映画「007/スカイフォール」ネタバレとフル動画を無料視聴

8 min
映画「007/スカイフォール」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 トルコ・イスタンブール。イギリス情報部MI6の諜報員ジェームズ・ボンドは潜入捜査中の諜報部員の情報が記録されるハードドライブを強奪した敵を追跡中に局長Mの命令が招いた銃弾により数十mの谷底の川へ落ち生死不明となります。 数か月後、イギリス・ロンドンのMI6本部を狙ったサイバー犯罪による爆弾テロ事件が発生。僻地で生き延びていたボンドはMに恨みを持つ姿なきテロリストを追うために「007」に復帰します。 007シリーズは、VODサービスでもあまり配信されていませんが、music.jpの30日間無料トライアルを使えば、複数の007映画を楽しむことが可能。 もちろんスカイフォールも無料期間に楽しめますし、期間内に解約してしまえば費用はかかりません。今すぐmusic.jpで視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「007/スカイフォール」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 字:199ポイント
吹:1700ポイント
字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「007/スカイフォール」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。 無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、007/スカイフォールの視聴はU-NEXTもしくはmusic.jpの2択になります。 ちなみに007シリーズは見放題ではなくポイント制(有料)であることが多く、登録時にタダでもらえるポイントによって、無料期間に視聴できる本数が違ってきます。 U-NEXT:1本のみ music.jp:3本以上 music.jpを利用したほうが、少しでも多く007の映画を楽しめるので、ぜひmusic.jpの30日間無料トライアルで「007/スカイフォール」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「007/スカイフォール(邦題)」「007 sky fall(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました。

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

007シリーズを楽しむ2つの方法

今すぐ視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。 もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

007シリーズを多く楽しむならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
まず、TSUTAYA DISCASは「動画配信」ではなく「DVDレンタル」です。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TV/DISCASに登録すると、この2つのサービスをセットで30日間無料お試しできるのですが、007シリーズの視聴に有効なのはTSUTAYA DISCASのほう。 DVDレンタルといっても店舗に足を運ぶ必要はなく、スマホやパソコンで見たいDVDを注文すれば、自宅の郵便ポストに届けてくれます。返却も近くのポストに入れるだけでOK。 また、TSUTAYA DISCASはDVDレンタルな代わりに、他の配信サービスでは一切配信されていない作品も、9割は取り扱っているため、ラインナップが桁違い! 実際、007シリーズもTSUTAYA DISCASでは軒並み、「そういえばあの作品見たかったな」という作品も、無料期間に最大8枚までまとめて視聴することも可能。 自宅にDVDが届くまでタイムラグがある事がデメリットですが、 ①TSUTAYA DISCASで007シリーズを8作品レンタルする ②自宅にDVDが届くまでmusic.jpで007シリーズを3作品楽しむ とすれば、少しでも多く007シリーズを無料で楽しむことが可能です。DVD再生環境があるなら、ぜひmusic.jpと合わせてTSUTAYA DISCASも利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「007/スカイフォール」のあらすじとネタバレ

影の亡霊

トルコ・イスタンブール。 イギリス情報部MI6の諜報員、ジェームズ・ボンドは女性諜報員イヴと共に潜入中であるNATO諜報員の全情報が入ったハードディスクの奪還任務に参加していました。 その途中でMI6の諜報員たちが殺され、ボンドはハードディスクを取り戻すべく実行犯を追跡します。列車上に追い詰めたボンドは格闘戦になります。 列車の行き止まり先のトンネルで待機中のイヴはライフルを実行犯に向けて照準を合わせるが、ボンドに当たるため狙いが定まらず狙撃できないでいました。 MI6局長Mの命令を受けたイヴが発砲した弾でボンドは谷底の川に落下し生死不明となってしまいます。また実行犯も逃げていったことで任務は失敗してしまいました。 数カ月後。イギリス・ロンドン。ボンドは公式で死亡と認定され、Mは情報国防委員会の新委員長であるギャレス・マロリーから監督責任を問われ事実上の引退を迫られます。 しかしMはこの提案を拒否し、側近であるタナーと一緒にMI6本部へ戻ります。 その直後、盗まれたハードディスクがハッキングされたという情報が入ってきたタナーが逆探知をすると、特定場所はMI6本部だと突き止めます。すると何者かがMのコンピューターをハッキングしていました。 シャットダウンが施された途端、イギリス女王陛下を模したMの不気味な画面が現れ「自分の罪を思い出せ」というメッセージが残されます。さらにMI6本部が爆破されてしまい大勢の死傷者を生んだ大事件へと発展してしまいます。 一方、僻地で流れ着いて酒と女に溺れていたボンドにもこのニュースが伝わります。Mは6人の死者の棺の前で犯人を見つけると誓います。自宅に戻ると、窓辺にたたずむボンドの姿がありました。 先の命令の判断に間違いはないと断言するMに対し、怒りを露わにするボンドでしたが、本部が攻撃を受けた今は自分が必要なはずだと判断し戻ってきたのでした。 タナーに案内され古い地下壕を利用した新本部に入るボンドは、「00」要員への復帰テストを受けます。体力測定・射撃訓練・心理テストを受ける途中、先の任務で受けた銃創が痛み、銃弾を取り出したボンドはそれをタナーに持っていき分析を依頼します。 イヴにも再会し、お互い水に流したところでMから結果が伝えられます。ボンドには言わなかったが成績は全盛期と比べてひどいものだがMの取り計らいでかろうじて復帰が許可されました。 タナーから銃弾の解析が済み、使用している人物から例の実行犯の名前が判明します。パトリスと名乗る傭兵で国籍も住所も不明で近日中に仕事で上海に現れることをつかんだMはボンドを派遣します。

2匹のネズミ

ボンドはマロリーから要請を受けた新任の特殊装備担当者Qと美術館で落ち合い、航空券、発信機、指紋認証付き拳銃という必要最低限の装備を受け取り、上海へと向かいます。 上海に到着後、ボンドは高層ビルに入るパトリスを尾行して狙撃の準備に入ろうとしていた所を急襲。格闘の末にパトリスを倒したが雇い主を聞き出す事に失敗します。しかし残された所持品にあったカジノのチップを手がかりにたどりボンドはマカオへ向かいました。 その頃、自宅にいたMは自身のコンピューターをハッキングした犯人から例のハードディスクにあったNATO諜報員のうち5人がインターネット上で公開され、毎週さらに5人ずつ公表するという予告が送られます。 マカオのホテルに滞在中、Mから要請されたイヴのベッドも交えたサポートを受け、チップの換金先であるマカオのカジノを訪れます。そこでボンドはパトリスの仲間である女性・セヴリンに接触します。 ボンドは情報を聞き出す途中で何かに脅えているセヴリンにボスを殺すつもりなら協力すると説得します。セヴリンの監視たちを見せ物のコモドオオトカゲを使い撃退したボンドは、波止場に停まるセヴリンの船「キマイラ」に向かいます。 その中でセヴリンと一夜を共にしたボンドはボスのいる廃墟島へ向かいます。その頃、情報流出された諜報員がテロ組織により殺されたニュースが流れたことでますます立場を悪くするMをマロリーは審問会に召集させようとします。 島に向かう船の途中でセヴリンと共に捕まったボンドは大柄な白人のボス、ラウル・シルヴァと対面。シルヴァは自分とボンドを「共食いで最後に生き残った2匹のネズミ」に例え、元MI6諜報員だった身分を教えます。 シルヴァはハッキングした情報を出し、本来なら試験結果は心身共に不合格であることを知りながらMが隠していたことを告げて揺さぶりをかけるが意に介さないボンド。 かつての見捨てられた自分と同じだと言いながら、この拠点から発信するサイバー犯罪を嬉々と話すシルヴァはボンドの拘束を解き、部下たちを引き連れ外に出ます。軽快な音楽が流れるその場所には縛られたセヴリンがいました。 シルヴァはウィスキーのグラスを手に取り彼女の頭に乗せたあと、実弾入りの射撃テストでボンドを試そうとします。結果、ボンドは失敗しセヴリンはシルヴァに殺されてしまいます。 悲しみに暮れると思って油断していたシルヴァたちの隙をつき周りの部下を皆殺しにしたボンド。そして、Qからの発信機を頼りに駆け付けたMI6の強襲部隊にシルヴァは拘束されます。

立ち向かう組織

シルヴァは新本部の拘置所でMとの再会を果たしました。 中国軍に拘束され壮絶な拷問を受けても白状せず、毒で自決を図ろうとしたが失敗したことで醜くなった素顔を見せつけます。その様子を見ても顔色を変えないMは罪状を言い残し、その場を後にします。 支局時代当時のシルヴァ、「ティアゴ・ロドリゲス」は越権行為で中国の情報を得ようとして目に余るとしてMは彼を中国当局へ売った過去がありました。外交問題に触れるし、危険に晒された諜報員数名が救えるという理由からでした。 ボンドにあとを任せたMは審問会が開かれるウェストミンスターへ。Qとシルヴァのパソコンを解析しようとするが、端末に仕組まれたウィルスがMI6のシステムへ侵入してしまいシルヴァの拘束が解け、脱走してしまいます。 シルヴァは潜伏中の部下の助けで警官になりすまして地下鉄に逃げ込みます。授業員通路から通るボンドはシルヴァを見つけるが、彼が仕掛けた爆弾の影響で脱線させた電車をぶつけられて逃がしてしまいます。 審問会ではスパイや00セクションは時代遅れだと大臣に言われても、Mは国家ではなく地図にも載らない危険な勢力が世界には存在し、目に見えない「影」に相対する組織が必要だと静かに説きました。 その直後、審問会にシルヴァや手下たちがMを暗殺しようとなだれ込んできました。激しい銃撃戦になり、次々と護衛は倒れるが間一髪のところで駆け付けたボンドはマロリーやイヴの援護でシルヴァたちの攻撃を退けます。 Mを護衛しつつ公用車で連れ去ったボンドは、倉庫で眠るアストンマーチンに乗り換え、スコットランドにある彼の故郷「スカイフォール」へ向かいます。そこへシルヴァを誘い込む餌として新本部で待機中のQにわざと足跡を残して置くよう指示するボンド。 その後、タナーとともに裏工作を準備していたところにマロリーが現れます。しかしボンドの考えを見抜いていたマロリーは黙認し、的確な指示を与えるのでした。

スカイフォールの攻防

スカイフォールに到着したボンドとMは、信頼する管理人のキンケイドの助けで少ない武器と家中のあらゆる材料で作ったトラップやバリケードを仕掛け、準備を整えた3人はシルヴァが来るのを待ちうけます。 10数人ほどの敵兵が家の前で爆弾をセットする間、表に停車していたアストンマーチンの機関銃が炸裂。それを合図に銃撃戦が開始され侵入する兵士をトラップなどで撃退するがシルヴァの姿が見えませんでした。 その時、ロックを大音量で流す軍用ヘリがスカイフォールに向かって近づいてきました。危険を察知したボンドはMとキンケイドを地下道の隠しトンネルに避難させ自分のみがおとりになります。 ヘリから降りたシルヴァは手始めに手榴弾を取り出し次々と家に投げ込んでいきます。 その間、地下道を通るMはわき腹に負傷を受けたことを隠しながらキンケイドと一緒に出口にたどりつきます。内側がもうもうと燃え広がるスカイフォールを目にした2人は近くにある礼拝堂へ逃げます。 ヘリの攻撃でアストンマーチンが破壊されたが、ボンドはプロパンガスのボンベにつないだダイナマイトの導火線に火をつけます。そしてかつての生家に彼なりの別れを告げたあと地下道へ脱出します。 爆発の影響で跳んだ破片がヘリに命中したことによりヘリは破壊され、シルヴァは数名の部下と共に逃げたMを追います。その途中、トンネルを抜け出たボンドをシルヴァは阻んで彼を凍った湖の中に落とします。 礼拝堂にたどり着いたシルヴァはMに銃を突きつけ一緒に死ぬことを望んだが、そこへ駆けつけたボンドが彼の背中へナイフを投げつけます。「僕が最後のネズミだ」と言ってとどめを刺したボンドの目の前でシルヴァは力なく倒れました。 傷は深くて手の施しようがありませんでしたが、「あなたを信じたのは正しかった」とMは最後に言い残し、ボンドの胸の中で静かに息を引き取りました。 Mの葬儀後。イヴはボンドにMI6本部で秘書として勤めることを告げ、マネーペニーを名乗ります。奥の執務室に入ると、新たに後任のMとなったマロリーがボンドに次の任務を指示するのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です