映画「ロッキー」ネタバレとフル動画を無料視聴【openload】

1 min
映画ロッキーのフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 誰もが聞いたことがある名作映画ロッキー。 ボクシングを続けるフィラデルフィアの三流ボクサー、ロッキー・バルボアが一生に一度のチャンスをつかみ取る物語です。 アメリカンドリーム、サクセスストーリー…そんなお決まりの言葉では表現できない主人公の哀愁と熱い想いのつまったこの映画は、名作の名にふさわしい…。 映画「ロッキー」を視聴するなら動画配信サービスがオススメです。 違法動画視聴サイトで検索するのと違って、高画質で吹替/字幕が切り替え自由な動画をすぐに視聴できます。登録は3分あれば終わるので簡単です。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ロッキー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 2000ポイント 字・吹
Hulu 見放題 字・吹
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 見放題 字・吹
music.jp 324ポイント 字・吹
  「ロッキー」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・U-next ・Hulu いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。 music.jpとTSUTAYA TVは視聴にポイント(別料金)が必要ですし、吹替と字幕両方揃っていて、かつ視聴にポイントなどの制限がないU-NEXTがオススメです。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 試しに「ロッキー」「Rocky(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ロッキー」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ロッキー」のあらすじ

フィラデルフィアの下町で暮らす、三流ボクサーのロッキー・バルボア。 ファイトマネーでは食べていけない彼は、高利貸しのガッツオの取り立て屋をして食いぶちを稼いでいます。 やくざな生活を送りながらもジムに通い、ボクシングを続けていますが、ジムのオーナーであるミッキーは彼に対して冷たい態度をとります。 ロッキーの親友ポーリーは精肉工場で働いていますが、仕事にあきあきしていて、ガッツオに紹介してくれといつもロッキーに頼んできます。 (ガッツォ、ミッキー、ポーリーの三人とロッキーの友情については後ほど) そんなパッとしないロッキーの日常にも、楽しみがあります。 ポーリーの妹エイドリアンに会うため、ペットショップに通いつめているのです。 カメや金魚を飼っていて、餌を買う口実で店に行き、しきりにエイドリアンに話しかけますが、内気な彼女はなかなかうちとけてくれません。 兄のポーリーは妹に興味を持ってくれているロッキーの味方で、感謝祭の夜に二人は初デート。ずっと話し続けるロッキーにやっと彼女はうちとけてくれるようになります。 一方、建国200周年記念祭のイベントとして行われる世界ヘビー級タイトルマッチで、チャンピオン、アポロ・クリードの対戦相手が負傷。 急遽、代わりを探すことになります。 話題性を重視するアポロは、「誰にでもチャンスがあるのがアメリカだ。」という路線でいくことにし、あえて無名の選手の中から対戦相手を選びます。 そこで目にとまったのが、「イタリアの種馬」というロッキーのニックネームでした。ユニークだということでアポロが気に入ったのです。 アポロから連絡をもらい、スパークリングパートナーの依頼だと思って話を聞きに行ったロッキーは、対戦の依頼と知って驚き、一度は申し出を断ります。 実力の差は歴然としているからです。 しかしどうしてもイベントを成功させたいプロモーターは強引にロッキーを説得します。こうして彼は急に脚光を浴びることになったのです。 スポンサーになりたいと申し出るポーリーや、長年の経験を話してマネージャーになりたいというミッキー。 それまで誰の助けも借りずにやってきたロッキーは、これらの申し出をはじめは断りますが、やがて彼らの友情を受け入れます。 エイドリアンの愛情を得たことで、ロッキーは孤独の殻を破ったのでした。 応援してくれる彼らの助けを借りて、厳しいトレーニングに耐え抜いたロッキーは、いよいよアポロとの試合に臨みます。

「ロッキー」のネタバレ…孤独なロッキーを支えた友情

試合前夜、彼はエイドリアンに「絶対に勝てやしない。」と弱音をはきます。 しかしその後、 「もし、最終15ラウンドまで立っていられたら、たとえ負けたとしても自分がただのごろつきじゃないことを証明できる。」 と言い、最後まで立って戦い続けることを誓います。 一生に一度のチャンス、運命の試合が始まります。 これまですべての試合を3ラウンド以内で勝ってきたアポロに対して、一歩も引かない戦いぶりを見せるロッキー。 試合終盤には地元フィラデルフィアの観客たちから「ロッキー」コールが起こります。 15ラウンド戦い抜いた試合は判定にもつれ込みますが、判定結果も出ないうちに、ロッキーは「エイドリアン!」と叫んで彼女を探します。 エイドリアンは観衆をかき分けてロッキーのもとにたどり着き、二人は固く抱き合うのでした…

「ロッキー」は友情の物語

ロッキーの心の支えとなったのはエイドリアンに間違いありません。 ただ3人の友の支えがなければアポロとの試合は戦い抜けなかったことでしょう。 まず一人目は、親友のポーリーです。 ロッキーがごろつきのような生活をしているときから、親しく付き合っている友人です。 ポーリーは精肉工場で働いています。一旗あげたいと考えているようで、ロッキーに高利貸しのガッツオに紹介してくれといつも頼みますが、ロッキーは彼の頼みを断り続けます。 ポーリーは不満ですが、ロッキーは借金取りという仕事を、やくざな仕事と恥じており、親友にはやくざな世界にかかわらせたくないのです。 ロッキーがアポロと試合することが決まったとき、ポーリーはロッキーの宣伝を担当させてほしいと頼みます。ロッキーはこの申し出も断ってしまいます。 おまけにエイドリアンとの会話で、ポーリーのことを悪くいってしまい、聞いていたポーリーは深く傷ついて、妹を罵倒しながら暴れるのです。 この時、ロッキーは初めてポーリーの抱える孤独感に気づいたのだと思います。 自分と同じように、ポーリーも孤独だった。 この思いが、後にポーリーがロッキーのもとに出向き謝罪した上で、試合に向けてロッキーの宣伝をさせてほしいと頼んできたときに、承諾することにつながっていくのだと思います。 ロッキーにとってポーリーは孤独な時期にもそばにいてくれた友人です。ロッキーの彼に対する態度からは、いちかばちかの賭けや、やくざな仕事をせずに、真面目なかたぎの世界で生きてほしいと願っているように思われます。 二人目は、ミッキーです。 ロッキーが通うボクシングジムのオーナーです。 10年来の知り合いで、長年ジムに通っているのに冷たい態度のミッキーに、ロッキーが 「なんで俺をバカにするんだ!理由を言ってみろ!」 と怒りをぶつけるシーンがあります。 それに対してミッキーは、 「せっかく恵まれた素質を持っていたのに、今の自分を見てみろ!ケチな高利貸しの集金係に成り下がってるじゃねぇか!」 と激しい口調で言います。 「生きていくためだ!」と言い返すロッキーに、「クズの人生だ!」とばっさり。ロッキーは傷つきます。 その後アポロとの試合が決まると、ミッキーがロッキーの家にたずねてきます。 「ひとりではアポロに勝てない。」 「俺には50年の経験がある。」 「お前のマネージャーにしてくれ。」 ミッキーは卑屈ともいえるほど下手に出て頼みますが、ケンカの件もあり、ロッキーは怒ります。 「俺に運が向いてきたら手のひらを返しやがって!10年もの間ほっといたくせに!」と大声でののしります。 とうとうミッキーはあきらめて部屋をあとにします。外にまで聞こえるほど大声でののしり続けたロッキーでしたが、ミッキーの後を追い、彼にマネージメントを頼みます。 ミッキーがいなければ勝てないと思ったこともあるでしょうが、ボクシングにかけるミッキーの情熱をよく分かっていたのでしょう。 ロッキーに「クズの人生だ!」と怒鳴りつけたミッキー。 ロッキーの素質を買っていただけに、自堕落な生活をする彼に対して怒りを募らせていたにちがいありません。 そしてミッキーだけが彼に本当のことを突きつけた友達だったのです。 一生に一度のチャンスが巡ってきたロッキーにどうしても勝たせてやりたいという思いが、卑屈なまでの態度で「マネージャーにしてくれ。」と頼んだ理由だと思います。 ポーリーとは別の意味で、ロッキーにとって誠実な友達だと思います。 三人目はガッツオです。 友達と呼べるかどうか微妙に思いますが、生活に困っていたロッキーに仕事を与えて経済的に援助していたのはこの人です。 確かにやくざな商売をしていますし、「払えないやつは指を折れ。」なんてロッキーに指示するやつです。 でもロッキーを気に入っていて、口実があれば小遣いを渡しますし、アポロとの試合のためにトレーニングに使うお金も出してやります。たばこや酒もやめとけと忠告します。 いいやつ、とは言えないかもしれませんが、孤独なロッキーを支えていた人物ではあります。この3人がロッキーにとって大きな存在だったのは間違いありません。

「ロッキー」の感想

この映画を一言で表すと 「試合に負けて勝負に勝った」 というのがぴったりだと思います。 彼は劇中で何度も自分について話します。たいていは軽口やユーモアの延長として語る感じですが、自分のことをごろつきだと思っているふしが言葉のはしばしに出てきます。 「ボクサーはやくざな商売だ。」とか「俺みたいになっちゃいけねぇ。」というふうに。 けれどロッキーは一生に一度のチャンスに全力でくらいついて、 「俺はボクサーだ!ごろつきじゃない!」 と証明しました。 ロッキーにとって勝敗よりも大切なもの”自己の尊厳”を手に入れたのです。この過程を非常に泥くさく描いてあるところが、この映画の魅力だと思います。

ロッキーのテーマ曲について

ロッキーのテーマ曲というと、戦いに向けて盛り上がっていくシーンで流れているイメージが強いと思います。もしくは試合で盛り上がっているシーンですね。 でも実際は、全編にわたって至る所でこの曲が流れています。 なにげなく裏通りを歩くロッキーの姿に合わせてすごく小さいボリュームでさわりの部分だけ流れたり、ロッキーが失意のどん底にいるときは、ピアノで、ものすごくスローに、哀愁たっぷりな雰囲気を演出したり。 よく知られているファンファーレ風の盛り上がる編曲が流れるのは、オープニングと試合の直前や試合中だけです。 一つの曲でこれだけいろいろな感情表現をしている映画を、私は他に知りません。 音楽の専門家でも何でもありませんが、耳に残る名曲だと思います。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です