映画シャッターアイランドのネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「シャッターアイランド」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 シャッターアイランドはほとんどのVODサービスで配信されています。なので登録しているサービスがあれば今すぐ無料で視聴できるかもしれません。(ただし、Amazonプライムビデオのように有料のサービスもアリ) もし新しく登録して無料でフル動画を楽しむならU-NEXTがおすすめ。31日間無料トライアルがあるので、まずは登録してシャッターアイランドを楽しんで、31日以内に解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「シャッターアイランド」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu 見放題
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年2月9日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「シャッターアイランド」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Hulu ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp すでに登録しているサービスがあれば無料で視聴できることも多いです。 ただし、新しく登録する場合Netflix、dTV、Amazonの3つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 dTV&Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

なので実際に無料トライアルを使って1円もかけずに視聴可能なのは以下の4つ。 ・Hulu ・music.jp ・U-NEXT ・TSUTAYA TV そしてこの中から1つ登録するならU-NEXTをオススメします。 U-NEXTは配信されている作品数が14万と多く、アニメやバラエティまで楽しめるのが強みなのですが、月額料金が1990円とお高めなのがネックです…が、最初から31日間無料トライアルを活用する前提なら、期間内に解約してしまえば費用ゼロ。 登録を3分で終わらせて今すぐ「シャッターアイランド」を視聴できますし、さらに解約もトップページから5回タップするだけですごくカンタン。ぜひU-NEXTに登録して視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「シャッターアイランド(邦題)」「shutterisland(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「シャッターアイランド」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「シャッターアイランド」のあらすじ

連邦保安官のテディはシャッターアイランドでとある任務にあたることに。 この島は、精神的な病で罪を犯した囚人達が隔離されている島。そして島の病院で突然行方不明になったレイチェルという女性を探し出すことが彼の任務でした。 初めての相棒チャックと、さっそく病院へ。 院長によると、レイチェルは自分の3人の子供を殺したものの、まだ子供は生きている、そしてその病院を自分の自宅だと思い込んでいるとのことでした。 彼女の手がかりを探すため、彼女の病室に行ったテディ。 部屋には靴が残っていたので裸足で脱走したと思われますが、島内は裸足で歩けるような状況ではありません。さらに、部屋には謎のメモが残されていました。 「4の法則 67は誰?」 夕食後、職員を集めて聞き込みをするテディ。 レイチェルの主治医シーアンは休暇をとって島から出て行ってしまったことがわかり、さらには職員の個人情報は教えることができないと言われる始末。テディはなにかが隠されていると感じます。 その夜、テディは夢を見ます。夢に出てきたのは火事で死んでしまったテディの妻ドロリス。夢の中で彼女は言います。「レイチェルはここにいる。そしてレディスも。」 翌日、今度は患者への聞き込みを開始するテディ。テディはレイチェルのことだけでなく、レディスを知っているか?と必ず聞くのでした。 レディスとはテディ夫婦の住んでいた家を放火した犯人で、この島の病院にいるという情報を持っていたテディは、レディス捜索のために今回の任務の担当になったのです。 レディスを見つけたらどうするのか?と聞くチャック。 しかし、テディに復讐の意思はありませんでした。それよりも、以前この島に収容されていたジョージ・ノイスという男から、「この島で人体実験が行われている」という情報を得てその真偽を確かめに来ていたのです。 病院に戻ると、いなくなっていたレイチェルが発見されていました。 院長によると海岸で石を投げていた、と。ですがこの日は嵐で、海岸に近づくことすら容易ではないのは明らか。テディはやはりなにかが隠されていると感じるのでした。  

「シャッターアイランド」のネタバレ

翌朝目が覚めると、深夜の嵐によって島は停電。 問題は囚人たちが潜むドアやフェンスのロックも解除されていることで、テディは最も凶悪な犯罪者がいるC棟に潜入、レディスを探し始めます。 電気が消えた暗闇の中から聞こえるのは「レディス、、、」という声。声の方に行くとテディが見つけたのはかつて人体実験のことを教えてくれたジョージ・ノイスでした。 「なぜまたここにいるのか。おれが出してやる。」と言うテディ。 ジョージは「それは無理だ。やつらはお前の計画全てお見通しなんだよ。」と言います。島に来てからも常にチャックと行動を共にしていたこと。そのチャックをテディが信用しきっていること。 チャックも病院側の人間だとほのめかし、すなわちテディに勝ち目はないと言うのです。 さらにジョージは、真実を暴くか、レディスを殺すかのどっちかを選ばないといけないと言います。ジョージの後ろに死んだ妻の姿をみるテディ。ジョージは「真実に迫るためには彼女のことは忘れろ」とテディに言いますが、テディにそんなことはできません。 最後まで自分の話を受け入れようとしないテディに、ジョージは「やつはC棟にはいない」とだけ伝えました。 ジョージの言葉から、レディスが脳の一部を切除するロボトミー手術を受けさせられるために灯台にいると考えたテディは、チャックを置いて1人で灯台へ。しかし、急な崖に阻まれ引き返してきました。 元の場所に戻るとすでにチャックはいません。崖の下を見るとそこにはうつぶせになったチャックの姿。急いで崖を下りていきますが、一番下まで下りた時、チャックの姿はなくなっていました。 崖の下から上を見渡すと崖の途中の洞穴に明かりが… テディはその洞穴に入っていきました。 そこにいたのは1人の女性。 「本物のレイチェルか!?あなたは子供を殺したのか!?」 問い詰めるデディ。 私に子供はいない、以前はここで医者として働いていたと答える女性。 そしてテディに「病院から薬やタバコをもらったか」と聞きます。それには幻覚が見えるような薬が含まれていて、その症状が出た患者に灯台でロボトミー手術を受けさせるような人体実験が行われている、と彼女は言うのでした。 洞穴で夜を明かしたテディは灯台へ。警備員から銃を奪いついに灯台の中へと潜入。しかし、そこには手術が行われているような形跡などなく、あるのは最上階の小部屋だけ。そこにいたのは院長でした。 テディの手の震えや幻覚の症状について質問する院長。 テディは、レイチェル医師から聞いた通り、これが病院から飲まされた薬やタバコによるものだろうと院長を問い詰めますが、院長はそれを否定。それどころかレイチェルすらも幻覚であり、テディがかなり重症であることを説明するのです。 困惑するテディ。院長はさらに続けます。症状は2年間テディに投与してきた薬の禁断症状である、と。そして、テディは2年前からここにいる患者だと言い、テディの受入票を取り出しました。この受入票こそがメモに残された67の正体。テディはこの病院の67人目の患者だったのです。 さらに、4の法則についても説明する院長。 それはテディとレディス、レイチェルとドロリスは互いの名前のアルファベットを入れ替えて作った架空の名前であり、この4人の関係を示したのが4の法則だったのです。 院長はすべてをテディに話します。2年前に妻を殺してしまった自分を許せない元保安官のレデイスは、テディという人格を作り上げ、保安官として陰謀を暴きにこの島にやってきたと信じ切っていたこと。 そのため、自分の本当の過去とは一切向き合おうとせず、看護師や患者などいろいろな人に暴力的な態度をとってしまっており、とても危険だったのです。 ますます困惑し、相棒のチャックはどうしたんだと聞くテディ。そこに登場したのはスーツ姿のチャック。実は彼はテディの主治医のシーアン医師だったのでした。 まだ事実を受け入れられないチャックに院長は言います。これは最後のチャンスなのだと。テディの空想を実現させてあげれば、現実との矛盾に気付き、正気にもどるのでないかと考え行った治療であったが、これでテディが現実を受け入れなければロボトミー手術を行うしか方法がないのだと。 テディは徐々にレディスであったころの自分の過去を思い出し始めました。 妻のドロリスは自宅のアパートに火をつけるなど自殺願望があったのです。ある日、仕事から帰るとそこにはびっしょりと濡れたドロリス。 不審に思ったレディスが家の前の池を見るとそこには3人の子供が浮いていました。自分の子供たちを殺したドロリスは、泣き崩れるレディスに私も楽にしてと言います。レディスは泣きながら彼女を銃で撃ったのでした。 気が付いたら眠っていたテディ。目が覚めた今度こそ自分の過去に向き合います。家族が死んでしまったことに責任を感じ、テディという別人格を作り上げてしまったと認めました。 ある晴れた日、中庭で休むレディスにシーアン医師が話しかけます。 シーアンに「こんな島早く出よう、チャック」と言うレディス。シーアンは遠くで見守る院長らに首を振って合図を送ります。院長たちは合図を理解し、ロボトミー手術の準備を始めるのでした。 その様子を見てレディスはシーアンに問いかけます。 「どっちがマシかな?モンスターのまま生きるか善人として死ぬか」 そう言い残して院長のもとへと歩いていくレディス。シーアンが「テディ!」と呼びかけても振り返ることはありませんでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です