映画「人生はローリング・ストーン」のフル動画を無料視聴【吹替/字幕】

映画「人生はローリング・ストーン」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

複数の動画配信サービスで無料での視聴も可能ですが、なかには有料のものもあるので注意してください。(Amazonプライムビデオとか)

オススメはU-NEXTで、31日間の無料トライアルを使えば「人生はローリング・ストーン」はもちろん、その他の映画やアニメも無料期間だけで十分楽しめます。


↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「人生はローリング・ストーン」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント
hulu × ×
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント 字・吹
 

「人生はローリング・ストーン」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・dTV
・Amazonプライム
・music.jp


この中でdTVとAmazonプライムビデオは有料なので注意してください。

どちらものサービスも30日間の無料トライアルがあるので月額料金はゼロにできます。ですが視聴にポイント(別料金)が必用で、タダでもらえるポイントもないため「人生はローリング・ストーン」の視聴は実質有料となります。


なので、オススメはそれ以外のサービス。

特に、無料トライアル期間が31日間と最長のU-NEXTが便利ですね。もちろん、それ以外の映画やアニメも楽しめますし、見たい映画ややアニメをスキマ時間に好きなだけ楽しめます。

もちろん、気に入れば有料会員になればOK。反対に必要ないと思えば期間内に解約してしてしまえば1円もかかりません。解約も5クリックで終わるほどカンタンなのでぜひ試してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「人生はローリング・ストーン(邦題)」「the end of tour(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「人生はローリング・ストーン」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。

 
おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「人生はローリング・ストーン」のあらすじ


ローリングストーン誌の若手記者デヴィッド・リプスキー。

そんな彼に上司から届いた作家ウォレスの突然の訃報。


ウォレスとリプスキーは友人でした。その出会いは、昔流行っていた1000ページ超えの小説の作者デヴィッド・フォスター・ウォレスに、リプスキーが取材へ訪れたことでした。

彼は数日間のブックツアーに参加しウォレスと出会い、そこで彼と語り合いました。そしてウォレスが亡くなった今、取材当時のインタビュー音声テープを再び再生し、過去を思い出して行きます。



・・・



記者のリプスキーは、ニューヨークからはるばるシカゴのイリノイ州にて大学講師をしているウォレスの自宅まで取材に訪れました。

ウォレスは気難しそうな雰囲気を出しながらも、気さくに話してくれたため、音声録音をしながらの取材は問題なく始まります。


当初は、緊張してぎこちない会話しかできなかった2人。

ですが食事をともにしながら談笑していると、記者のリプスキーも作家として執筆活動をしていることを知り、2人の距離は縮んでいきました。


「娯楽に依存してしまうことに対しての意見」
「人生の価値観について」

2人の知的な会話が、食事中や車中などで繰り広げられるようになりました。

ただ会話が進むにつれ、少しずつウォレスには心の闇があるとリプスキーは気づき始めます。試合にウォレスに対して踏み込んだ質問も増えていきました。


以前ウォレスはうつ病でした。

「当時は自分の全てである書く事での成功がないと身動きが出来なかった。」
「どんどん気分が落ち込んでいき、感覚を無くすために酒に溺れた。」
「どん底まで落ちた反動で毎朝16キロ走るようになり、少しずつ生活も変わっていった。」
「だがこれはとてもアメリカ人的な思考だ」

そうウォレスは語ります。

「そのおかげで今の成功があるのではないか」とリプスキーは問いますが、「これはとても非現実的だ」とウォレスは自分の現状を否定します。


人気になった新刊は、今のアメリカ人の生き方を小説に描いたもの。

「現在のモノにあふれた中での悲しみの要因は、達成感や娯楽に関わっており、期待が外れた空虚感を自分の小説で埋められればと願って描いた」とウォレスは言います。


「評論誌にて高評価を得たことについてはどう思うか」
「僕なら自分が良いと思っていたものが他人に認められたと思うけど」

と問うリプスキー。

それに対してウォレスは意外なことを口にします。

「無名時代に人気作品を批判して自己を守っていた過去が、皮肉にも自分が売れた立場になると嘘になるため、どちらに転んでも自分は作家として負けている」と。

 

「人生はローリング・ストーン」のネタバレ


同行したブックツアーには、ウォレスの元恋人と彼のファンという女性編集者の2人も参加していました。リプスキーも合わせ4人で酒を飲むほど仲良くなります。

ただ、元恋人と親しそうにするリプスキーに対しウォレスは不信感と嫉妬を抱き、ついにはリプスキーに怒り爆発。ブックツアーの帰り道では、ささいなことでケンカするようになっていました。


「自分は人より賢いと思って常に僕を馬鹿にしている」

「人より賢いと思ってはいない。むしろ平凡であろうとすることで作家としての自分を守ろうと必死で常に恐怖と闘っている」

ウォレスとリプスキーはお互いにののしりあいます。


ウォレスの家に戻り取材も終わりを迎える頃、ウォレスはリプスキーに語り始めました。

「心を病むというのはどんなケガよりもつらい。人生の命題がすべて偽りと悟ったような空虚な感覚。」

「何もかもが幻想で、幻想の中では自分は誰よりも優れている。だが人として機能できない、最悪の気分だ。」

「人はきっと変われない。昔と同じ自分が残っているから。昔の自分が主導権を奪われないように抵抗している。」

言い争いながらもウォレスの心の傷を知ったことで、リプスキーは少しウォレスを理解することができました。気持ちをぶつけあって、2人は友人となったのです。


ニューヨークに帰る朝、ウォレスとリプスキーは連絡先を交換。

リプスキーは自分の著書をウォレスに渡します。


別れ際、リプスキーは「大勢の読者がいて評価されているのにまだ安心できない?」とウォレスに聞くと、「経験から言うと真逆で、感激されるほど自分の才能を疑うんだ。」と。

「注目されて、1番困るのは悪い評判が気になること。」
「悪い評判で傷つくと、自分に向けられた銃の口径は22から45に跳ね上がる。」
「俺も注目を浴びたいし、最高だと他人に認めてほしい。そういうところは君と似ている。」


そして2人は別れました。


…時は経ち、ウォレスの死後。

彼が死んだあと行われた読書会にてリプスキーは語ります。「当時成功を求めていたリプス自分にとって、ウォレスとの会話や過ごした日々が自分の生きる道を思い出させ、孤独を感じなくさせたとリプスキーが語り幕を閉じます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です