映画「ザ・インタープリター」のネタバレとフル動画を無料視聴

4 min
映画「ザ・インタープリター」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 誰が敵で誰が味方か。ある小国の大統領暗殺計画をめぐるサスペンス。「インタープリター」とは通訳のこと。国連でロケが許可されたのは本作が初めてで、内部の様子も見どころです。 複数の動画配信サービスで配信済みですが、「無料で」視聴が可能なのはmusic.jpのみ。ザ・インタープリターの視聴にはmusic.jpの30日間無料トライアルを利用してください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ザ・インタープリター」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 100ポイント
music.jp 334ポイント 字・吹
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ザ・インタープリター」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、実際に無料で視聴可能なのはmusic.jpのみ。 30日間の無料トライアル+登録時にタダでもらえる1600ポイントを使えば「ザ・インタープリター」を1円もかけずに視聴することができます。 もちろん、music.jpを利用してみて気に入れば、そのまま有料会員に移行すればいいですし、まずは30日間無料トライアルを始めてみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ザ・インタープリター(邦題)」「the interpreter(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました。

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ザ・インタープリター」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。   もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ザ・インタープリター」のあらすじ

国連で働く通訳シルヴィア(ニコール・キッドマン)。 彼女はアフリカ、マトボ共和国の出身で、現地語のクー語が話せます。 ある日、通訳室に忘れ物を取りに戻ったシルヴィアは、無人のはずの会議室で誰かがクー語でマトボ共和国大統領ズワーニの暗殺計画を練っているのを聞きます。 大統領という肩書ですが実際のズワーニは独裁者。 国内で大虐殺を行なったという疑いがあります。その弁明のため数日後には国連の場で演説をする予定でした。その時に暗殺計画を実行しようというのです。 暗殺計画を練っているのは誰なのか? シルヴィアは自分の聞いたことを通報し、合わせて保護を求めました。シークレット・サービスのケラー(ショーン・ペン)がやってきます。 しかしケラーはむしろシルヴィア自身を疑っており、犯人だったら通報はしないという彼女の言葉にも納得しません。嘘発見器にかけられるシルヴィアでしたが結果はシロ。 でも彼女は何かを隠している。 ケラーの確信は揺らぎません。 現在のところ大統領暗殺の容疑者は、大統領の対抗馬の平和主義者・ゾーラと亡命者クマン・クマンが最有力。ケラーは大統領の警護主任であるラッドとともに捜査を続けます。 シルヴィアはケラーに打ち明けます 実はシルヴィアは、大統領側の地雷で家族を失った過去がありました。反大統領の組織に属していたこともあります。しかし復讐はむなしいと気づき、もうその考えはないといいます。 一方ケラーは2週間前に妻を亡くしたばかりでした。 しかし妻は不倫のあげく駆け落ちし、その男と一緒に交通事故で亡くなったのです。 妻への憎しみと愛。相手の男への憎しみ。ケラーは表面に出さない苦悩を告白します。つかの間、失った家族への思いを通して心を繋ぐ2人。 久しぶりに会った兄の友人から虐殺事件の真相の一端を聞いたシルヴィアは、亡命者クマン・クマンからさらに詳しい状況を聞きだそうとします。 しかしその試みは成功せず、しかもその帰り道に乗ったバスが、彼女が降りた後に爆破。このバスで暗殺計画の重要容疑者クマン・クマンが殺されてしまいます。 命を狙われていたのは彼女か?クマン・クマンか? シルヴィアは失踪します。 「故郷へ帰る」とケラーに伝言を残して。  

「ザ・インタープリター」のネタバレ

翌日、大統領が国連で自己弁護の演説中。 その最中に銃弾が!間髪を入れず射殺される狙撃者。しかし調べてみると狙撃者が持った銃には実弾がありませんでした。これでは撃っても殺せません。 暗殺できない暗殺計画。ケラーは――「狙撃者を射殺した男」に向き直り「お前はなぜこんな時に手袋をしているんだ?」と問い詰めます。 ケラーが問い詰めた相手は大統領の警護官・ラッドでした。 実は暗殺計画は大統領の自作自演だったのです。 国連の議員たちの目の前で暗殺計画の標的になり、虐殺事件の追求を緩めようとはかったのです。ラッドが手袋をしていたのは射殺した後、狙撃者役が持っている銃に実弾をこめる工作をするためでした。 その間に大統領は緊急避難場所に逃げ込んでいました。安心の息をついた瞬間、こめかみに銃が突きつけられます。 それはシルヴィアが構える銃でした。「故郷へ帰る」と偽って、彼女は前日からこの部屋へ身を隠していたのです。狙撃を避けるため大統領がこの部屋に来るのはわかっていました。 家族を地雷で吹き飛ばしただけではなく、恋人だったゾーマと兄を殺した憎い敵。さまざまな恨みを抱いたシルヴィアの銃が大統領を狙います。しかし彼女には引き金は引けませんでした。駆けつけたケラーが彼女から銃をそっと取り上げます。 後日。シルヴィアはマトボ共和国へ送還されることになりました。 しかし大統領も報いを受け、虐殺事件について国際裁判所で裁かれることになっています。味方でもあり、欺き合ってもいたシルヴィアとケラーは最後に心を開いて別れを惜しむのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です