映画「名探偵コナン 戦慄の楽譜」のフル動画を無料視聴【openload】

10 min
映画「名探偵コナン 戦慄の楽譜」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 コナンの映画は違法動画サイトにアップされていないのはもちろん、有料の動画配信サービスでもまったく配信されていません。なので普通はDVDレンタルショップに行くか、テレビでの再放送を待つ以外の視聴方法が無いです。 ですが、TSUTAYA DISCASであれば手軽に、何より30日間の無料トライアル期間を活用すればコナン映画を最大8本まで無料視聴可能。期間内に解約すれば無料なのでぜひ今すぐ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「戦慄の楽譜」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年3月13日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「名探偵コナン 戦慄の楽譜」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。利用者の多いAmazonプライムビデオ等も同じですね TSUTAYA DISCASはどんなサービス? というと、月額制のDVDレンタルレンタルサービス。オンラインで注文するだけでDVDを自宅に届けてくれて、さらに返却もポストに返すだけでいいという、気軽に旧作・準新作が楽しめるシステムです。 本来は月額2000円以上するサービスなのですが、30日間の無料トライアルがあるので期間内に解約すれば無料。何より、全国のTSUTAYAが在庫みたいなものなので、ほとんどの作品はTSUTAYA DISCASでレンタル可能です。 実際、動画配信サービスでは全滅なコナンを見れるのもTSUTAYA DISCASだけですし。 どうしても自宅にDVDが届くまでタイムラグがあるのが欠点ですが、コナンの映画を見る手段はほかに無いですし、ぜひ今すぐTSUTAYA DISCASを利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「戦慄の楽譜(邦題)」「snritu no gakuhu(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「戦慄の楽譜」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。   コナン映画はTSUTAYA DISCASを利用して視聴可能です。 また、コナン映画全23作品(時計じかけの摩天楼~紺青の拳)をランキング付けしたので、見るべきコナン映画に迷っている場合はぜひ参考にしてみてください。  

「戦慄の楽譜」のあらすじ

美しいピアノとチェロの旋律。 楽しそうに演奏している男性二人を厳しい目で見ている女性。何やら携帯でメールを打っているようです。彼女が送信ボタンを押した瞬間… 建物は大爆発し、炎に包まれました。 爆発があったのは有名な元ピアニスト、堂本一輝が創設した堂本音楽アカデミー。爆破により、堂本の門下生の3名が死傷。亡くなったのは連城岳彦、水口洋介で、もう一人の川辺奏子も重傷を負いました。 その事件のことを工藤新一に話す、毛利蘭。そして、鈴木園子のつてでその堂本ホールでのコンサートのチケットを手に入れたため、新一も見に来ないかと誘います。 ですが、新一=コナンなので一緒にコンサートに行けるはずもなく… そのことが原因でケンカにまで発展してしまいました。 後日、コナンは蘭とコンサート会場にいました。毛利小五郎、園子、阿笠博士、少年探偵団とともにリハーサルの演奏を聞いています。 その場には、コナンたち以外もいました。 堂本一輝:元ピアニストですが2年前に突然パイプオルガンに転向 譜和匠: 35年間堂本の専属ピアノ調律師を務めていましたが、現在は堂本ホールの館長になったようです。絶対音感の持ち主。 ハンス・ミュラー:ドイツ人で、パイプオルガンの調律師です。初期段階では堂本と揉めていた模様。現在は和解しています。 堂本弦也:堂本一輝の息子でピアノ奏者。この講演の責任者です。 千草らら:堂本の門下生でソプラノ歌手。 山根紫音:堂本の門下生でバイオリン奏者。爆破事件で重傷を負った川辺奏子の代役です。川辺が所持していたストラディバリウスを借りて引くことになりました。 秋庭怜子:有名なソプラノ歌手。生まれつき絶対音感を持っています。 すると、怜子のもとへ警察がやって来ます。 爆破事件で怪我を負った川辺倉子が、爆破直前にメールを送っていた相手は怜子だったのです。しかもメールの内容はかなり意味深なものでした。 「音の違いの分からない素人さんたちとは一緒にはやれないわ」。 川辺は意識を取り戻したものの、事件前後の記憶が無くなっているようです。そして、現場にはフルートの胴部管が落ちていたとのことです。 お茶を飲んでいる怜子のもとに少年探偵団が話しかけます。クラス対抗の合唱大会のコーチをして欲しいと頼まれ、怜子はそれを承諾しました。彼女は帝丹小学校のOGであったため、承諾したようです。 蘭は新一とケンカした話を園子にしました。 そこで中学生の頃に喧嘩した話を思い出します。新一と蘭は堤防を歩いていると川の方から歌声が聞こえてきて、仲直りをしたようです。その歌声の主とは一体…? 今日は、帝丹小学校での合唱指導の日。 怜子が持っている水筒のお茶を勝手に飲んだ小嶋元太はうめき声をあげ、倒れてしまいます。元太は水筒に入れられた薬品によって喉を傷め、4日間は声を出すことができない状態になってしまいました。 コンサートまではあと3日。これを怜子が飲んでいればコンサートに出場することはできなくなっていたでしょう。誰が水筒の中に薬品を入れたのでしょうか…? 帰り道、暴走するダンプカーが近づいてきます。逃げる一同。 怜子は自分が狙いだと気づき、少年探偵団と違う道に逃げます。やはり怜子が狙いだったようで、怜子を追うダンプカー。危機一髪のところでタクシーがやってきて、怜子は助かります。 コナンはダンプカーの中を調べますが、犯人は逃走した後でした。 バーらしき場所にやって来た男性。その部屋にはフルートの足部管が…。煙草を吸おうとマッチで火をつけた瞬間、爆発が起き爆死してしまいます。 そして海辺を飛ぶパラグライダーの男性。羽が故障、海に転落し溺死してしまいます。その男性の車の足元にもフルートの頭部管が落ちていました。 この二人は志田治と曽根久男で、堂本アカデミーの一期生でした。最初の爆破事件で亡くなった二人と同期だったのです。この4人はピアノカルテットを組んでいたようでした。 この2件でフルートのパーツが揃いましたが、はたして連続殺人事件は終わったのでしょうか。それとも…。 川辺を殺害する動機があるのは千草、山根、堂本一輝です。 千草はコンサートに出場するはずだったのに川辺が怜子を推薦したことにより、怜子のコンサート出場が決定したから。また、怜子を殺害すれば怜子の代役としてステージに立つことができます。千草は、川辺と怜子の両方に動機があります。 山根は川辺がいなくなれば川辺の代わりに大ステージに立つことができ、自身の名前を広めることができるからです。また堂本は山根を贔屓しており、川辺が持っているバイオリンだけが目当てであったからです。 しかし、この3人には川辺以外の4人を殺害する動機が見当たりません。 譜和が初めの爆破事件現場からピアノの鍵盤を手にしている姿を思い出したコナン。あのピアノについて警察に尋ねます。そのピアノは堂本が30年以上自宅で弾き続け、譜和が調律していたものでした。 堂本はピアノ引退後、そのピアノをアカデミー寄付していたのです。譜和はアカデミーに寄付された後もそのピアノの調律を務めていました。 コナンは怜子の家を訪ねます。 怜子の寝室にはフルートと、フルート奏者と思われる男性の写真が。 そして、コナンは怜子の森林浴についていきました。そこで犯人と思われる人物からエアライフルで狙撃されます。脚に軽傷を負った怜子。怜子を連れて逃げるコナンですが、犯人に追い詰められ窮地に陥ります。 撃たれる…!そう思ったコナンですが、何故か犯人は引き金を引きませんでした。そして二人は犯人から逃げ切ることができました。 帰宅した怜子を待っていたのは警察。 3年前に亡くなったフルート奏者である相馬光について聞きたいと言います。相馬は堂本アカデミーの6期生で、秋庭の婚約者でした。 亡くなった4人と合宿していた相馬ですが、酒が飲めないにも関わらず4人に無理やり飲まされ、崖から転落して亡くなったのです。この事件は事故として片付けられていました。 怜子はコンサートが終わった後全てを話すと言い、マンションに帰ってしまいます。 毛利探偵事務所に警察を連れてきたコナン。そこで警察に相馬について尋ねます。相馬の母親は5年前に死亡していて兄弟もいません。父親も不明だと言います。 高木刑事のメモには「S’52,8,3 生」と書かれていました。殺害された4人は酔ったままコンサートで演奏するなど、素行が悪かったようです。 毛利小五郎は堂本弦也が犯人だと推理。 弦也はかなりのベートーヴェンファンであり、酒に酔ってベートーヴェンの曲を演奏した4人が許せずに殺害したのだと言います。川辺とは曲の解釈の違いから口論になったから。 怜子を襲ったのも、怜子がベートーヴェンの第9を嫌いだからと言ったからと推理しました。弦也の髪型がベートーヴェンファンの証拠だと言いますが、弦也は母親に似ただけだと激怒し、母親の昔の写真を見せ無実を証明します。 公演当日、小五郎や蘭と共にリハーサルの見学をしていたコナン。川辺が絶対音感を持っていたことを怜子に聞きました。川辺はコナンの予想通り絶対音感を持っていました。 リハーサルの時間になってもオルガン調律師のミュラーが来ません。ミュラー抜きでリハーサルを開始することに。 リハーサル終了後、少年探偵団と合流したコナン。元太は声が出せないため、リコーダーを持って来ていました。リコーダーで会話できたらいいのにと言う光彦に、灰原は音階を文字に置き換えれば不可能ではないが、アルファベットなので元太には難しいと応えます。 昼食を取ろうと一同が移動する中、コナンはパイプオルガンの音が気になりホールへ戻ります。そこにはどの音が変なのか確かめている怜子がいました。一つのパイプの音がわずかに低いのです。この違和感を堂本に伝えるために、二人はホールの外へ探します。 そして、二人は犯人に襲撃され気絶してしまいます。 開演時間になっても現れない怜子の代わりに千草が代役を務めることになりました。 果たしてコナンと怜子はどうなるのでしょうか。 そして犯人の正体は…?  

「戦慄の楽譜」のネタバレ

目覚めたコナンと怜子。二人は舟に乗せられていました。 ホール裏の池から運河へ流されてしまったようです。急いでホールに戻ろうとしますが、周りは高い壁に囲まれ、とても登れる高さではありません。大声で周りに呼び掛けてみますが、人がいる気配はありませんでした。 怜子は壁に公衆電話を見つけます。しかし、手が届く高さではありません。コナンは声を使って番号を入力することを思いつきます。チャンスは1度だけです。リハーサルを始めようとしたその瞬間! とつぜん堂本ホールの方から爆発音が! コナンは急いで怜子に音を尋ね、覚えます。そしてリハーサルを済ませ、サッカーボールで受話器を外すコナン。怜子と協力してコール音を発し、見事に警察に電話することに成功しました! 警察のヘリでホールへ向かうと、ホールには炎が上がっていました。外側の柱を一本ずつ爆破しているようです。外側の柱は23本。その柱全てが爆破されると中の人にも危険が及びます。 爆発が止まっている間に屋上から佐藤刑事、高木刑事と共にホール内へ行くと、ホールではなんと公演が続行されていました。ホールは完全防音・完全防火、携帯電話の電源を切っているため、誰一人として外の状態に気が付いていないのです。 警察は爆弾の捜索を開始し、二人とは別行動をとることになりました。 怜子はやはりオルガンの音がおかしいと言います。そしてコナンは絶対音感を持っているにも関わらず、オルガンの音の違いを指摘しなかった人物に気づきます。 コナンはその音が鳴った回数を怜子に尋ねます。 コンサートが始まってから20回鳴っていました。コナンは堂本の挨拶の時間帯は爆破が止んでいたことから、その音と爆弾は連動していると推理。 コナンの推理が正しければ、ホールの柱を爆破し、ホール内を爆破するには24回の爆破が必要です。つまり、あと4回あの音が鳴ればホール内が爆破されてしまうのです! そしてコナンは犯人追跡メガネを使い、バルコニー席にいる犯人を見つけます。 その手にはリモコンが…。それは爆弾のリモコンだと推理したコナンは、犯人を刺激せずに演奏を止める方法を考えます。その間にも演奏は進み、ホール内の爆発まであと2回だけでした。怜子は「3分間あれば足りる?じゃ、頼んだわよ、探偵君」と言い、舞台の方へ。 演奏の最中、突然アメージンググレースの歌声が響きました。怜子が歌いながら登場したのです。堂本たちはそのまま曲を続行しますが、怜子はそれでも歌うことを止めません。 千草と怜子の歌声が響き合います。そして遂に、怜子の祈るような歌声が通じたのか、千草が曲を中断しました。それを聴いた堂本は、怜子のためにアメージンググレースを弾き始めたのです。 蘭はその歌声を聴き、中学生の頃に新一と聴いた歌声は怜子のものだと確信しました。 怜子が時間を稼いでいる間に、コナンは犯人のもとへ向かいます。 犯人はなんと、譜和匠でした。譜和は怜子の婚約者である相馬の父親だったのです! パイプの中には空気の流れを感知するセンサーがついていました。音を鳴らすことによってパイプ内に空気が流れるとセンサーが感知し、爆弾が爆発する仕組みだったのです。 譜和は絶対音感を持っているにも関わらず、音の違いを指摘していませんでした。車のナンバーは「52-83」で、相馬の誕生日と一致。 そして、堂本弦也が見せた譜和の若い頃の写真は相馬にそっくりだったのです。よって、譜和が犯人だとコナンは推理したのでした。 4人を殺害したのは亡くなった息子の復讐のためでした。 のパーツを置いたのは、警察に連続殺人事件は3件で終わったと思わせるためです。川辺を重傷にしたのは、絶対音感を持っているため音の違いに気づく恐れがあるからでした。絶対音感を恐れるのは絶対音感を持つ人だけです。 怜子は息子の婚約者であったので、川辺のように命を奪う可能性がある爆弾を使うわけにはいきません。そのため、怜子がステージに立つことができない状態にするために喉や足を狙ったのです。エアガンで撃てなかったのも、足が狙えなかったからでした。 そして、アメージンググレースが終わったと思ったその時!堂本がアドリブであの音を弾いてしまいました! 焦る怜子。興奮する譜和。しかし爆発は起きません。コナンがパイプオルガンのセンサーを取り除いていたのです。 警察も少年探偵団たちのバルコニーから譜和を発見します。しかし譜和の手にはリモコンがあります。迂闊に乗り込むわけにはいきません。そこで、佐藤刑事は譜和を狙撃することを決めました。狙撃するために譜和がいるバルコニーの隣のバルコニーへ移動します。 堂本の演奏が始まるタイミングで爆破するという譜和。コナンはリモコンを押される前に麻酔銃で眠らせようと考えていました。しかし、麻酔銃は反応しません。麻酔銃は譜和に襲撃された際に故障してしまっていたのです! 絶体絶命のコナン。堂本がオルガンの前へ。佐藤刑事は譜和を狙撃しようとしますが、コナンを巻き添えにしてしまう可能性があるため撃てません。 それを見ていた灰原は元太のリコーダーを奪い取ります。そして「ミラララファ」と鳴らしました。それは「SHOOT」、つまり「狙撃」を意味します! 灰原からのメッセージを受け取ったコナンはしゃがみ込みます。そして佐藤刑事がリモコンを狙撃し、高木刑事が譜和を確保しました。 譜和は堂本の演奏を最後まで聴きたいと頼みます。譜和は35年間、堂本の専属ピアノ調律師として生きてきました。しかし、堂本は突然ピアノからオルガンに転向し、譜和に堂本ホールの館長を任せたいと言ってきたのです。譜和は堂本以外のピアニストの調律師になる気にはなれず、館長が務まるとも思えなかったようです。家族と音楽を失った譜和は絶望していました。 そして、息子の命を奪った4人、堂本の興味をピアノから奪ったパイプオルガン、そのオルガンの演奏を聴きに来た観客を恨み、殺害することを決意したのです。 話し終えた後、警察に銃を突きつけ、「堂本を呼んでもらおうか」と脅す譜和。そこへ堂本がやって来ます。堂本は譜和に近づき謝罪します。 実は、堂本がピアノを引退したのは、譜和の調律が狂ってきていることに気が付いたからでした。譜和のプライドを考えると指摘することができず、他の調律師に変える気にもなれなかったのです。譜和は絶対音感を持っていましたが、年齢によって聴覚が衰えてきていたのでした。 「本当のことを言うべきだった。本当にすまない」と謝罪する堂本に「今さら遅い!全てあんたのせいだ!」と怒鳴る譜和。しかし、園子に諭され、譜和は堂本が自分のためにしていたのだと気が付きました。泣き崩れる譜和の肩を優しく抱く堂本。譜和はやっと堂本の思いやりを知ったのです。 そしてコンサート終了後、コナンがいないことに気が付いた蘭。するとどこからかバイオリンの音色が聴こえてきます。その弾き方は新一のものでした。音をたどる蘭でしたが現れたのはコナン。新一は、蘭と自分自身に聴かせるために仲直りの曲としてアメージンググレースを弾いたのだと言いました。そして蘭と新一は仲直りしたのです。 思い出の河原にやって来た蘭とコナン、そして怜子。相馬が亡くなった春、相馬とのデートコースであったこの河原で彼が好きだった曲、アメージンググレースを歌ったのだと言います。怜子は亡くなった4人を殺してしまいたいほど恨んでいましたが、許すことにしたのです。なぜなら、アメージンググレースは許しの歌だから…。 コナンは蘭に、なぜ新一があのバイオリンを弾いていたと分かったのかを訪ねます。 「だってあいつ、変な弾き癖があるんだもん。すぐわかるよ。」 コナンは再びバイオリンを弾いてみますが、その弾き癖に気づくことはありませんでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です