映画「ソロモンの偽証」ネタバレとフル動画を無料視聴

4 min
映画「ソロモンの偽証」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 視聴には動画配信サービスTSUTAYA TVの30日間無料トライアルを利用するのが手っ取り早く、高画質かつ安全に映画を楽しめます。 登録が必要なのが手間ですが、住所なども不要で最低限の入力項目でOKでですし、3分あれば完了します。ぜひ今すぐ「ソロモンの偽証」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ソロモンの偽証」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 300ポイント
music.jp 220ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ソロモンの偽証」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。 無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 オススメなのはTSUTAYA TV。 music.jpよりも見放題動画の数が多く、U-NEXTよりも登録時にタダでもらえる有料動画視聴ポイントが多いので、30日間の無料トライアルで最大限楽しめるためです。 登録自体もカンタンで、住所などの入力も不要ですぐ視聴できます。30日以内に解約すれば無料なので、ぜひ今すぐ「ソロモンの偽証」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ソロモンの偽証(邦題)」「solomon no gisyou(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ソロモンの偽証」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ソロモンの偽証」のあらすじ

大雪が降ったクリスマスの朝。 涼子と野田は学校で飼っているうさぎの世話をするため、朝早く登校しました。 小屋の前に向かうと雪の中から突き出た腕が。 急いで掘り返すと、クラスメイト柏木が死体となって埋まっていました。警察の捜査により屋上からの投身自殺と断定。事件は解決したと思われましたが後日、涼子の元に告発文が届きます。 柏木は自殺ではなく、同級生の大出とその仲間達に屋上から突き落とされ、その瞬間を目撃したという衝撃の内容でした。 涼子だけでなく、校長やマスコミの元にも告発文が届いており、学内も世間も大出が殺人犯なのではないかというムードに。 本当に犯人は大出なのか。 告発文の差出人は一体誰なのか。 真実を知るために涼子は動き出します。  

「ソロモンの偽証」のネタバレ

告発文の内容から犯人は大出に恨みがあり涼子の住所を知っている人物に絞られ、警察は生徒達にカウンセリングと称し聞き取り調査を開始。 その頃、柏木と同じ小学校に通っていた神原という他校の生徒が涼子の元を訪れ、真相を突き止める手伝いを申し出ました。神原は彼の性格からして、自殺をするような人物ではないと。 そして、度重なる聞き取り調査の結果、告発文の差出人はクラスメイトの三宅という女子生徒だと推測。が、決定的な証拠もなく、校長からも騒ぎを大きくしたくないとして調査の中止が決まります。 このまま矛盾を残して終わることに納得できない涼子。 これ以上学校側を頼ることができないと悟り、事件を担当した刑事やクラスメイト、両親の協力を得て事件当日を再現し新たな証拠や目撃者を探し出します。 そして、学内裁判という形で生徒達の前で事件の真相を暴こうと決意するのです。 裁判官や弁護士、検事役を揃えるなど裁判の準備を進める中で、神原の言動や行動に違和感を覚える涼子。神原に事件当日のことを聞こうとすると、詳しくは裁判当日に話すといい口を開きません。 ついに学内裁判は開廷され、生徒達の目の前で真実は明らかになっていきます。三宅は最初の証言では嘘をつき通そうとしますが、涼子の必死の説得により偽の告発文を書いたことを証言します。 それに続き、弁護士役の神原により大出の無実も証明されます。 そして最後に、涼子は神原を証言台に呼び出し、真相を語るよう促します。 あの日、柏木から電話がありゲームをしようと持ちかけられたことを明かします。ゲームをやらなければ死ぬと脅しをかけられ、止むを得ず指示に従う神原。 最後に事件現場である屋上で合流しますが、柏木が無事であるということに安心しその場を立ち去ろうとします。 しかし柏木は帰るなら飛び降りると、さらなる脅しをかけてきます。度重なる要求に答えることに疲れてしまった神原は、彼の要求を無視し自宅へ帰ります。 後日、柏木が自殺したのが自分と別れた直後だと知った神原は責任を感じ、自分こそが彼を殺した犯人だと告白。この裁判を開き涼子に真実を暴かせ、裁きを受けるのが目的だったと言います。 しかし、この裁判は大出の無実を証明するためであるとして神原は裁かれることはなく、裁判は幕を閉じます。 そして、学内裁判は伝説として代々語り継がれており、今現在もこの中学校ではいじめや自殺は起きていないことになっていました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です