サマーウォーズのフル動画を無料視聴【dailymotionやB9gooD】

映画サマーウォーズのフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

「おおかみこどもの雨と雪」や「時をかける少女」など有名な作品で様々な賞を受賞している日本を代表する映画監督です。

夏になるとこれが見たくなる方も多くいるはず!


映画サマーウォーズの視聴は、動画配信サービスがオススメです。

DVDのようにレンタルショップに行く必要もないですし、違法動画サイトのように、あるのかないのかわからない、おまけに低画質な動画を探すのに時間をかける必要もありません。

動画配信サービスは登録から30日間無料なので試してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「サマーウォーズ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題
U-NEXT 440ポイント
FOD × ×
TSUTAYA TV 440ポイント
Hulu × ×
dTV 330ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 300ポイント
music.jp 330ポイント
 

「サマーウォーズ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・dTV



どのサービスも月会費とは別に、ポイント(別料金)が必要です。

ただし、music.jpは登録と同時に1600ポイントもらえるので、330ポイントのサマーウォーズは実質タダで視聴できます。


さらに、サマーウォーズと同じ監督の細田守さんの「時をかける少女」「バケモノの子」などの動画もmusic.jpで配信されており、余ったポイントを使うことで同じく無料で視聴可能。

もちろん、月会費も30日間は無料なので、完全無料でサマーウォーズを楽しむことが可能です。登録もすごくカンタンなので、ぜひ試してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「サマーウォーズ」「SUMMER WARS」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。[/aside]

「サマーウォーズ」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
 

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。


特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。

もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「サマーウォーズ」のあらすじ

謎の暗号

インターネット上の仮想世界・OZ(オズ)。

世界中の人がアバターを作ってOZで買い物をしたり、行政手続きをしたり、チャットで交流する時代になっていました。


主人公・小磯健二もその1人。

友達の佐久間敬と一緒にOZの保守点検のアルバイトをしていました。内気な健二ですが、国際数学オリンピックで日本代表に選ばれそうになるほど数学が大得意。


ある日、学校のアイドル夏希先輩からアルバイトに誘われます。

健二は密かに想いを寄せていたこともあり、内容も聞かないまま返事をして、夏希の実家である陣内家に向かうことに。


実家に向かう途中、アルバイトの内容を言い渡されます。

夏希の彼氏のふりをして祖母・栄の誕生日会に出てほしいというものでした。


そして夏希は彼氏の設定を説明します。

・旧家の出身
・アメリカ留学
・歳上


健二はハイスペックな設定に驚きつつも、祖母・栄に彼氏役として会います。他の陣内家の親戚の前でもボロを出さずやり過ごせました。


夜になり、寝付けないでいる健二の携帯にメールが届きます。

それは謎の数字の羅列で、健二は数学の問題だと思って夢中になって解き始めます。


朝顔が開く頃やっと解き終えた健二。メールに返信すると「Thank you!」と変なびっくり箱の画像が送られてきました。

なんだこれ?と思いつつもいつの間にか眠ってしまいます。

OZの異変


目が覚めると、親戚の子供たちに囲まれていました。

「犯人!」と言われ、なんのことかと思っていると、自分の顔がニュースに映っています。実は昨日のメールは、OZのセキュリティロックの暗号だったのです。

それを、健二が解いてしまった。


健二のアカウントは乗っ取られてしまい、ログインが出来ない状態でした。

ひとまず親友・佐久間が陣内家の電話番号から仮のアカウントを作ってくれてログインすると自分の元々のアバターを見つけ出します。


そして自分のものだったアバターに向かい、

「ネットの中だからって何をやってもいいと思ったら、大間違いだ!」

と言いますが、聞く耳を持たずに殴りかかってきました。


ボコボコにされる健二。

それを見たキングカズマが助けに入ります。


キングカズマとは夏希の親戚・佳主馬(かずま)のアバターで、OZ内では格闘技チャンピオンに輝いたことがあるちょっと有名な存在です。

キングカズマはすかさず犯人のアバターを捕まえますが、スキを突かれてしまい逃げられます。すると犯人のアバターが変形、ムキムキになり後光まで差した神のような姿に。


見た目通り、敵のアバターは圧倒的に強く、キングカズマは負けてしまいました。

そして、犯人を取り逃がしてしまったのです。


ただ、親友・佐久間の調べで犯人を特定できました。

その正体は、アメリカが研究中のAI「ラブマシーン」。


一方、陣内家で健二は大ピンチになっていました。

夏希のハイスペック彼氏という嘘もバレ、信頼してもらえない健二は、警察官である親戚の翔太に逮捕されてしまいます。

車に乗せられ、署に向かいますが渋滞にはまってしまい一向に動きません。


実はラブマシーンがOZ内を引っ掻き回したことにより、道路は大渋滞、ナビは狂ってしまい、街中で水道管が破裂したり119番の誤報が相次いでいました。

車が進まないので家に戻り、この状況を知ると

「僕のせいだ…」

とうなだれて落ち込む健二。


それを見た祖母・栄は電話帳を開き人脈を頼りに電話をかけます。

その相手は日本の有力者ばかり。

「あんたならできる」
「できるって」

祖母・栄は励ましながら事態収束に努めるように言います。

健二の逆襲


その頃健二は、OZの管理棟に入るためにパスワードを解き、システム奪還を目指します。そこでシステムログを見た親友、佐久間は健二の解いた暗号が間違っていると教えます。

「自分のせいじゃなかった!」

喜ぶ反面、回答が間違っていたのが少し残念そうな健二。


とうとう、OZのシステムは復旧しました。

ですが、事件の元凶であるラブマシーンを倒せていないため、健二をはじめ世界中でアカウントを乗っ取られた人が大勢います。


そこに夏希の叔父・侘助(わびすけ)が帰宅してきました。

侘助は夏希の初恋の相手で、アメリカで研究者として働いています。侘助は一族の資産を持ち逃げして10年間もの間、音信不通だったのです。


そしてその持ち逃げしたお金でラブマシーンを作ったと言います。

侘助の帰宅で家の中は不穏な空気になり、祖母・栄も薙刀を取り出しケンカになります。侘助は「帰ってくるんじゃなかった」と吐き捨て出ていきました。


祖母・栄はケンカの後、廊下で腰を痛めてしまい、健二は助けを求められたため栄の部屋まで連れていくことに。

そして部屋につくと花札で勝負することになり、栄は自分が勝ったら夏希を頼むと言います。


自信が無いという健二に栄は「あんたならできるよ」と優しく言いました。

勝負は健二が負け、栄は微笑みます。


明け方、ラブマシーンによる混乱の影響で健康モニターが作動しなくなり栄は心臓発作で亡くなってしまいました。

親戚で医者である万作は寿命だと言いますが、親戚一同で納得できず悲しみに包まれます。そこで敵討ちをしようと陣内家の男性陣は立ち上がります。

敵討ち


それぞれ準備を整え、佳主馬はラブマシーン宛に果たし状を送りました。

「しまっていこう」

佳主馬が言うと戦闘が始まり、ラブマシーンを用意しておいた城に誘い込みます。


他の男性陣の助けもあり城の中に閉じ込めることに成功しますがいきなりシステムがエラーを起こします。準備しておいたスーパーコンピュータが熱暴走を起こしていたのです。

スーパーコンピュータを冷却するために用意しておいた氷を警察官・翔太が祖母・栄の遺体のそばに持って行ったため、オーバーヒートしてしまいました。


そのスキを突いてラブマシーンは城から逃げ出すと盗んだアバターを吸収して巨大化します。

佳主馬はさらに挑もうとしますが負けてしまい、キングカズマはラブマシーンに吸収されてしまいます。

絶望する佳主馬に健二は「まだ負けてない」と言い元気づけます。


ラブマシーンは人工衛星「あらわし」を世界中の原発のうちどれかに墜落させるためのカウントダウンを始めました。

どうやって止める!?と焦る一同。


その頃、夏希は栄の遺品整理をしており遺言を見つけます。

「家族みんないっしょにいること」
「一番いけないのはひとりぼっちでいることとお腹が空いてること」

夏希は叔父・侘助が置いていったiPhoneを見つけるとパスワードを解除して侘助に電話をかけます。


侘助はなぜパスワードを解けたか聞くと、夏希は「おばあちゃんの誕生日」と言います。侘助は憎まれ口を叩いていても10年間音信不通でも心の底では祖母・栄を愛していたのです。

栄が亡くなったことを聞くと大急ぎで車を走らせ家に向かいます。

侘助が帰ってくると遺言の通り、みんな揃ってお昼ご飯を食べます。そして陣内家は一族一丸となってラブマシーンに対抗することに決めます。

「サマーウォーズ」のネタバレ

こいこい


花札の「こいこい」で、賭けるのは陣内家全員のアカウントです。


陣内家を代表して夏希が勝負に挑みます。

同時進行で侘助はラブマシーンの解体に奮闘します。

次々に勝ち、奪われていたアカウントを順調に取り返していく夏希。


「やっこさんてんで素人だ!」

陣内家の人々は喜び勝ちを確信し、レートを次々に上げていきますがあともう少しのところで負けてしまいます。


人工衛星「あらわし」が落ちるまであと32分。

時間が無い中賭けるものもなく絶望していると、ドイツの男の子から応援のメッセージが届きます。

ナツキへ。ボクのアカウントをどうぞ使ってください

これをきっかけに世界中の人々からアカウントを使ってとメッセージが届きます。


そしてOZの守り神であるジョンとヨーコから吉祥のレアアイテムが夏希に授けられました。そんな夏希の前にラブマシーンがレートを一気に引き上げて勝負を挑んできます。

夏希はアイテムの力もありどんどんアカウントを奪っていき「こいこい」を連発します。


もはや世界中の人々が「こいこい」と言いながら勝負を固唾を飲んで見守ります。

花札で最強の役である五光を叩きつける夏希。

ラブマシーンは負け、盗んだアカウントを手放していきます。

そして「あらわし」のカウントダウンも止まり、陣内家の人々は勝利の雄叫びをあげて喜びます。

ラブマシーン最後の抵抗


しかしカウントダウンが再び動き出してしまいます。


落下地点は陣内家。

落下まで残りあと10分です。



大急ぎで避難準備をしますが、健二だけは諦めていない様子で「あらわし」の落下地点をずらそうとします。

諦めて避難するぞ、と説得しようとしますが「まだ負けてない」と夏希。


健二はOZの管理棟に入りログインしようとしますがパスワードが変更されていてなかなかできません。佳主馬は侘助の指示でキングカズマでラブマシーンに殴りかかろうとします。


「あらわし」が落下するまであと2分。

陣内家の人々はその様子を見守ります。


健二はすごい勢いでペンを走らせ解いていましたが、ついにペンを置いて暗算で解きにかかります。

「あ…暗算で!?」

健二は鼻血を垂らしながら頭の中で計算し震える手で暗号の答えを打ち込みます。

「よろしくお願いしまーーーーーす!!」

健二がエンターキーを押すのと同時にキングカズマはラブマシーンに殴りかかります。見事ログインに成功した健二は「あらわし」を陣内家からわずかにずらすことができました。


「あらわし」の落下地点からは温泉が吹き出します。

そして見事勝利した健二は夏希に告白します。

健二の頬にキスする夏希。

真っ赤になって鼻血を出しながら倒れる健二。


遺影の中の栄も、それを見て大笑いしていました。


「サマーウォーズ」の感想


細田守監督の作品で私はこれが1番好きです。

高校の頃の夏に無性に戻りたくなります。

内気な主人公・健二が世界を救って学校のアイドル的な存在の子にキスされるなんて、オタクの妄想だなんだと言われようが夢があるじゃないですか!


非現実的ですが、どこか現実味のある青春ストーリーでもあり、ファミリー向けのストーリーでもあり、どの世代が見ても楽しめる作品です。

細田守監督の作品はどれも「家族」が出てきますが、どの家族もあったかく、情が通ってるなと思います。


侘助は憎まれ口を叩いても、音信不通になっても心の底では栄を愛していたところとか。iPhoneのパスワードにするなんてめちゃくちゃ好きじゃないですか(笑)

つながりこそが、ボクらの武器」というキャッチコピーがピッタリですよね。


健二は「あんたならできる」と言われてから自信がついて急に男らしくなっていきます。

「よろしくお願いしまーーーーす!」

は特にカッコいい。


田舎の雰囲気、夏になると見たくなる映像美、家族愛…、見終わった時に様々な感想が残る映画で、何度見ても面白い作品ですね。


↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です