韓国映画「殺人者の記憶法」ネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「殺人者の記憶法」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 違法動画サイトで探す、DVDレンタルで視聴する…といった方法が考えられますが、手っ取り早く視聴するなら動画配信サービスU-NEXTの無料トライアルを使うのがオススメ。 登録から31日以内に「殺人者の記憶法」を視聴して解約してしまえば1円もかからないですし、ほかにも多くの韓流映画を配信しているので、無料期間だけでも十分に楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「殺人者の記憶法」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 440ポイント
※2020年1月20日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「殺人者の記憶法」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、dTV、Amazonの3つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 dTV&Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

無料期間に視聴可能なのは、U-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpの3つ。 新しく1つ登録するなら、圧倒的にU-NEXTがオススメです。 唯一、有料ポイントの消費が必要ない(この3サービスはいずれも登録時にタダで有料ポイントがもらえますが、U-NEXTだけはポイントを消費せずとも「殺人者の記憶法」を楽しめます)ので、ほかの有料作品に回すこともできますし。 またU-NEXTは韓流映画のラインナップが充実していることでも有名で、韓流映画好きなら一択です。無料トライアル期間も31日間と最長ですし、ぜひ登録して今すぐ視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「殺人者の記憶法(邦題)」「satuzinsyano kioukuhou(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「殺人者の記憶法」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「殺人者の記憶法」のあらすじ

獣医として働くビョンスは、娘のウンヒと二人暮らし。 過去に受けた手術が原因で認知症を発症してしまいます。 迷子になって保護されたり、携帯電話を間違って壊してたり、馴染みの警察官であるアン・ビョンマン所長の名前も思い出せないなど、様々な支障が出てきてしまいました。 数分前のことすら忘れてしまう父の為、ウンヒはカセットテープレコーダーを渡します。自分が何をしていたのか逐一記録をとり習慣づけるよう勧められ、ビョンスはレコーダーを使い始めました。 習慣になったことは忘れない。 そう信じ獣医として日々動物たちの治療を請け負っていましたが、薬を打ったことを忘れしまい、治療していた動物が薬の過剰投与により死んでしまいます。 獣医としての感覚すらも忘れゆくことに危機を感じる中、彼にはただひとつ忘れていない”習慣”がありました。かつて連続殺人鬼だった頃の”人を殺す習慣”です。 いつ娘に危害を加えるかわからない自分を恐れたビョンスは、施設に入所することを申し出ますが、愛娘のウンヒは限界まで共に生活したいと言って却下します。 そんな2人の背後に、魔の手は迫っていたのです。  

「殺人者の記憶法」のネタバレ

幼い頃、度重なる暴力に耐えかね自分の父親を殺してしまったビョンス。 以来、この世には必要な殺人もあると信じ犯行を続けてきました。 しかし数年前、ウンヒの母親が失踪してしまい、娘を1人で育てていく事になります。その間は殺人を犯すことはなく、ウンヒを一人前に育て上げました。 殺人からも足を洗い平穏に暮らしていた2人でしたが、近頃若い女性ばかりが狙われる連続殺人事件が頻発しておりビョンスはウンヒが心配でなりません。 ある日、車を運転していたビョンスは前方不注意で追突事故を起こしてしまいます。 ドライバーの様子を見に運転席に向かおうとしますが、トランクから滴る血が目に止まり中を覗きます。すると、人ひとり入れられるほどの巨大なバッグが入っており血が流れています。 直感的に何かを感じとったビョンスは、思わずガーゼで血を拭き取っているとドライバーである男性がが現れ、鹿をはねてしまったといいトランクを閉めてしまいます。 不審に思い連絡先を交換しようとしますが、応じてくれませんでした。 この時、ピョンスは直感しました。 自分と同じ殺人鬼であるということを。 ビョンスはこの男性のことを忘れてしまわないよう、その場でカセットテープに車のナンバーや特徴を吹き込みます。 さっそく診療所に戻り、ガーゼに染み込んだ血液の血液型調べてみると、鹿には存在しないO型。 ますます殺人の線が濃くなり、最近起きている連続殺人の手口とも似ていたことから彼が連続犯人であると確信したビョンス。 アン・ビョンマン所長に相談しますが、曖昧な対応をされてしまいます。 ある日、偶然ウンヒと見覚えのある男が腕を組んで歩いているところを見かけます。危険を感じウンヒを連れて帰ろうとしますが、その男が誰なのかが思い出せません。 その男はミン・テジュと名乗りウンヒと付き合っているといいます。 後日アン・ビョンマン所長が車のナンバーから、持ち主の名前を教えてくれました。 持ち主の名前はミン・テジュ。 そこで記憶は蘇り、ミン・テジュが殺人犯であることを思い出し、娘に危機が迫っていると急いで迎えにいくビョンス。 しかしウンヒを救う為に行動を起こしても、肝心なところで記憶を失ってしまい、なかなかミン・テジュが犯人である証拠はつかめません。 その間にも着実に娘に近づくミン・テジュ。 気がついたときにはミン・テジュは自宅に結婚の挨拶に来ていましたが、ビョンスは彼が殺人鬼であることも忘れ2人の結婚を許してしまいます。 一週間分の記憶を失ってしまっている事、その間に実の娘にも手をかけようとしていた事を知り、深く絶望するビョンス。 アン・ビョンマン所長に鑑定をお願いしていた血液も、動物のものであると言われ唯一の証拠も使い物にならなくなっていました。 ある夜、目が覚めるとビョンスは拘束されており、身動きが取れません。 目の前には、自分の日記を偽装しているミン・テジュの姿が。 今までミン・テジュが起こした殺人事件も全てビョンスの犯行であるかのように偽装、ウンヒも頂くと。なすすべもなく自身が用意していた鎮静剤を使われてしまい、気を失ってしまいます。 目が覚めた時にはミン・テジュはいなくなっていましたが、1人でウンヒを守ることに限界を感じ、自分の姉がいる修道院へ避難させます。 そして記憶を無くしてしまわぬうちに、ミン・テジュを殺害するためにビョンスは動き出します。ミン・テジュの車を尾行しながらチャンスを伺っていると、とある空き家にたどり着きました。 ミン・テジュが空家をさった後、ビョンスも忍び込み室内を捜索。するとミン・テジュが犯行に及んだ瞬間と思われる映像がビデオカメラに残されていました。 これでミン・テジュを犯人として通報できると思い、アン・ビョンマン所長に映像を見せたところ、まずはウンヒの安否確認しようと修道院に向かいます。 しかし、そこには朽ち果てた建物があるだけ。 そこでビョンスは思いだします。 自分が幼い頃、姉は自殺していた事。 失踪したとされていたウンヒの母親も、自分が殺害した事。 殺人の習慣だけが残り、最近起きていた連続殺人事件も全て自分の犯行であった事。 どうしようもない絶望感に襲われ自害しようとした時、カセットテープからウンヒの声とミンテジュの声が。 ウンヒは記憶が失っていこうとも父を支えていきたいと、いつかビョンスが聞いてくれるであろうカセットテープに自身の思いを語っていました。 そしてミン・テジュは血をすり替えた事、ビョンスの代わりにウンヒを殺す事を告げる脅迫声明が録音されていました。自宅に訪れた警察官から拳銃を奪い、ミン・テジュを追います。 たどり着いた先でミン・テジュとの死闘が繰り広げられます。 年齢や体格差により追い詰められていたビョンスでしたが、ウンヒの応援をうけ必死に抗戦します。なんとかミン・テジュに勝利し、娘を救い出すことができました。 事件は終息し、ビョンスは警察病院で過ごすようになり、面会にくるウンヒのことも姉としてしか認識できなくなっています。 病室で不意に今までの記憶が蘇ります。 ミン・テジュはまだ生きている、殺さなければ、と。 そして病院を抜け出したビョンスは、1人でトンネルの前に立ちミン・テジュの行方を追うように歩き出すのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です