映画「千と千尋の神隠し」のネタバレとフル動画を無料視聴

7 min
映画「千と千尋の神隠し」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ジブリ作品は全動画配信サービスで配信されていません。なので違法動画サイトを探すか、DVDレンタルするしかないのですが… 唯一、TSUTAYA DISCASというオンラインDVDレンタルサービスの30日間無料トライアルを使えば、「千と千尋の神隠し」はじめ他のジブリ作品も一挙に楽しむことができます。 TSUTAYA DISCASに登録してジブリ作品を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「千と千尋の神隠し」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「千と千尋の神隠し」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASはオンラインでDVDを注文し、自宅に届けてくれる月額制サービス。版権にうるさいジブリ作品などもすべてレンタル可能です。 今すぐ視聴できるわけではないですが、30日間の無料トライアル期間が設けられているので、DVDを最大8本まで借りても期間内に解約すれば費用ゼロ。 もちろん「千と千尋の神隠し」以外のジブリ作品を楽しむこともできます。 現状だと、コレ以外でジブリ作品を楽しむ方法はありません。ぜひTSUTAYA DISCASの無料お試し期間を利用して視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「千と千尋の神隠し(邦題)」「sen to chiro no kamikaushi(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「千と千尋の神隠し」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。 少なくとも、ジブリ作品であればすべてレンタル可能なので、この機会に「千と千尋の神隠し」以外にも、久しぶりに見てみたいジブリ作品を一挙に楽しんでください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

   

「千と千尋の神隠し」のあらすじ

段ボールと一緒に車の後部座席で寝そべる少女、千尋。 両親の都合で新居に引っ越す最中です。その途中で父が道を間違えてしまい、山道の先にある古めかしい、奇妙なトンネルに辿り着きました。 トンネルを抜けると、そこは誰もいないテーマパークのような街。 最初は廃墟かと思いましたが、建物からはどうやら美味しそうな匂いが…両親はお店で勝手に料理を食べ始めてしまい、その姿に呆れた千尋は街の散策を始めるのです。 大通りに出ると、お城のように立派な建物「油屋」を見つけます。 千尋は橋の下を走る電車をのぞいていると、そこに1人の少年が。彼は千尋を見つけると血相を変えて言います。 「ここに来てはいけない!」 今すぐにでも街を出るように千尋を急かします。急に怒鳴りつけてきた少年に不満な千尋でしたが、段々と街の様子が変わっていくのです。 いっせいに、提灯に灯りがつく街。 それと同時に、黒い影のような生き物が次々と現れたのです!彼らは千尋のことを気にしてもいないようですが、あまりの出来事に千尋は両親のもとへ駆けます。 ですが、未だに料理を楽しんでいる両親のもとにたどり着いた時、2人とも豚の姿に変わってしまっていました。千尋の声にも耳を貸さず、ただ目の前の料理を貪るだけの本物の豚のようです。 あまりの出来事に、1人でもと来たトンネルへ戻る千尋。 ところが、先ほどの草原は海のように水が満ちていて、人間界へ帰れなくなってしまいます。おまけに、海には多くの船が浮かんでいて、大量のバケモノのたちが次々とやってくるのです。 「夢だ!これは夢だ!」 自分に言い聞かせる千尋でしたが、なんと自分の体がどんどん透けていっていることに気付くのです。訳のわからない出来事の連続で、もう今にも泣き出しそう。 そこに千尋を探していたハクが現れます。 この世界の食べ物を食べないと体が消えてしまう。そう言って、千尋に無理やり木の実を食べさせ、ここで生き残るには働くしかないことを話しました。 ハクは千尋にボイラー室で釜爺という人物に会うよう話し、「働かせてください」とだけ言うように伝えます。 なんとかボイラー室にたどり着いた千尋。 油屋のお湯を焚く仕事をしていた、腕が蜘蛛のように多い釜爺に出会い、千尋は働かせてもらえるよう頼み込みます。が、働き手が足りていることから断られてしまいます。 そこに、釜爺の食事を持ってきた女中のリンがやってきました。釜爺は油屋のオーナーである湯婆婆のところに、千尋を連れていくよう頼みます。 リンの案内もあって千尋は最上階の湯婆婆の部屋に。 湯婆婆はドレスを着た、やたら頭の大きい巨大な魔女でした。油屋は八百万の神様が疲れを癒しに来る旅館のような場所で、彼女はその経営者です。 神の世界に入り込み、勝手に料理まで食べ始めた両親を罵倒する湯婆婆。 高圧的な態度で千尋に与える仕事はないと断りますが、それでも千尋はこの世界で生き残るために、なんとか仕事を得るしかありません。 「ここで働かせてください!」 しつこく食い下がり、とりあえず仕事をゲットします。 ただ、湯婆婆は「他人の名前を奪う」不思議な魔女でした。契約の代わりに千尋は名前を奪われ「千」という名前で働くことになります。  

「千と千尋の神隠し」のネタバレ

翌朝、ハクの案内で養豚場に向かいます。 そこには豚の姿の両親がいました。絶対に元の姿に戻してあげると声をかける千尋は、初めての仕事に苦戦しながら、絶対に家族みんなで元の世界へ変えると誓ったのです。 生垣の前でうずくまって泣いている千のもとにハクがやってきて、預かっていた服を千に返します。ズボンのポケットから転校のお別れ会でもらったメッセージカードを見つけ、自分の名前が「千尋」だったことを思い出すのです。 なんと、千尋はもはや自分の本当の名前を忘れかけていました! 湯婆婆に名前を奪われると帰り道が分からなくなり、元の世界に戻れなくなる。そう言うハクは、普段は「千」として働き、本当の名前は隠しておくようにと助言をします。 仕事に追われるある雨の日、千尋は掃除に使った桶の水を縁側から流していると、そこで「カオナシ」が雨に打たれていました。黒い影に仮面を貼り付けたような、なんだか不思議なお客さんです。 雨に濡れるのも可愛そうだと思い、千尋は縁側の扉を開けっぱなしにして仕事に戻っていきました。この出来事が後の油屋の運命を大きく変えていくのです。 仕事が落ち着いたころ、油屋がざわつき始めます。 何でも体がヘドロまみれで猛烈な悪臭を放つ、「クサレ神」が油屋に向かっており、千尋は湯婆婆からクサレ神の接客を命じられてしまうのです。 千尋は悪戦苦闘しながらもてなす中で、クサレ神にトゲのようなものが突き出ていることに気付きます。トゲをロープで巻きつけて、油屋の従業員総出で引っ張ると、なんと自転車が出てきました。 すると次から次へと大量のゴミが引っ張り出されていきます。 クサレ神だと思われていたその神様は、実は名のある川の主で、千尋にニガダンゴをプレゼントして、油屋に大量の砂金を残して帰っていきました。 この出来事をきっかけに、従業員からの千尋の評価は180度変わり、一目置かれる存在になったのです。 この翌日、朝早くからフル稼働する油屋の様子に驚く千尋。何でも千尋があの雨の日に招き入れたカオナシが、砂金をばら撒くことで豪勢な接客を受けていました。 油屋がカオナシフィーバーに沸く中、部屋に戻った千尋は、窓から何かに襲われている白い竜を発見。その白い竜は姿を変えたハクで、紙人形に襲われてひどい怪我をしていました。 紙人形から逃げる様に屋上へ向かうハクを追って、千尋は油屋の壁をつたいながら屋上を目指します。 湯婆婆の部屋にたどり着くと横たわるハクが。 そこに紙人形から湯婆婆の姉である銭婆の分身が現れ、ハクが自分のハンコを盗んだこと、そのハンコには呪いがかけられていることを話します。 このとき銭婆は湯婆婆の息子の坊をネズミに、手下のカラスをハエのような小さな鳥に変えてしまいますが、その隙をついて二人は銭婆から逃げ出すことができます。 ハクは千尋を乗せ、最後の力を振り絞り油屋の空気孔を飛んで行くと、最後はボイラー室にたどり着きます。 千尋はハクが飲み込んだハンコを吐き出させると、そのハンコに呪いと思われる黒い虫がついていたので、千尋はその虫を踏みつぶし、ようやく一安心できるようになりました。 千尋は銭婆のもとにハンコを届けてハクのために直接謝りに行こうと決意。それを聞いた釜爺は銭婆の住む家の最寄駅まで行ける電車の切符を差し出します。 しかし、電車は近頃行きっぱなしで、帰りの電車がありません。すると千尋は「帰りは線路を歩いて帰ってくる」としっかりした表情で答えます。 そこにリンがやってきて、カオナシを招き入れた件で湯婆婆が探していることを伝えにきました。千尋がお客さんだと思って招いたカオナシは神様でも何でもなかったのです。 千尋はカオナシのいる大広間に向かうと、カオナシは今までに飲み込んできた従業員の声で、千尋に食事や砂金など次々に勧めてきます。しかし、千尋は全く興味を示さず、むしろカオナシに元いた場所に帰るよう諭します。 千尋は一人ぼっちのカオナシをかわいそうに思ってニガダンゴをあげると、あまりの苦さに嘔吐を繰り返しながら千尋に襲いかかりました。 千尋が大広間を飛び出すと、すぐさま湯婆婆が助太刀に入りますが、その力を持ってしてもカオナシの進撃を止めることはできません。 千尋を執拗に追いかけ続けるカオナシですが、ニガダンゴによってどんどん弱っていき、飲み込んだ従業員たちを徐々に吐き出しながら、最後は千尋と初めて出会った時の姿に戻るのです。 カオナシとの追いかけっこが一段落すると、千尋は海に沈んだ線路を歩いて、油屋の最寄駅へと向かいます。 そこにはカオナシとネズミになった坊、ハエ鳥も一緒です。日が落ちた頃に銭婆の家に着くと、銭婆は千尋たちを暖かく迎えてくれました。 一方その頃、ハクはボイラー室で目を覚まして釜爺を起こすと、これまでの経緯を聞かされます。 その後ハクは湯婆婆のもとへ行き、坊が千尋と一緒に銭婆のもとに向かったことを告げます。そして、坊を連れ戻す代わりに、千尋とその両親を人間の世界に帰すことを条件に、油屋へ帰る手段がない千尋を迎えに行くのです。 銭婆の家では千尋がハクが盗んだハンコを返し、油屋に帰ろうとするところ、突然窓をガタガタと鳴らすほどの強い風が吹きました。 ドアを開けると、そこには竜に姿を変えた、見違えるほど美しい姿のハクが待っていました。カオナシは銭婆のもとに残り、ハクは千尋たちを乗せて大空へと舞い上がっていきます。 千尋がハクの背中に乗って飛んでいる最中、千尋は小さいころ川に落ちて何かに助けられたことを思い出し、ハクにその川の名前を教えます。 すると、突然ハクは人間の姿に戻り、自分の本当の名前を思い出せたことにお礼を言います。二人はそのまま手をつないで、再び油屋に向かって飛んで行くのでした。 油屋に戻ってくると、ハクが坊を連れ戻した約束に千尋を開放することになりますが、千尋と湯婆婆が結んだ「契約」を破棄するためには、何匹もいる豚の中から両親を見つけないといけません。 千尋は豚たちをじっくり眺めてから、「両親はいない」と答えます。すると、湯婆婆の持っていた契約書はクラッカーのように弾けて消え、豚たちも従業員が化けていたこともわかったのです。 晴れて自由の身になった千尋は、ハクから人間界に戻るための道を教えてもらいますが、ハクとは途中でお別れです。トンネルを出るまで振り返らないことを約束し、握った手を離します。ハクのその手は物悲しそうでした。 無事に人間界に戻ってきた千尋は、通ってきたトンネルを振り返ります。その表情にはもう、泣き虫で根性なしの千尋はいませんでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です