タクシードライバーのフル動画を無料視聴☆dailymoitonやopenload

映画「タクシードライバー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


タクシードライバーは、1976年に製作された、マーティン・スコセッシ監督・ロバート・デ・ニーロ主演の作品です。

ベトナム戦争から帰って来て不眠症に悩む男が、ニューヨークの夜の街を走るタクシードライバーの仕事を始め。徐々に狂気に取り付かれていき、自分を鍛え上げ「目標」を達成しようとする様を、リアルに描いています。


タクシードライバーの視聴には動画配信サービスU-NEXTがオススメです。

有料のサービスですが登録から31日間は無料で利用できますし、登録もカンタンで3分あれば終わります。高画質で読み込みも早い動画がすぐに視聴できるので試しに登録してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「タクシードライバー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp 324ポイント
 
「タクシードライバー」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・Netflix


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。


1つ登録するなら、U-NEXTがオススメです。

「タクシードライバー」の視聴にポイント(追加料金)も必要ありませんし、U-NEXTは無料トライアル期間が31日間と長いです。

おまけに、15万もの映画、ドラマ、アニメなどを配信しており、無料期間をフル活用することで見たい映画やアニメを存分に視聴することができます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「タクシードライバー(邦題)」「タクシードライバー(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「タクシードライバー」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「タクシードライバー」のあらすじ

大都会ニューヨークの、「闇」と「天使」


ニューヨークの夜をひた走る、一台のタクシー。

運転手を務めるトラヴィスは、ベトナム戦争から戻ったものの重い不眠症に。「どうせ眠れないのなら」と、夜間のタクシードライバーとして働いていました。


同僚の運転手には、黒人街など危ない場所へは行かない者もいましたが、トラヴィスは客に言われた場所ならどこへでも車を走らせました。

おかげで稼ぎは良かったのですが、仕事を終え車庫に帰ると、時には後部座席に血や精液がベットリと付いていることも。毎日、街の「汚点」を目にし続けるドラヴィスの不眠症が治ることはありませんでした。


彼は考えます。
「夜の街は、娼婦、ゴロツキ、クスリの売人で溢れている。吐き気がする。奴らを根こそぎ洗い流す雨は、いつ降るんだろうか・・・?」


トラヴィスはある日、心を癒してくれる「天使」を街角で見つけます。天使の名はベッツィー。次期大統領候補として予備選を戦うパランタイン議員、その選挙事務所で働く若い女性でした。

トラヴィスは選挙事務所にボランティアを申し出ます。しかも事務所全体ではなく、ベッツィーの「個人的ボランティア」になりたいという希望に、事務所の人間もベッツィーも驚きます。


しかし、トラヴィスの迫力と熱意に押され、何より予備にむけて1人でも多くの人手が欲しい事務所は雇うことにします。そしてトラヴィスはベッツィーに言います。

「ずっと君を見ていたが、君は多くの人に囲まれているけど、実はひとりぼっちだ。君に必要なのは、友達だ。友達になろう。」


面と向かってそんなことを言われたのは初めてでしたが、ベッツィーもトラヴィスに興味を持ち、彼からの事務所の外でコーヒーでも飲もうという誘いを承諾します。

政治の詳しいことはわからないが、自分の思いを熱く語るトラヴィスに、「あなたのような人に、初めて会ったわ」とベッツィーは語ります。


トラヴィスはベッツィーと映画を見に行く約束を交わしましたが、トラヴィスがベッツィーを連れて行ったのは、なんとポルノ映画館でした。あまりのことに、怒って映画館を出て行ってしまうベッツィー。

それ以来電話をかけてもベッツィーは出てくれず、彼女に送った花は送り返されてしまいます。トラヴィスの部屋は送り返された花の山で埋まり、甘ったるい匂いがたちこめます。

選挙事務所へ行っても「警察を呼ぶぞ!」と追い返され、トラヴィスは「彼女もまた、くだらない俗物な人間の1人だった」と毒づくのでした。

何かしなくては・・・でも、いったい何を?


ベッツィーに無視されるようになってから、トラヴィスの中で「何かをやらなくては、何かでかいことを」という思いが膨らみ始めます。

最初は何をすればいいかわからず、でも何かしなくちゃいけないんだという考えだけが大きくなっていくことに思い悩みます。トラヴィスは、密かに「行動」のための準備を始めました。


まずは同僚のつてで、銃器販売をしている男を紹介してもらい、銃やナイフを入手。

部屋では毎日、自分をいじめ抜くように体を鍛え始めました。腕立てふせや腹筋、懸垂はもちろんのこと、拳をガスレンジであぶって、猛烈な熱さと痛みに耐え抜きます。


鏡の前に立つと、ホルスターから銃を抜き、「早撃ち」の練習。誰かに因縁をつけられたという設定で、「俺に言ったのか?この俺に?」と鏡の中の自分に聞き返し、さっと銃を抜くトラヴィス。

右手にレールを仕込み、腕を振るだけで小型の拳銃を手に出来る仕掛けを作り。ブーツにはいつでも取り出せるように、ナイフをテープでくくりつける。着々と「臨戦態勢」を整えるトラヴィスの目には、異様な輝きが満ちていました。

少女は、「12歳の娼婦」だった


そんな日々を送るトラヴィスのタクシーに、ある日少女が駆け込んできます。

「どこでもいいから、早く出して!」と叫びます。何かから逃げていたような少女でしたが、すぐに粗野な男が現れ、「面倒をかけたな」とトラヴィスに金を放り投げると、少女を連れて立ち去ってしまいます。


それからトラヴィスは、街角で何度かその少女を見かけるようになります。少女の後を追っていくと、彼女は街角で男を拾う娼婦だとわかります。トラヴィスは少女と話すため、彼女を「買う」ことにします。

少女をタクシーから連れ去った、スポーツと呼ばれる粗野な男の案内で、粗末なアパートへ入っていくトラヴィス。アパートの中で待機している「見張り番」の男に部屋代を渡し、トラヴィスは少女の待つ部屋へ入って行きます。


少女は名前をアイリスといい、なんとまだ12歳でした。

「時間はすぐ経っちゃうわよ」と、服を脱ぎ始めるアイリスを止め、トラヴィスは彼女を説得し始めます。

アイリスはトラヴィスのタクシーに乗り込んだことを覚えておらず、「君はあの時、逃げようとしていた」と話しても、「クスリでラリてったのよ」と言うばかり。トラヴィスはアイリスに、こんなところにいてはいけない、両親の元に戻るべきだと語ります。


翌日2人で食事をする約束をした、トラヴィスとアイリス。

バーガーショップでパンをほうばるアイリスは、化粧で塗り固めた昨夜とは違い、無邪気な少女の顔をしていました。

トラヴィスはスポーツのことを「あいつは殺し屋だ」と決め付け「あんな奴と付き合うな」と、再びアイリスの説得を始めます。


「奴らは人間じゃない、寄生虫だ。地球の汚物だ。警察なんか役に立たない、誰かが処分しなきゃ・・・」

真剣な目でそう語るトラヴィスに、アイリスは問いかけます。

「おかしいのは、私とあなた、どっち?」

「タクシードライバー」のネタバレ

射撃場での実射の腕前も上達し、遂にトラヴィスは、「行動」に出ることを決意します。自らが、「この街の汚物を洗い流す」役目になることを決めたのです。


ナイフを研ぎ、ベッツィーから送り返された、朽ちた(くちた)花束を燃やし。

「君がこの手紙を読む時、俺はもう死んでいるだろう。」

アイリスに宛てて書いた手紙に、手持ちの紙幣を挟んで投函した後。モヒカン刈りにしたトラヴィスは、パランタイン議員の演説会場に現れます。


サングラスをしながら、パランタイン議員の演説に笑顔で拍手を送るトラヴィス。

議員が演説を終え、シークレット・サービスに囲まれながら壇上を降りると、トラヴィスはすかさず議員に向って歩み寄って行きます。

トラヴィスが拳銃を取り出そうと、ジャケットの中に手を入れたところで、シークレット・サービスの1人がその様子に気付きます。トラヴィスも「バレた」ことに気付き、急いでその場を逃げ去ります。


パランタイン議員の「暗殺」に失敗したトラヴィスはその夜、アイリスのいるアパートへ向います。アパート前にいるスポーツと世間話をした後、いきなり発砲。崩れ落ちるスポーツを後にして、アパートへと入って行きます。

トラヴィスはアパートの中にいる「見張り役」にも、容赦なく銃弾を撃ち込みます。重症を負いながら追いかけてきたスポーツに首筋を撃たれますが、致命傷にはならず、スポーツに止めを刺すトラヴィス。


トラヴィスはアイリスの部屋に押し入ると、部屋にいた客を射殺。

目の前で人が殺され、悲鳴を上げるアイリス。必死に追いかけてきた見張り役ともみ合った末に、拳銃を額に突きつけます。「撃たないで!」と叫ぶアイリスの声をよそに、トラヴィスは見張り役の頭を撃ち抜きます。

そしてトラヴィスは、持っていた拳銃で自分の頭を撃とうとしますが、弾は全て撃ち尽くしていました。ソファーで泣き崩れるアイリスの横に、座り込むトラヴィス。やがて警官隊がアパートに入り、トラヴィスを包囲しました。


それから、数ヵ月後。アイリスは両親の元へ帰り、学校へ通い始めました。アイリスの両親から、娘を救ってくれたトラヴィスへ感謝の手紙が届きます。

トラヴィスの部屋の壁には「少女を娼婦として食い物にしていたヤクザたちから、少女を救い出した英雄」として、トラヴィスを称える新聞記事が、いくつも貼られています。


ケガも癒えたトラヴィスは、タクシードライバーの仕事を再開。

ある夜、客として、ベッツィーがタクシーに乗って来ます。パランタインの予備選勝利を祝うトラヴィスに、「これからまた忙しくなるわ」と答えるベッツィー。

目的地に到着し、タクシーを降りて、ベッツィーはトラヴィスに何か声をかけようとします。しかしトラヴィスは、「料金はいらない」とでもいうように、笑顔を見せ。タクシーは、ニューヨークの夜の中へ、消えていくのでした。


「タクシードライバー」の感想


古今東西、名作・傑作と言われる映画は、数多く存在します。

しかし一部の人たちにとって「名作・傑作」というレベルを超えて、自分の人生を決定的に変えてしまった映画。「これは、俺のための映画だ!」と叫びたくなるような、そんな映画があるのです。


本作は、世界中の

「何かしなくては、でもいったい何をすればいいんだ、自分には何が出来るんだ?」

と悩んでいた”大人になりきれない大人たち”に大きな影響を与えました。


世界中に、自室の鏡を見つめながら「俺か?俺に言ってるのか?」と問いかける「トラヴィス・チルドレン」が生まれたほど。

実際に拳をガスレンジで焼いた人が出てきた…までかは定かではありませんが、本当にヤケドした人がいるのではないかと思えるほど、この映画の影響は絶大だったのです。

アイリス=ジョディ・フォスターに本気で「恋をして」しまい、大統領殺人未遂を犯した、ジョン・ヒンクリーのような人物もいるくらいですから。


他にも、1970年代に彗星のように現れ。

世界中の少年たち、そして少年の心を持つ大人たちを虜にしてしまった、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」があります。世界中に、オモチャのヌンチャクを振り回しながら「アチョー!」と叫ぶ子供たちが、どれほど大勢いたでしょうか?

1970年代、10代や20代の「多感な時期」に、ブルース・リーや本作に出会ってしまい。「いつも心にドラゴンを」「いつも心にトラヴィスを」と、今も胸に刻み込んでいる映画ファンは、結構いらっしゃるのではないかと思います。


実は本作は、壮絶極まりないクライマックスに至るまでは、トラヴィスがコンビニ強盗を射殺するシーンを除き、ほとんど流血シーンのないまま進んでいきます。

「アクション」と言えるシーンも、しいて言えばトラヴィスが自分を鍛え上げる場面くらい。

じわりじわりと、トラヴィスの内面が次第に侵食されていく様を映し出し、映画を見る者はトラヴィスの体験を自分のことのように「追体験」しながら、クライマックスに突入していくのです。


そして、それまで映画で見ていた「銃撃戦」とは一線を画す、リアル極まりない描写。

手の指が吹っ飛び、首筋を撃たれ、血がタラリと流れ落ちる。でも死なない。よろめきながら、指を吹っ飛ばされた男にしがみつかれながら、アイリスの部屋へ突入。

アイリスの制止を振り切り、撃ち浮かれる男の頭部。


もちろんそこまでの、ニューヨークの闇の部分を抉り出すような「ドラマ」も見ごたえ十分なのですが、やはり本作は、この「ド迫力」のクライマックスあってこそ、と言えます。

「12歳の娼婦」という衝撃的な役どころを見事に演じきった、ジョデイ・フォスターの可憐な美しさと共に。本作は今も、そしてこれから先も、時代を超えて多くの人に影響を与え続けるであろう作品だと思います。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です