映画「ザ・サークル」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「ザ・サークル」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 今すぐカンタンに視聴するならVODサービスを使うのが手っ取り早いです。その中でも一番オススメなのは、登録もカンタンで無料トライアル期間も31日と長いU-NEXTを使うことですね。 DVDレンタルのように面倒なこともないし、違法動画サイトのように、あるかないかも分からない宝探しをする必要もありません。カンタンな登録ですぐに「ザ・サークル」が視聴可能ですし、ぜひ試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ザ・サークル」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD 見放題
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 204ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年1月31日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「ザ・サークル」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・FOD ・TSUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、Amazonの2つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

それ以外のサービスなら、1円もかけずに「ザ・サークル」が視聴可能です。 1つ選ぶとしたらU-NEXTが一番オススメ。月額料金が1990円と高めなのでちょっと迷う金額ではあるのですが、最初から31日間の無料トライアル期間内で解約する前提なら、1円も料金は発生しないので関係ナシ。 また、料金が高いぶんだけあって配信している動画の数も14万と非常に多いです。洋画、韓流、ドラマ、アニメ、バラエティまで..たっぷりと楽しむための無料期間が31日と長いのも相性が良いですよね。 もちろん、実際に利用してみて気に入ればそのまま有料会員になればOK。 登録自体は住所なども不要なほどカンタンなのでぜひ試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ザ・サークル(邦題)」「the circle(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ザ・サークル」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ザ・サークル」のあらすじ

水道会社のコールセンターで派遣社員として働くメイ。 ある日、友人が働いている会社で面接の機会をもらい、幸運にも採用決定。そこは大人気のSNSを開発した「サークル」という有名なベンチャー企業。 メイはカスタマー対応の仕事に就きます。 さっそく実家に帰省して両親に報告したところ、とても喜んでもらえました。これからの人生に大いに期待を膨らませるメイ。 しかし、父親が多発性硬化症という病気に。 周りのサポートが必要な状態であることを知りショックを受けます。 その頃、メイが入社した「サークル」の社長ベイリーは新しい事業を始めていました。 シーチェンジ(See Change)という高画質のワイヤレスカメラをビー玉サイズの大きさで開発し、世界中の至る所で何が起きているのかを誰もが知ることができる時代を作ると。 そんな会社の雰囲気にイマイチ馴染めなかったメイでしたが、会社が病気の父親を最先端の医療システムでサポートしてくれたこともあり、次第に会社での活動に積極的に。 自社のトゥルーユーというSNSでの投稿もするようになり、幼なじみが鹿の角で作ったシャンデリアの画像をアップするなど、今やすっかりサークル社の一員となりました。 しかし、次第にサークル社のシステムは変貌していきます。 副社長であるトムがサントス議員の協力を得て、議員が参加した会議・全ての電話やメールを全世界に対しリアルタイムでアクセスを可能にする事を発表したのです。 自分達の税金がどのように使われているのか、不正は行われていないかなど、真実を明示することが出来ると。不正を許さない素晴らしいシステムのように思えます。 ただ、メイはその反響をよそに「やりすぎている」と感じていました。 ある日のアフターパーティーにて。 メイはトゥルーユーを開発したタイ・ラフィートという男性と出会います。 彼は表舞台から消えたと言われていましたが、監視されることから逃れるためにIDなどを消去し、周りに気づかれないように過ごしていたとのこと。 メイを信用したタイは、会社の地下へメイを案内します。 そこは大量のクラウドデータが保存される倉庫であり、今回の議員の試みは始まりに過ぎず、トムとベイリーはあるゆる人物のデータを保存し、収益にしようとしているとのこと。 そして彼らが富と支配のために個人データを使い、プライバシーを無視する行為をやめさせなければならないとメイに伝えます。 それ以降、サークルに不信感を抱き始めたメイ。 そんなとき幼なじみが会社を訪ねてきました。 話を聞くと、メイがSNSに上げたシャンデリアが否定的な反応を呼び、幼なじみは鹿殺しの罪を着せられた上に、脅迫メールまで届くようになったとのこと。 幼なじみに被害を与えてしまったことにショックを受けたメイは、気持ちを落ち着かせるため、衝動的に趣味のカヤックをしに行きます。 しかし、会社帰りのためすでに真夜中。 おまけに天候も悪い海でカヤックをしていたので、コントロールがきかずメイは荒波にのまれてしまいます。たまたま通りかかった救助隊のヘリになんとか助けられました。 運が良かったと語るメイ。 それに対し救助隊員が、「運ではない。シーチェンジのカメラだよ」「アザラシを見てた人から通報があった」と説明し、サークルの製品によってメイの命が救われたことを知ります。 今回の出来事について、メイはトムとベイリーと直接話す機会を設けられ、ベイリーは「シーチェンジの重要性を示す大事な出来事だった。」と言います。 ベイリーは続けて「秘密を持たず、知識や情報を独占しなければ、豊かな可能性を実現できる」と語ります。この言葉に感銘を受けたメイは、ベイリー達に協力をする事を誓うのです。 そして、メイは改良したシーチェンジ・カメラをどんな時も見に着け、全ての瞬間を「透明化」する試みの最初のモニターになる事を発表します。 「透明化」されたメイの生活は、280万人を超える世界中の人々に見られ、メイもその反響の良さを喜んでいました…が、プライバシーのない生活に少し疲れ始めていたのも事実でした。  

「ザ・サークル」のネタバレ

ある日のサークルの会議。 ベイリーがトゥルーユーのアカウント設定で選挙登録を受け付けることを可能にする案を出します。メイはそれに加えて全国民にサークル登録を義務付けることを提案します。 「税金や社会保障費の支払いや陪審員を務めることと同じように義務化することで、現在すでに有権者である2億4100万人の国民の民意を握ることが出来る」 「昨年は80%の人がオンラインで税金を払っていた。バラバラなサービスをやめて、システムを統合すればいい。」 「税金の支払い、投票、駐車違反の罰金の支払いをサークルのアカウントで可能にすることで、ユーザーは時間を国は数千億ドルを削減できる。」 ベイリーはこの案に賛成し、サークル社内外でも話題を呼びます。 メイはこの案を取り仕切ることになり、世界の沢山の国からも有権者へのサークルの登録の義務化の同意を得ることにも成功したのです。 そんなある日メイは、世界中に向けたプレゼンテーションをしていました。 サークルの登録と投票の義務化をより確実にするため、サークルに加入しない人を見つけ出すソウルサーチというシステムを開発したことを発表。 社会組織に取り込まれたくない人、最悪の場合、組織を破壊しようとする人、こういった司法からの逃亡者を見つけ出すことが目的とメイは語ります。 そしてプレゼンテーションの場で「実演」をします。 コンピュータが無作為に選んだサークルの未加入者を、20分以内に見つけ出すという実験。最初のターゲットは、殺人犯ながら脱獄し今だに捕まっていないフィオナという女性。 そして、実験を始めて10分でフィオナを発見。 プレゼン会場の参加者も、そのプレゼンをオンラインで視聴していた世界中の視聴者も歓喜します。熱狂し、次は一般人にも検索を掛けてみようという流れになっていきました。 「誰か探して欲しい人はいる?」 そんなメイの問いかけに対してどこからともかく聞こえてきたのは、「マーサーを探して!」との声。「鹿殺し」として批判を浴びたメイの友人でした。 最初は提案を却下するメイでしたが、会場のボルテージは上がるばかり。 さらにベイリーが登場し、「2人を再会させよう」と会場をさらに煽りたてます。そしてソウルサーチでマーサーを探す実験を勝手に行ってしまいました。 すぐに見つかるマーサー。 まるで犯罪者のように扱われ車で逃げるも、バイクや車に追跡されます。そして運転中の車の前に突如ドローンが現れ、避けようとしたマーサーはハンドルを切り、橋から落下。 命を落としてしまったのです。 自分のせいで友人が命を落とす場面を直接見てしまったメイはひどく落ち込み、しばらく実家で療養を取ることにしました。 そして「透明化」無しの生活でようやく立ち直ったメイは、サークルの技術ではなくツールやシステムこそ改善が必要だとし、再びサークルに戻ることを決めます。 ベイリー達と会い、再び会社に貢献できるよう協力すると話したメイでしたが、その裏でタイの協力を得ながら、ベイリーを止めるための作戦を開始します。 以前のようにカメラを身に着け、生活の様子を世界中の人に再び配信し始めたメイ。 ベイリーとトムは、マーサーの件をきっかけに、車の安全性を改善する機能を開発したと世界に向けてプレゼンテーションをし、メイをステージに登壇させます。 そこでメイは、マーサーと疎遠になっていなければ以前の事件は起こらなかったと話し、人との繋がりは重要で、常に大事な人達の動向を知るべきだと発言します。 「必要なのは、徹底的なオープン性と途切れのない繋がり。今ここから始まります。」 「デジタル世界の偽善とは、全てクラウドに上げると言いながら、指導者たちはそうしないこと。」 「だからベイリーとトムに手本を示してもらいます。サークルと世界に。「透明化」です。」 「彼らの行動や会話をすべて知りたいでしょ?すべてのメッセージ、会議や電話の内容を誰でも知ることが出来るのです。」 「削除は出来ない。タイ・ラフィートが会社のすべての重要書類を公開してくれた。」 「すべてのメッセージやプラン、ベイリーとトムのアカウントからの全メール、プライベートのも、秘密のアカウントもスクランブルコードの超極秘アカウントも。アシスタントや奥さんもその存在を知らない。今まではね。」 「みんなにも送ったわ。私たちには見る権利がある。でしょ?」 歓喜に包まれる会場と世界中の視聴者達。 呆気にとられるベイリーとトム。 メイは続けて言います。 「私は疲れたわ。多くのパスワードや秘密のコマンド。公とプライベートの違い。ここから作り直すの。未来は待ってくれない。」 最後は、純粋に迅速な人命救助のために扱われるようになったサークルのカメラに見守られながら、カヤックをするメイの姿で映画は幕を閉じます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です