ザ・シークレットマンのあらすじとネタバレ|映画の感想【無料動画】

映画「ザ・シークレットマン」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


かつてアメリカで大問題となったウォーターゲート事件

今でこそ忘れられてきていますが、ウォーターゲート事件の影響はすさまじく、大統領の辞任どころでは済まない一大事でした。そして映画「ザ・シークレットマン」はそのウォーターゲート事件を舞台にした作品です。

日本人には名前しか聞き覚えがないその事件は、一体どんなものだったのか…


ザ・シークレットマンは、ネット上で今すぐ視聴できます。

DVDレンタルのようにわざわざ手間もかからないですし、違法動画サイトを漁ってムダな時間を取られることもなく、下記のサイトで「今すぐ」「合法的に」「安全に」ザ・シークレットマンを視聴できます。

 

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓


 

「ザ・シークレットマン」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD 見放題 字・吹
TSUTAYA TV 500ポイント 字・吹
Hulu × × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 見放題 字・吹
music.jp 432ポイント 字・吹
 

「ザ・シークレットマン」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・FOD
・dTV


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。


この中から1つオススメするなら、FODです。

ザ・シークレットマンの視聴にポイント(追加料金)も必要ありませんし、登録してすぐに視聴可能。また、フジテレビのドラマやアニメ、さらには海外や国内問わず映画なども配信されています。

FODはアマゾンアカウントさえ持っていれば、登録から1ヶ月は無料トライアル期間になります。つまり1ヶ月映画を楽しんでから解約しても1円もかからないので、気軽に登録してみてください。

 

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「ザ・シークレットマン(邦題)」「The Man Who Brought Down the White House(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ザ・シークレットマン」を視聴するならFOD

お試し期間 1ヶ月間無料 月額料金 888円(税抜)
作品数 30,000本 付与ポイント 100
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 8のつく日にログインで300ポイントもらえる(月最大900ポイント)
 

FOD(フジテレビオンデマンド)はフジテレビの動画配信サービスです。

フジテレビで放送されていたアニメやドラマ、映画やバラエティ番組はもちろん、海外の映画なども多く配信されています。また、コミックも配信されており充実したラインナップです。


月額888円のサービスですが、アマゾンアカウントを使うと登録から1ヶ月間は無料。

映画を十分に楽しんで、1ヶ月以内に解約すれば費用は1円も発生しません。有料(ポイント)の作品もありますが、8のつく日にログインするとタダで300ポイントもらえるので、1ヶ月に900ポイントまでは無料でもらえます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

 

ザ・シークレットマンのあらすじ

2017年製作のアメリカの映画です。

有名な「ウォーターゲート事件」を描いています。


ウォーターゲート事件と言えば、1972年のアメリカ・ワシントンD・Cで起こった盗聴侵入事件で始まる政治スキャンダル。最終的には、2年ほど経ってから当時のニクソン大統領は辞任に追い込まれました。

その間の

盗聴や侵入、裁判・もみ消しや妨害、証拠隠滅(いんめつ)

こういった問題一覧をウォーターゲート事件と呼びます。


1972年6月17日。

ワシントンDCで働いていた警備員が、建物の吹き抜けと駐車場間のドアロック変なテープが貼られているのに気づきます。警備員はテープをはがしますが、10分後に点検で戻ってくると同じ場所にまたテープが。

それを不審に思った警備員は警察に連絡、そこから事件がはじまります。


1972年4月11日。

FBI副調査官のマーク・フェルトはディーン大統領顧問から、FBIの頂点に立つフーバー長官の退任について相談を受けます。フェルトはFBIのあらゆる情報を記載したメモの存在を持ちあげ、その顧問たちをおさえます。


フーバーが死去後は司法次官のパトリック・グレイが就任。フェルトは次期長官には自分が就くと思っていたので、今回のグレイの着任には驚きは隠せません。

帰宅したフェルトに妻オードリーは、FBIの退職をすすめますがウォルトは拒否。フェルトの娘ジョアンも家出をして長期音信不通、フェルトとオードリーはそれが気になり疲弊していきました。



その夜、フェルトに電話があります。

内容が複雑なので電話では話せない。現場に来てくれ

と。


大統領選の133日前なのに、ウォーターゲート・ホテルの民主党本部に男が乱入、逮捕の一報でした。逮捕された内訳は全員CIAでそのうち一人なんとは元FBIでした。

グレイはフェルトに捜査命令を下し、48時間以内での事件解決を求めます。


ある日、フェルトはグレイのオフィスに大統領顧問の姿を見て、ホワイトハウスが知られたらまずいことでもあるかのように捜査妨害をしている可能性もあると感じます。


その時でした。

グレイからフェルトに対してアメリカ国内の極左テロ組織「ウェザー・アンダー・グランド」の捜査をするように命令が出たのです。


そこでフェルトは、タイム誌の記者サンディー・スミスに捜査状況を流し、ワシントン・ポストにも電話しますがポスト紙に見破られ、CIAによる盗聴事件だとの記事が・・・。

タイム誌からもFBIが証拠を隠した記事が出回る情報が入ってきます。


FBIはこの出来事に混乱。

フェルトは捜査を巡り、大統領顧問と対立状態に。


そして48時間が経過してウォーターゲート事件の捜査は終了、捜査は打ち切られCIAとFBIは手を引いていきます。真実を突き止めたいフェルトを除いては。

そこでフェルトは自ら「ディープ・フロート」となっていきます。


ザ・シークレットマンのネタバレと結末

操作時間である48時間が過ぎ、アメリカ政府はテレビで操作終了を告げます。

そしてニクソン大統領は、ウォーターゲート事件なんてなかったかのように、次の大統領選を勝ち抜き再選します。ワシントン・ポスト紙は、「FBI捜査官が証言」といったタイトルでウォーターゲート事件の極秘情報を掲載。

これを見たグレイにより、長年本部で勤務していた捜査官は左遷されます。


そして、グレイは考えます。
ディープ・フロートはフェルト
だと。


そこで、副捜査官をフェルトに代わりビル・サリバンにすると伝えます。

サリバンは、汚れた仕事を専門の捜査官なのです。副捜査官の座をうばわれる形となったウォルトは、スミスに更に機密情報を密告、タイム誌にその情報が掲載されました。

この機密情報漏れは、政府、大衆で問題にされることになり、グレイは審議官に呼ばれ、追及をされるのです。


審議官に対してグレイの答えは「自分が大統領顧問のディーンに82件の機密情報をもらした」事を告発、ホワイトハウスの関与を認める事態になったのです。

その時、フェルトは同時進行の「ウェザー・アンダー・グランド」の捜査で不法家宅侵入した罪に問われ裁判になります。その尋問にフェルトは仲間の捜査官をかばい「自分がした」といいます。


裁判官は最後の質問で「ディープ・フロートか」と、聞かれます。

たがフェルトはその問には答えなかったのです。

ザ・シークレットマンの感想


映画「ザ・シークレットマン」の監督はピーター・ダンデズマン氏です。

彼は、本作品で脚本も務めています。そして、ニューヨーク・マガジンなどにも記事を執筆し、雑誌業界のピリッツィアー賞と呼ばれている海外特派員クラブ賞で最優秀国際人権報道賞を2回受賞。


今回の「ザ・シークレットマン」についての取材でも、インタビュアーの

FBI長官として秘密を隠し続けるという重圧に耐えながらも、自分の信念のために生き続ける。魂のレベルがとても高い人だと感じました」。

との感想に対して、

その通りです。映画を通して伝えたかったことが伝わっていると、今確信することができ、そのように読み取れなかったとしたら映画は失敗です」。

と答えています。


また、マーク・フェルト本人に会った時の感想としては、「彼が92歳の時会い、映画の中での1970年代の敏腕FBI捜査官の面影は既になかった」と述べています。

インタビュアーは

「実際に会えたから彼の結婚生活の苦悩や、娘さんの行方不明だったころの心労がFBI捜査官の任期中もどれだけ重みだったか肌で感じることができました。彼が何にかき立てられ内部告発に踏み切ったかがよくわかります

と感想を述べています。

 

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です