映画スター・ウォーズ「ローグ・ワン」のフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

9 min
映画「ローグ・ワン」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 今すぐ無料で視聴するなら、いちばんカンタンかつ安全な方法は、月額制動画配信サービスの無料トライアル期間を利用して視聴すること。 なかでもmusic.jpであれば、30日間の無料トライアル期間を利用して「ローグ・ワン」だけではなく複数のスターウォーズシリーズ作品を視聴可能です。ぜひ今すぐ視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ローグ・ワン」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 385ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント 字・吹
Hulu × ×
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年3月31日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ローグ・ワン」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、dTV、Amazonの2つは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントがなく自腹になってしまうわけです。 それを踏まえると、スターウォーズ ローグ・ワンの視聴はU-NEXTとmusic.jpとTSUTAYA TVの3択。 ただし、スター・ウォーズの他作品を見たいと思った場合は差が出ます。もらえるポイント数の差で、無料期間に視聴できるスター・ウォーズシリーズの作品数が違ってくるわけですね。

U-NEXT:1本のみ TSUTAYA TV:2本まで(スターウォーズ1~6は有料) music.jp:3本まで

「ローグ・ワン」だけ見るなら3つのどれでもOKなのですが、スター・ウォーズシリーズを複数楽しみたいなら、music.jpの30日間無料トライアルを利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ローグ・ワン(邦題)」「rogue one(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ローグ・ワン」を視聴する2つのオススメ方法

「ローグ・ワン」を今すぐ視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 登録時にタダでもらえるポイント数が1600と多いため、スターウォーズシリーズを合計3本まで無料で楽しめます。なので「ローグ・ワン」以外にも、見たい作品をスポットで楽しめるのが強みです。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

スターウォーズシリーズをすべて視聴するならTSUTAYA DISCAS

music.jpだと、今すぐ視聴できる代わりに無料で見れるのは3本まで。 でも、「スターウォーズシリーズを全部見たい!」と思うこともありますよね?そんな時は動画配信サービスとは少し違うのですが、TSUTAYA DISCASというサービスの無料トライアルを使うのがおすすめです。 TSUTAYA DISCASはオンラインのDVDレンタルサービス。 ネットでDVDを注文すると自宅ポストまでと届けてくれて、視聴後には近くのポストに返却するだけのカンタンな仕組みです。 もっとも、DVD再生環境がなければ視聴することはできないのと、あとは注文→自宅に届いてやっと見れるというタイムラグがあるので、今すぐ見れるわけではないのがデメリットです。 でも、TSUTAYA DISCASは無料期間内に最大8枚までDVDが無料レンタル可能。 ということはスターウォーズシリーズの大半を視聴可能ですし、もし「ローグ・ワン」等も見たければ、music.jpも組み合わせればスターウォーズシリーズをすべて網羅できることになります。 現状、スターウォーズシリーズを一気に楽しむのはTSUTAYA DISCASが唯一の手段です。とらあえずmusic.jpに登録して「新たなる希望」を見ながら、TSUTAYA DISCASにも登録してその他の作品をレンタルしておくのが一番賢い方法かもしれません。 もちろん、TSUTAYA DISCASも30日以内に解約すれば無料なのでご安心を。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「ローグ・ワン」のキャストとPV

キャストと登場人物

孤独なローグ(無法者):ジン・アーソ(フェリシティー・ジョーンズ) 反乱軍の将校、ジンの監視役:キャシアン・アンド―(ディエゴ・ルナ) 反乱軍軍曹:ルースコット・メルシ(ダンカン・バウ) 盲目の僧侶:チアルート・イムウェ(ドニー・イェン) その親友、衛星ジェダの戦士:ベイズ・マルバス(チアン・ウェン) 元帝国軍、現在は反乱軍パイロット:ボーディー・ルック(リズ・アーメッド) ドロイド:K‐2SO(アラン・テュディック) 帝国軍将校:オーソン・クレニック(ベン。メンデルスゾーン) 惑星オルデラン元老院議員:ベイル・オーガナ(ジミー・スミッツ) 惑星オルデラン王女:レイア・オーガナ(イングヴィルド・デイラ) パルチザンのリーダー:ソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー) デス・スター設計者、ジンの父:ゲイレン・アーソ(マッツ・ミケルセン) 亡きジンの母:ライラ・アーソ(ヴァレン・ケイン) シスの暗黒卿:ダース・ベイダー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)

 

「ローグ・ワン」のあらすじ

はるかな昔、銀河系・・・銀河帝国による粛清で誇り高きジェダイ騎士団は壊滅、すべての星系は帝国の支配下におかれていました。 血で血を洗うような恐ろしい圧政の中、一際恐れられたのは皇帝の腹心、暗黒卿ダース・ベイダー。常に黒一色の不気味なマスクと衣装を纏うその素顔は誰も見たことがなく、その冷酷な性格も相まって不満分子たちの憎悪の対象となっていました。 圧政に疑問を持つ不満分子たちは惑星オルデラン王女、レイア・オーガナを中心に反乱同盟軍を結成しますが、強大な帝国軍が相手ではなすすべもなく、次々と粛清されていきます。 そして、帝国軍はついに宇宙要塞デス・スターの建造に着手。その建造計画の中心メンバーに任じられたのは、天才科学者ゲイレン・アーソです。 ゲイレンはデス・スターを建造することで、更なる混沌と粛清が起こることを予感し、恐怖します。そして、愛する妻ライラと、幼い娘ジンを連れて惑星ラ・ムーに逃亡をはかるのでした。 しかし、そこに帝国軍の高級将校であるクレニック率いる部隊が現れ、ライラは娘にペンダントを残して射殺され、ゲイレンは連れ去られてしまいます。 1人洞窟に隠れ震えているアーソ。そこにソウ・ゲレラ率いるパルチザンが到着し、彼女を保護するのでした。 それから15年・・・ 美しく成長したジンは、惑星ウォバニで帝国軍に捕虜として連行されていました。 戦場で育ての親であるソウと生き別れて以来、自力で生きてきたジン。その若さと美しさとは裏腹に、たぐいまれな戦闘スキルと犯罪歴を持つ、いわゆるローグ(無法者)になっていました。移送中の身であるにも関わらず、ふてぶてしい態度をとります。 行きつく先は帝国軍の労働収容所・・・地獄送りを意味していました。 その頃1人の男が衛星ジェダに向かっていました。 彼の名はボーディー・ルック。元々は生活のために帝国軍の貨物船パイロットとして働いていたのですが、しだいにその冷酷なやり方に嫌気がさしていました。 そこに、帝国の科学者であるゲイレンと出会ったボーディーは、自分がふだん輸送しているカイバ―・クリスタルが、建造中の要塞デス・スターの超兵器の材料であること、星一つを簡単に壊すほどの威力があることを聞かされ、愕然とします。 「デス・スターには弱点がある」 致命的な弱点を密に仕込んでいたゲイレン。実は最愛の妻を殺した帝国に復讐の念を抱いていており、機会を伺っていたのです。 かくて、弱点を記したデス・スターの設計図の情報を託されたボーディーは、故郷である衛星ジェダに向かいます。目的は、伝説的なパルチザンリーダーであるソウ・ゲレラに会うこと、そして、彼と協力関係である反乱軍に設計図の情報を渡すこと・・・! 一方、輸送船は労働収容所に到着。 ジンは密に逃げる機会を伺います。 と、そこに反乱軍軍曹であるメルシが収容所に乱入!途端に大混乱になる状況に、これ幸いと逃亡をはかるジンでしたが、そこにドロイドのK‐2SOが立ちはだかります。 「ここから出たいか?」そう尋ねるメルシ。あっけにとられるジン。そう、この混乱は、すべて彼女の脱出のためだったのです。 ジンはメルシに連れられてある惑星に降り立ちます。そこはヤヴィン第4衛星という反乱軍の本拠地でした。 一介の犯罪者にすぎない自分に対する反乱軍の目的が読めないジンは、警戒をやめません。しかし反乱軍の中心メンバーであるモン・モスマ議員から言われたのは意外な事実でした。 デス・スターの設計図の情報を託された元帝国軍パイロットのボーディーは、ゲイレンの旧友であるというソウの元に向かいました。しかし、ソウ率いるパルチザンは、あまりにも過激なテロ行為をおこなっており、そのため反乱軍からも疎まれ、両者は反目していたのです。 そのため、疑心暗鬼になっていたソウはボーディーを信用せず、投獄してしまいます。 この事を知った反乱軍は、ゲイレンの娘でソウに育てられていたジンの存在を調べ、ボーディー解放と設計図のために接触を依頼しようと計画。偽名で帝国軍に逮捕された彼女を救出した・・・というわけなのでした。 帝国軍にも反乱軍にもかかわりたくないジンでしたが、生き別れになった2人の「父」の話に動揺。結局、自由の身にするという約束で、「監視役」のキャシアン、そしてK‐2SOと共にジェダに旅立ちます。  

「ローグ・ワン」のネタバレ

ジェダに到着する3人。 そこは、かつてジェダイの聖地と呼ばれた場所ですが、現在は上空からスターデストロイヤーに監視され、都市にはストームトルーパーが大勢常駐する植民地と化していました。 暗く諦めた表情の住人達の中に、不思議な男がいます。僧形のその人物は盲目で、その物言わぬ美しい青い目は何も映してはいませんでしたが、まっすぐにジンを見つめ、語りかけてきました。 母の形見のペンダントのことを言い当てる男に驚くジン。 そこに、突然の爆音が!帝国軍の車が爆発したのです。大混乱に陥る街ですが、逃げ遅れて泣いている少女の元に走っていったジンは、そのままストームトルーパー達に囲まれてしまいました。 そこに、先程の僧が現れ、あっという間にトルーパー達を倒していきます。盲目とは思えない軽やかな身のこなしと戦闘力に驚くジン達。もう1人の屈強なパートナーも連射式ブラスターで敵を撃ちぬいていきます。 そこに現れたのはパルチザンの一行!爆弾騒ぎは彼等のテロだったのです。しかし、キャシアンはパルチザンのメンバーを射殺してしまいます。そのままパルチザンのアジトに連行される一行。 そして、ジンは数年ぶりに育ての親であるソウと再会を果たすのでした・・・ ソウはジンにボーディーが持ってきた父、ゲイレンのメッセージを見せます。妻子と引き離された後、帝国軍に無理矢理協力をさせられ、デス・スターの設計をした父ゲイレン。 しかし、協力するふりをして、構造に致命的な弱点を仕込み、それを記した設計図のデータを惑星スカリフにある帝国軍の建築物データに入れたと言うのです。 父がまだ生きている事実を噛みしめるジン。そんなジンに、ソウは「パルチザンのメンバーの中には、帝国軍に協力する父を持つお前を人質として利用しようとする者がいた」と言い、彼女を守るために追い出したと告白をします。 自分は2人の父に愛されていた・・・ようやく孤独から解放されたジン。そして反乱軍の一員として、設計図を入手し、ゲイレンを救う事を誓うのでした。 一方、ジンの母ライラを殺害し、ゲイレンを連れ去ったクレニックは、デス・スター計画の保安責任者となっていました。ジェダの都をスーパーレーザー砲の試射の標的にするように命じます。 瞬く間に大崩壊する街!両足が義足で走れないソウは、ジン達に銀河の未来を託し、崩壊するアジトと共に運命を共にするのでした・・・ こうして、ジン、キャシアン、K‐2SO、パルチザンから解放された元帝国軍パイロットのボーディー、ジェダイの信奉者である僧兵チアルート、そのパートナーである戦士ベイズという、出自も育ちもバラバラな6人は、「帝国軍を倒す」という1つの意志の元、戦うことになります。 ゲイレンが惑星イードゥ―の研究施設にいることをボーディーからの情報で突き止めた一行。彼を保護するために旅立ちますが・・・実はキャシアンは反乱軍から「設計図の情報を入手後、ただちにゲイレンを暗殺せよ」という密命を受けていたのです。 その頃、デス・スター指揮官ターキン総督から、デス・スターの機密漏洩の主犯を捜索するように言われていたクレニックは、イードゥの研究員を全員呼び出していました。 誰も名乗り出ない場合は射殺すると脅すクレニックに、ゲイレンは自ら名乗り出ますが・・・なんと、クレニックは他の研究員を全員射殺、ゲイレンを殴り倒します。 暗殺の機会を伺いながらも、ジンを想って引き金を引けないキャシアン。そこに、キャシアンからの連絡が途絶えた事を案じた反乱軍が攻撃隊を派遣、爆撃を開始しました。 爆撃で重傷を負うゲイレンは、駆け付けたジンと再会します。娘の成長を束の間喜んだ後、彼はその波乱に満ちた生涯を閉じるのでした・・・。 惑星ムスタファのダース・ベイダーの居城に呼び出されたクレニック。デス・スターに施された弱点について懸念を口にするダース・ベイダーに対し、ひたすら保身をはかりますが・・・フォースで締め上げられた上に、任務を遂行するように厳命されます。 一方、帝国軍の貨物シャトルを奪い、ヤヴィン第4衛星にたどり着いたジン達は、早速デス・スターの脅威と、惑星スカリフへの設計図奪取のための進軍を上層部に訴えますが・・・ 帝国軍の協力者だった父を持つジンや、元帝国軍パイロットだったボーディーに疑念を抱く者もあり、話は進みません。 とうとう降伏を言い出す者もでてくる始末で、モスマ議員も頭を抱えてしまいました。 2人の父と母を殺され、帝国に一矢報いたいジン。そんな彼女に協力を申し出る仲間が現れるのです。 ゲイレンに、正しい道に、あるべき自分に引き戻してもらったボーディー 故郷ジェダの都を焼かれたチアルートとベイズ そして、苦楽を共にしたキャシアンと、彼の行くところなら必ずお供をするというK‐2SO バラバラなのにつながっている、奇妙なローグ(反逆者)達の部隊が誕生した瞬間です。目指すは惑星スカリフ!更に彼等に協力を申し出るパイロット達も参戦することになりました。 こっそりと帝国軍の貨物シャトルに乗り込む一行達は、管制塔からコールサインを問いかけられますが・・・咄嗟にキャシアンは「ローグ・ワン」と名乗ります。反逆者達に相応しい名前です。 到着したスカリフで、二手に分かれるローグ・ワンのメンバー。 帝国軍になりすましたジン、キャシアン、K‐2SOと、ボーディーが手続きをしている間に反乱軍が侵入しますが、敵に反応したシールドが閉じてしまいます。警備兵が駆け付け、あたりは大混乱に! K‐2SOの活躍で設計図のあるタワーへの侵入路が判明し、潜入に成功しますが、シールドが張られたことで大容量の設計図が送れません。 シールドを解除すべく奔走するボーディー!そこに帝国軍のラムダ提督率いる艦隊が駆け付け、シールド発生装置をめぐって戦闘が勃発します。 その頃、反乱軍基地ではドロイドのR2-D2とC3POが突如始まった戦いを察知します。また、ジンのスカリフへの出撃を支持していたラダス提督も艦隊を率いて無断で飛び立ってしまい、いよいよ基地は決断を迫られてしまうのでした。 かつて銀河帝国皇帝となったパルパティーンと、暗黒面に堕ちたジェダイ、アナキン・スカイウォーカー・・・後のダース・ベイダーが引き起こした「クローン戦争」以来の大戦争の予感・・・ 惑星オルデラン元老院議員のベイル・オーガナは、今は惑星タトゥイーンにいるジェダイ、オビ=ワン・ケノービに助けを求めるべく、娘のレイア姫を特使として派遣することに決め、自身はオルデランに出発します。 数で劣るローグ・ワンは次第に劣勢となり、次々と倒れていきます。K‐2SOはストームトルーパーに破壊され、ボーディー、チアルート、ベイズも戦死、キャシアンもクレニックに撃たれ、深手を負ってしまうのでした。 彼等の犠牲によってもたらされた情報を元に、ついにシールドを破壊する反乱軍艦隊。それを機にジンはタワーの屋上アンテナから設計図のデータを送信しようとしますが、そこにクレニックの魔の手が・・・! しかし、キャシアンの銃撃でクレニックは倒れます。ようやく2人はデータ送信に成功し、タワーからの脱出をはかるのでした。 大勢の名も無き人々の想いをこめたディスク・・・それは、銀河全土の「希望」でした。そこに、巨大なデス・スターが・・・! ・・・すべては一瞬でした。 デス・スターのスーパーレーザーの威力は凄まじく、タワーはクレニックを巻き込んで壊滅。迫りくる炎の柱を目前に、キャシアンとジンはしっかりと抱き合うのでした・・・ 設計図のデータを受信し、離脱をはかる反乱軍戦艦。しかしそこにダース・ベイダーの軍団が立ちはだかります。 ライトセーバーとフォースを駆使して戦うダース・ベイダーの前に倒れ、死んでいく反乱軍兵士達。それでも彼等は諦めません。傷つき、血を流しても「希望」であるデータを手から手へと渡していきます。 最後に「希望」を渡された者・・・それは、レイア姫でした。凛とした表情でディスクを手にした彼女は、「これは希望です」と語り、迫りくる戦いを予感しながらオルデランへと向かうのでした・・・ そして、伝説が始まるのです・・・!  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です