映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画を無料視聴【dailymotion】

映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画を今すぐ無料で視聴する方法を紹介します。


2018年に公開されたこちらの映画。

池井戸潤原作とあって、公開前から注目されていました。長瀬智也さん主演、助演にディーン・フジオカさん、高橋一生さんと女性にはたまらないキャスティングです。


ただ、まだ公開から間もない映画なこともありDVDレンタルだと高額です。

そこでオススメなのが動画配信サービスU-NEXTを使うこと。登録から31日間は無料で試すことができますし、すぐに「空飛ぶタイヤ」を視聴することができます。


↓31日以内に解約すれば無料↓

「空飛ぶタイヤ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 550ポイント ×
FOD 400ポイント ×
TSUTAYA TV 500ポイント ×
hulu × × ×
dTV 400ポイント ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント ×
music.jp 440ポイント ×

「空飛ぶタイヤ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-NEXT
・FOD
・dTV



大半の動画配信サービスで視聴可能ですが、「空飛ぶタイヤ」はいずれも視聴にポイント(別料金)が必要です。

ただし、U-NEXTは無料トライアルの登録時に600ポイントをもらえるため、1円もかけずに「空飛ぶタイヤ」を見ることができます。


↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「空飛ぶタイヤ」「soratobu taiya」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。

おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「空飛ぶタイヤ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。


↓31日以内に解約すれば無料↓


「空飛ぶタイヤ」のあらすじ


ある日、走行中のトラックのタイヤが外れ、通行していた主婦に当たり死亡させてしまいます。

そのトラックの所有者である赤松運送会社の整備不良という結果になり、契約が打ち切られ、世間からもバッシングを受けることに。

しかし社長の赤松は、自社の整備士が細かく整備のチェックをしていたと知り、その結果トラック自体に欠陥がある可能性が浮上してきました。

 

製造元である大手自動車会社のホープ自動車に再調査を依頼するものの、なかなか進展せずに赤松は独自に調査を開始することにします。

その先にあったのは、大手企業の「リコール隠し」でした。

会社の命運をかけた男たちの戦いが始まるー。


「空飛ぶタイヤ」のネタバレ

調査を進める中で、赤松はホープ自動車で製造されたタイヤのハブに原因があるのではと考えます。しかし、事故車両のハブはホープ自動車に保管されていて、一向に返してくれる様子もありませんでした。

 

赤松がホープ自動車に再調査を依頼していたのは、カスタマー戦略課の沢田でした。

度重なる催促に沢田はうんざりし、電話すら繋がせないようにしていました。ある日、品質保証課の人間が赤松運送について聞いてきたことで、沢田も疑問を抱くようになったのです。

そして、内密に行った調査で「T会議」という存在を知ります。その会議の目的は、リコール隠しでした。事実を知った沢田は、さらに週刊誌がリコール隠しの疑いを持っていることを知り、実名で内部告発をすることにします。

告発後、沢田は商品開発部に異動となりました。かねてより希望していた部署だったこともあり沢田は喜びますが、それは赤松運送の件を早急に片付けろというメッセージでもあったのです。

 

後日、赤松に会った沢田は、「1億円の用意がある」と提案します。つまりそれは、「1億円で手を引け」ということでした。

 

しかし、遺族に会って子どもの母親を思う気持ちを知った赤松はその提案を断ります。

 

 

一方ホープ銀行では、井崎がホープ自動車への融資を渋っていました。上司から融資しろと指示されますが、どうも融資できる経営状態ではなさそうだったからです。すると、大学からの友人である週刊誌の記者の榎本からホープ自動車にリコール隠しの疑いがあることを聞かされます。そこで井崎は、融資できるかどうかの調査に時間をかけることにします。

 

その頃、週刊誌に載るはずだったリコール隠しの記事がホープ財閥の圧力によりボツになります。しかしそれと引き換えに、赤松は榎本から過去に事故を起こし、同じように整備不良と断定された会社のリストを入手しました。その中で赤松のようにタイヤ自体に欠陥があったのではと調べていた会社があったことを知り、富山にいる相沢に会いに行きます。

そこで赤松が手に入れたのは、ずっと欲しかった真実でした。

 

商品開発部に異動した沢田は、雑用ばかりを強いられていました。一方で、T会議の存在を危険だと考えていた杉本から一台のパソコンを受け取る。そこには、T会議で使われたデータが全て保存されていた。

赤松が手にいれた真実と、沢田が受け取ったパソコンのデータによって、ついにホープ自動車の闇が明かされることになったー。

「空飛ぶタイヤ」の動画を視聴するならU-next

男たちの熱い戦い、苦悩、葛藤など2時間にぎゅっと盛り込まれた濃い内容の作品です!

ポイントだけ見ると、他のサイトの方がお得と思われるかもしれませんが、U-NEXTは動画だけではなく、雑誌も読めるという点ではありがたいですね。この機会に、見忘れていた映画や雑誌を見て見ませんか?

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です