映画「十二人の死にたい子どもたち」のネタバレとフル動画を無料視聴

5 min
映画「十二人の死にたい子どもたち」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 結論から言うと視聴にオススメなのはTSUTAYA TVの無料トライアルを使って視聴すること。そうすれば1円もかけずに、高画質で、今すぐ「十二人の死にたい子どもたち」を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「十二人の死にたい子どもたち」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 550ポイント
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 400ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 500ポイント
music.jp 440ポイント
「十二人の死にたい子どもたち」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので「十二人の死にたい子どもたち」を無料視聴するならU-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpのいずれか。 1つ選ぶならオススメなのはTSUTAYA TVで、30日間の無料トライアルあり。また視聴時に500ポイント必要になっていますが、登録時に1100ポイントもらえるので、むしろ余ったポイントを使って他の有料作品もタダで楽しめます。 無料お試し期間の間に解約してしまえば1円もかからないので、ぜひ試してみてください。もちろん、実際にサービスを利用してみて気に入ったらそのまま継続して有料会員になれば良いので。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 試しに「十二人の死にたい子どもたち(邦題)」「jyunininnnoshinitaikodomotachi(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「十二人の死にたい子どもたち」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「十二人の死にたい子どもたち」のあらすじ

とある夏の日。 閉鎖された廃病院に一人また一人と神妙な面持ちで集まる12人の若者たち。集まった若者たちの共通点、それは全員が「死にたい」という気持ちを持つ、自殺志願者ということでした。 この集いの主催者であるサトシが、SNS上で集団自殺を提案。呼びかけに集まった若者たちは、一人一人が悩み、心に深い傷を負い、人生を諦めていました。 慣れた足取りで廃病院にやってきたサトシ(高杉真宙)は、参加者全員に事前に決めたルールを提示。各自廃病院へ到着した後、番号札を取るよう指示。サトシは1番の札を手に取ります。 廃病院内の集会場の鍵を開け、開催までの間、院内を見回るサトシ。2Fロビーには参加者の一人であるケンイチ(渕野右登)が、2番の札を持ち椅子に座っていました。 すると、突然後方で“ドサッ”という物音を耳にします。 2F女子トイレ内にいたリョウコ(橋本環奈)は、ケンイチと同じくその音を聞いており、手には4番の札を持っていました。 その頃、1Fトイレにはゴスロリ姿のミツエ(古川琴音)。正面玄関にはニット帽をかぶったシンジロウ(新田真剣佑)。手にはそれぞれ3番・5番の札を持っていました。 屋外ではメイコ(黒島結菜)とアンリ(杉咲花)の二人が話をしており、同時に廃病院に入ると6・7番の札を手にしました。 外の空気を吸いに屋上へ上がろうとしていた、8番の札を持つタカヒロ(萩原利久)は、エレベーターが動いておらず階段で屋上まで登ろうとします。すると、後方から9・10番の札を持つノブオ(北村匠海)とセイゴ(坂東龍汰)が声をかけてきます。 ノブオはタカヒロに、「屋上いいよね。結構広いし。」と言い、3人で屋上へ行こうと提案。 11番・12番の札を持つマイとユキが集会所に到着したことで、全員が集合。いよいよ集団自殺の会が開催されることになりました。  

「十二人の死にたい子どもたち」のネタバレ

集会所に集まった若者は全部で12人…のはずが、そこにはベッドに横たわる13人目の死体が安置されていました。状況に困惑する若者たち。 「全員の投票で自殺の実行を決定する」 というルールに対して、一旦投票を延期し、13人目の存在について話し合うことにしました。 薬や医療機器に詳しいシンジロウが、現場を検証し、13人目が自殺ではなく、他殺であることに気づきます。突如として会に参加している12人全員がその容疑者となってしまいます。 12人の若者たちは、お互いを疑いながらも協力して謎の解明にあたります。廃病院を手分けして捜索し、ひとつずつ謎を解明していく若者たち。それと同時に、参加者1人1人の過去が明らかになっていきます。 捜索を続けるうち、屋上でタカヒロがあることに気づきました。 それは初めて会った時、後から合流したはずのノブオの発言。タカヒロはノブオを疑い、問い質しますが、集会所で真相を話すと言い、戻ろうとした際、何者かに階段から突き落とされ突如として行方を暗まします。 このこと出来事を知らない参加者は、ノブオの行動を不審に思いながらも、話し合いの末、ノブオを信じて集会所で待つことに。いつの間にか12人の間には仲間意識が芽生えていったのです。 しかし、一人だけ落ち着かないメイコ。 集団自殺を早く実行するため、ノブオを待たずに行おうと提案しますが、そこに額から血を流したノブオが登場。ノブオの発言が集団自殺の邪魔になると思ったメイコが、階段から突き落としたのでした。 なんとか集会所へ戻ってきたノブオの口から語られたのは、13人目を集会所まで運んだ犯人は、自分(ノブオ)とアンリであるというものでした。 実は誰よりも早く廃病院に到着した2人。車椅子に座った13番目を玄関で見つけますが息をしておらず、集会の中止を恐れた2人が、次々に集まる参加者の目をかいくぐって、13人目を運んだのでした。 しかしながら、13人目が死んでいた理由はわかっておらず、参加者は解決の糸口をつかめずにいました。 するとその時、突如として13人目が息を吹き返します。彼は生きていたのです。13人目が生きていることに、戸惑いながらもほっとする参加者たち。“死”を望んでいた12人が“生”に喜びを感じた瞬間でした。 直後、「彼は私の兄です」と言い、突然手を上げたのはユキ。 過去の事故で植物状態となった兄を自分のせいだと責め続けたユキ。しかしながら、その自責の念に耐え切れず、兄とともに自殺を図ろうと会に参加したのでした。 ユキの告白をきっかけに、皆が自分の死にたい理由を語り始めます。イジメ、依存、難病、金、虐待…12人全員の告白が終わり、サトシはもう一度、集団自殺の実行or中止の決を取ります。 次々に手を上げる参加者たち。12人全員が“生きる”という選択をしたのでした。“命”について考え、廃病院を後にする12人のこどもたち。その顔からは悩みはなくなり、清々しさとともに、輝きが満ちていました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です