映画「旅するダンボール」のあらすじネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「旅するダンボール」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 ダンボールが好きで好きでたまらない。謎のダンボール・アーティスト、島津冬樹が心奪われた「徳之島特産じゃがいも」の箱のルーツを求めて、地道な旅が始まります。シマヅくんはたどり着けるでしょうか。制作者から制作者へ、愛を伝えるほんわかドキュメンタリー。 今すぐ無料で視聴するならU-NEXTがオススメ。 音楽配信のUSENが運営するサービスなので安心ですし、今まで登録した事がなければ無条件で31日間の無料トライアルが適用されます。この期間内に「恋するダンボール」はじめ映画やアニメを楽しんで、31日以内に解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「旅するダンボール」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 500ポイント
music.jp 440ポイント
  「旅するダンボール」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライム ・music.jp この中だと、Amazonプライムビデオだけは実質有料なので注意してください。 視聴にポイント(別料金)が必用ながら、タダでもらえるポイントがないためです。 新しく登録するなら、オススメはU-NEXT。 他に比べて無料トライアル期間が31日ともっとも長く、配信している作品もアニメや映画、ドラマなど多岐に渡る上に14万作品と豊富。邦画、洋画、韓流など複数のジャンルを配信している鉄板の動画配信サービスです。 月額1990円が登録から31日後に発生しますが、それまでに解約してしまえば1円もかかりません。もちろん、実際にU-NEXTに登録してみて便利だと感じたらそのまま有料会員になれば良いですし、今すぐ登録して「旅するダンボール」を視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「旅するダンボール(邦題)」「tabisuru danboru(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「旅するダンボール」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「旅するダンボール」のあらすじ

どことなく怪しい、一人の男が姿を見せます。 倉庫と思われる場所で、男はあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、中をうろうろ。彼の視線の先にあるのは……山と積まれた、色とりどりのダンボールでした。 この男は島津冬樹(シマヅくん)。 多摩美術大学の学生だった頃から「ダンボールの人」として有名でした。学祭のフリマにダンボールから作った財布を出品していたほどです。 大手広告代理店の社員になってもダンボール愛は変わらず、上司と一緒にお客さんのところにプレゼンへ行く前でさえ、気に入ったダンボールを見つけると拾ってしまいます。 会社の彼の机は、集めて来た&集まって来たダンボールで埋まり、新入社員はそこがゴミ捨て場なのかと勘違いするほど。 会社を辞めてもそのマニアぶりは加速するばかり。世界中でダンボールを拾った国は世界30ヶ国以上。彼の家はコレクションで埋まっています。 ある時、シマヅくんはうすみどり色のダンボールに出会い、恋に落ちます。 「徳之島特産じゃがいも」。描いてあるのはじゃがいもに目鼻がついたキャラクター。レタリングの雰囲気からするとかなり長く使われているデザインのようです。 「これを作った人に愛を伝えたい!」 シマヅくんはダンボールの制作者を探して旅をします。 まずはそのじゃがいもを出荷した長崎県の青果卸会社へ。突然訪問し、ダンボールについて熱く語りだす青年に社長は面くらいます。しかしつられて数々のダンボールの想い出などを重ねるうちに2人は意気投合するのでした。 「じゃがいもくん」のルーツを追って、シマヅくんはさらに青果卸会社の熊本工場へ、そこから印刷所へ、製版所へ。 印刷風景。手彫りのゴム印。それぞれの場所でそれぞれの人が「ものを作ること」に対するこだわりを静かに語ります。さまざまな物語を包みながら、今まで長く使われてきた「じゃがいもくん」。話を聞くたび、レトロなデザインがいっそう温かさを増します。

「旅するダンボール」のネタバレ

何ヶ所も手がかりを渡り歩いて、とうとうシマヅくんはデザイナーさんへたどりつきました!もう引退なさっていて、ご自宅に伺うことに。 シマヅくんがあふれる愛を語ります。「じゃがいもくん」から作った財布をプレゼントすると、奥さんが涙をこぼします。 デザインの仕事をずっと続けてきて、作ってから何十年も経って、作品をこれほど愛してくれる人が現れる。それは制作者にとっても、その家族にとっても、幸せなことに違いありません。 現在、シマヅくんの活動は世界から少しずつ注目されています。「不要なものから大切なものへ」をコンセプトに、リサイクルではなくアップサイクルを目指してアーティスト活動を展開しています。 財布を作るワークショップは世界各地で行われ、その時の様子も映し出されます。日本でも。アメリカでも。ドイツでも。中国でも。参加者はみんな楽しそうです。自分が作り出した作品を見つめる笑顔が幸せそう。「ものを作ること」はどんな人も幸せにする行為なのかもしれません。 今日もシマヅくんはダンボールを拾いに街をぶらぶら歩きます。大切なものを一つでもふやすために。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です