映画ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィのフル動画を無料視聴

9 min
映画「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「海の皇子マナフィ」に限らずなのですが、ポケモン映画が配信されているのはTSUTAYA TVのみ。一方でTSUTAYA TVであればポケモン映画の全作品が見放題となっています。 本来は月額2000円以上のお高めなサービスですが、30日間の無料トライアルを使えば費用ゼロ。ポケモン映画を楽しむなら、TSUTAYA TVで「安全に」「今すぐ」「高画質で」楽しんでください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
※2020年3月8日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。 そもそもポケモン映画を配信しているのはTSUTAYA TVのみ。反対にミュウツーの逆襲~ポケモンの映画最新作まで、TSUTAYA TVであればすべて視聴が可能となっています。 月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、無料トライアル期間が30日あります。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかかりません。 もちろんポケモン以外の映画やアニメも楽しめるようになっていますし、ぜひTSUTAYA TVを試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ(邦題)」「pocket monster pokemonrenger to uminoouji manfie(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ」のあらすじ

ほの暗い海の底で、小さな卵がたゆたっています。 卵が近づくと、愛おしむように一緒に泳ぐ、様々な水タイプの野生ポケモンたち。 穏やかな海中に、突然、光りが差し込みます。 ヘリコプターが海面からサーチライトで照らしたのです。ヘリコプターには、海賊のマーク。ファントム船長こと、ファントム・トループ率いる、海賊ファントムです。 海中にも、ファントムのゴツゴツした潜水艦が現れます。水中のポケモンたちを蹴散らしながら進む潜水艦。広いコックピットで、ファントム船長が、卵に照準を合わせます。 「回収しろ!」。 潜水艦からマジックハンドが出てきて、卵は捕らえられてしまいました。卵を手にした船長はつぶやきます。「これが俺様の野望を叶えてくれる。待ってろよ、海の王冠!」 ところが、一人の船員が船長から卵を奪いました。「野望の道具にしてもらっちゃ困る!」男は、卵を抱えて逃げ出します。男があまりにもすばやいので、海賊たちは手が出ません。 男は、ポケモンレンジャーのジャッキーことジャック・ウォーカー。 あるミッションのため、ファントムに潜入していたのでした。ジャッキーは「EOP Egg of Princeを確保」と本部に連絡します。 浮上した潜水艦のデッキで、ファントム船長がジャッキーを追い詰めます。しかし、ジャッキーはポケモンレンジャーが使えるキャプチャ・スタイラーを使い、マンタインをキャッチ。その背中にのって逃げ切りました。 その頃、サトシたちは灼熱の荒野をさまよっていました。道に迷ったのです。 ノドの渇きが限界に達した時、直径3mほどのいくつもの水のかたまりが、ふわふわ、ぷよぷよと近づいてきました。中には、何匹も水ポケモンが入っています。水中ポケモンショーのマリーナ一座です。 サトシたちは、花形スターのヒロミと仲良くなり、しばらくマリーナ一座とともに旅をすることになります。 一座のトレーラーでくつろぐサトシたち。 ハルカが、棚においてあるマナフィの卵に気づきます。「?」と見つめるハルカ。祖父シップが、さりげなくカーテンを閉め、卵を隠してしまいました。 たどりついたにぎやかな町で、一座はショーを開きます。 野外サーカスと水族館のイルカショーが合わさったような、ワクワクする華やかなショーです。サトシたちも飛び入り参加しました。虹が空にかかり、最高です! ショーの間に、一座のポケモン、ブイゼルが、卵を持ち出してしまいました。ハルカが気づき、取り戻し、一座のピエロに返します。ちょうど同じ町にきていたロケット団に目撃されてしまいました。 ロケット団のコジローは、ファントム船長が卵に賞金をかけていたのを思い出し、通報。それを知らないムサシは、卵がお宝だと信じ、一座を追いかけることにしました。 その夜。月明かりが、キャンプ中のトレーラーで眠るハルカを照らします。その横で、ブイゼルが卵を棚から取り出しました。卵に月が映り…卵が光り出しました! 卵の光りをうけたハルカは夢を見ます。ハルカは海の中をたくさんの水ポケモンと一緒に、自由に泳いでいます。楽しくて仕方のないハルカ。 夢の中のハルカは、海中の神殿をみつけます。巻き貝に似た、巨大で美しい神殿。とてつもなく巨大な気泡に包まれています。神殿のてっぺんにはカイオーガの影。その周りを半透明のマナフィがくるくる回り、消えていってしまいました。 「待って!」ハルカは目を覚ましました。 次の朝。朝食の席で、自分の夢をみんなに話すハルカ。するとヒロミも同じ夢を見たことがあるといいます。そして、水の民の話をします。 マリーナ家は水の民の末裔であること。水の民は、海ぞいに旅をしながら水ポケモンと交流すること。そして、水の民が神殿を作り上げたこと。夢はDNAに刻まれた記憶なのだ、ということ。 その頃、ロケット団はトレーラーに忍び込み、卵を盗もうとしていました。 ムサシ、コジロー、ニャースが同時に卵に触れます。すると、赤い光りのツルが伸び、三人を捕らえ…三人の人格が入れ替わってしまいました! ロケット団はすぐに見つかり、逃げ出します。一座のピエロがポケモンキャプチャーでオニドリルをつかまえ、ピカチュウと協力して卵を取りかえしました。ピエロは、変装したポケモンレンジャーのジャック・ウォーカー、ジャッキーだったのです。 ジャッキーは、自分のミッションをみんなに説明。 卵が孵化し海の神殿にたどり着くのを見守るのが、ジャッキーの任務です。そして、卵は海を回遊する珍しいポケモン、マナフィだと話しました。 そこへ、ファントムのヘリコプターが襲撃してきました!ファントム船長は、岩を持ち上げるすごい怪力の持ち主。サトシたちと、激しい卵の奪い合いをします。まるでラグビーです。 奪い合いの中、飛ばされた卵をハルカがキャッチ!卵はまばゆい光りを放ち…孵化しました。生まれたマナフィは、はじめて見たハルカをママだと思い込みます。 トレーラーに逃げ込んだ一座は、ファントムのヘリコプターと激しいチェイスを繰り広げますが、何とか逃げ切る事ができました。 一座は、森の中の廃城にやってきます。かつて水の民が作った城です。少し遅れて、ファントムも到着しました。ロケット団も、偶然、城にたどり着いていました。 一座は、城の地下へ向かいます。らせん階段を降り、もっとも奥の小部屋に到着。祖父シップが壁の赤い突起にブレスレットをかざすと、光りの鍵が浮かび上がります。 金庫のダイヤル錠に似ています。シップが回し…隠し扉が開きました。 「お前ら、水ポケモンはもっちょるか?なら出番じゃ」とシップ。ここから先は水路なので、みんな水ポケモンに乗って進むのです。 追いかけてきた船長も小部屋にたどり着きますが、扉はしまっていて行き止まり。 「ここは水の神の遺跡。やつらは水の民だったのか…」とつぶやき、ボロボロのブレスレットを取り出します。 サトシたちは、円い天井の広間につきました。 シップが柱のレバーを操作すると、灯りがともり、壁や天井がライトアップされました。そこには、タペストリーのように、水の民の歴史が描かれていました。ハルカが夢で見た神殿もあります。 ヒロミは言います。 神殿はアクーシャと呼ばれ、海の王冠とよばれる秘宝があること。多くの盗賊が秘宝を狙ったこと。水の民が、秘宝を守るために神殿を海の色と同化させ、見えなくしてしまったこと。 神殿は広い海を漂流していて、皆既月食の時にだけその姿を現す。その時、水の民は水ポケモンに感謝を伝える祭りを開いたのだ、と。 そして神殿はマナフィが生まれた場所に造られたため、マナフィだけが帰巣本能で神殿にたどり着くことができるのです。 一座の目的地が海だと気づいたファントム船長は、先回りして待ち伏せを計画。ロケット団も、船長に取り入り、一緒に海に向かいます。 サトシたちは、迷路のような水路をぬけ、海にたどり着きました。 港で、のんびりアイスクリームを食べながら、昔船長だったシップの船、ブルーラグーン号を待ちます。マナフィは赤ちゃんようのかごに入り、無邪気に眠っています。 ジャッキーは、サトシたちに、危険なミッションに巻き込めないことを伝え、ここでお別れに。ジャッキーとマリーナ一座が、ブルーラグーン号で出発しました。埠頭で見送るサトシたち。ハルカは、マナフィとの別れに胸が痛みます。 船上では、目を覚ましたマナフィが大泣きします。 「若さとは、冒険をためらわない心の事じゃ」。シップの友人の老人たちの言葉に、走り出す、ハルカ、サトシ、タケシ。「俺たちもつれてってくれー!」「マナフィー!」 その時、マナフィが赤い光りのツルを伸ばし、サトシとジャッキーの人格を入れ替えました。 ハートスワップという、マナフィの自己防衛能力です。マナフィはハルカたちと一緒にいたいのです。こうして、サトシたちも、一緒に行けることになりました。 マナフィを海に放し、その後を追うように神殿に向かうマリーナ一座とジャッキー。みんな、美しい海と空を楽しみながら、どんどん進んでいきます。もうすぐ皆既月食です。 マナフィとハルカは、母親と子どものように心を通わせます。マナフィはハルカを「カモ」と呼ぶようになりました。その様子を心配そうに見守る、ジャッキー。 ジャッキーは、マナフィが親離れできなくなることを心配しているのでした。王子であるマナフィは、独りで、海のポケモンのリーダーにならなければいけないのです。 ハルカは理解し、マナフィと距離をおきます。「マナ、スキ!」と必死に呼ぶマナフィを、泣きながら放っていくハルカ。ハルカもマナフィも辛いのです。 夜。大きな月が空にうき、海面を照らしています。 マナフィは、ひとりで岩に登り、歌い出します。海上でも、海中でも、すべてのポケモンがそのメロディに耳を傾け、マナフィのいる方向を仰ぎみます。まるで王者ライオンにかしずく、サバンナの動物たちのようです。 そんなマナフィを、ブルーラグーン号から、複雑な気持ちで見守るハルカ。ヒロミは、海の民のブレスレットをハルカに渡すのでした。 皆既月食、当日。ブルーラグーン号は火山島の入り江に停泊しています。 楽しく遊んでいる最中、ハルカのバンダナが風に飛ばされました。気づいたマナフィは、ひとりでバンダナを追いかけ、深海深く潜っていきます。 ブルーラグーン号では、夕暮れになっても戻らないマナフィを、みんなで心配します。冷たくしたせいだ、と自分を責めるハルカ。 小型潜水艇で、捜索に出かける、サトシたちとヒロミ。深海でマナフィを見つけますが…激しい海流に巻き込まれて流されてしまいました。 マナフィの誘導で、海流を抜け出した潜水艇はそのまま、神殿アクーシャに入っていきます。しばらくして、後をつけてきたファントム船長の潜水艇も、アクーシャに入っていきました。 ブルーラグーン号では、大人たちが、子どもたちの帰りを待っています。「皆既月食が始まる!」とつぶやく、父カイ。 海中では、海の神殿が姿を現しました!ハルカの夢どおりの、巻き貝を思わせる巨大な神殿が気泡に包まれています。 神殿の中は、ローマ建築を思わせる豪華で荘厳な造りでした。マナフィは、ここの王子になるのです。別れを予感したハルカは、マナフィを抱きしめて涙をこぼします。 マナフィに導かれ、神殿の奥へとすすむ、サトシたち。最上階の広間にたどりつきました。演説台ほどの大きさの石に、海の王冠の印と古代文字が書かれていますが、読むことができません。 そこへファントム船長が! 「水の民の印によって開く扉の先に、王冠はある。海の王冠を抱きしもの、真の海の王者となる!」そう言うと、ファントム船長は、盗んで手に入れた水の民の印、ブレスレットを台座の王冠マークにかざしました。 台座が床に吸い込まれ、一筋の青いレーザー光線がのび、ダイヤル式の鍵が現れます。ダイヤルを回し、扉が開きました。扉の奥に走り出す、ファントム船長とサトシたち。 海上では、月蝕が終わろうとしていました。神殿は再び消えてしまいます。ジャッキーは泳いで神殿を目指しています。 神殿の最奥の間。80cmほどの大きな水晶の棒を何本も使った、巻き貝型の巨大なオブジェがありました。「海の王冠!これは全部俺様の物だ!」とファントム船長が叫び、無理矢理、水晶を引き抜いて、大きな袋に詰め込みはじめます。 同時に、天井にいくつもの穴が空き、水がどうどうと流れ込んで来ました。水晶が引き抜かれたために、神殿が崩れ、深海へ沈んでいくのです。 潜水艇へと逃げたサトシたちは、泳ぎ着いたジャッキーと合流。 サトシたちが潜水艇の中に避難している間、ジャッキーは奥の間へと向かい、ファントム船長と対決します。船長が引き抜いた水晶をジャッキーが戻し、引き抜き、戻し…。 闘いのさなか、ファントム船長は、一本の水晶を抱いたまま、増水した排水溝に落ちてしまいます。衝撃で水晶が船長の手からはなれ、流されていきました。水晶が無ければ、神殿をもとに戻すことはできません。 潜水艇の中に避難していたサトシたちとマナフィ。マナフィは、意を決して潜水艇から飛び出し、神殿に戻っていきました。サトシとハルカもあとを追います。 「マナフィは、神殿を助けようとしているんだ!」。 最奥の間で、水晶をもとに戻す、マナフィとサトシたちですが、一本足りません。水はどんどん流れ込み、神殿は沈んでいきます。 せまりくる水から逃げ、神殿内を走り続けるサトシたちは、偶然、流されてしまった最後の一本の水晶を見つけます。サトシは、ハルカ、ピカチュウ、マナフィを救命ポッドに避難させ、単独で最奥の間へ戻っていきます。 その頃、ジャッキーは潜水艇で神殿を脱出。ファントム船長は、水中スクーターをうばって脱出。ロケット団は、海の底に流されていきました。 最奥の間で、懸命に水晶を戻そうとするサトシですが、水の深さと流れに、息が続かなくなり気を失ってしまいました。沈んでいく水晶の柱。もう、ダメなのでしょうか?  

「ポケットモンスター ポケモンレンジャーと海の皇子マナフィ」のネタバレ

その時、マナフィの触覚が光りました!ハルカとピカチュウは、サトシと意識を交信させます。目覚めるサトシ、今度こそ! サトシは水晶を元に戻しました。王冠型のオブジェから閃光がほとばしり…全てが光りに包まれました。 神殿は復活しました。オブジェから、龍のようにも見える、金色の光りが無数に伸びていきます。遠くから見ると、触覚のようです。 海上に、その荘厳な姿を現す神殿。全てのポケモンたちが、一斉に神殿を目指し、移動を始めました。サトシの気配だけがありません。 ファントム船長が現れ、マナフィをさらいます。「こいつさえいれば、いつでも神殿を見つけられるのだ!」 そこへ、光の触覚に包まれたサトシが現れました。まるでイルカのように、海中も海面も、自由に飛んでいます! シップがつぶやきました。「海の王冠を抱きもの、真の海の王者とならん。あれが海の王冠なのじゃ!水の民は、あれを使って、ポケモンたちと交流していたのじゃ!」 サトシとポケモンたちは、一斉にファントム船長にたち向かい、マナフィを奪還します。しつこいファントム船長は、超音波を流してポケモンたちを混乱させますが、マナフィが、その歌声で超音波を撃退し、ポケモンたちの心を一つにします。 カイオウガに乗ったマナフィは、まさに海の王子です。マナフィの号令で、ファントムの巨大な潜水艇を攻撃するポケモンたち。カイオウガの口か発射された炎がとどめとなり、ファントムは倒されました。 海に、平和が戻りました。 水の民の末裔、マリーナ一座とサトシたちは、それぞれ黄金の触覚に包まれて、ポケモンたちとともに海を縦横無尽に飛び回ります。 少し離れた場所から見ていたジャッキーがつぶやきます。「あれが海の王冠だ」。 神殿を囲むように、弧を描いて伸びる黄金の触覚は、まさに、王冠のかたちでした。 夕暮れ。 神殿は海に潜っていきました。「こちらジャック・ウォーカー。ミッション完了」とジャッキー。 マナフィは晴れ晴れとした表情で、ハルカに抱っこされます。ハルカはマナフィを抱きしめ、「あなたの仲間をまもってあげてね。そして、忘れないで、私を」と優しく伝えます。 「さ、よ、な、ら、は、る、か」マナフィは答えると、明るく笑い、海の飛び込びました。その後ろ姿は、いきいきと輝いていました。 ファントム船長たちは牢屋に入り、ジャッキーもマリーナ一座もいつもの生活に戻りました。ロケット団は、ホエルコのお腹から出て来ました。 海中の神殿では、ポケモンたちが幸せにくらしています。そして。 サトシたちは、新たな冒険へと旅立つのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です