映画「ザ・バンク 堕ちた巨象」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「ザ・バンク 堕ちた巨像」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 インターポールのサリンジャー捜査官は、欧州一の国際銀行IBBCの違法取引を捜査しています。数々の妨害工作に遭いながらも、真相へと近づいていきました。 今すぐ無料で視聴するならU-NEXTがおすすめ。 本来、月額1990円の映画やアニメの見放題サービスなのですが、現在31日間の無料トライアルを実施しています。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかけずに「ザ・バンク 堕ちた巨像」が楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ザ・バンク 堕ちた巨象」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント
  「ザ・バンク 堕ちた巨象」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp Amazonプライムビデオだけはお金がかかるので注意してください。 これは視聴にポイント(別料金)が必要なためで、この中で唯一Amazonプライムビデオだけが、登録時に1ポイントももらえず自腹を切ることになるからですね。 「ザ・バンク 堕ちた巨像」の無料視聴にはU-NEXTがおすすめ。 ポイント消費せずとも視聴が可能ですし、無料トライアル自体他のサービスと比較して31日間と最長。さらに配信されている作品数も14万と豊富で、見放題作品の数がケタ違いに多いです。 なので「ザ・バンク」をはじめ31日間の無料トライアル期間中に楽しませてもらって、必要なければ途中で解約してしまいましょう。もし気に入ったらそのまま有料会員に移行すればOKなので。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ザ・バンク 堕ちた巨象(邦題)」「the bank(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ザ・バンク 堕ちた巨象」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ザ・バンク 堕ちた巨象」のあらすじ

ドイツのベルリン。 インターポールのサリンジャー捜査官は、同僚が突然死するのを目撃します。 ドイツ警察は病死として処理しましたが、サリンジャーは他殺を疑いました。同僚は死ぬ直前に、ある違法取引の情報提供者と会っていたからです。 その取引とは、国際的メガバンクのIBBCが、武器製造メーカーからミサイル誘導装置を購入しようとしているというものでした。 さらにその情報提供者も、謎の事故死を遂げます。 サリンジャーはニューヨーク検察局のエレノアとともに、事故の再捜査を地元の警察に依頼。しかし彼らはIBBC側の味方をし、協力を得られませんでした。 サリンジャーたちは独自で調査開始。IBBCの頭取スカルセンとは面会を拒否されましたが、取引相手のカルビーニ社長とは面会できました。 欧州最大の武器製造メーカーのカルビーニ社は、ミサイルの誘導装置を作れる数少ない会社の一つでした。IBBCはカルビーニ社から、誘導装置を購入しようとしていたのです。 彼らが武器を買うのは、それで得られる利益が目的ではなく、武器売買をきっかけに戦争に介入し、当事国を借金まみれにさせるのが目的だろうと、カルビーニは思っていました。そしてすべての金の流れを支配するのが、IBBCの真の狙いだというのです。 カルビーニ社長はサリンジャーの捜査に協力的で、さらに詳しい話をするつもりでいました。しかし、その前に暗殺されました。 サリンジャーたちが暗殺現場に残された足跡を調べると、暗殺者が特殊な義足を付けていることを突き止めます。空港の金属探知機の記録をもとに、義足の持ち主と住所を調べましたがそこはすでに空き地… 諦めかけたその時、彼らの目の前を、義足の男が歩いてきます。ニューヨーク市警の刑事とともに尾行すると、その男はグッゲンハイム美術館に入っていきました。  

「ザ・バンク 堕ちた巨象」のネタバレ

美術館の中で、義足の男はIBBCの幹部と会っていました。 サリンジャーがその様子を覗いていると、館内のガラスに姿が写り込み、男と目が合ってしまいまいます。銃を構えてにらみ合う2人。 しかしそこへ、別の男が乱入して義足の男を銃撃。その男はIBBCが新たに雇った殺し屋でした。捜査が及ぶ前に口封じをしようとしたのです。美術館は激しい銃撃戦に。サリンジャーは無事でしたが、刑事は死んでしまいます。 彼は美術館で捕まえたIBBCの幹部と対面。その男はかつて、東ドイツの秘密警察に所属していた大佐で、裏の世界に通じていました。今はIBBCの側近であり、用心棒でもあったのです。 彼は正義感にあふれるサリンジャーに忠告しました。国や武器メーカー、多国籍企業などが複雑に絡む世界では、IBBCのような銀行が必要で、裁きたければ法律の枠を超えるしかないと。 これ以上の捜査は危険だと感じたサリンジャーは、エレノアに捜査を辞めさせ、単独で動くことにしまいした。 彼はカルビーニの息子を訪問。父親を殺したのはIBBCだと伝えると、彼らは武器の取引契約を破棄し、IBBCの弁護士を殺害しました。 IBBCの幹部は、ミサイル誘導装置が手に入らなくなり焦り始めます。代わりにカルビーニのライバル会社から購入しようと考え、スカルセン頭取がトルコに向かいました。 イスタンブールの取引場所には、サリンジャーが張り込んでいました。 商談の様子を録音しようとしましたが、護衛に見つかってしまいます。サリンジャーに協力していた大佐は、何者かに殺されてしまったのです。 商談を無事に終わらせたスカルセンでしたが、大佐が死んでいるのを発見すると慌てました。彼はイスタンブールの街並みをさまよいました。サリンジャーは彼を追いかけ、屋根の上で追い詰めました。 「俺が正義の裁きを与える!」 サリンジャーは銃を向けて撃とうとしましたが、背後にいた男が先に撃ちました。それは、カルビーニ兄弟が雇った殺し屋だったのです。 男は礼を言って去りました。サリンジャーは突然の幕切れに声も出せず、ただただ呆然と立ち尽くしていました。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です