映画「ウォルター少年と夏の休日」のフル動画を無料視聴☆dailymotion

ウォルター少年と夏の休日」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。


孤独な少年と老兄弟の、奇妙でハートフルな夏の休暇を描いた映画です。

父親がいないウォルター少年は、夏休みの休暇に田舎の大叔父たちの家にあずけられます。彼らは40年間蒸発していて、出所不明の大金を持って戻ってきたばかり。

空白の40年と大金の謎…やがて少年は大叔父たちの過去の冒険譚に魅了されていきます。


映画「ウォルター少年と夏の休日」を視聴するなら動画配信サービスがオススメです。

無料トライアル期間を使えば、31日間映画やアニメをタダで楽しめますし、その間に解約すれば1円も発生しません。また違法動画サイトのように非合法でもありません。

下記のボタンから、高画質な動画を今すぐ無料で視聴できます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ウォルター少年と夏色の休日」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp × × ×
 
「ウォルター少年と夏の休日」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・Amazonプライムビデオ
・U-next



この中で一番オススメなのはU-NXETです。

AmazonプライムビデオもTSUTAYA TVも「ウォルター少年と夏の休日」が見放題ではない(月額料金とは別に費用がかかる)ですが、U-NEXTはポイントは必要なく見放題です。

そして、本来は1990円の月額料金も登録から31日間は無料で、その間に映画を楽しんで解約してしまえば、1円も発生せず「ウォルター少年と夏の休日」を楽しめます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「ウォルター少年と夏の休日」「Secondhand Lions(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ウォルター少年と夏の休日」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ウォルター少年と夏の休日」のあらすじ

1960年代の初夏。

父親がいないウォルター少年は休暇の間、会ったこともない大叔父の家にあずけられます。


大叔父たち(ハブガースの老兄弟)は40年ものあいだ行方知れずで、出所のわからない大金とともに故郷へ戻ってきたばかり。

ウォルターの母メイは、大叔父たちの金のありかを息子に突き止めさせようとします。子供のいない彼らがウォルターを気に入れば、遺産が手に入るかもという打算もありました。


強欲な母によって半ば強引にあずけられた大叔父の家。

テキサスの田舎にある農場だった一軒家。

テレビも電話もなく、長年の風雨で建物はボロボロ。


金目当てにやってくるセールスマンをショットガンで脅して追いかえすのが日課の大叔父たちに、ウォルターはあぜんとします。

その夜、寝室に使えと言われた屋根裏部屋で、彼は美しい女性の写真をみつけます。その直後、夢遊病のように出歩く兄のハブを目撃するのでした。


ハブの夢遊病を心配するウォルターに、弟のガースは兄弟がアフリカで繰り広げた冒険と、ハブの情熱的な恋の物語を聞かせます。


「愛する女性のことを思い出しているんだ。」


と説明するガースから、女性の名を聞き出したウォルターは写真の女性がその”ジャスミン”であることを確信します。

一度では語りきれない物語を切れ切れにガースから聞いて、ウォルターはジャスミンがアラブのお姫様で族長の婚約者だったこと、ハブと駆け落ちしたことを知ります。


怒った族長が二人に賞金を懸けたため、狙われ続けることになったハブは、一計を案じ捕まったふりをして族長と直接対決し勝利。

族長の命を取らずに賞金をもらって帰った…というドラマティックな展開に、その後のハブとジャスミンがどうなったか尋ねますが、ガースは教えてくれませんでした。


大叔父たちの家には、メイの他にも遺産目当ての親戚一家がやってきます。

取り入ろうとする彼らに、ハブもガースもうんざりしていました。彼らがいようとお構いなしに、いつも通りポーチでセールスマンを追い返そうと待ち構えていました。


すると2人に食い下がるセールスマンが現れます。

「こいつ、根性があるな。」
「どうする?」

と銃をかまえる兄弟に、ウォルターは商品を見ることを提案。

「お金を持ってるだけじゃ意味はない。欲しいものがあれば買えばいい。」

という意見に、商品を見てみることにした兄弟は、それ以降セールスマンを追い返さず買い物をするようになりました。


ウォルターが大叔父たちに影響力を持つことを良しとしない親戚一家は、ウォルターをよそにやるようハブとガースに言います。

ウォルターの母メイはだらしない女で、はじめから子供を迎えに来る気なんかない。だから孤児院に入れてしまった方がいい。


この話を聞いていたウォルターは傷つき、家を飛び出し公衆電話を探して母親から聞いていた連絡先に電話をかけますが、そんな人はいないとの答えに更なるショックを受けます。

迎えに来たハブとガースは

お前がいるととうっとうしい親戚連中が来なくなるかもしれない。助けてくれないか。

と持ちかけて優しく少年を引き留めるのでした。



ある日、ハブの注文したライオンが家に届きます。

ライオン狩りを楽しむつもりで買ったそのライオンは、年寄りの大人しい雌ライオンでした。すっかり興をそがれた2人とは反対に、ウォルターは大喜びでライオンの世話をします。

ライオンは”ジャスミン”と名付けられました。はじめのうちは木の箱の中で飼っていましたが、そのうちに小さなトウモロコシ畑の中が彼女の居場所になります。


ガースの話に出てくるハブは20人の戦士をも一度に倒す強い男。その話の通りに彼は年を取っていても怪力で、4人の若者をあっという間に倒してしまいます。

そして、倒した若者に「真の男になる心得」を話して聞かせるのです。


遠くからその光景を見ていたウォルターはいつか自分も聞きたいと願うようになります。

しかし、ハブは自らの体力の衰えにイラ立ち、平凡な日常にも物足りない様子。操縦の仕方もわからない飛行機を買って組み立てて乗ると言い出します。

まるで死にたがっているように見えるハブを、ガースとウォルターは心配するのでした。

「ウォルター少年と夏の休日」のネタバレ

ガースが教えてくれなかったハブの恋の物語の結末を、ウォルターはハブにたずねます。

族長からの追っ手もなくなり、幸せに暮らしていた二人でしたが、ジャスミンはお産でなくなってしまっていました。

いつもはたくましいハブの弱気な姿を見たウォルターは、

僕が大人になったら、真の男になる心得を聞きたい。

と頼みます。ハブは

何が正しいかではなく、何を信じるかを自分で決めろ。そして信念に従って生きるんだ。

とその場で答えますが、

「きちんとしたのを全部教えてほしい。おじさん自身の口で教えてよ。」


と言って涙をこぼします。

ウォルターの気持ちに胸を打たれたハブは、彼を抱きしめて、「お前はいい子だ。」と頭をなでるのでした。


ある夜、ウォルターはぐうぜん金の隠し場所を知ってしまいます。

それからほどなく、母親のメイが婚約者の男スタンを連れて夜中にやって来ます。スタンは探偵だと名乗り、大叔父たちはむかし銀行強盗をしてその金を隠しているのだと言うのでした。


金のありかを教えろと詰め寄り脅してくるスタンから逃げるウォルター。ライオンのジャスミンが、突如飛び出し、男にとびかかります。

さわぎに目を覚ましたハブとガース、ウォルターがとめに入ろうとしたとき、既にジャスミンは息絶えていました。


翌日、ウォルターは母と一緒に大叔父たちの家を去ることになります。

大怪我をして病院で治療を受けたスタンも同じ車で帰るしかありません。


ハブはメイに

「こんなやつを坊主に近づけるな。」

とくぎを刺し、メイも

「途中で降ろすから大丈夫。」

と請け合います。

ウォルターは大叔父たちと抱き合って別れを惜しみ、車は走りだしました。


遠くなっていく家を感じながら、ウォルターは母にスタンを降ろした後はどうするのか尋ねます。するとメイにはスタンを降ろすつもりなどないことが発覚。

ウォルターは意を決して車から飛び降ります。

あわてて車を停め、ウォルターを追うメイ。

そんな母に彼は、


「ママはダメ男に頼ってばかりだ!一度でいいから僕のことを考えてよ!」


と感情をあらわにします。

おとなしい息子の激しい言葉にさすがのメイも言葉を失い、ウォルターは大叔父たちの家に戻って大人になるまでそこで暮らすことになるのでした。


それから何年も後、成人して漫画家になったウォルターのもとに、大叔父たちの死の知らせがもたらされます。

90代になる老兄弟は飛行機の曲芸飛行中に納屋に突っ込み、二人仲良く天国へと旅立ったのでした。久しぶりにテキサスの家に戻ったウォルターの前に、ヘリコプターに乗った親子が現れます。


彼らはガースの話に出てきた族長の孫と曾孫。

おじいさんからハブとガースの話を聞いて育ち、アメリカ滞在中に二人の訃報を聞いて駆け付けたのです。

夢物語のような冒険譚が実話だったことを、ウォルターと族長の孫は再確認して感動するのでした。


「ウォルター少年と夏の休日」の感想


ウォルター君は内向的で孤独な少年です。母親は嘘ばかりついて彼を振り回し、依存するための男性を求めてばかり。お金目当てでハブとガースにウォルターを預けます。

その際「お二人のような本物の男が必要なの。」と適当な口実を言って去っていきますが、大叔父たちが本当に「本物の男」であるとは予想もしていなかったことでしょう。

ガースの語る話はあまりにも夢物語みたいで、普通なら信じられないと思います。でもとても魅力的な話ですし、ハブの力強さを見ていると信じたくなる話です。


レストランでハブが、絡んできた若者を返り討ちにするシーンで、若者が

「なんだよ、このジジイ。」

と言ってきたのに対し、

二度の大戦を三大陸で戦い、ただ一人の女を愛した。それがこの俺だ。

と言い放つハブは最高にかっこいいです。


ウォルターに

「何を信じるのか自分で決めろ。決めたらそれを貫け。」

と「真の男になる心得」を教えてくれたハブ。

彼は、嘘ばかりの母親のせいで疑り深く内向的になってしまっていたウォルターに、信じることの大切さを教えてくれたのです。


そして、物語の最後では、ウォルターが信じた「ハブとガースの物語」が本当にあったことだと分かります。

ラストで何もかもが都合よくうまくまとまった感はありますが、むしろそれがすがすがしく感じられます。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です