台湾ドラマ「進め!キラメキ女子」のフル動画を無料視聴

5 min
台湾ドラマ「進め!キラメキ女子」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 残念ながら「進め!キラメキ女子」はオンラインの動画配信サービスでは一切配信されておらず、唯一の視聴方法はTSUTAYA DISCASでレンタルすること。 TSUTAYA DISCASは30日間の無料トライアル期間が設けられているので、期間内であれば「進め!キラメキ女子」を無料でレンタルして視聴可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「進め!キラメキ女子」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV DVDレンタル
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「進め!キラメキ女子」を無料で見れるのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなどのVODサービスでは一切配信されていないので注意してください。選択肢はTSUTAYA DISCAS一択となります。 TSUTAYA DISCASはDVDレンタルなので、デメリットもあります。

・DVD再生環境がないと視聴できない ・登録しても今すぐには視聴できない

ですが一方で、旧作や準新作なら月8枚まで自宅にDVDを届けてもらえる上に、ほぼどんな映画やアニメでも取り扱っているのはTSUTAYA DISCASだけです。 実際、「進め!キラメキ女子」も他のVODをサービスでは一切扱っていませんし、古い作品、著作権に厳しい作品などを見たい時、TSUTAYA DISCAS以外の選択肢はありません。 それに、30日間の無料トライアルもあり。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかからないので、今すぐ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「進め!キラメキ女子(邦題)」「susume kirameki jyoshi(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「進め!キラメキ女子」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TV/DISCASはツタヤの動画サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TV/DISCASに登録すると、この2つのサービスが利用できます。 DVDレンタルと行っても店舗に足を運ぶ必要はなく、スマホやパソコンで見たいDVDを注文すれば、自宅の郵便ポストに届けてくれます。返却も近くのポストに入れるだけでOK。 また、TSUTAYA DISCASはDVDレンタルな代わりに、他の配信サービスでは一切配信されていない作品も、9割は取り扱っているため、ラインナップが桁違い! 実際、「進め!キラメキ女子」もTSUTAYA DISCASだけ取り扱いがありますし、「そういえばあの作品見たかったな」という作品をまとめて視聴することも可能。 ツタヤの提供するサービスなので使い方や登録もシンプルでわかりやすいですし、ぜひTSUTAYA DISCASで「進め!キラメキ女子」を楽しんでみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

   

「進め!キラメキ女子」のあらすじとネタバレ

京師デパートで営業課に勤め4年目になる、シェン・シンレン。 母親と一緒に住む家を買うため、必死にお金を貯めるべく働いています。平凡だけど親思いで、仕事に一生懸命なOLが彼女でした。 そんな彼女が共同生活をしているのが、親友リウ・ユーラー(劉禹楽)。 超倹約生活を送っています。 そんなある日、ロイ・チウ演じる、チェン・ズーチー(秦子奇)が引っ越してきます。彼は、シンレンと同じ会社、しかも同じ部署に勤務する新人です。 貧乏で、仕事もどこか投げやり、そのくせ態度はでかい。…しかし彼には大きな秘密が。 なんとズーチーは京師デパートの社長の息子!修行のため、あえて一新入社員として父親である社長からの命令で配属されたのです。納得のいかない、ズーチー。 早くもズーチーを社長の御曹司と見破る、マーケティング部の美女・チェン・カイアー(鄭凱児)。シンレンのいる営業部とは、互いをライバル視する関係だけど、うま~くズーチーへと接近します。 ズーチーの教育係となったシンレンは、カリスマデザイナー、ユー・チェンホン(余承風)の出店依頼をまかされることに。デパート出店は考えていない彼でしたが、シンレンが8年前に初めて自分の服を買ってくれたお客だったと知り、出店に前向きになります。 仕事に励むズーチーは、まっすぐに前向きに取り組むシンレンが気になり始めます。 ある日、シンレンは撮影用の高級ワインを用意することになりますが、持ってくる途中、不注意で割ってしまいます。その責任から会社を辞めることに…。 シンレンが心配で、彼女の実家を訪れたズーチーは、母親と会い、すっかり意気投合。シンレンが母のために家を欲しがっていることを知るのです。 パリから帰国したチェンホンが、出店の商談はシンレン以外の人とはしない、とのデパート側に伝え、復帰を果たす、シンレン。出店はチェンホン自らのブランドではなく、「PB」という彼がデザインする別ブランドでの出店で、合意します。 カイアーからの猛アタックを受けるズーチーですが、シンレンのことが気になってしかたありません。いっぽう、シンレンはチェンホンとの浮気報道が流れ、釈明会見を開いていると、チェンホンの恋人・ウェイ・ミンナ―が現れます。 「PB」の出店で営業部に先を越されたマーケティング部は、ミンナ―を利用してチェンホン自らのブランド出店話を秘密裏に進めていきます。 チェンホンとシンレンとの関係が気になるズーチーは、第18話でドールハウスを彼女にプレゼントしながら、自分の気持ちを伝えます。カイアーの存在がひっかかるシンレンはズーチーに惹かれながらも、とまどいました。 そこにシンレン母が2人を訪ねてきます。 カイアーとズーチーとの誤解も解け、母の計らいで初めてのデートに。 ミンナ―から内装依頼を頼まれたシンレンですが、結局彼女は意にそぐわないと、出店を取りやめ…しかし、ミンナ―は一緒にパリ行に行こうと、切り出します。 決断しかねるシンレン。 仕事に打ち込み始め、立派に成長していくズーチーの姿を見て、感心する社長の父親。その理由を知りたい彼は、さっそく探りをいれるとシンレンにたどり着きます。 またズーチーの母親も息子のことが気になってしかたない。金持ちマダムに扮して、京師デパートをへと出かけ、客のふりをして彼を付き添わせます。 それをいぶかるシンレン。ズーチーをあきらめていないカイアーは、マダムがズーチーの母親だと知り、さっそく接近。母親はすっかりカイアーを気に入ってしまいます。 カイアーは、ズーチーの母親に、元々はズーチーと付き合っていたが、シンレンに取られたと、嘘の話をします。すっかり話にのせられた彼女は、カイアーの味方になると、言いだします。 さらにカイアーは襲われそうになったと嘘のメールをズーチーに送り、心配して駆けつけた彼に抱きつきます。そこにタイミングよく、あらわれるシンレン。 すべては、カイアーが仕組んだことだったのです。それに気づかず、シンレンはズーチーとの信頼がゆらぎ、距離を置き始めてしまいます。 ある日、シンレンの母親の病気を治すためにやってきた、とニューヨークから名医が訪れます。 驚くシンレン。それはズーチーの母親がしたことでした。と同時に、あの金持ちマダムがズーチーの母親だったことも知るのです。 カイアーとの一件から、さらにズーチーが裕福な家柄だと知り、格差を感じ、ますます彼を遠い存在だと感じ始めるシンレン。 また追い打ちをかけるように、シンレンは仕事中に妊娠中の同僚をケガさせてしまうのです。お腹の赤ちゃんも本人も事なきを得ましたが、ケガをした彼女の夫が怒りデパートへとやってきます。 シンレンをかばおうと、ズーチーは彼と言い合いに。そこにズーチーの母親が駆けつけ、彼はこのデパートの跡取り息子である、と彼の正体をバラしてしまうのです! 仕事でのミスとズーチーから隠し事をされたこと、またさらに広がる自分との格差に悩むシンレンは、心労がたまり倒れてしまいます。 いっぽう、巧妙に罠をしかけてきたカイアーでしたが、すべての嘘が会社にバレ、結局彼女は自ら辞めてしまいます。しかし、シンレンが京師デパートの御曹司と交際し慰謝料を求めていると、またまた怪文書をマスコミに流し、シンレンを苦しめてしまいます。 ズーチーの母親の誤解も解け、社長である父親からも認めれれたシンレンですが、やはり自分との格差は埋められません。マスコミからの攻撃もうけ、自ら身を引くため、ズーチーには何も告げずに、パリへと旅立ちます。 一途にシンレンを待ち続け、仕事に真剣に取り組むズーチー。いつしか彼は実力を備えた専務へと昇進を果たします。 そして一年が経ち…。 ズーチーの元へと帰ってきたシンレン。彼との賭けをして、あっさりと負けを認める彼女。勝ったほうは、断わってはいけない要求を言えるというもの。 ズーチーの出した選択肢は、①俺の妻になる、②俺を夫にする、③俺と結婚する。そして、2人はめでたくゴール!  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です