仮面ライダードライブ「サプライズ・フューチャー」フル動画を無料視聴

7 min
仮面ライダードライブ「サプライズ・フューチャー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「サプライズ・フューチャー」に限らずですが、仮面ライダーシリーズはTSUTAYA TVで大半が配信されているので、視聴するならU-NEXTがおすすめです。 登録自体も3分あれば完了してすぐに視聴できるようになりますし、30日間の無料トライアル期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「サプライズ・フューチャー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp × ×
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「サプライズ・フューチャー」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ・Netflix ただ、Netflix、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 Netflixは無料トライアルがないので、登録直後にお金がかかります。また、アマゾンプライムビデオは視聴に400ポイント(円)必要。また登録時にタダでもらえるポイントもないので有料となります。 オススメは、TSUTAYA TV。 過去にTSUTAYA TVに登録したことがなければ無条件で30日間の無料トライアルが適用され、すぐに「高画質で」「安全に」映画やドラマを楽しめるようになります。 30日を過ぎたところで自動課金になってしまう点だけ注意ですが、無料期間だけ楽しむ前提なら、解約してしまえば1円も費用をかけずに仮面ライダーの映画を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「サプライズ・フューチャー(邦題)」「suprise future(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「サプライズ・フューチャー」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「サプライズ・フューチャー」のあらすじ

警視庁「特状課」所属の刑事であり、仮面ライダーでもある泊進ノ介は悪の機械生命体ロイミュードとの戦いを続けていました。 そして、2015年8月6日。港区のエネルギー施設に現れたロイミュードを倒すために出動した進ノ介。仮面ライダードライブに変身して事態を解決…謎の青年が現れ妨害します。 「父さん、撃っちゃダメだ!」 進ノ介の息子「泊エイジ」を名乗る青年の制止を振り切り、攻撃したせいでエネルギー施設を大爆発させてしまうドライブ。 エイジの話では進ノ介はこの後指名手配され、さらに1年後にはロイミュードに世界は支配されているとのこと。 その発端となったのはクリム・シュタインベルトであり仮面ライダードライブは悪のシステムであると話すエイジ。エイジの言葉が信じられない進ノ介は真実を求めて決死の捜査を始めます。 果たして、ドライブは本当に人類を滅ぼす悪魔となってしまうのか・・・。  

「サプライズ・フューチャー」のネタバレ

警視庁の中でも特殊な事件を専門に請け負う「特状課」に所属する泊進ノ介。 彼は科学者クリム・シュタインベルトの意志が宿ったベルト、通称「ベルトさん」を使って仮面ライダードライブに変身。人類を支配しようと企む機械生命体ロイミュードとの戦いを日夜繰り広げていました。 そんなある日、夜の街に黒いトライドロン、そして黒いドライブが人知れず姿を現し3台のシフトカーを街に放ちます。 2015年8月6日、相棒の霧子とともに港区管内のエネルギー施設に現れた空飛ぶ大型ロイミュードの対応に。道すがらベルトさんから手紙を渡されていた進ノ介。 こっそり中を見ようとしますが、8月8日になるまで絶対に見てはいけない! と釘を刺されてしまいます。 気持ちを切り替えてドライブに変身した進ノ介は、空飛ぶロイミュードを地面に叩き落とすことに成功。強力なトレーラー砲を扱えるタイプフォーミュラにチェンジしロイミュードを狙います。 エネルギー施設なので、加減を間違えてしまえば大惨事…ですが、ロイミュードだけを破壊するように威力を調整するというベルトさんの言葉を信じ攻撃します。 「父さん、撃っちゃダメだ!」 攻撃の瞬間に見知らぬ青年が割り込んだことで動揺する進ノ介。ですがベルトさんから強く押し切られる形で攻撃してしまいます。 すると、トレーラー砲の威力はいつも以上に強大になっていました。施設に引火し大爆発となり、街を大混乱に陥れてしまったのです。 「どういうことだ!?」 ベルトさんに問いかけるも、何やら様子がおかしい… 進ノ介を父と呼ぶ謎の青年は「この爆発の責任は全て進ノ介に押し付けられる」と言い、すぐにその場を離れることを提案。 信じられない進ノ介は従いませんでしたが、そこに黒いトライドロンが現れ進ノ介と青年を攻撃。そして目の前の青年の名前を知るのです。 「泊エイジを発見、排除します」 暴走の危険性があるためドライブに変身できない進ノ介は追い詰められます。エイジはトライドロンに進ノ介を乗せて、その場から全力で逃走しました。 その場を離れ身を隠したエイジは、自分は2035年の未来からやってきた進ノ介の息子だと身分を明かします。彼女もいない進ノ介は信じませんが、エイジが未来の世界から持ってきた父親の遺品が進ノ介のネクタイだったことに驚きます。 「ネクタイを締めるとスイッチが入るんだって、普段笑わない母さんが笑いながら父さんのことを話すんだ」 また、1年後の世界はロイミュードに支配されることを伝えます。 そのきっかけは本性を現したクリム・シュタインベルトであり、ドライブであること。 ベルトを改造して未来を救うために、現在に来たエイジを妨害するために黒いドライブ。ダークドライブは自分を狙っているのだとエイジは話します。 一方、警視庁はエネルギー施設爆破の責任を進ノ介に押し付け、指名手配をすることを決めました。 街中に貼りだされた進ノ介の手配書を見た、正義のロイミュードであるチェイス。この1件がハート率いるロイミュード達の仕業だと考え動きます。 アジトに向かいハートに会うと、「首謀者は別にいる」という情報を得ることができました。ロイミュード達の仕業でないなら、一体誰が裏で糸を引いているのか…? その頃、エイジと進ノ介は警察官たちに追われていました。 さらに霧子の弟である剛が、仮面ライダーマッハに変身して立ち塞がります。事情を説明して理解してくれるはずもなく、さらにそこへロイミュードまで現れてしまいました。 そのロイミュードにはナンバーがついていません。 エイジいわく未来のロイミュードであるとのこと。 マッハデッドヒートにチェンジした剛は、圧倒的なパワーでロイミュードを撃破。その隙にエイジと進ノ介はベルト改造のために必要な電力を得るために発電所へ向かいます。 ベルトの改造が上手く行きそうだと喜んでいたエイジ。ですが、現れたダークドライブの凶弾に倒れ、さらには未来の未来のロイミュードも現れ絶体絶命に! そこにチェイスと剛が到着。 仮面ライダーチェイサー、マッハにそれぞれ変身して戦います。 しかし2人は思いがけず苦戦し、見ていられなくなった進ノ介は、暴走の危険性から変身に消極的なベルトさんを説得してドライブに変身。 タイプトライドロンの力であっという間に未来のロイミュードを倒すドライブでしたが、やはり暴走してマッハを襲ってしまいます。 チェイサー、マッハの協力により変身解除した進ノ介は、シンゴウアックスを振り下ろし断腸の思いでベルトさんを破壊するのでした。 「はっはっは、これで目的は達成した!」 笑いながら現れたのは死んだと思われていたエイジ。 ダークドライブの変身者は自分であり、オート操縦で操っていたのです。 正体はロイミュードナンバー「108」であり、未来で本物のエイジを殺し姿を奪ってやってきたのだと言います。彼の目的は、ベルトさんを破壊すること。 すべては芝居だったのです。 ハートから情報を得ていたチェイスは、黒幕は「108」に納得します。 マッハはダークドライブに向かっていきますが、倒されて動けなくなってしまいます。チェイサーがダークドライブを食い止めているうちにその場から離れる進ノ介。 ベルトさんを失った悲しみで心が折れてしまった進ノ介でしたが、ベルトさんからの手紙のことを思い出し開封します。 8月8日まで開けるなと言われていた手紙の内容は、進ノ介に初代ドライブピットをプレゼントするというものだったのです。8月8日は進ノ介が初めてベルトさんに出会い始めてドライブになった日。 そのお礼なのだとベルトさんの手紙にはありました。 事前にプレゼントのこと知っていた霧子がやってきて進ノ介に合流します。 「クリムは進ノ介は絶対に8日になる前に開けるはずだと言っていました・・・!」 泣き崩れる霧子を抱きしめ、「108」の野望を止めることを決意した進ノ介はプロトトライドロンに乗り走ります。 警視庁に戻った霧子は今回の黒幕が「108」であり進ノ介で無いことを伝えますが、古葉参事官はそんな情報は信じられないと一蹴。 「警察は警察官のことも信じられない組織なんですか!」 「警察の顔に泥を塗っているのは誰だ!」 怒りを露わにする霧子と本願寺課長の言葉に揺れ動く古葉参事官。 ダークドライブと未来からのロイミュードからの追撃を受け追い詰められていた進ノ介は、チェイスから借りたドライバーを装着します。 ドライブの過去のデータのバックアップが入ったトライドロンキー。それをベルトさんからもらっていた進ノ介は、ドライバーに装填し超デッドヒートドライブに変身。 古葉参事官の指示で全面的に協力してくれることになった警察とともに、進ノ介はロイミュードを撃破しました。 「108」の狙いは過去の自分を起動させ力を合わせることであり、そのためにこの後起こる落雷を利用することに気付いた進ノ介。超デッドヒートドライブに変身して阻止しようと戦いますがダークドライブに負けてしまいます。 絶対に諦めない進ノ介は、自分も落雷を利用してトライドロンキーのデータを壊れたベルトに移すことを考え実行します。 「とんでもない状況で復活させてくれたな、進ノ介!」 作戦は成功し見事ベルトさんは復活しました。 実はエイジのことを始めから疑っており、もしものときを考えてトライドロンキーを渡していたのだと話すベルトさん。 気持ちを新たにドライブに変身する進ノ介でしたが、過去と未来の「108」が融合したパラドックスロイミュードの重加速に身動きを封じられてしまいます。 霧子がメディカルシフトカーを使ってエイジが乗っていたという未来の黒いトライドロンからシフトカーを調整。そのシフトカーの力でドライブは重加速から抜け出しタイプスペシャルへと変身します。 激闘の末にパラドックスロイミュードを撃破した進ノ介。 パラドックスロイミュードが倒されたことで未来は元通りになるのか心配する霧子に未来とは不安定なものであることを返すベルトさん。だからこそ今を積み重ねていくことでもう一度エイジに会える未来にたどり着くと宣言する進ノ介。 エイジの情報を持った「108」が話していた母親の情報から進ノ介はもしかして結婚相手は霧子なのではと一瞬考えますがすぐにあり得ないと吹き出します。 霧子が何を笑っているのかと怒って進ノ介を追い回します。 「いつまでこの関係なんだ君たちは」 ベルトさんは幸せそうに2人の様子を見守るのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です