されたのなら、そんな弁護士事務所とは市民は付き合わないだろう」と答える場面も。 別の日の法廷では、かつての仲間である秘書たちも証言します。 社長の取り巻きの1人であるケントン氏の秘書を務める女性・メリサは、出産時の輸血で不幸にもエイズに感染しました。その際、はっきりと上司からの差別があったことを話します。 ミラー弁護士はそこで、彼女がエイズであることをケントン氏は知っていたか?と訊ねます。メリサは当時、アンディと同じような“アザ”ができていたこと、そしてこのアザはエイズによるものだと説明した途端、露骨に嫌な態度を取られたと証言しました。 ここまでで、当時“額のアザ”を指摘してきたケントン氏はアンディのエイズ感染に気付いていた可能性が高く、結局これを理由に解雇したことも否定できないことをメリサの証言は裏付けていました。 ここで異議を唱える、相手側の弁護団。 メリサがエイズに感染したのは、あくまでも出産時の輸血によるもの。不可抗力であったということ、これに対しアンディの場合は同性愛者であり、性行為が元で感染したであろうことからメリサとはわけが違う。自己責任であるということを主張します。 傍聴席には、アンディの両親、兄弟、そして恋人のミゲールも見守る中、次の証言台にはかつての事務所秘書が座っています。彼女はアフリカ系の出身でした。そこで社長秘書から彼女がつけているイヤリングについて差別された経験を語ります。 それは「民俗的すぎて派手。もっとアメリカ的にしろ」というものでした。 これはアフリカ的なデザインのアメリカ製だと答えたエピソードを話し終えると、傍聴席からは拍手が起こります。これも日常的に差別があったことを裏付ける大事な証言となりました。 ここでまた、相手側の弁護士から異議が唱えられます。差別があるというのであれば、なぜアフリカ系である彼女が最近、補佐主任という立場に昇進できたのか?差別について過敏なだけでは?と、追及します。彼女はやや失笑ぎみに「そんな単純な話ではない」としてこの日の法廷は終わります。 法廷10日目。 アンディの専属秘書が、証言台の席で涙ながらに一時紛失された訴状の謎について語ります。 当時、社長の取り巻きであるケントン氏は「アンディのせいだ」と言い出し、当のアンディもまるで別人のような顔つきで騒いだこと、そして最終的には廃棄するまで書類を保管する「資料室」でそれが見つかったという不可解なものだったと証言しました。 アンディの人柄については「とても思いやりがあり、良いボスであった」と語りながらも「仕事ぶりについては自分はただの秘書であるし、実際わからない」と泣きながら答えます。 一方、資料室で訴状を見つけたとされるアンディの同僚、ジェミー・ウォレントの証言。ミラー弁護士はこの訴状を隠すように命じられたのか?と尋問します。ウォレントの答えはもちろんNO。さらには「あなたは同性愛者なのか」という意味不明な尋問に、法廷全体がざわつきました。 相手方の弁護士より異議が唱えられた時、ミラー弁護士は語り出します。 「今、ここにいる皆が偏見を持ち“性”をイメージしていることだろう。大事なのは正直に怖がらずに話すべきということだ。人間社会は法廷とは違う」。裁判長に席に着くようたしなめられたミラーに、とても痩せたアンディが「今のはよかった」と声をかけます。 場面はかわり、取り巻きのケントン氏の証言。 秘書のメリサが出産時の輸血でエイズに感染したことを知っていたかとミラー弁護士から尋問を受け「知っていた」と答えます。 知っていたのなら、顔のシミとアザの違いはわかるはずと指摘を受けますが、彼はアンディが「ラケットボールに当たりけがをした」と答えたからそう信じたと、返しました。 しかしメリサの証言で、自身がエイズとわかった途端、ケントン氏から明らかに避けられたと証言していることを追及されると「アンディには同情している」と、それらしく答えるのでした。 ある夜。 アンディは恋人と暮らす自宅で、次の闘いに向けた準備に焦っていました。 点滴の時間になり、ミゲールが針を刺そうとしますが、今ではとても細くなった腕の血管にうまく入ってくれません。病院に行こうとミゲールが説得しますが、それどころではないとアンディは仕事を続けようとします。投げやりな態度に苛立ちを隠せないミゲールは、アンディの読む資料を投げつけて生きてほしい気持ちをぶつけます。 そして原告側の尋問の日。ミラーはアンディになぜこの事務所に入ったのかを改めて質問します。アンディはスカウトがきっかけだったことや社長のチャールズ氏に憧れ、尊敬の念を抱いていたことを話します。 またある日、社長を含む上層部の数名と過ごす中で、同性愛者への差別と感じる言葉を聞き、自身がそうであることを告白しなくて良かったと思うと語りました。 ほかにもかつての同僚の証言が次々と続く中、いよいよアンディの体力が限界をむかえ、法廷内で倒れます。傍聴席から恋人のミゲールが飛び出してきてそのまま救急搬送されることに。この後も、原告がいないままミラーひとりが席に座り、裁判は続きました。 そして、評決のとき。 約500万ドルの損害が認定され、裁判は勝訴。 相手の弁護士の「すぐに上訴を」という言葉が聞こえる中、急いでアンディに知らせようと病院に向かうミラー。すでに家族に囲まれ、横たわるアンディがいます。彼は、ミラーを見ると力をふりしぼって親指を立てながら闘いに勝ったことを喜びました。 ミラーは持参したシャンパンを見せながら「冷やしておいて」と言葉を残し、次に会える可能性が極めて低いことを悟ります。 家族も今日のお別れを告げながら、それぞれの家に帰っていきました。いつもそばにいるミゲールがアンディの顔を覗き込むと、静かに酸素マスクを外したアンディは「お別れだ」と、小さな声でいいました。 それから間もなく、深夜にミラーの自宅で電話が鳴り、アンディが旅立ったことを知ります。翌日、アンディの家には思い出の写真とともに仲間たちがたくさん集まっていました。 アンディを弔うためのキャンドルに火が灯され、テレビの画面からは幼い頃の元気にはしゃぐアンディのホームビデオが流れています。それは、彼の生きた証であり、人間の尊厳を賭け、最後まで闘った有能な弁護士をたたえるかのように見えました。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です