映画「そして父になる」のフル動画を無料視聴☆dailymotion

映画「そして父になる」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

監督は日本を代表する映画監督の是枝裕和監督。脚本も是枝裕和監督が自ら書きました。カンヌ国際映画祭で上映され、10分間のスタンディング・オベーションが起こった名作です。


「そして父になる」の視聴には動画配信サービスがオススメです。

違法動画サイトのように時間をかけて探す手間もかからないですし、高画質な動画を登録直後に視聴できます。31日間は無料トライアルなのでぜひ試してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「そして父になる」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題
U-NEXT 見放題
FOD 400ポイント
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp 324ポイント

 

「そして父になる」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・FOD
・dTV



配信サービスは複数ありますが、「◯ポイント」と書いてある動画配信サービスは、「そして父になる」の視聴にポイント(別料金)が必要です。

なので、視聴にポイントが不要なサービスがオススメで、特にU-NEXTはもともとの作品数が多いことに加え、無料トライアルの期間も31日と長いので映画やドラマを存分に楽しめます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「そして父になる」「soshite chichi ni naru」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「そして父になる」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「そして父になる」のあらすじ

取り違えの発覚


都心の高級マンションに住む、大手建築会社のエリートサラリーマン。

野々宮良多と、その妻の野々宮みどり


夫婦には6歳の一人息子の野々宮慶多がいました。

礼儀作法や行儀をきびしく教えられ、ピアノの習い事をしたり、小学校から”お受験”して名門校への入学が決まっていました。


そんな誰もが憧れる、幸せな家族。

一報が届きます。


それは慶多を産んだ群馬県の産院からでした。


出生時に子供の取り違えが起きた可能性がある

そんな衝撃的な事実を告げられ急いで病院へ向かいます。そしてDNA鑑定を受けた結果、夫婦と慶多は血縁関係がないことが判明しました。


ところが

そういうことか

良多はなにか納得したようにつぶやきます。


ちなみに、本当の野々宮の子供は、群馬で小さな電気屋を営む斎木家の長男・琉晴でした。そのことを知った良多は妻・みどりを責めます。

「なんで管理に心配のある田舎の病院で産んだのか」
「なんで分からなかったのか」


ですが、そう詰め寄られてみどりも反発します。

良多は仕事で多忙な生活を送っており、慶多と遊ぶどころか子育ては一切していない父親でした。そんな夫に、自分を責める権利があるのかと。


一方の斎木家は5人家族。

父親の雄大、母親のゆかり、長男の琉晴の他に子供が2人いて、庶民的な生活を送りながらも温かく笑顔が絶えない家族でした。


病院の紹介で2組の家族は会い、そして病院を相手に裁判を起こすことにします。

「子供のために結論は急いだほうがいい」と病院と弁護士から勧められ、血縁を取るのか、今まで過ごしてきた6年間を取るのか決断を迫られます。



葛藤しながら、家族ぐるみの付き合いで子供の交換をしていこうと決めました。

雄大はのんきにいくら賠償金が貰えるか話しています。良多は「金の問題ではない」と言いつつも、その裏でなんとかして子供2人を引き取れないか弁護士と策を練っていました。

「血が繋がっていれば大丈夫。それが親」だと良多は言います。

裁判のはじまり


病院からの提案で週末、お互いの家に子供を泊まらせることにしました。

良多は慶多に対し、「これは慶多が強くなっておとなになるためのミッション」だと説明します。慶多を斎木家に送り届けると琉晴を連れて自宅へ向かいます。


そして夕飯にすき焼きを食べて「こんなに美味しいの食べたことない!」と大喜び。しかし、どんなに美味しいすき焼きを食べようと、斎木家とはあまりに違う家族のあり方。

自由にのびのびと過ごしていた斎木家が恋しくなります。


一方で斎木家に泊まっていた慶多はとても馴染んでいました。

みんなで餃子を食べたあと家族団らんの時を過ごしていました。弟、妹とも打ち解け一緒に遊んだりお風呂に入ったり。

野々宮家に戻る時も寂しそうな顔を見せるほど、斎木家を気に入っていました。


そしてまた別の週末、良多は雄大に、斎木家は琉晴の他に2人も子供がいること、経済的にも厳しいのではないかと指摘し、自分なら2人を育てられると言います。

しかしこの答えは「NO」

「負けたことのない奴は人の気持ちが分からないんだな」

お金で解決しようとする良多に対して雄大は怒りをぶつけました。


そして、子供の取り違えの裁判が始まります。

証人に立った看護師の宮崎祥子は取り違えを起こした理由を語り始めました。自分が再婚し、連れ子の子育てに疲れていた時、幸せそうな野々宮家を見て嫉妬し、取り違えをした。


「一生許さない」という両家の母親。

ですが、時効になっており罪には問えません。

歯がゆい結果に裁判に怒りを隠せない様子でした。


良多は日に日に慶多と自分の繋がりを感じなくなっていました。のんびりとしている性格の慶多。それに対して競走ばかりしてきた良多。

自分と似ている琉晴。



慶多と琉晴を比べるようになり、慶多に厳しく当たるように変わってしまいます。内心では慶多も琉晴も斎木家にいたいのではないかと焦っていました。

そんな様子を見て、どちらも引き取ると言っていたのに…みどりは良多に不信感を募らせていくのでした。


「そして父になる」のネタバレ


良多は父親のアドバイスを受けて、少しでも早く親元に子供を返そうと決意します。

斎木家の妻・ゆかりはこのままじゃだめなのかと言いますが、「血の繋がりのない子供を愛せますか?」と良多は聞きます。


愛せる、似てる似てないとかそんなのにこだわっているのは血の繋がりを感じていない男だけ

ばっさり言われても子供の交換は良多の中ではもう決めたこと。


慶多との6年間よりも血の繋がりを選ぶの?

ついにみどりは良多に怒りをぶつけます。そして、DNA鑑定のあとに良多が呟いた「そういうことか」は一生忘れないと言います。


やがて子供の交換に踏み切ることに。

しかし交換したあとの生活に戸惑いを感じる慶多と琉晴。


琉晴は野々宮家を飛び出して斎木家へ。

琉晴が家に来たとゆかりから聞いた良多とみどりは斎木家まで琉晴を迎えに行きます。自分も昔、両親が離婚したあと母親に会うために家を飛び出した経験があった良多。


やっぱり自分と似ている、と琉晴との血の繋がりを実感します。

慶多は家に来た野々宮夫妻に会いたいはずなのにいじけて会おうとしません。その様子を見たゆかりは上手くいっていないなら2人とも引き取ると提案しますが良多は断ります。


次の日から良多は今までとは変わり、積極的に子育てに関わろうとします。

釣りごっこをしたり、キャンプの真似としてテントを立て、ベランダで川の字になって星を見ていました。

「パパとママのところに帰りたい」

琉晴は本音をこぼしますがすぐに「ごめんなさい」と謝ります。みどりは慶多を裏切るような気持ちになりながらも琉晴を愛しはじめていて苦しんでいました。


次の日、良多はいつも家族を撮っていたカメラを手に取ります。

それを振り返るように見ていた良多は、慶多がいつの間にか自分を撮っていたことに気づきます。


思わず涙を流す良多。

そして琉晴を連れて群馬の斎木家へと向かいます。


慶多に会おうとも、良多を避けるように家を飛び出していきました。

追いかける良多。

「パパなんかパパじゃない」

でもパパだったんだよ。出来損ないだけど6年間はパパだったんだよ

2人は並行する別々の道を歩きながら言い合います。


そして2つの道が合流し、良多は慶多を強く抱き締めます。

「ミッションは終わりだ」

良多は慶多と一緒に斎木家へ戻りました。


「そして父になる」の感想


血の繋がりが大切なのか、それとも過ごしてきた時間なのか。

色々な人がいて考えも色々あって価値観も違いますが、もし自分の子供が他人の子であったら…親の身としてはゾッとする内容で、良多を見ていてとても辛かったです。


同時に、子供への接し方を考えさせられる映画でもありました。

お受験をはじめ、自分が子供のためだと思っていることは、子供が本当に望んでいることなのか?自分のエゴではないのか?


良多は、家族を支える素晴らしい父親でした。

男は仕事で成果を出す!実際、万が一にも仕事を失ったり、給料を下げられたら家族の生活を支えられなくなるし、仕事に精を出す父親は珍しくありません。


でも、子供から見たらどう映るのか?

もっといっぱい遊んでほしい、褒めてほしい。

親として、子供にどう接するべきか考えさせられる内容でした。



「そして父になる」のラスト


途中から慶多につらく当たるようになっていましたが、カメラを見て自分を父親として慕ってくれていたことに気づき、初めて「父親」として父性が湧く良多。

妻のみどりは琉晴のことも愛しはじめていて、夫婦としてどんな結論を出したのか気になりますね。色々な意見がありますが、私は6年間を取ったのかなと思います。


でもこれからも家族ぐるみの付き合いをして、お互いの子供の成長を一緒に見守っていくんじゃないかと思います。

この作品には原作はありませんが、モデルになったんじゃないかと言われる番組がありました。その番組では、両家隣同士で住むことになったそうです。

作品では曖昧になり、それぞれ想像する形に終わりましたがモデルになった番組と同じようであれば幸せだなと感じます。


 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です