【インド映画】PK(ピーケイ)の無料動画視聴【dailymotion】

5 min

PK(ピーケイ)」はインドの宗教を描いた作品です。

主演は「きっと、うまくいく」で大ヒットしたアーミル・カーン。宗教問題という扱いづらい話題に対してコメディ調で、それでいてしっかりと切り込んでいくバランスの取れた映画になっています。


宗教に無知な日本人だからこそ、主人公と同じ視点で物語を楽しめるのも良い点ですね。

インド映画PK(ピーケイ)は「U-NEXT(ユーネクスト)」で視聴できます。月額の動画配信サービスですが、登録から31日間はお試し期間として無料で視聴可能です。


↓31日以内に解約すれば無料↓



PK(ピーケイ)の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD 見放題
TSUTAYA TV × × ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×

インド映画「PK(ピーケイ)」の動画配信状況をまとめました。

8つのVODサービスのうちPK(ピーケイ)」を視聴可能なのはFODプレミアム(フジテレビオンデマンド)とU-NEXTのみです。


ただ、FODは無料トライアルが2週間と短く、さらには無料トライアルの適用にAmazonアカウントが必須なので少々面倒です。

また、あくまでフジテレビ系の動画サービスなので、映画などのラインナップは決して充実しているとも言いづらいです。


なのでPKの視聴にはU-NEXTの31日間無料トライアルがオススメ。

U-NEXTなら他にも「きっとうまくいく」「バーフバリ」などインド映画が配信されていますし、視聴しても期間内に解約してしまえば1円も費用は発生しません。


↓31日以内に解約すれば無料↓


違法アップロードサイトでの視聴は危険?

Youtube、dailymotion、B9、openloadなど動画共有サイトには、違法に映画やアニメがアップロードされている場合もあります。ただ、正直なところオススメはできません。


まず、探しても動画が見つかる確率が低いこと。

フル動画がアップされているのは滅多になく、おまけにインド映画の場合はヒンディー語の動画なら見つかっても、日本語字幕でアップされている事はほぼありません。

実際、dailymotionで「PK」「ピーケイ」で検索してみましたが、2~3分の断片的な動画が出てくるばかりで、とても映画を楽しめたものではありません。



また、ウイルスやマルウェア感染の危険があります。

映画がアップロードされている事が多いopenloadは、アクセスした瞬間にウイルス対策ソフトが「トロイの木馬」を検出しました。クレカをはじめ個人情報を盗むウイルスですね。



それに仮に動画が見つかっても画質も悪く、読み込みが遅くて何度も中断してしまう…なんて経験もあると思いますし、動画配信サービスで「合法的に」「安全に」視聴したほうが良いです。

「PK(ピーケイ)」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓


PK(ピーケイ)のあらすじとネタバレ

■「PK(ピーケイ)」のあらすじ
宇宙船で地球にやってきた宇宙人。

真っ裸で広い荒野に降り立った宇宙人は、始めて人間に出会います。ところが、いきなり自身の宇宙船のリモコン(まるで宝石のような)を奪われ、代わりに身に着けていたラジオを押し付けられます。

宇宙人は荒野に、素っ裸で取り残されてしまいました。


場面は代わり、ベルギー。

インド人の女性ジャグーと、パキスタン人のサルファラーズ。2人が恋に落ち、インドとパキスタンの間にある対立感情を乗り越えて結婚を決意します。そして、ジャグーはすぐにでも結婚式を挙げよう!と伝えます。


結婚式当日。

教会に、サルファラーズは来ませんでした。

「結婚を考えさせてほしい」という手紙を残して。


失恋し、インドに戻ってきたジャグー。テレビ局で働いている彼女は報道ニュースのネタを探している時、インドの駅で「神を探しています」という謎のビラを配る不思議な男性の存在を気にかけます。

気になって彼を追ってみると、ヒンドゥー教の寺院で寄付金入れの中に棒を突っ込み、お金を盗もうとしていました。当然見つかり、しょっぴかれそうになりますが、ジャグーが「私の財布を拾おうとしてくれた」とウソをついて難を逃れます。



そして、ジャグーは男が「神を探す」経緯を知ります。



その男、宇宙人はリモコンを無くして困っていました。

リモコンがなければ母星に帰れない。



ところが、宇宙人は地球のことが何も分かりません。

男性が女性用の服を着たらおかしいことも。なぜ”1枚の紙切れ”でモノが貰えるのかも。そしてリモコンの在り処を尋ねれば「神様に聞いてみろ」と言われ、「信じればリモコンを見つけてくれる」神様を探し始めます。

そこで神様を探すビラを配り始めた。また、いろいろ寺院にお賽銭を入れてみた。けど、神様はリモコンを自分に届けてくれないし、「間違った神様」に祈ってしまった宇宙人は、お賽銭を取り返そうとしていたわけでした。


そして、「神を探す」頭のおかしい男は、PK(愚か者)と呼ばれるようになります。



PK(ピーケイ)」のネタバレ


PKの話を聞いた、ジャグー。

テレビのネタになると思って話を聞いたのに、帰ってきたのは「自分は宇宙人だ」と言う馬鹿げた話でした。ジャグーは彼の話を信じず、そこで興味を失ってしまいます。


PKは、その後も神様に祈り続けます。

神様がたくさんいるなら、今度は全部の神様に祈る。ヒンドゥー教、シーク教、イスラム教、キリスト教…あらゆる宗教にお祈りし、そしてそれぞれの神様を祀るための行動がまったく違うことに翻弄されます。


イスラム教の寺院に「お酒」を備えようとしたり。

“喪服”の女性を”結婚した”女性と間違えてお祝いしたり。


もはや何が正しいのか分からないPKはボロボロになり、再びジャグーに出会います。

そしてPKはジャグーに言います。神を信じる多くの人達は電話のように「掛け間違え」をしている。どれだけ信心深く祈っても何の見返りもないのは、本来の神ではなく間違った神に繋がってしまっているからだと。


この考えを面白いと思ったジャグーはPKをテレビに出演させます。

純粋に「神はいるが、正しい神ではない」と思って「掛け間違え」を訴えるPKの姿が、多くの地球人から見れば宗教への矛盾へと発展しました。そして、勢いをつけていた新興宗教の導師タパスヴィーの信者の多くが離れていきました。


実は、この導師はジャグーが恋をした青年、サルファラーズとの恋愛を否定した人物でもあります。「今すぐ別れたほうがいい」とジャグーの父親に助言。導師に心酔していた父はジャグーを避難し、それが急な結婚式へと繋がっていたわけです。

結果的に、ジャグーとサルファラーズは別れましたが…


ひとまず、導師タパスヴィーにとってPKの存在は邪魔でしかない。

これ以上信者が減るのを防ぐためにも、テレビの公開生中継でPKと1対1で討論することになりました。その頃PKは、毎日をジャグーと過ごすうちに彼女を恋愛の対象として見るようになっていきます。


公開討論の前日。

PKはタパスヴィーと討論し、ジャグーとサルファラーズが別れたのも「掛け間違え」だと言います。そして恐る恐るジャグーがサルファラーズに電話してみると、裏切られたと思った彼にたしかに電話が繋がりました。

実は、ジャグーが教会で受け取った「結婚を考えさせてほしい」という手紙を受け取ったのも”掛け間違え”でした。手紙を渡すように依頼されていた子供は、実は違う花嫁にこの手紙を渡すだけだったのです。


この討論で、PKは宇宙船のリモコンを取り戻します。

ジャグーは、再びサルファラーズと恋仲に戻ることができました。


そして、PKが宇宙に帰る日がやってきます。

ジャグーとともに宇宙船のある荒野へたどり着いたPK。これから母星に帰るというのに、彼は両手に大きなスーツケースを抱えていました。中身は大量のカセットテープで、「地球のキレイな音を母星で聴くため」とPKは言います。


PKが離れた際に、ジャグーはカセットテープを再生します。

そこから聞こえてきたのは、自分の声。もう1つ、2つとテープを再生するも、聞こえてくるのはすべて自分の声。ジャグーはここに来て「ウソを知らなかったPKが、はじめてウソをついた」ことに気づきます。

そしてPKは、ジャグーにウソをついて地球を去っていきました。



PK(ピーケイ)への感想


最初は街を裸で歩いても何の恥ずかしさもなく、ウソをつく意味が分からず、子供以上に純粋な存在だったPK。彼がジャグーと出会って恋をして、ジャグーのために彼女の想いを叶えて、自身は”初めてのウソ”をついて去っていく…

PK(ピーケイ)、お前そんなところまで成長しなくてもいいんだよ…


もちろん、宗教も大事なポイント。

特に日本と違って多様な宗教があるインドで「よく、これ公開できたな!」というレベルの映画ですね。宗教に対する問題に切り込んでいるものの、別に宗教に対する知識がなくても楽しめるので安心です。


あと、サルファラーズめっちゃイケメン

インド映画ってヒゲモジャのおっさんが主人公なことも多いけど、イケメンはガチでイケメンなのがすごいところ。インドの文化を楽しみつつ、イケメン&美女を楽しみつつ、ストーリーも楽しめる素晴らしい映画ですね!


↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です